水に関するコラム

シリカ水の飲むシリカは糖尿病の改善効果があるのか徹底解説!

更新日:

飲むシリカ シリカ水 糖尿病

「シリカ水の飲むシリカは糖尿病に効果があるって聞いたけど、本当かな?」

飲むシリカ(シリカ水)にまつわる噂は「〇〇病に効果がある」というような健康効果を期待するものや、「実は重篤な副作用がある」などなんだか怖いものまでいくつもあります。

いくつか存在するシリカ水に関連する噂の中でも、特に今回注目したいのは「シリカ水が糖尿病の改善効果がある」という噂です。

実際のところ、シリカ水に含まれるシリカ(ケイ素)などのミネラルは、糖尿病改善の効果を期待することができます

今回は、シリカ水にある糖尿病改善効果の科学的根拠や、おすすめのシリカ水など紹介します。

この記事を読むと分かること

  • シリカ水に含まれるシリカ(ケイ素)には糖尿病を改善する効果がある
  • シリカ以外のバナジウムなどの諸ミネラルにも抗糖尿病作用がある
  • 効率的にシリカなどのミネラルを摂取するなら「飲むシリカ」がおすすめ

シリカ水には糖尿病を改善する効果が期待できる!

糖尿病と水

現在販売されているほとんどのシリカ水には、シリカ(ケイ素)をはじめとした様々なミネラルが含まれています。

シリカ(ケイ素)自体に直接的な血糖値の低下作用はありませんが、シリカの持つ健康作用は糖尿病に対しても間接的に効果を発揮します。

また、シリカ以外のミネラル成分にも糖尿病の改善や予防に高い効果を発揮することがわかっており、シリカ水を飲むことで糖尿病の改善効果が期待できるという噂は確かであるといえるでしょう。

シリカ水の効果を裏付ける科学的根拠とは?

シリカ水には糖尿病治療に利用されているミネラルがいくつも含まれており、シリカ水を飲むことで糖尿病を予防したり、治療の助けになることが期待されています。

しかし、いくら含まれているミネラルの一つ一つが有用だといっても、シリカ水を飲むことは本当に糖尿病の改善効果につながるのかどうしても疑問に思ってしまいますよね。

ここではシリカ水と糖尿病や肥満に関する科学的根拠としては、2つの研究成果についてご紹介していきます。

ストックホルム大学による研究結果

Engineered ingestible molecular traps created from mesoporous silica particles (MSPs) introduced to the gut can have an effect on food efficiency and metabolic risk factors.

The results from studies on mice demonstrate the potential to reduce the energy uptake into the body and could lead to new treatments for obesity and diabetes.

引用:Silica particles may lead to new treatments for obesity and diabetes

【翻訳】

腸に導入されたメソポーラスシリカ粒子(MSP)から設計された摂取可能な分子トラップは、食物効率と代謝リスク要因に影響を与える可能性があります。

マウスに関する研究の結果は、体内へのエネルギー摂取を減らす可能性を示しており、肥満や糖尿病の新しい治療法につながる可能性があります。

引用:シリカ粒子は肥満と糖尿病の新しい治療法につながる可能性がある

ストックホルム大学の研究によると、同じ高カロリーの食餌を与えられたマウスのうち、シリカ(ケイ素)を摂取したマウスは体重の増加が緩やかになり、肥満の軽減やインスリンの過剰な分泌が抑制されたといいます。

この研究成果はシリカを利用した糖尿病治療の新しい可能性を示しており、シリカの肥満や糖尿病への改善効果が大きく期待されていることがわかりますね。

東京農業大学による研究結果

東京農業大学の渡辺和彦教授による研究論文の中でも、シリカ(ケイ素)のもたらす健康効果の研究結果について発表されています。

ケイ素が,人間の骨づくりだけでなく,ネズミの実験では,血圧降下あるいは血糖上昇予防に効果があることを示した。人間にこの結果が適合できるか否かは今後の研究を待たねばならない。

しかし, I粗食が人間の健康によい」との私たちの経験則の一端をこれらの結果は示唆してくれているように筆者は考えている。

引用:農業と科学2013年11月号|人間の健康とミネラル…ケイ素は高血圧 糖尿病予防にも効果

この論文の中ではシリカ(ケイ素)は血圧の低下や血糖の上昇を予防する効果があるという研究結果が報告されています。

ラットを用いた実験結果ではありますが、この結果が人間に適用されることとなればシリカの健康効果への裏付けがより確かなものになるでしょう。

シリカ水に含まれているミネラルの効果とは?

