水に関するコラム

水出し麦茶を水道水で作るのは危険?作り方や日持ちなども徹底解説

投稿日:

水出し麦茶 水道水 危険

「麦茶って水道水で作っても大丈夫?危険性はない?」

簡単に作ることができる水出し麦茶ですが、中にはそのままの水道水で作ると危険という噂を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、日本の水道水は安全性がしっかり確保されているので、水道水で水出し麦茶を作っても危険性はありません

この記事では、水道水で作る水出し麦茶の危険性について詳しく解説していきます。

また、水出し麦茶と煮出し麦茶の安全においしく作る方法や、それぞれのメリット・デメリットについてもご紹介します。

麦茶は作り方によって日持ちも大きく変わるので、安心・安全に麦茶を飲むためにもぜひ最後までご覧ください!

この記事を読むと分かること

  • 水道水で作る水出し麦茶の危険性について
  • 水出し麦茶と煮出し麦茶のおいしい作り方とメリット・デメリット
  • 麦茶を安心・安全に飲むために知っておきたいこと

水出し麦茶を水道水で作るとまずくて危険?

水出し麦茶 水道水 危険

ティーバックを水に入れるだけで簡単に作れる水出し麦茶ですが、水道水で作るとまずく安全性に問題があるのでしょうか。

ここでは、水道水で水出し麦茶をつくる危険性についてや麦茶の美容・健康効果について詳しく解説いたします。

日本の水道水の水質基準についてもご紹介しているので、安全に水出し麦茶を作るためにもぜひチェックしてみてください。

【結論】水出し麦茶は水道水で作っても危険性は一切ない

日本の水道水の安全基準は非常に厳しく、飲料水としてしっかり安全性が確保されています。

一般細菌や大腸菌、鉛、水銀など、水道水質基準が51項目も設定されており、その基準値以下になるように管理されているため、水道水で水出し麦茶を作っても危険性は一切ありません

生涯、水道水を飲み続けても健康上問題がない日本の水道水は世界と比べても非常に安全性が高いものとなっているため、安心して水出し麦茶をつくることができると言えます。

麦茶を飲むことで様々な美容・健康効果を期待できる

私たちの日常生活に深く根付いている麦茶ですが、実は日常的に飲むことで様々な美容・健康効果を期待することができます。

麦茶の健康・美容効果について下記に一例をまとめたので、ぜひご覧ください。

麦茶の効果・効能

  • アンチエイジング効果:抗酸化作用があるため、お肌のたるみやシミなどを改善
  • 胃腸環境の改善効果:胃の粘膜を保護する作用があるため、弱った胃腸を労ることができる
  • 血行改善効果:血流を良くしたり、コレステロール値や中性脂肪値を低下させる効果が期待できる
  • 虫歯予防効果:虫歯の原因菌の固着を予防する働きがあるため、虫歯予防も期待できる

継続的に麦茶を飲み続けることで、上記のような効能を得られるなんて驚きですよね!

味がおいしいからという理由だけでなく、美容や健康のためにもぜひ麦茶を日常的に飲んでみてはいかがでしょうか。

また、麦茶を飲むことで得られる効能については麦茶にはどんな効果・効能がある?知って得する麦茶の驚くべきパワーでも詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください!

参考
麦茶 効能
麦茶にはどんな効果・効能がある?知って得する麦茶の驚くべきパワー

この記事では、麦茶にはどんな効果や効能があるのかについて紹介しています。麦茶の効果は利尿作用による夏バテの予防や冷え性の改善、美肌ミネラルによる肌のたるみ予防など色々ありますが、副作用など注意点もあるため、あわせて詳しく解説しています。

