ウォーターサーバーのコラム

災害時に必要な水の量は?備蓄・保存方法や1日あたりの必要量を解説

更新日:

災害 水 必要量

令和になって早3年経ちますが、たった3年のうちにも日本は様々な災害に見舞われてきました。

東日本大震災以降「もしもの時に備える」という防災意識はさらに高まり、多くの人がいざという時の備えをしていますよね。

特に人間が生きていくために必要不可欠な水ですが、災害による数日間の断水を想定すると、1人当たり少なくとも9L(3L×3日分)は備蓄しておく必要があります。

今回は災害時に必要な水の量や、その備蓄方法、長期保存水やウォーターサーバーの利用について紹介していきます。

この記事を読むと分かること

  • 必要な水の備蓄は一人あたり3L/1日、最低でも3日分は備えるべき
  • 備蓄水は水道水なら3日程度で入れ替える必要がある
  • 水を備蓄するなら長期保存水かウォーターサーバーがおすすめ

災害時の備蓄として必要な水は最低でも1人あたり9L!

災害時の備え

首都直下や南海トラフなどこれらの大きな地震が半世紀以内に起こることが予測され、さらにはいつ発生するかもわからない豪雨による洪水、大火災などに生活は常に脅かされています。

災害時の備えとして防災リュックなどを用意している方も少なくないでしょうが、水はどれくらい準備していますか?

災害時用リュックサックのセット販売の場合、500mlペットボトルが2、3本程度入っているのがほとんどですが、数日間となると不足してしまうかもしれませんよね。

単純に不足する以外にも、もしかしたら使用期限が迫っているかもしれません。使用期限はきちんと把握していますか?

もしもの時の備えとして水はどのくらい用意すべきか

熊本地震をきっかけに、これまで災害時に必要とされる備蓄水の量が1日分3Lから5日分15Lに変更となりました。

備蓄すべき水量の最低ラインとしては3日分9Lが推奨されていて、この水の分量はあくまで一人当たりの量であるため家族が多いほど量は倍になっていきます。

仮に3人家族だとすれば最低でも27Lは備えておく必要があり、2Lペットボトルが約14本というかなりの量になります。

災害時のどのようなシーンで備蓄水が必要になるのか

食事や飲み物として体に取り込むのも当然ながら体の汚れを落としたりと、私たち人間は生活において実に多くの水を使います。

それは古くから変わらないようで、例えば「水に流す」ということわざがあったり、儀式としても穢れなどを水に流すことだってありますよね。

いかに日常において水が重要であるかは今更言うまでもありませんが、それは災害という非常時においても変わりません

食事や水分補給のために必要

水分補給のためには一日におおよそ2Lから2.5Lの水が必要となります。

しかし水分補給以外にも、例えばアルミパウチの食事を温めるだとかそういった食事の用意にも水を使用するため、水分補給の分以上に水を使用します。

最近では水やお湯を使わない非常食もありますが、やはり温かい食事の安心感などは格別であるため、まだしばらくは水やお湯が必要な非常食が主流となるでしょう。

衛生を保ち、健康を維持するために必要

災害下の状況で最も避けたいのが、病気になってしまうことでしょう。

しっかりと食事を摂取し身体を休める環境が得られないと、もしかすると不安やストレスから体調を崩してしまうかもしれませんよね。

それを避けるためにも、手や身体を洗ったり、歯を磨いたりするために使用する水は重要になっていきます。

どんな種類の水をどのように備蓄しておくべき?

備蓄水

もしこれから水を備蓄するなら、飲用とそれ以外に仕分けて用意するのがおすすめです。

飲料用の水は市販のペットボトルなどで用意して、それ以外の水は水道水をポリタンクなどにためておくと使い分けることが容易になりますし、使いすぎてしまうことも避けられます

とはいえ、水道水を備蓄水として用意したとしても冷暗所保管で3日、冷蔵庫で7日程度しか持ちませんから「ローリングストック」することが重要になります。

ローリングストックとは?