糖尿病にミネラル

市販されている「シリカ水」にはいくつもの種類がありますが、シリカ(ケイ素)以外にも様々なミネラルを含んでいるものが多いです。

シリカ水に含まれているシリカ以外のミネラルには、カルシウムやマグネシウム、バナジウムやナトリウム、カリウムなどが挙げられます。

シリカ水によく含まれる代表的なミネラルの持つ糖尿病への効果について、簡単に解説していきます。

シリカ水に含まれる糖尿病改善効果のあるミネラル

  • シリカ(ケイ素):新陳代謝の改善で血糖値の低下効果
  • 炭酸水素イオン:高い抗酸化作用を持つアルカリ性のミネラル
  • バナジウム:血糖値の上昇を抑える(インスリンと同等)
  • カルシウム:血糖値の上昇を抑制する
  • マグネシウム:インスリンの分泌量を制御、ブドウ糖のエネルギー変換
  • ナトリウム:低ナトリウム血症の防止
  • カリウム:インスリンの分泌に欠かせない

シリカ(ケイ素)

シリカ(ケイ素)自体には、血糖値を下げるといった糖尿病に対する直接的な効果はありません。

しかし、シリカの持つ強い抗酸化作用や脂肪分解作用によって、血中のコレステロールが除去されたり血管の強度が上がることにより、血管のつまりが解消され血流が改善されます。

血流が改善し、新陳代謝の改善が血糖値を下げることにつながることから、シリカは間接的に糖尿病の改善につながるとされています。

また、近年注目される糖尿病の新しい治療法として、ケイ素でできている水溶性食物繊維を摂取することで腸内フローラを整え、糖代謝機能を向上させるというものもあります。

炭酸水素イオン・バナジウム

炭酸水素イオン

炭酸水素イオンは、重炭酸イオンとも呼ばれているアルカリ性のミネラルです。

活性炭素に対する抗酸化作用があることから美容面で注目されてきましたが、ペニシリンと同等の作用があるため糖尿病の治療へも転用できるのではないか、と研究が進められています。

バナジウム

またバナジウムは、インスリンと同等の働きをするミネラルです。

血糖値の上昇を抑える効果があり、インスリンの筋肉注射に比べると糖尿病の患者への負担が非常に軽いことから糖尿病の治療薬として長年使用されています。

カルシウム・マグネシウム

カルシウム

カルシウム血糖値の上昇を抑制する効果を持つミネラルです。

糖尿病の症状の一つに、ミネラル代謝異常によりカルシウムなどのミネラルが大量に排泄されるものがあり、血糖値の上昇抑制のためにも積極的なカルシウムの補給が望ましいです。

マグネシウム

マグネシウムは、インスリンが血液中のブドウ糖を細胞に取り込むために必要なミネラルです。

血液中のブドウ糖を細胞内に取り込むだけでなく、ブドウ糖をエネルギーへと変換する作用もあるため、マグネシウムが不足すると血糖値の上昇や過剰なブドウ糖による肥満を招きます。

ナトリウム・カリウム

ナトリウム

ナトリウムに直接的な糖尿病の改善効果はありませんが、糖尿病により排泄量が増え体内のナトリウム量が低下する低ナトリウム血症などの症状を防ぐことが期待されます。

カリウム

カリウムは、インスリンの分泌に欠かせないミネラルです。

インスリンは通常すい臓のβ細胞にカリウムが取り込まれることで分泌されますが、糖尿病患者の場合は高血糖による浸透圧でカリウムが血液中に流出し、インスリンの分泌に必要なカリウムが失われてしまいます。

亜鉛・クロム・サルフェート

亜鉛

バナジウムに次いで、亜鉛もインスリンと同等に血糖値の上昇を抑制する効果のあるミネラルです。

経口での摂取が可能であるため、亜鉛の化合物も患者への負担の少ない糖尿病の治療法として利用されています。

クロム

クロムインスリンの作用を強めたり、血液中の糖や脂質を調整する効果のあるミネラルです。

食事からの取することができるため基本的に不足することはありませんが、もし不足してしまった場合糖尿病の発病リスクが非常に高くなります。

サルフェート

サルフェートは、高いデトックス効果を持つミネラルです。

シリカ同様に直接的な血糖値の低下効果などはありませんが、新陳代謝が向上することによる血液中の糖濃度を下げる働きが期待されています。

シリカ水の中でも飲むシリカが最もおすすめな3つの理由

シリカ水は数多くの商品が販売されており、どの製品を選ぶべきかどうしても悩んでしまいますね。

結論から言うと、数あるシリカ水の中でも「飲むシリカ」が糖尿病改善効果を得たい方には絶対におすすめです!

