ウォーターサーバーのコラム

アクアクララの電気代は高い?安い?他社との比較や節約方法も紹介

投稿日:

アクアクララ_電気代_高いか安いか

ウォーターサーバーを利用する際には水の美味しさや料金、サーバーのデザインなども気になりますが、サーバーの電気代も重要なポイントです。

あまり電気代などは気にしないで選んでいる方もいるかもしれませんが、長く使うサーバーですから他社と比較する際には電気代も必ず比較するようにしましょう。

今回の記事ではアクアクララのサーバーの電気代について、詳しく解説していきます。

アクアクララの電気代は高い?安い?

アクアクララ 電気代 安い

結論から言うとアクアクララの電気代は、機種によって安いモデルもあれば比較的高めのモデルもあります。

ウォーターサーバーには様々な機種があり、アクアクララでは電気代を抑えた省エネモデルと、省エネ機能が非搭載のモデルがあるので、同じメーカーでも電気代に違いがあります。

アクアクララのサーバーの中で電気代が特に安いのが、ウォーターサーバーにコーヒーマシンを搭載したアクアウィズです。

このサーバーはECOモードを搭載しているので、1ヵ月の電気代が約475円と他社と比べても安く、電気代を抑えたい方にはおすすめと言えるでしょう。

アクアクララにはアクアウィズ以外のサーバーもあるので、機種毎の電気代については次で詳しく紹介していきます。

アクアクララ全機種の電気代を比較

アクアクララ 電気代 一覧

アクアクララの電気代はサーバーによって違いがあるので、サーバー毎の毎月の電気代を見ていきましょう。

比較項目 AQUA FAB AQUA WITH
デザイン アクアウィズ
消費電力 冷水/105W 温水/465W 冷水/105W 温水/465W
電気代/月 約800円 約475円
比較項目 AQUA SLIM AQUA SLIM S
デザイン アクアスリム アクアスリムS
消費電力 冷水/105W 温水/465W 冷水/105W 温水/465W
電気代/月 約700円 約1,000円

先ほども紹介したように、コーヒーマシンを搭載したアクアウィズが一番電気代が安くなっている事が分かります。

一方で卓上タイプのAQUA SLIM Sは電気代が高く、1ヵ月約1,000円程度となっています。

このように機種によって電気代に大きな違いがあるので、電気代を節約したい方はアクアウィズを選ぶと良いでしょう。

アクアクララ 口コミ 評判
アクアクララの口コミ評判は最悪?デメリット等を辛口レビュー!

この記事では、アクアクララの良い評判・水がまずいなどの悪い口コミやアクアクララの最新情報を徹底解説。アクアクララのウォーターサーバーや申込み方法もご紹介しているので、契約を迷っている方は是非参考にして後悔のないサーバー契約をしてくださいね!

続きを見る

アクアクララと大手他社のウォーターサーバーの電気代を比較

アクアクララ 電気代 比較

アクアクララのアクアウィズは電気代が安い事は先ほど説明した通りですが、他社サーバーと比較した場合はどうでしょうか。

アクアウィズと、他社サーバーの中でも省エネモデルと言われるサーバーの電気代を比較して見ましょう。

比較項目 AQUA WITH プレミアムウォーター(amadanaグランデ)
デザイン アクアウィズ プレミアムウォーター
消費電力 冷水/105W 温水/465W 冷水/80W 温水/350W
電気代/月 約475円 約490円
比較項目 コスモウォーター(smartプラス) クリクラ省エネサーバー
デザイン スマートプラス クリクラ
消費電力 冷水/115W 温水/300W 冷水/80W 温水/300W
電気代/月 約474円 約756円

アクアウィズは他社と比較しても電気代が安い

上記の表からも分かるように、他社の省エネサーバーと比較してもアクアウィズの電気代は安い水準である事が分かるでしょう。

また、アクアウィズには「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50[Fifty]」、「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ」のどちらかを搭載出来る事が特徴で、水の補充無しにコーヒーを簡単に楽しむ事が出来ます。

更にアクアウィズのもう一つの特徴として、ボトルがサーバーの下部に設置されている点があり、重いサーバーを持ち上げなくても良いので女性でも簡単にボトル交換が出来ます。

