水に関するコラム

麦茶にはダイエット効果がある?事前に知りたいデメリットや注意点

更新日:

麦茶 ダイエット 効果

「麦茶がダイエットに効果的って聞いたけど、本当かな?デメリットもあわせて知りたい」

私たちにとって身近な飲み物である麦茶のダイエット効果について、皆さんは知っていますか?

この記事では、麦茶のダイエット効果や、美容・病気予防など麦茶を飲むことで得られる様々な効能についてもご紹介していきます。

麦茶ダイエットのやり方やメリット・デメリット、注意点についても解説しているので、麦茶ダイエットをしたいという方にも役に立つ記事となっています。

これから麦茶ダイエットを始めようと思ってる方は、ぜひ参考にしてみてください!

この記事を読むと分かること

  • 麦茶を飲むことで得られる4つのダイエット効果
  • 麦茶ダイエットの2つのメリット
  • 麦茶ダイエットの2つのデメリット・注意点
  • 麦茶ダイエットの効果的な2つのやり方

麦茶の4つのダイエット効果

麦茶 ダイエット 効果

まずは、麦茶を飲むことで得られる4つのダイエット効果についてご紹介していきます。

麦茶には身体に良いミネラルをはじめとしたたくさんの成分が含まれているため、様々なダイエット効果を得ることができます。

ダイエット効果以外にも病気の予防効果なども期待できるので、健康的にダイエットしたい方はぜひチェックしてみてください!

麦茶の4つのダイエット効果

  1. 血行促進効果
  2. むくみ改善効果
  3. 便秘改善効果
  4. コレステロール値・中性脂肪値の低下

効果①:血行促進効果

まず麦茶を飲むことで、血行促進効果を期待することができます。

麦茶には血液をサラサラにする「アルキルピラジン」や、血圧を下げ血行を良くする「ギャバ(GABA)」が含まれているため、麦茶を飲むだけで血行を促進させることができるでしょう。

血行が悪いと代謝が落ち、太りやすい体質になってしまうので、血行を良くすることはダイエットにおいてとても重要です。

また、血行が改善されると、冷え性や不眠症、肩こりなど体の様々な不調の改善も期待できます。

麦茶を飲むだけで、ダイエットの効果をアップさせるだけでなく、体の不調も改善できるのはうれしい効果と言えますね!

効果②:むくみ改善効果

むくみの原因の一つに、塩分(ナトリウム)の摂り過ぎがあります。

麦茶には、この塩分を体の外に排出する作用がある「カリウム」が含まれているので、麦茶を飲むことでむくみの改善が期待できるでしょう。

むくみを解消するだけで体はスッキリして見えますし、体も軽くなってダイエットのモチベーションにも繋がります

夕方になると靴がきつく感じたり、靴下の跡がなかなか直らなかったりと、体のむくみを感じるという方は普段の飲み物を麦茶に変えてみてはいかがでしょうか。

効果③:便秘改善効果

麦茶を飲むことで血行が改善し、新陳代謝が上がると胃腸の動きも活発になるため、老廃物も排出されやすくなり便秘解消に繋がります

加えて、麦茶をこまめに飲むことで、便秘の原因の一つでもある水分不足も同時に解消することができるでしょう。

ダイエットの大敵である便秘に悩んでいるという方は、ぜひ日常生活に麦茶を取り入れてみることをおすすめします。

効果④:コレステロール値・中性脂肪値の低下

麦茶に含まれる「β-グルカン」には、コレステロール値や中性脂肪値を低下させる作用があります。

コレステロール値や中性脂肪値の数値が高くなると、動脈硬化が進み心筋梗塞や脳梗塞の原因になるため、麦茶を飲むことで病気の予防効果が期待できます。

また、食後に血糖値が急上昇すると体に脂肪が蓄積させやすくなりますが、この「β-グルカン」には血糖値の上昇を抑える作用もあるため、ダイエットをしている方にはぜひ取り入れていただきたい成分となっています。

硬水 効果
硬水はダイエットに最適!メリットやデメリットも解説!

