アルカリイオン水の作り方を紹介!使い方や重曹を用いた作り方も解説!

「自宅でアルカリイオン水を作れる?」

掃除やうがいなど、様々な場面で役立つアルカリイオン水ですが、具体的な作り方が分からない方も多いのではないでしょうか。

アルカリイオン水はキリンからペットボトルで販売されているものがメジャーですが、実は自宅でも簡単に作ることができます。

今回は日常生活の様々な場面で活躍するアルカリイオン水の作り方や使い道、使用時の注意点などを解説していきます。

今だけ公式サイト限定で「のむシリカ」が1本150円!

お試し価格
1本あたり150

1本あたり150円でお試しできる
20%オフキャンペーン実施中

お申込はこちら

この記事を読むと分かること

  • 自宅でもできるアルカリイオン水の簡単な作り方
  • 自作アルカリイオン水の使い方
  • 自作アルカリイオン水を利用する際の注意点
  • 自作のアルカリイオン水は飲用には適さない

アルカリイオン水の簡単な作り方を紹介!

アルカリイオン水 作り方

アルカリイオン水とは水の電気分解によりマイナス極側に生成する、水素を含んだ弱アルカリ性の水のことをいいます。

還元力が強いことから別名「還元水」とも呼ばれており、こう聞くとなんだか「作るのが大変そう」、「面倒くさそう」と思うかもしれません。

しかし、実はアルカリイオン水は自宅でも簡単に作ることが可能ですので、その作り方を以下に紹介していきます。

まずは「水」と「重曹」を用意する

重曹と水があれば、化学反応を起こすだけでアルカリイオン水を簡単に作ることができます。

アルカリイオン水を作る時の材料

  • 重曹またはセスキ炭酸ソーダ(小さじ1杯)
  • 水(200ml)
  • 鍋(アルミ以外)

どれも身の回りにあるものや、身近なお店ですぐに揃えられるものです。

ちなみにアルミ製以外の鍋を使用する理由としては、アルミはアルカリ性に反応しやすく、腐食の原因となってしまうためです。

アルミ製の鍋しかない場合は、百均でもいいのでお鍋を購入して下さい。

以下の手順で作る

アルカリイオン水は、以下の5つの手順で作ることができます。

アルカリイオン水の作り方

  1. 鍋に水と重曹を入れてゆっくりかき混ぜる
  2. 混ざってきたら弱めの中火にする
  3. そのまま3分程火にかけ、炭酸の気泡が出てくるまで待つ
  4. 沸騰したら火を弱め、そのまま5分間煮詰める
  5. 火を止めて完全に冷ましたらアルカリイオン水の完成

作りたてのアルカリイオン水はぬるぬるとした感覚がありますが、重曹が分解されてアルカリ性の炭酸ソーダ水へ変化した証拠ですので問題ありません。

このように電気分解を行う事無く、家庭にある身近なものを使って簡単にアルカリイオン水を作ることができます

自分で作ったアルカリイオン水の使い方

アルカリイオン水 使い方

「アルカリイオン水を飲むと健康に良い」という話を聞いたことがある方もいると思いますが、結論から言うと自分で作ったアルカリイオン水はpHが10以上で人体にとって刺激が強過ぎるため、残念ながら飲むことはできません。

整水器などで電気分解で生成された飲料用のアルカリイオン水はpHが9~10の弱アルカリ性に調整されているので、胃腸の健康に良いとされています。

しかし自作のアルカリイオン水は、詳しくは後述していますが飲用には適さないので、それ以外の使い道で活用しましょう。

以下に自作のアルカリイオン水のおすすめの使い方を紹介していきます。

自作アルカリイオン水の使い方

  1. 毎日のうがいに使う
  2. 掃除に使う
  3. シミ抜きに使う

毎日のうがいに使う

自宅で作ったアルカリイオン水は飲むことはできませんが、酸性傾くことで発生した口臭を除去する働きがあるため、口腔ケアにおすすめです。

アルカリイオン水を使ってうがいをすると、アルカリの消臭効果で口臭の予防・改善につながるだけでなく、重曹が口内の成分を中和してくれるので、虫歯に対しても予防効果があるとされています

