水に関するコラム

ミネラルウォーターは何歳から子供(赤ちゃん)に飲ませて良い?パパママ必見!

更新日:

ミネラルウォーター 何歳から

赤ちゃんの健康のためにも、ミネラルウォーターなどで水分補給させたいと考えるパパやママは少なくないでしょう。

なんとなく体に良くて赤ちゃんにあげても大丈夫のように思われるミネラルウォーターですが、赤ちゃんの健康を損なう恐れがあるため、硬度の高いミネラルウォーターは赤ちゃんにあげるのは避けるべきです。

今回は、赤ちゃんは何歳からミネラルウォーターを飲んでもいいのか?健康のためにどんな水を赤ちゃんにあげるべきか調査しました。

\お得なキャンペーン情報/

今なら公式サイト限定で「のむシリカ」が1本150円!

飲むシリカ

「本当に効果のあるシリカ水を試してみたい」という方は、97mg/Lという世界トップクラスのシリカ含有量を誇る奇跡の水「霧島天然水のむシリカ」が最もおすすめです!

のむシリカは、俳優の城田優さんやアナウンサーの宇垣美里さんなど多数の芸能人・有名人も愛飲しており、累計販売数4,500万本を突破した大人気のナチュラルミネラルウォーター。

シリカだけでなくカルシウム・マグネシウム含有量も「3:1」という黄金比なので、継続して飲むことで美容や健康に良い効果を期待することができます。

今なら公式サイト限定で1本あたり150円でお試しできる20%オフキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

\1秒に1本売れてます!/

この記事を読むと分かること

  • ミネラルウォーターは何歳から飲んでもいい、という明確な基準はない
  • 赤ちゃんは内蔵機能が未成熟のため硬水をあげてはいけない
  • 軟水のミネラルウォーターなら赤ちゃんにあげても大丈夫

ミネラルウォーターは何歳から飲んでもいいの?

赤ちゃん 水

何歳という明確な基準はない

実はミネラルウオーターは「〇歳以上からなら飲んでも大丈夫」という明確な基準は定められていません

というのも水には軟水や硬水といった種類があるだけでなく、同じ軟水でもミネラルやカルシウムの含有量は様々なので、水によっては生後半年後から大丈夫というものもあれば、ある程度大きくなるまで飲まない方が良いものもあるからです。

また、遺伝的にお腹を壊しやすい家系があるように、個々人の体質などもあるため明確な基準を設けることができません。

軟水のミネラルウォーターなら生後半年を目安に飲んでも良い

赤ちゃんにミネラルウオーターをあげる場合、軟水であれば離乳食を始める半年を目安に飲ませても良いことが多いです。

軟水がおすすめの理由は日本人は水道水などで軟水によくなじんでいるため、たとえ大人であっても海外旅行で慣れない硬水を飲むとお腹を壊してしまう人も多いからです。

特に赤ちゃんの未発達な内蔵機能は水などの少しの刺激にも過敏に反応しますが、日本人になじみのない硬水はなおさら過剰な刺激となってしまいます。

そのためミネラルを多く含んだ硬水などを飲むと、おなかを下してしまったりと体調を崩してしまうことにつながるので、赤ちゃんにあげる水はなるべく硬度の低い軟水が良い、と言われます。

硬水は赤ちゃんにあげてはいけない

赤ちゃんが飲んではいけない水としては、ミネラルを多く含んだ硬度の高い硬水があります。

日本国内において硬水の定義は硬度100度からとされていますが、世界基準においては硬度60以上が硬水と定義されているようです。

硬水と軟水の違いについては下記の記事でも解説しているので、こちらも参考にしてください。

硬水 飲みすぎ
硬水を飲み続けるとどうなる?効果や軟水との違い、体にいいのはどっちか解説

よく馴染みのある軟水と違い、硬水はあまり飲みなれていませんが、もし飲みすぎたりすると身体にどんな影響を与えるのでしょうか?よく言う「硬水を飲むと腎結石や尿道結石になる」という話の真偽や、硬水を飲むことで身体にどんな影響があるかまとめました。

海外の基準においても、また赤ちゃんの未発達な内蔵機能を考慮しても、硬度が60を超えるような水は避けることが無難だと言われています。

赤ちゃんにあげる水であれば少なくとも硬度60以下の水を選び、可能であれば硬度50以下の水をあげるのが良いでしょう。

硬水は就学後を目安に飲んでも大丈夫な子供が多いです。

赤ちゃんや小さな子供の水分補給量の目安とは?

