水に関するコラム

安い水が危険って本当?買ってはいけないミネラルウォーターはある?

更新日:

安い水 危険

「安い水が危険って本当?スーパーで安売りしている水も危ない?」
「買ってはいけないミネラルウォーターがあるって本当?」

値段が安いミネラルウォーターに対して、何か裏があるのではないかと感じている方も多いのではないでしょうか?

水は健康に直結するものですから、怪しいと感じる飲み物を口にするのは抵抗がありますよね。

そこで今回は「安い水は本当に危険なのか?」「買ってはいけないミネラルウォーターが存在するのか?」という噂の真偽を徹底調査しました。

記事の後半では買ってはいけないミネラルウォーターとオススメの天然水をそれぞれ紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

今すぐ飲むべきミネラルウォーター
\累計販売数3,000万本突破!/

多数の芸能人も愛飲する、1秒に1本爆売れしている奇跡の水「のむシリカ」
※健康や美容の維持に興味がない方は、飲まないでください。

この記事を読むと分かること

  • 日本のミネラルウォーターは検査項目をクリアしているので基本的に安全
  • 水の安さは採水量の多さと、スーパーの価格競争に関するメーカーの努力などが理由
  • 体質や目的によっては向いていないミネラルウォーターがあるので注意
  • コスパやミネラル量を確認し、自分に合ったミネラルウォーターを選ぼう

決して「安い水=危険」というわけではない

安い水 危険

安いものには理由があるわけですが、決して「安いミネラルウォーター=危険」というわけではありません。

日本では厳しい水質基準を満たして初めて水を販売できるので、日本で市販されているミネラルウォーターはすべて安全なものです。

ここからは安いミネラルウォーターはなぜ安いのか、その3つの理由について、詳しく確認していきましょう。

水が安くなる3つの理由

  1. 水質が良くても採水量が多い水は価格が安くなる
  2. キャンペーンにより値段が安くなっているケースもある
  3. 近年はスーパーの価格競争により水の値段が大幅に下落

水質が良くても採水量が多い水は価格が安くなる

安いもの=粗悪品というわけではなく、水質が良くても採水量が多ければ価格は安くなります。

例えばダイヤモンドが高価で取引されるのは、採れる量が少ないことによる「希少価値」が価格に影響しているからです。

ミネラルウォーターは雨や雪が地層を通った井戸水や川の水が原水であることがほとんどとなっており、採水量がそもそも多いため価格は当然安くなるでしょう。

採水量が多ければ一度に大量生産が可能になりコストも低く抑えられるため、低価格販売を実現できるという事ですね。

キャンペーンにより値段が安くなっているケースもある

ミネラルウォーターの値段が安くなっている理由のひとつに、スーパーなどの安売りキャンペーンが挙げられるでしょう。

一度に大量に仕入れをすることによって、運送費や人件費を削減することができるため、安売りのセールを実現することができます。

ちなみにセールなどで特売品の水などは集客のためと割り切って原価割れ、つまり儲けが無い状態で売っているスーパーもあるそうです。

つまり水の値段が安い理由のひとつは、スーパーなどの企業努力による部分も大きなポイントであるということですね。

近年はスーパーの価格競争により水の値段が大幅に下落

スーパーでの価格競争によって水の値段が安くなったのですが、値段が下がった背景には2つの理由があります。

まず、「頻繁に購入されるミネラルウォーターを目玉商品にしたい」というスーパーの要請にメーカーが従ったことによる価格の低下が理由として挙げられるでしょう。

そして飲料メーカーは他の食品よりもシェア率へのこだわりが強く、自社の商品を多く取り扱ってもらえるようスーパーに販売奨励金(リベート)を支払ったからという2点です。

スーパーのミネラルウォーターが安いのは、スーパー側の販売戦略と各メーカーがスーパーに自社商品をより多く扱ってもらえるよう力を入れた相互的な結果だという事ですね。

健康や美容への意識が高い方には「のむシリカ」がおすすめ!

今はスーパーやコンビニ・ドラッグストアなどで安い水を手軽に購入出来る時代ではありますが、水と言ってもミネラルの種類や含有量などによる健康や美容への効果の有無など、こだわって水を選ぶ時代でもあります。

そんな中、多くの健康・美容にこだわる芸能人がこぞって飲んでいるのが霧島天然水のむシリカです!

のむシリカは宮崎県の霧島連山を採水地としており、健康や美容に欠かすことができるシリカを97mg/Lと世界トップクラスに含む「奇跡の水」

継続して飲み続けることで10年後の健康・美容に大きな違いが出るので、少しでも気になる方は20%オフキャンペーンを実施中の公式サイトをチェックしてみましょう!