このようにアクアウィズは電気代が安いだけでなく、美味しいコーヒーも楽しめて使いやすいので、幅広い方におすすめ出来るのと言えるでしょう。

アクアクララと他家電製品の電気代を比較

アクアクララ 電気代 家電

ここまで説明してきたようにアクアウィズの電気代は他社サーバーと比較しても安い水準ですが、他の家電を比較をしてみるとどうでしょうか。

ここではウォーターサーバーと同様に、冷水やお湯を沸かせる家電との電気代と比べてみましょう。

比較対象 電気代/月
アクアウィズ 約475円
冷蔵庫(※1) 約730円
電気ポッド(※2) 約450~600円
電気ケトル(※3) 約120円

※1 330Lサイズでの平均料金
※2 3.0Lサイズでの平均料金
※3 1日カップ(140ml)8杯のお湯を沸かした場合

利便性を考えればアクアウィズの電気代はお得

アクアウィズの特徴がいつでも冷たい水が飲める事ですが、同じように冷たい水が飲めるのが冷蔵庫です。

冷蔵庫の電気代は昔から家庭の電気代の中でも大きな割合を占めると言われていましたが、最近では冷蔵庫の省エネ性能も高まっており、電気代は年々下がっています。

それでも330Lと少し小さめの冷蔵庫と比べても、アクアウィズの方が経済的と言えるでしょう。

冷蔵庫は水を冷やすだけではなく、食材を保管したりと家庭には必須の家電なので単純な比較対象にはならないかもしれませんが、どちらも24時間稼働し続ける電化製品なので、アクアウィズの省エネ性能の高さが分かります。

ポットより安く、ケトルより圧倒的に便利

他にも水だけでなくいつでも熱いお湯が飲めるのもアクアウィズの特徴ですが、同じくいつでも熱いお湯が飲める家電に電気ポットがあります。

上記の表のように、電気ポットとの比較でもアクアウィズの方が勝っている事が分かります。

また最近ではお湯を飲む際には電気ケトルを使う方も多いでしょう。

電気ケトルはカップ1杯の水を沸かす電気代は0.5円ととても安いのが特徴ですが、沸くまでに1分程度かかる点と、一度にあまり大量に沸かせないのが欠点です。

そのため料理などにもサーバーのお湯を利用する方には、アクズウィズの方が向いています。

ウォーターサーバー ケトル ポット 比較 電気代
ウォーターサーバーと電気ポット・ケトルはどっちがお得か徹底比較

この記事では、ウォーターサーバーや電気ケトル・ポットの特徴や月の電気代の目安を解説しています。それぞれどんな人に向いているかもご紹介しているので、自分に合ったアイテム選びをしたい方や節約・節電を頑張っている方におすすめの内容となっています。

続きを見る

アクアクララの電気代をお得に抑える方法

アクアクララ 電気代 抑える

アクアクララは機種によって電気代が大きく違う事は先ほども紹介しましたが、使い方によっても電気代は変わります。

いくら省エネ機能の高いサーバーであっても、使い方次第では高くなってしまう場合もあるでしょう。

ここではアクアクララの電気代を節約する方法を紹介していくので、電気代が気になる方はぜひ参考にして下さい。

直射日光や温度変化の激しい場所に設置しない

電気代を抑えるまず最初の方法が、サーバー本体を直射日光のあたる場所や温度変化の激しい場所に置かない事です。

ウォーターサーバーは電化製品なので、どうしても内部に熱がこもってしまいます。

もし窓際などの直射日光の当たる場所においてしまうと、更にサーバー内部に熱がこもってしまう事になり、冷やすために多くの電力を使う事になるでしょう。

同様にエアコンの近くなど、温度変化の激しい場所も避けた方が良いです。

周囲の温度変化が激しいとサーバー内部の温度が影響を受けてしまうので、水の温度管理の効率が悪くなってしまい電力の消費も多くなってしまうでしょう。

このようにサーバーは内部で冷たい水と熱いお湯を管理しているので、出来るだけ温度変化の少ない適温の環境を保つことで電気代を節約する事が出来ます。

節約目的でコンセントを抜かない

節約意識の高い方であれば、電化製品によっては使わない時はコンセントを抜く方もいるかもしれませんが、アクアクララの場合は抜かない方が節約になります。

サーバーを使わない間の電気代がもったいないので、コンセントを抜いた方が節約に繋がると思うかもしれませんが、実際にはその逆でコンセントを抜いてしまうと水もお湯も温度管理が出来ず常温になってしまいます。