うがいだけでなく普段の歯磨きにも用いるとさらに良いかもしれませんが、うがいや歯磨きで自分で作ったアルカリイオン水を使用する場合は、食用の重曹を使用して、飲み込まないようにしましょう

掃除に使う

自分で作ったアルカリイオン水は、掃除にも使うことができます。

ボトルに入れた自作のアルカリイオン水をスプレーして雑巾でふき取るだけで、簡単に掃除ができます。

わざわざ洗剤を使って掃除するのが面倒な時も、アルカリイオン水なら二度拭きも不要で簡単に掃除ができるというのがメリットです。

他の洗剤に比べて低刺激・無臭でありながら油汚れや皮脂汚れなどの酸性の汚れを分解することができるので、手や足の皮脂汚れのある床・机だけでなく、食べ物で汚れた電子レンジ、エアコンなどの家電製品のケアにも相性抜群です。

また、アルカリイオン水には除菌・抗菌作用もあり、ノロウイルスなどの雑菌も不活性化することができるので食中毒予防にも効果的となっています。

シミ抜きに使う

アルカリ性は酸性の汚れを分解する作用があるので、自分で作ったアルカリイオン水はシミ抜きにも使うことができます。

「洋服やカーペットに食べ物のシミが付いてしまった」、「ソファやカーペットの汗や皮脂汚れが気になる」という時は、アルカリイオン水であれば油汚れや汗・皮脂汚れと言ったの酸性のシミを浮かせて除去することが可能です。

特に油などは一度付いてしまうとなかなか落ちませんし、人の肌が触れる服やカーペットに洗剤を使うのは気が引ける時でも、アルカリイオン水なら吹き付けて汚れを浮かせてタオルや雑巾で拭き取るだけです。

また、元々は水なので少し触れただけなら皮膚へのダメージもほとんどありませんが、皮膚の弱い方はゴム手袋を着用するか希釈して使いましょう

自分で作ったアルカリイオン水の注意点

アルカリイオン水 注意点

アルカリイオン水は簡単に作ることができ、日常生活の様々な場面で便利に使えますが、いくつか注意しなければならない点もあります。

以下にアルカリイオン水を取り扱う際に注意するべきポイントを紹介いたしますので、しっかりと確認して注意点を守ってください。

アルカリイオン水を使うときの注意点

  1. 自作のアルカリイオン水は飲むことができない
  2. 皮膚や目に入らないように気をつける
  3. 掃除に使えない箇所もある

自作のアルカリイオン水は飲むことができない

アルカリイオン水が胃腸の健康に良いと言われるのは、あくまで整水器などで電気分解によって生成され、飲用に適したpH9~10程度のものに限ります。

自宅で作れるアルカリイオン水はpH値が10を超えているので、飲んでも健康効果は期待できず、むしろ体内の電解質バランスが崩れることで体に害を及ぼす危険さえあります。

市販のアルカリイオン水は健康に良いですが、自作のアルカリイオン水は決して飲まないようにしましょう。

▼あわせて読みたい記事

皮膚や目に入らないように気をつける

自作したアルカリイオン水は、皮膚についたり、目に入らないように注意して下さい。

弱アルカリ性程度であれば弱酸性である人の皮膚がダメージを受けることはありませんが、自作のアルカリイオン水は強いアルカリ性を持っています。

そのため、肌にかかると皮膚のたんぱく質が分解されることで肌荒れの原因になってしまいます。

また、アルカリイオン水を素手で使用する場合は、必ず薄めた上で使うようにしてください。

可能であればアルカリイオン水で掃除をする場合は、ゴム手袋を装着して使用すると安心できるでしょう。

掃除に使えない箇所もある

アルカリイオン水は掃除に非常に便利ですが、使えない箇所や素材があるので注意して下さい。

アルカリイオン水は洗剤と比較すると、様々な素材の掃除に使うことができますが、以下に記載する素材の掃除には使用できないので、注意してください。

アルカリイオン水で掃除に使えないもの

  • 皮革製品
  • シルク製品
  • 漆器
  • ニス塗りの家具
  • ワックスが塗られた床
  • 車の塗装面
  • 液晶画面
  • 貴金属やガラス
  • コーティング加工されたメガネ

