水に関するコラム

ミネラルウォーターは体に悪い?飲み過ぎによるリスクを徹底解説

投稿日:

ミネラルウォーターは体に悪いって聞いたことあるけど本当?
飲み過ぎた時のリスクがあるなら知っておきたい

ミネラルウォーターについてはネガティブな噂も多く、「本当に飲んでも大丈夫なのか」と気になる方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ミネラルウォーターが体に悪いということはなく、むしろ適切な量を摂取することで体に良い影響があります。

今回の記事では、ミネラルウォーターが体に悪いという噂の真偽や飲み過ぎによるリスクを徹底解説しました。

「ミネラルウォーターを飲むと下痢になる」「ペットボトルの成分が水に溶け込んでいる」などの噂の真相やメカニズムについても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読むと分かること

  • ミネラルウォーターはミネラルを摂取できるため体に良い
  • ただし飲み過ぎると水中毒などの症状が出るため摂取量に気を付ける
  • 赤ちゃんや腎臓の持病がある方はミネラルウォーターの成分量に注意
  • 適切に摂取することで便秘解消や血行の改善などの効果が期待できる

【結論】ミネラルウォーターは体に悪い水ではない!

ミネラルウォーター

結論からいうと、ミネラルウォーターは体の健康を保つうえで不可欠なミネラルを簡単に摂取できるなど決して体に悪い水ではありません。

しかし、飲むだけと非常に簡単にミネラルを摂取できてしまうことからも、その飲み方には注意が必要です。

まずはミネラルウォーターの利点や特徴、注意点などについて確認していきましょう。

不足しているミネラル分を摂取できるため体に良い

普段から、ミネラルなど体に必要な栄養バランスを考えた食生活を実行できている、という人は少ないのではないでしょうか。

ミネラルウォーターは体に不足しがちなミネラル分を摂取できるため、適度に飲むことは体に良い影響を与えます。

特に現代人の食生活は野菜が少なく、海藻類も滅多に食べないなどミネラル不足が指摘されがちですので、食事のサポートとしてミネラルウォーターを飲むことは健康の維持・改善に役立つでしょう。

しかし、体に良いミネラルウォーターも飲み過ぎると逆効果となってしまうケースがありますので注意が必要です。

飲み過ぎた場合は体に良くない影響を与える

ミネラルは体が正常に稼働するうえで欠かせない物質ですので、ミネラルウォーターを飲み摂取することは健康に良い影響を与えてくれます。

しかし、私たちは普段の食事からもミネラルを補っていますので、その状態でミネラルウォーターを飲み過ぎるとミネラルの過剰摂取状態となってしまい、身体に悪影響を及ぼす可能性も考えられます。

飲み過ぎによる症状は後ほど詳しく解説しますが、硬度の高い水を一度に大量に飲むことは避けるようにしましょう。

硬水を飲み過ぎるリスクについては、硬水を飲み続けるとどうなる?身体への影響や負担などを詳しく紹介にて解説しているのであわせてチェックしてみましょう。

参考
硬水 飲みすぎ
硬水を飲み続けるとどうなる?身体への影響や負担などを詳しく紹介

よく馴染みのある軟水と違い、硬水はあまり飲みなれていませんが、もし飲みすぎたりすると身体にどんな影響を与えるのでしょうか?よく言う「硬水を飲むと腎結石や尿道結石になる」という話の真偽や、硬水を飲むことで身体にどんな影響があるかまとめました。

続きを見る

ペットボトル入りのミネラルウォーターが体に悪いという噂の真相は?

ペットボトル入りのミネラルウォーターは体に悪い」という噂は本当なのでしょうか。

実際に、長期間にわたって直射日光に当てた場合などにはペットボトルの成分が水に溶け込むという現象は起こります。

しかし、ペットボトル容器の成分の一部である「アンモチン」に発がん性があるのは事実ですが、日本においては人体に影響を及ぼす量は使用されていないという研究結果が出ており悪影響はありません。

つまり、日本製のペットボトルに入ったミネラルウォーターが体に悪いというのは事実ではないため、そこまで気にする必要はないでしょう。

ミネラルウォーターの飲み過ぎによる3つのリスク

リスク

ミネラルウォーターを飲むことで得られる効果など、ミネラルウォーターに関する特徴やその注意点などを解説してきました。

ここではミネラルウォーターの飲み過ぎによって引き起こされる3つのリスクを解説していきます。

普段からよくミネラルウォーターを飲む方は、ぜひチェックしてみましょう。

ミネラルウォーターの飲み過ぎによるリスク

  1. 下痢になる可能性がある
  2. 水中毒になるおそれがある
  3. 赤ちゃんや腎臓に疾患のある方は要注意!

リスク①:下痢になる可能性がある

ミネラルウォーターの飲み過ぎによるリスクのひとつに、下痢になってしまう可能性があげられるでしょう。

ミネラルウォーターの中に含まれているマグネシウムには胃腸の働きを活性化して排泄を促し、便秘を改善する効果などが期待できますが、摂取しすぎると下痢や軟便など不快な症状が起きてしまいます。

特に胃腸が弱い方などは急激にミネラルを摂取すると余計に悪化する可能性がありますので、摂取量に注意が必要です。

リスク②:水中毒になるおそれがある

ミネラルウォーター以外の水を含め、短時間で大量に水分を摂りすぎると「水中毒」になってしまう恐れがあります。

水を飲み過ぎることで体内の血液が薄まり「低ナトリウム血症」を発症すると、めまい・吐き気・動悸などの身体症状が現れ、ひどい場合は昏睡状態や死亡する可能性もあるため水を一気にたくさん飲んではいけません。

危険水域としては1日に7L以上であり、10L以上は致死量になりますので、夏の暑い日に水をがぶ飲みするような行為は控えましょう。

水はこまめに補給すると体に負担がありませんので、一気飲みではなく定期的に水を口にすることが大切です。

リスク③:赤ちゃんや腎臓に疾患のある方は要注意!