▼あわせて読みたい記事

参考
シリカ水 効果 効能 
シリカ水とは?飲むと得られる効果・効能や危険な副作用を徹底解説

この記事ではシリカ水の効果や効能、シリカ水を飲んでいる人の口コミなどをご紹介しています。シリカの発がん性についてやシリカ水の安全性・副作用、便秘への効果なども徹底解説しているので、シリカ水の購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

続きを見る

買ってはいけないミネラルウォーターを種類別に徹底解説

ミネラルウォーター 買ってはいけない

次に、買ってはいけないミネラルウォーターについてご紹介していきます。

体質や目的によっては飲んではいけないミネラルウォーターがあるため、その種類や理由を解説します。

「絶対に買ってはいけない」という意味ではなく、あくまで目的や体質によっては買うことを控えた方が良い水をご紹介していきますね。

体質・目的によっては買っていけないミネラルウォーター

  1. ミネラル含有量が極端に低い軟水
  2. ミネラル含有量が高い硬水
  3. pH値が低いミネラルウォーター
  4. 値段が高いミネラルウォーター

ミネラル含有量が極端に低い軟水

健康のため」「ダイエットのため」にミネラルを摂取したいという方は、軟水やRO水は買わない方が良いでしょう。

軟水は含まれているマグネシウムとカルシウムが少ない水なので、ミネラル目当ての方は少々物足りない可能性があるからです。

また「RO水」は水に含まれる不純物を高機能フィルターで完全に除去しているので、ミネラル分も取り除かれており栄養補給を目当てとする方には向いていません。

軟水とRO水はミネラルが少ないため、健康やダイエット目的の方はミネラルが多く含まれている硬水を選ぶようにしましょう。

ミネラル含有量が高い硬水

硬水は先ほど紹介した軟水と異なり、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量が多い水であるため、味わいにクセがあり「まずい」と感じる方もいるでしょう。

特に海外のミネラルウォーターが合わないと感じたことのある人は、基本的に硬水が向いていない可能性があります。

マグネシウムは胃腸を活発にする作用があるため、便秘解消の効果が期待できますが、内臓が弱い方や赤ちゃんが飲むと逆に下痢を起こしてしまうかもしれません。

海外のミネラルウォーターのような独特の癖が苦手な方や、お腹が弱い方、赤ちゃん用のミルクを作りたい方などは硬水を避けるべきです。

pH値が低いミネラルウォーター

人間の体は弱アルカリ性の状態に保たれており、酸性に傾くと不整脈や頭痛といった様々な悪影響が出始めると言われています。

酸性・アルカリ性を示すpH値が低いミネラルウォーターは酸性に近いという事なので、このような水を飲み続けると身体が酸性に傾いてしまう可能性があるでしょう。

健康のために水にこだわりたいという方は、pH値の低いミネラルウォーターは避けた方が良いですね。

値段が高いミネラルウォーター

どんな運動や食事改善にしても、たった1日で成果が表れることはないため、継続して取り組む必要があります。

ミネラルウォーターに関しても同様に、コップ1杯飲んだからと言ってすぐに身体が健康になるわけではありません。

健康になるためであれば長期的に飲み続ける必要がありますが、値段が高いミネラルウォーターだとコスパが悪く感じられ、途中でやめてしまいがちです。

「この金額で本当に長く続けられるか」どうかを考えてみて、割に合わないと感じる値段の高さならばやめておいた方が良いですね。

▼あわせて読みたい記事

参考
硬水 軟水 違い
硬水と軟水はどっちがいい?味・効果の違いや使い分け方法を解説

ミネラルウォーターなど水には硬水や軟水といった区別がありますが、具体的に硬水と軟水にはどんな違いがあるのか知っていますか?今回は、硬水と軟水を味や効果などで比較し健康のためにはどっちがいいのか?おすすめの使い分け方法を徹底解説していきます。

続きを見る

安心して飲めるおすすめのミネラルウォーターランキング4選

おすすめ ミネラルウォーター

ここまで、人によって向いていないと考えられるミネラルウォーターの特徴を解説しましたが、いかがでしょうか?