一度常温になってしまうと、再度水を冷やしたりお湯を沸かすために電力を消費するので、結局は電気代が高くなってしまう事になるでしょう。

冷水やお湯を適温に管理するよりも、水を冷やしたり沸かす時の方が電気の消費が激しいので、コンセントを抜くことは節約にはなりません。

アクアクララの電気代を抑えたいのであれば、コンセントは抜かないようにしましょう。

定期的に清掃をする

定期的にサーバーを清掃する事も、電気代の節約に繋がります。

特にサーバーの背面にはホコリが溜まりやすく、ホコリが溜まってしまうとサーバー内部の熱を放出できなくなってしまい、無駄な電力を使う事になります。

またホコリが溜まり過ぎてしまうと内部に入り込んでしまって故障の原因にもなりますし、衛生面でも良いとは言えません。

そのため月1回程度はサーバーの清掃をする事で、サーバーの機能を落とさず電気代の節約に繋がります。

サーバーを清掃すると言っても分解して清掃する必要はなく、本体に付着しているホコリを払ったり、背面を掃除機で吸う程度で問題ありません。

定期的な清掃を行って、サーバーを綺麗な状態にしてくようにしましょう。

家具や壁の間に15cm程度の空間を作る

サーバーのすぐ近くに、家具や家電などの物を置かないようにする事も電気代の節約になります。

先ほども説明したようにサーバー本体には熱が溜まるので放熱する必要がありますが、サーバー本体の近くに隙間がなければ熱を逃すことが出来ません。

そうするとサーバー内部に熱がこもってしまい、無駄な電気を使う事になってしまいます。

そのためサーバーを置く場所には、近くに障害物などを置かないようにして、出来れば前後左右に15cm程度の空間を作るようにしましょう。

このように置く場所によっても、必要な電気代も変わってくるので注意が必要です。

節電機能搭載のアクアウィズを選ぶ

アクアクララで電気代を抑える方法の中でも、一番有効なのが節電機能搭載のアクアウィズを選択する事でしょう。

他の機種にはない省エネ機能を搭載しているので、先ほども説明したように電気代は大きく違います。

一番電気代が高い機種と比べると、最大で1ヵ月約500円も違うので、年間だと6,000円以上もの差になります。

また他社の省エネモデルと比較してもアクアウィズの電気代は優秀なうえに、コーヒーも楽しむ事が出来ます。

ここで紹介しているような節電方法ももちろん重要ですが、電気代を気にする方であればまずはアクアウィズを選択するのが賢い選択肢と言えるでしょう。

ウォーターサーバー 電気代
ウォーターサーバーの月々の電気代は高い?安い?平均や10社を徹底比較

「ウォーターサーバーの電気代は高い」というイメージがありますが、実際ひと月にかかる電気代はどれくらいなのでしょうか?今回はウォーターサーバーと電気ポット・ケトルの電気代を比較し、電気代を節約しながら使用できるウォーターサーバーを紹介します。

続きを見る

アクアクララより電気代が安いおすすめウォーターサーバー

アクアクララ 電気代 安い

ここまで紹介してきたように、アクアクララのサーバーは他社サーバーと比べても電気代は優秀です。

しかし、ウォーターサーバーにはたくさんのメーカーがあり、多くのメーカーが省エネ機能を搭載しています。

そのため、中にはアクアクララよりも電気代が安いウォーターサーバーもあるので、以下に電気代を重視する方にはおすすめのサーバーを紹介していきます。

フレシャスデュオ

まず最初に紹介するサーバーはフレシャスというメーカーのサーバーの中で一番節電機能の高い、dewo(デュオ)です。

項目 詳細内容
サーバーデザイン dewo
消費電力 冷水/80W 温水/350W
電気代/月 約330円

デュオの特徴は何と言っても節電機能の高さで、1ヵ月の電気代の目安は約330円とアクアウィズよりも優秀な水準となっています。

フレシャスのサーバーにはたくさんの種類がありますが、その中でも一番電気代が安いモデルとなっています。

また電気代だけでなくデザインにも拘っているのがデュオの特徴で、シンプルでスタイリッシュなデザインと豊富なカラーバリエーションもあるなど、インテリアに合わせて選べる楽しみもあるでしょう。