赤ちゃんに水分補給などを目的に水をあげる際には、あくまでもミルクや母乳で得られる分量にプラスするだけにとどめておく必要があります。

過剰に水分を摂取してしまうと、ミルクや母乳によって得られる栄養分が正常に体に行き渡るのを阻害してしまうため、水をあげる場合にはスプーン1杯づつ様子を見ながらあげるようにしましょう。

ちなみに赤ちゃんや小さな子供の場合、一日に摂取すべき水分量は体重1㎏×150mlで計算することが可能です。

理想的な水分量は計算することができますが、小さな子供は発汗量も多く一日に多くの水を必要とするため、理想的な水分量を摂取することにこだわるのではなく、汗をかいたらかいた分だけ水分を補給させるようにしましょう。

赤ちゃんに硬水のミネラルウォーターはいつからあげてもよい?

記事の冒頭でも触れたように、赤ちゃんにいつから硬度の高いミネラルウォーターをあげても良いという明確な基準はありません

これは内蔵の発達状況には個人差があり、またたとえ大人であっても硬水に対する反応は体質によってさまざまであるためです。

水道水などは湯冷ましにすることで離乳食が始まったころには少しずつあげることが可能になりますが、水道水の場合はもともと軟水であり湯冷ましにすることで水道水に含まれる物質を取り除くことができるためです。

湯冷ましにした水道水とは違い、硬度の高いミネラルウォーターは赤ちゃんに限らず体がまだ小さなうちに飲ませるべきではないでしょう。

赤ちゃんや小さな子供におすすめのミネラルウオーターとは?

赤ちゃん 軟水

国産の軟水ミネラルウオーター

硬度の高いミネラルウォーターは避けるべき、といっても現在コンビニやスーパーで販売されているミネラルウォーターの多くは、海外製であったりと種類が豊富ですよね。

海外製のミネラルウォーターの多くは硬度の高めのものであるため、大人が飲む分には問題ありませんが小さな子供が飲むのには推奨されません。

しかし飲料用に硬度の低いミネラルウォーターを買うのであれば、それなりに容量のものを買うことになるはずでしょうが、スーパーやインターネット通販で買うにしても持ち運びなどの手間がかかるのが難点といえるでしょう。

軟水のウォーターサーバーのミネラルウオーター

小さな子供のいる家庭では重たい水を持ち運んだり、いつ来るかわからない宅配を待つのは非常に難易度の高いことであることから、ミネラルウォーターではなくウォーターサーバーを導入することがおすすめです。

ウォーターサーバーの多くは国内の採水地なので、赤ちゃんでも飲める軟水です。

しかも雑菌や塩素のない天然水なので、赤ちゃんの体にも優しいでしょう。

ウォーターサーバーには様々な種類がありますが「プレミアムウォーター」は公式サイトで赤ちゃんのミルクやお水に使うことを推奨しているので、安全性において優れています。

>>公式サイトを確認する

赤ちゃんや子供のいる家庭はミネラルウオーターの出るウォーターサーバーがおすすめ

安心安全な水を子供に飲まさせてあげられるから

費用こそかさみますが、小さな子供のいる家庭にウォーターサーバー設置することで多くのメリットを得ることができます。

例えば、赤ちゃんのいる家庭ならミルク作りが非常に楽になることや、安心安全な軟水を小さな子供にいつでもあげることができるなどのメリットが挙げられます。

最近のウォーターサーバーは機能性にも優れているため、小さな子供のいる家庭に設置しても安全に使用することが可能です。

赤ちゃんや小さな子供のいる家庭におすすめのウォーターサーバーについては、下記の記事にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