この記事では、硬水を飲むことで得られるダイエットや便秘解消、肌への美容・健康効果などについて詳しく解説しています。また、硬水の正しい選び方や飲む前に知りたいデメリット、おすすめ硬水5選もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

続きを見る

麦茶ダイエットの2つのメリット

麦茶 ダイエット メリット

次に、麦茶ダイエットを行うことで得られる2つのメリットをご紹介していきます。

これからの麦茶ダイエットのモチベーション維持のためにも、ぜひチェックしてみてください。

麦茶ダイエットの2つのメリット

  1. 抗酸化作用が美容面をサポート
  2. ノンカフェインで気軽に飲める

メリット①:抗酸化作用が美容面をサポート

体に取り込んだ酸素の一部は活性酸素になり、本来は体に侵入してきたウイルスなどを攻撃し体を守ってくれるのですが、数が増えすぎると健康な細胞までも攻撃し体を酸化させてしまいます。

この活性酸素が体内に増えすぎることで私たちの体は老化していき、お肌のシミやシワ、たるみなどにつながります。

しかし、麦茶にはP-クマル酸やケルセチン、ポリフェノールといった活性酸素を除去する抗酸化作用がある成分が含まれているため、老化を防ぎ、若々しいお肌を保つことができます。

また、麦茶には美肌ミネラルと呼ばれる亜鉛やケイ素も含まれているので、麦茶を飲むだけで抗酸化作用とミネラル補給のふたつの面で美容面をサポートしてくれます。

メリット②:ノンカフェインで気軽に飲める

お茶はカフェインが含まれていることが多いですが、麦茶はノンカフェインなため、いつでも気軽に飲むことができます

カフェインが入っている飲み物は飲む量やタイミングなど何かと気を使いますが、麦茶はたくさん飲んでも問題ありませんし、寝る前に飲んでも睡眠を妨げることはありません

いざ麦茶ダイエットをしようと思っても、好きなタイミングで麦茶が飲めなかったら長続きしないですよね。

子供も一緒に飲むことができるので、家族みんなで飲むことができるのも大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

麦茶ダイエットの2つのデメリットと注意点

麦茶 ダイエット デメリット

麦茶ダイエットを行う上での2つのデメリット・注意点についてご紹介いたします。

ダイエットは継続することが重要なので、挫折することなくダイエットを続けられるように、デメリットや注意点を正しく理解しましょう。

やり方・方法によっては逆効果となる場合もあるので、しっかりチェックしてみてください。

麦茶ダイエットの2つのデメリットと注意点

  1. 麦茶を飲むだけで痩せるわけではない
  2. 冷たい麦茶だけでは逆効果になることもある

デメリット①:麦茶を飲むだけで痩せるわけではない

上記で麦茶のダイエット効果をご紹介いたしましたが、注意点として麦茶を飲むだけで痩せるというわけではありません

麦茶はあくまでダイエットの補助であり、痩せるためにはバランスのとれた食事や適度な運動が必要です。

麦茶を飲むことでむくみが改善させたり、血行が良くなることで代謝が上がり運動の効果が高まったりするので、これらの効果を利用しつつ食事と運動で健康的にダイエットするようにしましょう。

デメリット②:冷たい麦茶だけでは逆効果になることもある

冷たい麦茶をあまりにたくさん飲むと、内臓が冷えて機能が低下し代謝が落ちてしまうため、麦茶で得られる効果が逆効果となってしまう可能性があります。

そのため、麦茶はキンキンに冷やして飲むというイメージの方も多いと思いますが、ダイエットにおいては冷たい麦茶はおすすめできません

ダイエットの効果を効果的に得るためには、常温もしくはホットで飲むようにしましょう。

常温以上であれば内臓に負担をかけないだけでなく、体温を上げることにもつながるので、さらに代謝をあげることもできます。

麦茶 赤ちゃん いつから
赤ちゃんはいつから麦茶を飲んでもいい?作り方やおすすめ麦茶も紹介

この記事では、赤ちゃんはいつから麦茶を飲んでもいいのかについて詳しく解説しています。また、赤ちゃん用の麦茶の作り方やアレルギーになる可能性、おすすめの市販の赤ちゃん用麦茶も紹介しているので、子育て世代の方はぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

