ウォーターサーバー

ワンウェイウォーターの口コミは?安いと人気の評判を徹底解説

投稿日:

ワンウェイウォーター 口コミ

数あるウォーターサーバーの中でも「ワンウェイウォーター」は、シンプルな料金設定と月額料金の安さが魅力のウォーターサーバーメーカーです。

「業界最安値」を強調するワンウェイウォーターは、確かに他社のウォーターサーバーと比べても安価なサービスプランを展開しています。

しかし、ウォーターサーバーというとどうにもランニングコストが高くなるものというイメージがあり、安さには何かワケがあるのでは?と疑ってしまいますよね。

そこで今回は、業界最安値のウォーターサーバー「ワンウェイウォーター」について、口コミ・評判やメリット・デメリット、実際の利用者のホンネなどを詳しくご紹介していきます。

この記事を読むと分かること

  • ワンウェイウォーターの基本情報
  • ワンウェイウォーターの口コミ・評判
  • ワンウェイウォーターのメリット・デメリット
  • ワンウェイウォーターの新規申し込み方法

「家族に丁度良い」ワンウェイウォーターとは?

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーターは、業界最安値の月額料金で快適に利用できることが特徴のウォーターサーバーです。

月ごとにかかる料金は水の代金だけと非常に安価かつ分かりやすいので、毎月のランニングコストを抑えたいという方に特におすすめだといえます。

水は採水地の異なる天然水やRO水など4種類から選ぶことが可能で、低価格な料金でありながら美味しい水を快適に利用することができるのが魅力的です。

ワンウェイウォーターの特徴

  1. スマートで使いやすいサーバー本体
  2. 水を4種類から選ぶことができる
  3. 使った分だけの超シンプルな月額料金

特徴①:スマートで使いやすいサーバー本体

現在、ワンウェイウォーターでは2種類のサーバーを申込むことができ、どちらもボトル交換が簡単なサーバー足元交換や省エネ機能などを搭載しています。

特にワンウェイウォーターはボトル交換が片手で行えるほどに簡単で女性にも扱いやすく、また温水と冷水のどちらにもチャイルドロック機能が備わっているので小さな子供のいる家庭でも安心して利用することができます。

さらに、サーバーはスリムでコンパクトなサイズであると同時に静音設計であるため、例えばワンルームなどであまりスペースに余裕のない一人暮らしの方でも特に問題なく設置することができますよ。

特徴②:水を4種類から選ぶことができる

ワンウェイウォーターはRO水の「プラスプレミアム」や富士山の山麓水「彩(SAYA)」、京都三岳山麓の「京の湧水」、九州の天然水「天寿の水」の4種類から好きな水を選ぶことができます。

RO水というのは、1000万分の1mmほどの極小浄化フィルター逆浸透膜(RO膜)でろ過した非常にクリーンな水に、バランスよくミネラルを追加したもののことをいいます。

原水に含まれているウイルスやカルキ、濁り、環境ホルモンなどを徹底的に除去した安全性の高い水であるため、大人だけでなく内臓機能の未成熟な赤ちゃんの飲み水にも利用することができます。

プラスプレミアムのお水は配送地域によって採水地が異なり、福井県・岐阜県・三重県を境として東日本は富士山の水、西日本は京都の水を楽しむことが可能です。

また、「彩(SAYA)」「京の湧水」「天寿の水」は「プラスプレミアム」に比べると少々割高になりますが、他のブランドと比較しても質の良い名水を2,052円で楽しむことができる点は魅力的だと言えるでしょう。

特徴③:使った分だけの超シンプルな月額料金

ワンウェイウォーターの大きな魅力の1つが、シンプルかつ良心的な料金プランでしょう。

サーバーのレンタル費用、水の配送料、定期的なサーバーのメンテナンス料が一切かからず、毎月利用した水の代金だけで利用することができます。

水の代金はプラスプレミアムの場合1,350円(1本/12L)、天然水の場合2,052円(1本/12L)で、例えば一人暮らしだと最安で年間48,600円になります。

水の配送周期は20日、15日、10日、毎週のうちから選択でき、本数も指定することができるので、自分のペースに合わせて水を消費していくことができます。

ワンウェイウォーターの2種類のサーバーを徹底解説

ワンウェイウォーターでは、かつて4種類のサーバーから自由に選択することができましたが、現在では「smart」「smartプラス」の2種類のラインナップとなっています。