続きを見る

おいしい麦茶の作り方を「水出し」と「煮出し」別に詳しく解説

麦茶 作り方

次に、麦茶を美味しく安全に飲むために水出し麦茶と煮出し麦茶の作り方をご紹介いたします。

それぞれのメリット・デメリットについても解説していますので、ご自身の状況や好みに合わせて作り方を選んでみてください。

おいしい「水出し麦茶」の作り方

  1. 水出し麦茶用ボトルに水道水とティーバックを入れて冷蔵庫に入れる
  2. 1〜2時間ほど経ったらティーバックを取り出して完成

水出しで麦茶を作る場合は、ティーバッグが底に沈み出来上がりにムラができやすくなるため、ティーバックを取り出す際によくかき混ぜてから飲むようにしましょう。

また、ボトルに麦のでんぷんなどが付着するので、毎回必ず洗って綺麗なボトルで作るようにしてください

水出し麦茶のメリット・デメリット

水出し麦茶は水にティーバックを入れて冷やすだけで、誰でも簡単に作ることができるというメリットがあります。

しかし、塩素を除去していない水道水を利用するためカルキ臭が残りやすく、水道水をそのまま飲むことに抵抗がある人には向かないというデメリットもあります。

ただ、カルキ臭は冷蔵庫で1日冷やせば塩素が抜けて臭いが気にならなくなりますし、水道水に抵抗がある方は代わりにミネラルウォーターで作ることもできるでしょう。

おいしい「煮出し麦茶」の作り方

  1. ティーバックをやかんなどに入れて、3〜5分ほど煮出す
  2. 火を止めてから5分ほど置き、ティーバックを取り出す
  3. 常温になるまで冷ましてから容器に移し替え、冷蔵庫で冷やせば完成

水道水の塩素は10分以上煮沸すれば除去できると言われているので、塩素が気になる方は10分以上煮沸したお湯を使うとよいでしょう。

ただし、5分程度の煮沸だと塩素の反応から生成されるトリハロメタンという物質が増えてしまう可能性があるので、注意してください。

水道水の塩素や沸騰時間の関係について詳しく知りたい方は、水道水は沸騰させると危険?安全に飲むための正しい沸騰時間は?もあわせてチェックしてみましょう。

参考
水道水 沸騰
水道水は沸騰させると危険?安全に飲むための正しい沸騰時間は?

日本の水道水はそのまま飲むことができますが、少しでも飲みやすくしたい場合や、赤ちゃんに安全な水をあげたいあるいは健康の保持増進のために飲み水に気を付けている場合には沸騰させることがおすすめ。今回は水道水を沸騰させる理想的な時間を紹介します。

続きを見る

煮出し麦茶のメリット・デメリット

煮出し麦茶は麦茶の味や香りを強く感じることができる上、煮沸することで水道水のカルキ臭を飛ばすことができるというメリットがあります。

しかし、お湯を沸かしたり、容器を移し替えたりと手間がかかるという点はデメリットとなるでしょう。

ただ手間はかかるものの、水出しよりは短時間で作ることができるので、すぐに麦茶を作りたい時や味にこだわりたいという方にはおすすめな作り方となっています。

麦茶の安全性を高めるために知っておきたいこと

麦茶 安全性

麦茶は簡単に手作りすることができるため、お家の冷蔵庫に常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。

手軽に作れるのが麦茶のメリットですが、その分、衛生面や日持ちなど気をつけなければならないこともあります。

ここでは、麦茶を衛生的に保つ方法や作り方による日持ちの違いなどについて詳しく解説しています。

安全に麦茶を飲むためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

麦茶作りには雑菌が増えにくいガラス製ボトルが衛生的

麦茶を冷蔵庫で保管する際は、ガラス製の容器を使用する方が衛生的でおすすめです。

プラスチック製のボトルは安価というメリットがありますが洗浄時などに傷がつきやすく、そこにカビや雑菌が繁殖してしまう可能性があるため、定期的な買い替えが必要になります。