赤ちゃんは内臓が発達しておらず、大量のミネラルは体にとって負担になってしまうため、硬度の高いミネラルウォーターは飲ませてはいけません。

また、ミネラルウォーターに含まれているカリウムは血流を改善する効果があるため、腎臓に疾患のある方は注意しましょう。

腎臓は血液を濾過する機能を持つ臓器ですが、機能が低下している状態で濾過する血液の量が増えると逆に負担となってしまいます。

腎臓の疾患をお持ちの方はミネラルウォーターを生活に取り入れる前に、必ずかかりつけのお医者さんに相談してくださいね。

▼あわせて読みたい記事

参考
水 飲み過ぎ
水を飲みすぎるとどうなる?飲みすぎによるデメリットや水中毒を解説

この記事では、水を飲み過ぎるとどうなるのか、どんなデメリットがあるのかについて解説しています。また、水中毒になる水の量の目安や、水の飲み過ぎで気持ち悪い時の対処法、1日に何リットルの水を飲むのがおすすめなのかについてもご紹介しています。

続きを見る

ミネラルウォーターを飲むことで期待できる3つの効果・効能

健康効果

先にミネラルウォーターの持つ特性や、飲みすぎなどによるリスクを解説してきましたが、適量を摂取する習慣を持つとどのようなメリットがあるのか気になりますよね。

そこで最後に、ミネラルウォーターを飲むことで期待できる3つの効果や効能について解説していきます。

ミネラルウォーターを飲むことでの効果を把握し、日常生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ミネラルウォーターの3つの効果・効能

  1. 便秘の解消につながる
  2. 血行の改善や筋肉の収縮を助けてくれる
  3. 骨を丈夫にしてくれる

効果①:便秘の解消につながる

「便秘を解消する方法」と聞いて食物繊維を連想される方も多いですが、実はミネラルウォーターを飲むことも効果的です。

先ほども解説しましたが、ミネラルウォーターの中に含まれているマグネシウムは、便秘の解消に繋がるとされています。

マグネシウムは腸に水分を集めることによって便を柔らかくして排泄しやすくする作用があるため、お通じにお悩みの方におすすめです。

便秘は肌トラブルを引き起こす原因でもあるので、ミネラルウォーターを飲んでお通じが改善されることによる美肌効果なども期待できるでしょう。

効果②:血行の改善や筋肉の収縮を助けてくれる

ミネラルウォーターに含まれているナトリウム、マグネシウム、カリウムなどの電解質は、血行の改善や筋肉の収縮を助けるという効果があります。

心筋梗塞など血管のつまりによって引き起こされる病気を未然に防ぐ効果が期待できる他、血液やリンパの流れが良くなることで新陳代謝がアップし、肌や筋肉の健康につながるでしょう。

血液がさらさらになることで老廃物を排出する流れもよくなりますので、身体がお疲れの方にもおすすめです。

効果③:骨を丈夫にしてくれる

現代人が普段の食生活を行う中で最も不足しがちなミネラルは「カルシウム」であることをご存じでしょうか。

ミネラルウォーターに含まれているカルシウムは骨を丈夫にする効果がありますので、育ち盛りの子どもや骨粗鬆症が気になる高齢の方にも重要なミネラルだと言えるでしょう。

カルシウムは骨を丈夫にする以外にも、例えばケガによって出血した際に止血する「血液凝固作用」があることも証明されています。

カルシウムは特に不足しがちな栄養素なので、ミネラルウォーターがあれば定期的かつ手軽に補給することができますよ。

▼あわせて読みたい記事

参考
ミネラルウォーター 効果
ミネラルウォーターには健康効果がある?水道水との効果の違いを紹介

高い効果が期待できるとして多くの人がミネラルウォーターを生活に取り入れていますが、「肌に良い」などの美容・健康効果は本当なのでしょうか?ここでは、ミネラルウォーターと水道水を比較し、実際に得られる効果だけでなくデメリットなどもまとめました。

続きを見る

ミネラルウォーターは体に悪い?飲み過ぎによるリスクまとめ

今回の記事ではミネラルウォーターが体に悪いという噂の真偽や、飲み過ぎによるリスクを徹底解説しました。

ミネラルウォーターを飲むことは体に良いですが、持病を持っている方などは特に飲み過ぎによるリスクに気を付ける必要があるでしょう。

健康な方であっても、大量に水やミネラルを摂取することは逆に水中毒などの症状が現れる可能性があるので注意が必要です。

ミネラルウォーターのメリットとリスクを知り、適切な水分補給をすることで健康改善に活用してくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Atori

一人暮らしのしがない大学生。カフェインジャンキーであるから美味いコーヒーのために水に拘る性質で、どちらかと言うと生まれの土地柄として軟水よりも硬水の方がなじみ深い。

-水に関するコラム
-

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.