ここでは現在ワンウェイウォーターで利用できる2種類のサーバーについて徹底的に解説していきます。

ワンウェイウォーター smart

ワンウェイウォーター smart

ワンウェイウォーター

おすすめポイント

  • サーバーとして過不足ない充実した機能性が特徴
  • シンプルなデザインかつ、家計に優しい省エネ機能が搭載
  • 女性でも簡単にボトル交換ができるサーバー足元交換を採用

本体機能 温水・冷水チャイルドロック
省エネecoモード
クリーンエアシステム
サイズ 横30cm×奥行34cm×高さ110cm
重量 約20㎏
消費電力(瞬間) 冷水85W
温水350W
電気代 平均1,000円前後
省エネモード400円程度
水温 冷水6~10℃
温水80~90℃
本体カラー ホワイト、ピンク、ベージュ
ブラック、グリーン
製品詳細 製品ページへ

ワンウェイウォーターsmartは、豊富なカラーバリエーションから部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができるウォーターサーバーです。

ワンウェイウォーターのベーシックな機体であるため、後に紹介する「smartプラス」と比べると、若干デザイン性や機能面で劣るような印象がありますが、料金の手ごろさなどもあり十分に満足することができるはずです。

またメンテナンスフリーの機体であるため、定期的に家庭で給水口周りを拭き取ったりするだけで利用することができる点もまた魅力だといえますね。

ワンウェイウォーター smartプラス

ワンウェイウォーター smartプラス

ワンウェイウォーターsmartプラス

おすすめポイント

  • グッドデザイン賞受賞のおしゃれでスマートなデザイン
  • 家族みんなが快適に利用できるよう考え抜かれた高機能を搭載
  • 高度な衛生状態を維持する機能で水の鮮度をいつまでもキープ

本体機能 温水・冷水チャイルドロック、省エネecoモード
クリーンエアシステム、クリーンサイクル
サイズ 横幅30cm×奥行34cm×高さ110cm
重量 約20㎏
消費電力 冷水85W
温水350W
電気代 平均1,000円前後
省エネモード400円程度
水温 冷水6~10℃
温水80~90℃
本体カラー ホワイト、ピンク、ブラック
製品詳細 製品ページへ

ワンウェイウォーターsmartプラスは、従来の「smart」から機能性やデザイン面でより洗練されたウォーターサーバーです。

サーバー上部はクリーンエア機能、下部はクリーンサイクル機能によって高い衛生状態が維持されるため、常に衛生的かつ新鮮な水を給水することが可能です。

smartとは異なり、smartプラスの場合初期費用として1,100円の手数料がかかってしまうのがデメリットかもしれません。

ワンウェイウォーターのメリットと口コミは?

良好

他社のウォーターサーバーにもメリットやデメリットがあるように、ワンウェイウォーターにもメリット・デメリットがいくつかあります。

ここではなるべく客観的な意見となるよう、メリットを紹介すると同時に実際の利用者の口コミも合わせて紹介していきます。

ワンウェイウォーターのメリット

  • 破格の月額料金の安さ
  • 省エネ機能で家計に優しい
  • とにかく水が美味しい
  • ボトル交換・自動クリーンが快適

メリット①:破格の月額料金の安さ

ワンウェイウォーターの何よりの強みとして挙げられるのは、やはり他社を圧倒する料金の安さでしょう。

初期費用がかからず(smartプラスの場合初回に手数料として1,100円が必要)、またサーバーレンタル費用や水の配送料、メンテナンス費用などが一切不要です。

使った水の代金だけで利用することができるので、500mlあたり56円とペットボトルの水を購入するよりも安く利用することができますよ。

東京都・男性

ワンウェイウォーターを選んだ理由は値段が安かったから。ウォーターサーバーは、すごくコンパクトで使いやすいです。

神奈川県・男性

プラスプレミアムは美味しく、珈琲、お茶、酒の水割り等にも使用しています。

メリット②:省エネ機能で家計に優しい

ワンウェイウォーターの省エネecoモードを利用すると、地域や電気プランによりますが、平均1,000円程の電気代を474円まで抑えることができます。

ただしecoモードの利用時には温水や冷水の給水が行えず、またecoモードの解除後しばらく時間が経過しないとお湯などを使えないので、就寝前やお出かけ前などにボタンを押してecoモードを稼働するのが賢い利用方法だといえます。