グッドデザイン賞を受賞するなどサーバーのデザインだけでなく、水のボトルサイズも7.2Lと小さめなので、ボトル交換の手間も少なく使いやすいのもデュオの特徴です。

またフレシャスは天然水を採用しており、3種類の採水地から好きな水を選んで注文出来ます。

味や水質など自分の好みに合わせて注文が出来るので、水の味にも拘りたい方にもおすすめと言えるでしょう。

ワンウェイウォーターsmart

次に紹介するサーバーがワンウェイウォーターのsmartです。

項目 詳細内容
サーバーデザイン ワンウェイウォーター
消費電力 冷水/85W 温水/350W
電気代/月 約457円

ワンウェイウォーターはそこまで機種が多い訳ではないですが、一番節電機能が高いのが「ワンウェイウォーター smart」です。

月間の電気代はアクアウィズより若干ですが安く、なによりアクアクララと違って水の種類を選べるのが特徴です。

コスパ重視の「プラスプレミアム」というRO水の他に、なんと富士・京都・九州日田の採水地から好きな天然水を選んで注文する事が出来ます。

また、一番人気のプラスプレミアムの水代は12Lボトルが1,250円(税込)と他社サーバーと比べてもかなり安い水準なので、電気代と合わせて水代も節約したい方にはおすすめと言えるでしょう。

プレミアムウォータースリムサーバーⅢ

最後に紹介するのが、プレミアムウォーターの中でも節電機能の高いスリムサーバーⅢです。

項目 詳細内容
サーバーデザイン プレミアムウォータースリムサーバーⅢ
消費電力 冷水/80W 温水/350W
電気代/月 約500円

スリムサーバーⅢの電気代は約500円とアクアウィズよりはわずかに高いものの、他社のサーバーと比べるとかなり安い水準と言えるでしょう。

何より電気代が安いだけでなく水の味に拘っているのがプレミアムウォーターの特徴で、厳選した採水地から取れる天然水を、コストをかけて非加熱処理という独自の工法を使って製水しています。

多くのメーカーでは水を作る際に安価で手軽な加熱処理をしていますが、加熱をすると水の美味しさの源である溶存酸素が激減してしまいます。

そこでプレミアムウォーターでは独自のろ過技術を使って非加熱で製水をしているので、溶存酸素を減らす事なく安心な美味しい水を供給しているのは、おいしい水を飲みたい方には大きなメリットでしょう。

またプレミアムウォーターはサーバーのデザイン性が高く、ピュアホワイト・プレミアムブラック・ベビーピンク・プラチナシルバーとカラーバリエーションが豊富ですので、部屋のインテリアに合わせてサーバーを選べます。

電気代だけでなくデザインも重視したい方にもおすすめと言えるでしょう。

アクアクララの電気代や節約方法まとめ

アクアクララ 電気代 まとめ

今回はアクアクララの電気代について紹介しました。

他社サーバーと比べて電気代が高いサーバーもあれば、安いサーバーもありますが、中でも一番節電機能が高いのが「アクアウィズ」です。

アクアウィズの電気代は月間約475円となっており、他社の省エネサーバーと比べても電気代が安いので、アクアクララの電気代を気にする方はアクアウィズを選んでおけば間違いありません。

とにかく電気代を抑えたいならフレシャスが最安でおすすめ

また、アクアクララにこだわらず、とにかく電気代が安いサーバーをお探しの方は月間の電気代金がなんと約330円で済む「フレシャス」のデュオがおすすめです。

全メーカーのウォーターサーバーの中でも最安レベルの電気代なので、ランニングコストを大きく抑えることができるでしょう。

MIZUCOOLおすすめコンテンツ

【2022年】ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング15選!比較や選び方も!
近年ウォーターサーバーはどんどん進化を遂げ、どのサーバーを選べばいいかわからないですよね。このページでは料金の安さやデザイン、赤ちゃん向けや一人暮らし向けなどの視点から、おすすめのウォーターサーバーを徹底比較してランキング形式でご紹介!

続きを見る


口コミ評判の良いウォーターサーバー11選【1,125人の口コミアンケート】
ウォーターサーバー11社の利用者の口コミや評判を紹介します。
また、各社の特徴や口コミから分かるメリット・デメリット、失敗しない選び方も解説しているので、ウォーターサーバーを導入しようと考えている方は参考にしてください。

続きを見る


【2022年12月】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底比較
各ウォーターサーバーメーカーで実施しているキャンペーン情報を徹底解説!新規申込み・乗り換え・赤ちゃんの子育て向けのママパパプランなど、お得にウォーターサーバーを利用できる各種キャンペーン情報を徹底比較しています!

続きを見る

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.