水と言っても種類があるので、自分自身に合った水を選ぶことが重要で将来の健康や美しさに繋がります。

ここからは「こんな人に向いている」というおすすめのミネラルウォーター4選をランキング形式でご紹介します。

【第1位】霧島天然水のむシリカ:美容・健康に良いシリカを含有

のむシリカ

霧島天然水のむシリカは、髪や肌を美しく保つために必要なミネラル「シリカ」がたっぷりと含まれた美容と健康に良いミネラルウォーターです。

カルシウムやマグネシウムはもちろん、その他にもバナジウムやサルフェートが含まれているため、血糖値を下げたり新陳代謝を高める等の健康効果が期待できますよ。

硬度は130mg/Lの中硬水なので、一般的な軟水よりも豊富にミネラルが含まれていますが、硬水よりも飲みやすくバランスが優れています。

今なら公式サイト限定で1本150円で購入できるキャンペーンを実施しているので、健康・美容効果をコスパよく感じたいという方にピッタリの天然水と言えるでしょう!

▼あわせて読みたい記事

参考
のむシリカ 効果
飲むシリカは効果なし?口コミ・評判や怪しい噂をステマなしに解説

「霧島天然水のむシリカ」の効果について知りたいですか?本記事では飲むシリカの効果や実際に編集部で飲んでみた口コミ・評判をご紹介しています。またステマと言われる飲むシリカの怪しい噂や、飲むシリカを20%オフの最安値で購入する方法も徹底解説!

続きを見る

【第2位】南アルプスの天然水:サントリーが提供するコスパが良い天然水

サントリー 南アルプスの天然水

サントリーの「南アルプスの天然水」は品質の良さとコスパの高さが特徴となった、ミネラルウォーター市場で売上No.1を誇る有名商品です。

自然豊かな南アルプスに降り注いだ雨や雪が、花崗岩層という大自然のフィルターを通ることでミネラルを含む良質な天然水として誕生しました。

採水された原水は複数の厳しい検査を経て濾過・殺菌されているので、お腹が弱い方でも安心して飲むことができる品質の高さが魅力です。

硬度30mg/Lの軟水なので口当たりがまろやか、そしてお腹に優しいため赤ちゃんのミルク作りにも使える安心感が特徴と言えるでしょう。

【第3位】トロロックス:お腹が弱い方でも安心して飲める超軟水

トロロックス

トロロックスは、鹿児島県桜島に降った雨が地層に浸透する過程でシリカや抗酸化物質を含んだ世界初の天然抗酸化水です!

トロロックスの天然水には老化や病気の原因とされる活性酸素を打ち消す抗酸化物質が含まれているということが、九州大学との共同研究により明らかになりました。

一般的な軟水の硬度が平均で30~60mg/Lである中、トロロックスの天然水は硬度1.12mg/Lという「超軟水」なので、甘みやまろやかな優しい口当たりが特徴です。

今ならなんと通常価格から70%オフの972円でお試しできるキャンペーンを実施しているので、少しでも気になる方は公式サイトをチェックしてみたください!

▼あわせて読みたい記事

参考
トロロックス 口コミ 評判 効果
トロロックスとは?口コミ・評判やシリカの効果について徹底解説

本記事では、世界初の抗酸化作用が発見されたシリカ水「トロロックス」の効果や口コミ・評判をご紹介!実際にトロロックスを飲んだレビューや、お得にお試しできるトライアルキャンペーンも解説しているので、トロロックスを検討中の方はぜひご覧ください!

続きを見る

【第4位】コントレックス:硬度1551mg/Lの超鉱水でダイエットに効果的

コントレックス

コントレックスはフランス生まれのミネラルウォーターで、ミネラルが多くダイエットに効果的です。

最大の特徴はミネラルの含有量で硬度は驚きの1551mg/L、整腸作用などによる便秘改善やダイエット効果が期待できるでしょう。

カルシウムやマグネシウムは体内の代謝に必要不可欠なミネラルなので、コントレックスを飲むことによって代謝の改善、脂肪燃焼にも役立ちます。

硬度がかなり高いので人によってはクセやのどに引っかかる感覚があるようですが、キンキンに冷やすかレモンを入れたりすると爽やかに飲みやすくなりますよ。

安い水が危険って本当?買ってはいけないミネラルウォーターまとめ

今回の記事では「安い水が危険」「飲んではいけない・買ってはいけないミネラルウォーター」という噂の真偽を徹底調査しました。

日本で市販されているミネラルウォーターは水質基準を満たしているため危険な水ではなく安心して飲むことができます。

安さの理由は採水量の多さや、スーパーでの価格競争が大きな理由であり、粗悪品だから安いという事ではありません。

ミネラルウォーターには向き不向きがあるため、体質にあったミネラル量のものを選ぶようにしましょう。

本記事の作成における参照元

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NAKA

水をこよなく愛する20代。1日にたくさんの水を飲んでいます。 どんなウォーターサーバーを選んだらいいか分からない方のために、分かりやすく丁寧な情報発信をすることを心掛けています。

-水に関するコラム
-, ,

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.