大手メーカーから発売されている電気ポットや電気ケトルを標準プラン(26円/kWh)で利用した場合、電気ポットは2.2Lを毎日使用すると一ヵ月で約502.2円、電気ケトルは1Lを毎日沸かすと一か月で約104.8円程度の電気代が発生します。

もちろんこの電気代はあくまでも目安であり、一日当たりに使用するお湯の量が多い場合には何度もお湯を沸かす必要があるのでその分電気代がかさみます。

ウォーターサーバーの場合、何度も沸かすという手間がなく、使用回数に応じた電気代の変動などもないため、電気代を気にすることなく好きに利用することができますよ。

兵庫県・女性

ウォーターサーバーを契約する前は電気代が気になっていましたが夏日でもそんなに掛かりませんでした。ワンウェイウォーターのウォーターサーバーはコンパクトでデザインも良いのでおすすめです。

メリット③:とにかく水が美味しい

ワンウェイウォーターの水は、RO水と天然水のどちらを選んでも非常に美味しいことが魅力的です。

富士山や京都三岳など名水地の水は、まろやかな口当たりが特徴の軟水や、豊富なバナジウムを含む少し硬めの水、豊富なミネラルを含み美容や健康の維持に最適な水などの特徴があります。

山口県・女性

ウォーターサーバーは缶飲料を飲む習慣をやめることを目的に導入しました。塩素等を含有する水道水を飲まないことで体調も良く、コーヒーを入れてもすっきりとした味で満足しています。

富士の銘水「彩(SAYA)」

水の種類・料金 富士の銘水「彩(SAYA)」
2,052円(12L)
採水地 富士山麓
特徴 バナジウム含有量が高い
硬度68mg、ph7.7の弱アルカリ性
成分 バナジウム6.1ug、マグネシウム0.36mg、カルシウム1.5mg
カリウム0.16mg、ナトリウム1.3mg

京都三岳山麓「京の湧水」

水の種類・料金 京都三岳山麓「京の湧水」
2,052円(12L)
採水地 京都、丹波三岳
特徴 ミルク作りにも最適
硬度30mg
成分 マグネシウム0.16mg、カルシウム0.8mg
カリウム0.05mg、ナトリウム0.97mg

九州日田「天寿の水」

水の種類・料金 九州日田「天寿の水」
2,052円(12L)
採水地 大分日田
特徴 ミネラル豊富で美容効果が期待できる
硬度62mg、ph7.7の弱アルカリ性
成分 有機ゲルマニウム0.4ug、カルシウム1.66mg、ナトリウム4.88mg
カリウム0.8mg、マグネシウム0.48mg、亜鉛0.016mg

メリット④:ボトル交換・自動クリーンが快適

ワンウェイウォーターが提供している「smart」と「smartプラス」のいずれのサーバーも、ボトル交換の負担が少ないサーバー足元交換タイプとなっています。

サーバー下部の扉を開いてボトルバスケットを引き出し、バスケットに水ボトルを置き奥へとスライドさせるだけなので、力の弱い女性やシニアの方でも簡単に水の交換をすることができます。

また、サーバー内には自動クリーン機能が備わっているため定期的なメンテナンスが不要であり、定期的なお手入れだけで使い続けることができるのも魅力だといえます。

愛知県・男性

ワンウェイウォーターのサーバーは自動で中を綺麗にしてくれるので安心してます。他社のウォーターサーバーは業者にお願いして清掃したりなかなか面倒に思います。衛生面は一番重視されたほうが良いと思います。

ワンウェイウォーターのデメリットと口コミは?

不良

次にワンウェイウォーターのデメリットと利用者の口コミをご紹介していきます。

もしウォーターサーバーの導入を検討しているのであれば、ただ価格の安さに惹かれて契約してしまう前に、メリットだけでなくデメリットもしっかり確認してから検討するようにしましょう。

ワンウェイウォーターのデメリット

  • 水の種類によって料金に差があり、天然水の場合むしろ高額に
  • サーバーの機能性は最低限度
  • 破損などの報告が多く、初期不良の報告も若干目立つ
  • 水注文の自由度が低く、消費ノルマに追われるかも