麦茶ダイエットの効果的な2つのやり方

麦茶 ダイエット やり方

最後に、麦茶ダイエットの効果的なやり方を2つご紹介いたします。

やり方はとても簡単なので、麦茶の効果を最大限引き出すことができるように、確認してから麦茶ダイエットを始めましょう。

麦茶ダイエットの効果的な2つのやり方

  1. 飲料水をできるだけ麦茶にする
  2. 毎日1.5~2.5Lの麦茶を飲むようにする

効果的なやり方①:飲料水をできるだけ麦茶にする

麦茶のカロリーは100mlあたり1kcalしかないため、普段飲んでいるコーヒーやジュースを麦茶に変えるだけで摂取カロリーが抑えられ、ダイエットの効果を高めることができます。

コーヒーやジュースには糖分やカフェインが含まれているため、摂取カロリーが増えるだけで十分な水分補給になりません。

麦茶に変えることで摂取カロリーを抑えつつ、代謝をあげてダイエット効果を高めることができるので、本気で痩せたい方はできるだけ飲み物を麦茶に変えるようにしましょう。

水のカロリーはなぜゼロ?水を飲むとカロリー消費する理由も紹介

この記事では、なぜ水にはカロリーがないのか?水を飲むことでなぜカロリーを消費することができるのかについてご紹介しています。また、ゼロカロリーとされる水の注意点や水の温度による効果の違い、カロリーを消費する水の飲み方についても解説しています。

続きを見る

効果的なやり方②:毎日1.5~2.5Lの麦茶を飲むようにする

麦茶を飲む量は、毎日1.5~2.5Lを目安にするとよいでしょう。

冷たい麦茶は飲み過ぎると内臓に負担をかけてしまうので、常温やホットでこの量を摂取することをおすすめします。

麦茶はカロリーが少ない上に、ミネラルなどの補給もできるので、その日の運動量に合わせて飲む量を調節していきましょう。

水出し麦茶 水道水 危険
水出し・煮出し麦茶は水道水だと危険?安全な作り方や日持ちなど徹底解説

この記事では、水出し麦茶を水道水で作ると危険なのか、まずいのかについて詳しく解説しています。また、麦茶は作り方によって日持ちが変わるため、具体的な賞味期限の日数についてやミネラルウォーターで作る際の注意点などについてもご紹介しています。

続きを見る

麦茶にはダイエット効果やデメリット、注意点まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、麦茶のダイエット効果について詳しくご紹介いたしました。

麦茶にはダイエット効果だけでなく、美容や病気予防など様々な効果があるため、健康的にダイエットをしたい方には特におすすめな飲み物と言えるでしょう。

冷やした麦茶の飲み過ぎには注意が必要ですが、スーパーやコンビニでも手軽に買うことができますし自宅で簡単につくることもできますので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、麦茶が持つダイエット以外の効果・効能についても知りたい方は、下記の記事もあわせて参考にしてみてください!

麦茶 効能
麦茶の効果や効能まとめ!美肌や美容、健康の様々なメリットを解説

この記事では、麦茶にはどんな効果や効能があるのかについて紹介しています。麦茶の効果は利尿作用による夏バテの予防や冷え性の改善、美肌ミネラルによる肌のたるみ予防など色々ありますが、副作用など注意点もあるため、あわせて詳しく解説しています。

続きを見る

本記事の作成における参照元

MIZUCOOLおすすめコンテンツ

【2022年】ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング15選!比較や選び方も!
近年ウォーターサーバーはどんどん進化を遂げ、どのサーバーを選べばいいかわからないですよね。このページでは料金の安さやデザイン、赤ちゃん向けや一人暮らし向けなどの視点から、おすすめのウォーターサーバーを徹底比較してランキング形式でご紹介!

続きを見る


口コミ評判の良いウォーターサーバー11選【1,125人の口コミアンケート】
ウォーターサーバー11社の利用者の口コミや評判を紹介します。
また、各社の特徴や口コミから分かるメリット・デメリット、失敗しない選び方も解説しているので、ウォーターサーバーを導入しようと考えている方は参考にしてください。

続きを見る


【2022年11月】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底比較
各ウォーターサーバーメーカーで実施しているキャンペーン情報を徹底解説!新規申込み・乗り換え・赤ちゃんの子育て向けのママパパプランなど、お得にウォーターサーバーを利用できる各種キャンペーン情報を徹底比較しています!

続きを見る

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.