ここからは、飲むシリカに含まれているミネラル成分や、シリカの含有量など飲むシリカをおすすめする3つの理由を詳しくご紹介していきます。

飲むシリカが最もおすすめな3つの理由

  1. 糖尿病の症状改善に効果のあるミネラルを豊富に含む
  2. 97mg/Lという世界トップクラスのシリカ含有量の高さ
  3. 1本あたり150円という圧倒的なコスパの良さ

糖尿病の症状改善に効果のあるミネラルを豊富に含む

飲むシリカには、先ほどご紹介した「糖尿病に効果のあるミネラル」が豊富に含まれています。

ミネラル名 含有量(1Lあたり)
シリカ 97mg/L
炭酸水素イオン 170mg/L
カルシウム 31mg/L
マグネシウム 14mg/L
サルフェート 30mg/L
バナジウム 34μg/L
ナトリウム 18mg/L
カリウム 5.7mg/L

上記のように、血糖値の上昇を抑えるカルシウムやバナジウム、インスリンの分泌に関わるマグネシウムやカリウムなどがたっぷりと含まれています。

また、飲むシリカはミネラルを人工的に追加しておらず、あくまで天然のミネラルウォーターであることから体内への吸収もよく、毎日1~2本程度飲むだけでミネラルを十分に摂取することができるでしょう。

97mg/Lという世界トップクラスのシリカ含有量の高さ

飲むシリカには97mg/Lものシリカが含まれており、その含有量の高さは世界でもトップクラスです。

シリカ自体に糖尿病への直接的な効果はありませんが、シリカは骨や肌、髪、血管など人間の基本的な身体の部分に存在しているミネラルとなっています。

飲むシリカを日常的に飲むことで、以下のようなシリカ自体の持つ健康効果や美容効果を十分に得ることが期待できるでしょう。

飲むシリカの健康・美容効果

  • 髪の毛のハリ(枝毛・切れ毛の改善)
  • 肌のうるおい・ツヤ効果
  • アンチエイジング効果
  • 骨粗しょう症の防止
  • 関節痛の改善
  • 血管の弾力性の維持
  • お通じの改善

1本あたり150円という圧倒的なコスパの良さ

飲むシリカのように、シリカ含有量が高く、また豊富なミネラルを含んでいるシリカ水はどうしても1本あたりの金額が高額になってしまうことがほとんどです。

しかし、飲むシリカは公式サイトから購入した方限定で1本あたり150円の破格の値段できるキャンペーンを利用することができます!

Amazonや楽天では1本187円という定価での購入となり大きな損なので、飲むシリカを一度お試ししてみたい方はぜひ公式サイトで購入するようにしてみてくださいね!

飲むシリカを継続して摂取することで糖尿病などの改善効果が期待できるので、少しでもコスパよく入手できる公式サイトはとても魅力的ですね!

飲むシリカ(シリカ水)の糖尿病改善効果まとめ

今回は、シリカ水に糖尿病の改善効果があるのか徹底解説し、その科学的根拠やおすすめのシリカ水「飲むシリカ」を紹介してきました。

シリカ(ケイ素)自体に血糖値を下げるなどの糖尿病を改善するような効果はありませんが、シリカ水に含まれている豊富なミネラルによって糖尿病の症状を緩和したり予防につながります。

豊富なミネラルを含んでいるものの多いシリカ水ですが、特に糖尿病の改善効果が期待されるミネラルをたっぷり含んでいる「飲むシリカ」なら、コスパなどの面からみても最もおすすめでしょう!

もし「シリカ水の健康効果などに興味がある」「糖尿病を改善したり予防したい」という方は、日常生活に飲むシリカを取り入れ、健康的な生活を実現してみてはいかがでしょうか?

本記事の作成における参照元

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Atori

一人暮らしのしがない大学生。カフェインジャンキーであるから美味いコーヒーのために水に拘る性質で、どちらかと言うと生まれの土地柄として軟水よりも硬水の方がなじみ深い。

-水に関するコラム
-,

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.