ローリングストックは、災害時の備えの一つの方法です。

普段食べているものを少し多めに用意して、なくなったらまた買いそろえるというサイクルを繰り返すので、誰でもできる防災対策と言えます。

ローリングストックによって備蓄庫に慣れ、そして使用期限の長い非常食を備える必要がないためうっかり期限切れ、なんてこともなくなりますよ。

飲用以外の用途を目的に水道水を備蓄する

水道水を備蓄するためには、まず清潔で蓋が閉められる容器を用意します。ここでは10L程度の水が入るポリタンクがおすすめです。

容器は十分に洗浄してから、空気の入らないように水道水で満たし確実に蓋を閉めます。

水道水には塩素が含まれるため、清潔な容器に入れた水は空気や雑菌を避けることで長期間持たせることが可能となるのです。

そのためつい塩素を避けるために浄水器を使用した水道水を保存したいと思ったとしても、長期保存しても安全という観点から浄水器を使用しない水道水で備蓄水を作るようにしましょう。

市販の長期保存水を災害用に保管する

災害時の備蓄用の水を探してみると、未開封で数年間保存することのできる備蓄水や、あらかじめ大きな容器に入った備蓄水など多くの種類を見つけることができます。

ところで、同じ水であるはずなのにどうして長期保存水は5年だとか7年という長期機関保存できるのか疑問に思ったことはありませんか?

実は、国産のミネラルウォーターのそのほとんどは加熱殺菌処理が施された水であるため、品質の劣化が起こりにくくなっています。

そのため多くのミネラルウォーターの表面に記載されている使用期限は、あくまでも年月の経過によって内容量が法の規定値以下となるまでの期限であり、水の品質自体は経年によって劣化する訳ではありません。

そして長期保管可能の常備水の容器は、普通のミネラルウォーターのペットボトルよりもずっと厚みのあるものが使われており、その分内容量が減るまでの期間が長くなるために使用期限が長く設定されているのです。

ウォーターサーバーのボトルを常備水にする

ローリングストックを常備水に取り入れるとすると、実はウォーターサーバーの水もそれに含まれます。

というのも、ウォーターサーバーのボトルは災害時には取り外して使用することもできるためです。

最近では多くのウォーターサーバーメーカーでも災害時にはサーバーからボトルを取り外して使用したり、避難時にボトルを持ち運ぶことを推奨しているため、日常生活を便利で快適にすると同時に非常時の備えとしてウォーターサーバーを自宅に導入する方も増えています。

アルピナウォーター スタンダードサーバー

アルピナウォーター
月額合計 2,672円
電気代 約600円~
水(24L) 2,100円
サーバー代 572円
その他費用 0円
ボトルタイプ ガロンボトル

アルピナウォーターの特徴は?

  • ガロンボトルなので災害時でも持ち運びが容易
  • 徹底洗浄されたガロンボトルに北アルプスの天然水が封入
  • ボトルのノルマがないため水の消費スピードへの不安がない

アルピナウォーターは、水のノルマが無いことからどんな家庭でも安心して普段使いできるうえに、ガロンボトルであるため災害時の持ち運びも容易であることが特徴です。

水は北アルプスの天然水をろ過したRO水であるため非常においしく、ランニングコストという観点からも非常におすすめできるウォーターサーバーです!

参考
ウォーターサーバー 安い ランキング
料金が安いウォーターサーバーランキング10社!後悔しない選び方は?

この記事では月額料金が安い人気のウォーターサーバー10社をランキング形式でご紹介しています。またランキングだけでなく、赤ちゃんの子育て向け、一人暮らし向け、ノルマなしなどのニーズ別におすすめのウォーターサーバーを解説しています。

続きを見る

災害時に必要な水の量は?備蓄・保存方法や1日あたりの必要量まとめ

今回は災害時に必要な水の量や、その備蓄などについて紹介してきました。

人が生きていくうえで重要な水は、必ず用意しておかなくてはいけないものであるため、リスク分散のためにも一か所にまとめて保管するのではなく分散して何か所かで保管するようにしましょう。

どうしても場所をとってしまいますが、理想としては自宅内でも何か所かに分けて置き、車などの自宅外でも保管するとより非常時の安全につながること間違いなしです。

これを機に、災害対策について今一度検討してみてくださいね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Atori

一人暮らしのしがない大学生。カフェインジャンキーであるから美味いコーヒーのために水に拘る性質で、どちらかと言うと生まれの土地柄として軟水よりも硬水の方がなじみ深い。

-ウォーターサーバーのコラム
-,

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.