デメリット①:水の種類によって料金に差があり、天然水の場合むしろ高額に

ワンウェイウォーターはRO水と天然水のどちらを選ぶか、どれくらいの頻度で届けてもらうかによって月額料金に差が現れます。

例えば3人家族で利用する場合、プラスプレミアムなら月3本で月額4,050円、年間で48,600円になり、天然水なら月2本で月額4,104円、年間で49,248円がかかります。

RO水の場合「業界最安クラス」という枕詞もあながち間違いではないといえますが、天然水の場合はっきり言ってコスモウォーターなどの他社ブランドの方が安いです。

RO水
メーカー 値段/L 500mlあたり
ワンウェイウォーター 1,350円/12L 56.2円
アクアクララ 1,404円/12L 58.5円
アルピナウォーター 1,771円/18.9L 46.9円
天然水(富士、京都、九州)
メーカー 値段/L 500mlあたり
ワンウェイウォーター 2,090円/12L 87.1円
コスモウォーター 2,052円/12L 85.5円
プレミアムウォーター 1,987円/12L 82.8円

デメリット②:サーバーの機能性は最低限度

ワンウェイウォーターに発生する毎月の料金にサーバーのレンタル費用は含まれていませんが、その分サーバーの機能は最低限度となっています。

特にサーバーの特徴として先に紹介した「ecoモード」は手動操作によって設定する上に6時間の経過で自動的に解除され、「静音設計」は不定期になる駆動音が大きくうるさい、など実際に使用してみると欠点が非常に大きいです。

最近では、レンタル利用が無料ながら非常に高性能なサーバーが利用できるウォーターサーバーもあるので、少々ランニングコストがかかってもあえてそちらを選んだほうがコスパが良くなるかもしれません。

男性・大阪府

エコモードがあるから大丈夫だろうとしばらく家を空けていたら思ったより電気代が高くなっていた。よく見るとエコモードは6時間で解除されるとか。500円位が一気に跳ね上がるなどおちおち旅行もできない。

女性・埼玉県

月の費用が安いので利用していましたがブーンという音がとにかく不快でした。リビングに設置していたのに寝室まで音が聞こえ、寝ていた子供が起きてしまいました。

デメリット③:破損などの報告が多く、初期不良の報告も目立つ

Twitterなどでワンウェイウォーターについて検索すると目立つのが、初期不良の報告や破損の報告でした。

水が出ないというコメントや、水漏れ、オペレーターの対応などについて不満を持つ人が少なくないようです。

デメリット④:水注文の自由度が低く、消費ノルマに追われるかも

ワンウェイウォーターは水の注文量によって毎月の料金が決まりますが、水の注文ノルマのせいでイマイチお得感を感じられない方もいるかもしれません。

RO水のプラスプレミアムは毎月3本のボトル、天然水なら2本以上のボトルが月の最低ノルマであり、いくら1本当たりの料金が安いといっても本数が決まっていれば、水をあまり使わない方の場合むしろ高い部類になります。

配送のスキップも一応可能ですが、これは天然水のみのサービスであり、2か月を超える配送休止は手数料がかかります

女性・福岡県

だんだんボトルが貯まってきたので配送休止をお願いしました。消費ペースからして2か月程度だけ休止してもらいたかったのですがお金がかかるとのことで周期的に休止するしかありません。せめて本数が1本とかならいいんですが。

ワンウェイウォーターの新規申し込み方法を解説

ここではメリットやデメリットを踏まえてワンウェイウォーターを契約したいと考える方に向けて、新規申し込み方法を実際の申込画面とともに分かりやすく解説していきます。

ワンウェイウォーターの申込手順

  1. ワンウェイウォーター公式サイトにアクセス
  2. 利用したいサーバーの種類を選択
  3. 自分の希望する水の種類を選択
  4. 注文者情報・希望出荷日を入力
  5. 料金を支払い申込完了

ワンウェイウォーター公式サイトにアクセス

ワンウェイウォータートップ

まずはワンウェイウォーター公式サイト(https://onewaywater.com/)にアクセスしてください。

公式サイトにアクセスできたら、まずは画面右にある「新規お申し込み」のピンクのボタンをクリックしましょう。

利用したいサーバーの種類を選択

ワンウェイウォーター申込1

次に利用するサーバーの選択画面が開くので、「smart」「smartプラス」から希望するウォーターサーバーを選択します。

自分の希望する水の種類を選択

ワンウェイウォーター申込2

次にワンウェイウォーターが提供している4種類の水のうちから希望する水を選び、画面最下部の「お客様情報のご入力へ」をクリックします。

注文者情報・希望出荷日を入力

ワンウェイウォーター申込3

お客様情報画面が表示されるので、「氏名」「メールアドレス」などの注文者情報を入力し希望の出荷日を選択し、利用規約を確認して最下部の「お支払方法の選択へ」をクリックします。