しかし、ガラス製は硬いスポンジで洗っても傷がつきにくいほど頑丈な上、汚れも落ちやすく衛生的で長く使うことができます。

プラスチック製を定期的に買い換えるよりも、ガラス製を長く使った方が、衛生的にも経済的にもおすすめと言えますね。

ただし、ガラス製はプラスチック製より重さがあるので、小さなお子さんがいるご家庭は注意が必要です。

水出しよりも煮出し麦茶を常温で冷ます方が危険

麦茶の雑菌の繁殖スピードを比べたところ、常温で自然に冷ました煮出し麦茶よりも水出し麦茶の方が繁殖スピードが遅いことがわかりました。

煮出し麦茶の方が菌の繁殖を抑えれると思う方も多いと思いますが、常温で自然に冷ました場合は菌が繁殖しやすい30〜40℃の時間が長くなるため、冷蔵庫で冷たい温度がキープできる水出し麦茶よりも雑菌が繁殖してしまいます。

そのため、煮出し麦茶の粗熱を急速にとり冷蔵庫で冷やした方が30〜40度の菌が繁殖しやすい時間も短くなるため、雑菌の繁殖を未然に防ぐことができます。

麦茶の日持ち・賞味期限は3~4日が目安

麦茶は作り方によって雑菌の繁殖スピードが異なるため、日持ち・賞味期限も異なります。

雑菌の繁殖スピードを3つの作り方で比較したところ、常温で冷ました煮出し麦茶は3日を越えたところから雑菌が増えはじめ、水出し麦茶は4日を超えたところから雑菌が増えはじめました。そして、急速に冷却した煮出し麦茶は雑菌が増えにくいという結果になりました。

このことから、常温で冷ました煮出し麦茶は3日以内、水出し麦茶は4日以内を賞味期限の目安にするといいでしょう。

急速冷却の煮出し麦茶は菌が繁殖しにくいですが、全く繁殖しないわけではないので、水出しと同じく4日以内を目安に飲み切ることをおすすめします。

季節や冷蔵庫での保管状況によって雑菌の繁殖スピードは変わってきますが、3〜4日を目安にしてなるべく早く飲み切るのがいいでしょう。

ノンカフェインの麦茶は妊婦さんや赤ちゃんにも安全

麦茶にはカフェインが含まれていないため、妊婦さんや赤ちゃんでも安心して飲むことができます

麦茶はお茶ということで勘違いされやすいのですが、茶葉が原料の紅茶や緑茶とは違い大麦が原料のためノンカフェインとなっています。

寝る前に飲むことで睡眠を妨害したすることもなく、いつでも誰でも気軽に飲むことができるのは、麦茶の大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

水道水のカルキ臭が気になる人はミネラルウォーターの利用がおすすめ

水道水で作る水出し麦茶は煮沸をしなければ水道水をそのまま飲むことと変わらないため、カルキ臭が気になるという方はミネラルウォーターで作ることをおすすめします。

ミネラルウォーターで作る際は、硬水を使うとミネラルによって麦茶が抽出されにくくなるため、軟水を選ぶようにしましょう。

また、ミネラルウォーターには水道水のような塩素による殺菌作用がないので、なるべく早く飲み切るなど注意が必要です。

水出し麦茶を水道水で作るのは危険?作り方や日持ちなどまとめ

いかがだったでしょうか。今回は、水道水で作る水出し麦茶は危険なのかどうかについて詳しく解説いたしました。

結論、水出し麦茶を水道水で作っても危険性はありませんが、作り方によって雑菌の繁殖スピードが変化し日持ちも変わるなど、気をつけなくてはならないこともあります。

ここでご紹介したおいしい麦茶の作り方を参考にして、ぜひ日常生活の中で安全に麦茶を楽しんでみてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NAKA

水をこよなく愛する20代。1日にたくさんの水を飲んでいます。 どんなウォーターサーバーを選んだらいいか分からない方のために、分かりやすく丁寧な情報発信をすることを心掛けています。

-水に関するコラム

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.