上記にアルカリイオン水を使用した場合、シミがついてしまったり、コーティングが剥がれたり、腐敗が進んでしまう原因になります。

他の洗剤に比べると使えない素材は少ないですが、決して万能ではないので安易にすべての掃除には使わないようにしましょう。

飲めるアルカリイオン水を自分で作る方法は?

生成器で飲めるアルカリイオン水が作れる

結論から言うと、自分で人間が飲める弱アルカリ性のアルカリイオン水を作るのは難しいです。

どうしても自宅で飲めるアルカリイオン水を作りたい場合、専用の生成器を導入することになるのですが、安物でも数万円、品質の良いものだと数十万円はします。

どう考えても市販のアルカリイオン水を買った方が安い上に美味しいですし、元を取る前に機器の寿命が来るでしょう。

有名なのは日本トリムのアルカリイオン生成器ですが、20万円ほどするので市販品の元を取るのは無理です。

市販品かウォーターサーバーのアルカリイオン水を飲むのが現実的

自作はアルカリイオン水を飲むための手段としてあまりにコスパが悪いため、現実的な手段としては下記のどちらかになるでしょう。

  1. スーパーでアルカリイオン水を買う
    →500mlで100円ほど
  2. アルカリイオン水の飲めるウォーターサーバーを導入する
    →500mlで80円ほど

キリンのアルカリイオンの水は2022年9月で終売

スーパーで市販されているアルカリイオン水の代表はキリンの「アルカリイオンの水」です。

様々なお店で売っているので入手しやすいのですが、2022年9月で2Lボトルの販売が終了し、割高な500mlペットボトルのみの販売となりました。

参考:キリンアルカリイオンの水 2022年9月をもって出荷を終了しました

そのため、安価かつ手軽にアルカリイオン水を飲む手段としては、アルカリイオン水の天然水を提供しているウォーターサーバーとなります。

ウォーターサーバーのアルカリイオン水は500ml辺り80円前後となっており、弱アルカリ性の天然水なので味わいも非常に優れています。

飲むアルカリイオン水はウォーターサーバーが最適

アルカリイオン水

アルカリイオン水を導入しているウォーターサーバーは限られているのですが、一番大手かつ安価なのが「プレミアムウォーター」です。

配送料、サーバーレンタル料、初期費用がすべて無料で、500mlで82円の水代だけで美味しさにこだわった天然水の弱アルカリイオン水を飲むことができます。

キリンのアルカリイオンの水を都度買うよりも楽かつコスパも良いので、アルカリイオン水を飲みたい方にはおすすめです。

当サイト限定!プレミアムウォーター最新キャンペーン!

今月末まで限定!
ギフトカード2,500円をもれなくプレゼント中!

編集部おすすめポイント

  • 非加熱処理の生の天然水が楽しめる
  • 6つの採水地から好みの天然水を選べる
  • 乗り換えで16,500円のキャッシュバック中!
公式サイトを確認

アルカリイオン水の作り方や注意点まとめ

今回は健康や掃除に効果的とされる「アルカリイオン水」の作り方や使い方について紹介しました。

自分で作るアルカリイオン水はうがいや掃除、シミ抜きなどに使えるものの、市販のアルカリイオン水のように飲用には適さないので注意しましょう。

ただ、水道水と重曹、アルミ製以外の鍋だけで簡単に作れるので、掃除などには非常に便利です。

飲めるアルカリイオン水を自分で作るのはほぼ不可能なので、市販の水を買うか、アルカリイオン水が飲めるウォーターサーバーと契約すると良いでしょう。

本記事の作成における参照元

PICKUPウォーターサーバー