料金を支払い申込完了

ワンウェイウォーター申込5

入力した情報がすべて正しいことを確認し、代金支払い方法を選択して申し込み完了です。

また、公式サイトからクレジットカードでの支払いを選択して契約すると1,000円分のQUOカードがプレゼントされます。

ワンウェイウォーターに関するよくある質問

注意点

最後にワンウェイウォーターに関するよくある質問をご紹介していきます。

ワンウェイウォーターの契約をする前に、ぜひここで疑問点などを事前に解決してくださいね。

ワンウェイウォーターのよくある質問

  • ワンウェイウォーターにおすすめの人とそうでない人の特徴は?
  • サーバーの交換は無料でできますか?
  • ワンウェイウォーターの解約時には解約金が発生しますか?

ワンウェイウォーターにおすすめの人とそうでない人の特徴は?

ワンウェイウォーターは月当たりの料金を抑えながら利用できるウォーターサーバーという特徴があり、その安さを魅力だと感じる方も少なくはないでしょう。

しかし、やはり料金周りの事柄に関しては注意が必要で、おすすめできる方とおすすめできない方がいます。

ワンウェイウォーターがおすすめな人

  • 最低限お湯と冷水が使えれば良い
  • マメな方で定期的な掃除などが問題なく続けられる
  • 水をそれなりの量使用することができる
  • 部屋の家具などに大きなこだわりはなく、自分でアレンジもできる

これらの条件に当てはまる方であれば、ワンウェイウォーターのデメリットを補って問題なく利用することができるはずです。

ワンウェイウォーターをおすすめできない人

  • 一人暮らしなどであまり水を消費できない方
  • 費用分かそれ以上のサーバー機能を期待している
  • 仕事が忙しく、こまめな掃除などが困難である
  • 部屋の雰囲気にこだわりが強く、チープな雰囲気のものは好ましくない

逆に上記の特徴にに当てはまる方は、ワンウェイウォーターではなく他のウォーターサーバーを検討したほうが良いかもしれません。

サーバーの交換は無料でできますか?

ワンウェイウォーターは規定利用期間を過ぎればサーバーの交換が無料になりますが、規定期間より前の交換には手数料が必要となります。

そのため日常的に定期的な掃除を行い、少しでも衛生面を維持するようにしていきましょう。

機種 規定期間 交換手数料
smart 1年間 5,500円
smartプラス 2年間 5,500円

ワンウェイウォーターの解約時には解約金が発生しますか?

ワンウェイウォーターを規定利用期間の満了を待たずに解約する場合には解約金が発生します。

また、利用するサーバーの種類によって解約金が異なるので、ご自分が利用する予定のサーバーの解約金を事前に把握しておくようにしましょう。

機種 規定期間 解約金
smart 1年間 5,500円
smartプラス 2年間 9,900円

ワンウェイウォーターの口コミは?安いと人気の評判まとめ

今回は、ワンウェイウォーターの口コミ・評判や、実際に利用した方のレビューなどからワンウェイウォーターについての詳しい情報をご紹介してきました。

天然水ではなくRO水を利用する場合、業界でも安い部類になるワンウェイウォーターですが「安さを魅力に思って後悔した」という報告も少なくないため、自分の使用状況などをしっかりと把握してから検討するようにしてくださいね。

MizuCoolでは、ワンウェイウォーター以外にも安さが魅力のウォーターサーバーや見た目の美しさ、機能性にこだわったウォーターサーバーおすすめランキングをご紹介しているので、もしどんなサーバーがいいか悩んだ場合にはこれらの記事もぜひ参考にしてみてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Atori

一人暮らしのしがない大学生。カフェインジャンキーであるから美味いコーヒーのために水に拘る性質で、どちらかと言うと生まれの土地柄として軟水よりも硬水の方がなじみ深い。

-ウォーターサーバー
-, ,

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.