ウォーターサーバー 赤ちゃん
赤ちゃんや子育てにおすすめのウォーターサーバー比較ランキング!ママパパ必見

本記事では赤ちゃんに最適なウォーターサーバーの6つの条件を解説し、子育てやミルク作りにおすすめのウォーターサーバー9選をランキング形式でご紹介しています。子育て中にウォーターサーバーを利用するメリット・デメリットもあわせて解説しています。

ミルク作りにもミネラルウォーターは使用できるから

また、ウォーターサーバーの多くは冷水と温水を出すことができるので、ミルクを作る際にお湯を沸かす手間がかかりません。

忙しい育児中に、適温のミルクを簡単に作ることができるのは、赤ちゃんのいる家庭にとって大きなメリットとなるでしょう。

もちろん、国内で生産されている赤ちゃんのミルク粉末などは、日本の水道水で作ることを想定してミネラルが配合されています。

そのため、水道水を沸騰させてから温度を下げた70度くらいのお湯でミルクを作るのも良いでしょう。

赤ちゃん 水道水
赤ちゃんに水道水をそのままあげるのは危険?いつから湯冷ましはOK?

小さな赤ちゃんにカルキや塩素の含まれている水道水をそのままあげるのは健康上問題はないのかと気になった事はありませんか?ここでは、赤ちゃんに水道水をそのまま飲ませても良いのか?湯冷ましにして飲ませるならいつからなら大丈夫なのかをまとめました。

続きを見る

赤ちゃんは何歳からミネラルウォーターを飲んでもいい?まとめ

今回は、赤ちゃんはいつからミネラルウォーターを飲んでもいいのか?健康のためにどんな水を赤ちゃんにあげるべきか調査しました。

赤ちゃんは大人に比べると内蔵機能も未成熟であるため、硬度の高い水を飲むことは推奨されません

硬度の高い水を問題なく飲むことができる時期についても具体的な目安があるわけではなく、体質や発達状況に応じて様子を見つつ少しずつあげることが重要です。

安心安全な水をあげることができるウォーターサーバーは、赤ちゃんが大きくなってからも使い続けることができるうえに、子供だけでなく家族全員の健康の保持増進にもつながります

赤ちゃんや小さなお子さんがいらっしゃる方は、一度ウォーターサーバーの導入を検討してみてもよいでしょう。

\美味しい水が飲み放題/

今だけ公式サイト限定で初月の料金が0円!

ハミングウォーター ハミングウォーターは浄水型のウォーターサーバーなので、自宅で美味しいお水が飲み放題!

マイクロフィルターEXとウルトラフィルターEXによる2段階の浄水で、水道水の不純物やまずさも確実に除去してくれます。

料金はどれだけ飲んでも毎月定額の3,000円で、今なら公式サイト限定で初月の料金0円キャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひお早めにお試し下さい!

本記事の作成における参照元

MIZUCOOLおすすめコンテンツ

【2022年】ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング15選!比較や選び方も!
近年ウォーターサーバーはどんどん進化を遂げ、どのサーバーを選べばいいかわからないですよね。このページでは料金の安さやデザイン、赤ちゃん向けや一人暮らし向けなどの視点から、おすすめのウォーターサーバーを徹底比較してランキング形式でご紹介!

続きを見る


口コミ評判の良いウォーターサーバー11選【1,125人の口コミアンケート】
ウォーターサーバー11社の利用者の口コミや評判を紹介します。
また、各社の特徴や口コミから分かるメリット・デメリット、失敗しない選び方も解説しているので、ウォーターサーバーを導入しようと考えている方は参考にしてください。

続きを見る


【2022年12月】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底比較
各ウォーターサーバーメーカーで実施しているキャンペーン情報を徹底解説!新規申込み・乗り換え・赤ちゃんの子育て向けのママパパプランなど、お得にウォーターサーバーを利用できる各種キャンペーン情報を徹底比較しています!

続きを見る

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.