水に関するコラム

水道水をそのまま飲むのは危険?体への影響や安全な飲み方

投稿日:

水道水 危険

健康に気を遣う方は食生活をはじめとして飲料水にも気を配ります。

日本は海外と比べれば水道水の危険性は低いものの、地域によっては薬品が大量に入っていて味や臭いに問題があったり、濁った水が出るなんてことも珍しくはありません。

今回は水道水をそのまま飲むのはどれくらい危険なのか解説しつつ、水道水に含まれる危険物質や安全に飲む方法などを紹介します。

この記事を読むと分かること

  • 水道水をそのまま飲むのはどれくらい危険か
  • 水道水をそのまま飲むことの体への影響
  • 水道水を安全に飲む方法
  • 水道水を安全にろ過してくれるウォーターサーバーがある

水道水をそのまま飲むのは危険?

「水道水」そのものの危険性は低い

水道水 危険 安全な飲み方

結論から言えば、日本の水道水そのものは世界基準で見ても非常に高いレベルで衛生管理がされているため、基本的には安全に飲むことができます。

ではなぜ水道水が危険と言われているのかというと、平成30年時点で問題になっていた国内の約98%もの水道インフラの老朽化が原因として挙げられます。

耐用年数の過ぎた給水管が使われている地域の水道水は危険な可能性

地域によっては予算の関係で未だに耐用年数を過ぎた古い給水管が使われており、水にサビや雑菌、有害物質が溶け込んでしまっている可能性があるのです。

また、昔の鉛が使われた水道管も、順次取り替えが進んでいるものの未だ使われている地域に関してはリスクがあるといえるでしょう。

貯水槽を使っている住居の水道水も危険な可能性

また、貯水タンクの清掃がしっかり行われていなかったり、中に死体が入っていたりして、水道水が危険になっているケースもあります。

実際、日本の10t以下のサイズを含めた貯水槽は、97%が推奨されている頻度で検査を行っていないというデータがあり、お世辞にも安全とは言えません。

つまり、浄水場で作られた水道水そのものは安全でも、水道管を通って蛇口から出る水は100%安全とは断言できないような状態なのです。

詳しくは以下の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【2022年】水道水が飲める国ランキング!日本の水は安全に飲めない?

日本では水道水を普通に飲むことができますが、海外の多くの国では水道水を飲むことは大変危険。そこで今回は、水道水が飲める国ランキングを作成し、安心・安全においしい水道水が飲める国を硬水・軟水などの情報と合わせて紹介していきます。

続きを見る

水道水は微量だが危険・有害物質が含まれている

一般的に水道水には、塩素の他にもトリハロメタンやトリクロロエタン、トリクロロエチレン、ジクロロエチレンなどの物質が含まれています。

塩素は「カルキ臭」の原因ですし、トリハロメタンに関しては近年発がん性が疑われている危険物質であり、いくら基準値に収まっているとはいえ危険に感じる方が多いです。

水道水に含まれる危険物質

  • カルキ臭の原因:残留塩素
  • 鉄サビ臭・着色の原因:鉄およびその化合物
  • 発がん性の危険:総トリハロメタン、ブロモホルム、ホルムアルデヒドなど

そのまま飲むならミネラルウォーターや浄水された水の方が安心

以上の点から、水をそのまま飲むのであれば、リスクが隠れている可能性のある水道水でなく市販のミネラルウォーターや、浄水器を通した水、ウォーターサーバーの水などを飲んだ方が安心できるのは間違いないでしょう。

もちろん大半の水道水は危険でなく安全だとは思うのですが、少なくとも不安なく安心してそのまま飲めるのは、水道水以外の水と言えるでしょう。

ただネット上では真偽不明な情報や明らかな嘘が出回っていて、中には胡散臭い水や、疑似科学のような水も数多く出回っています。

そのため、変な水には手を出さず、どこにでも売っているミネラルウォーターや、多くの家庭や病院で設置されているようなウォーターサーバーを使うべきです。

天然水とミネラルウォーターの違いとは?安全性やメリットなどを比較

コロナ禍でマスク必須の今、重要視される水分補給。この記事では、天然水・ミネラルウォーターの違いや安全性についてご紹介します。味の違いは?湧き水はそのまま飲んでもOK?ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの違いについても解説!

続きを見る

水道水を安全にそのまま飲む方法

水道水 危険 安全な飲み方

水道水に含まれる物質を除去する方法としてはいくつかあり、第一の手段としては、蛇口に取り付けるタイプやポット型の浄水器を利用したり、煮沸させるといった方法があります。

第二の手段としては、そもそも水道水を飲用に用いずに飲用水にはミネラルウォーターやウォーターサーバーを導入する、という方法です。

浄水器の設置

代表的なのは、水道の蛇口に浄水器をセットするという方法でしょう。

浄水器の値段はピンキリで100均~数十万円のものまでありますが、ある程度の効果が期待できるのは数千円~ラインの商品からと言われています。

浄水器は思い立ったその時に導入することが出来るという強みがあります。

しかしどの浄水器でも初期費用がかかる上に、一度取り付けるとカートリッジの定期交換や、メンテナンスといった手間やコストもかかりますので、トータルコストを見るとあまりおすすめはできないでしょう。

蛇口直結型 浄水器 比較 3社
蛇口直結の浄水器おすすめ比較3選!特徴や設置の注意点も解説

蛇口直結型浄水器って一番取り入れやすくて手軽に美味しい水が飲める優れモノなんです!この記事では、おすすめの蛇口直結型浄水器を人気メーカー3社で比較し、選ぶ際のポイントや注意点まで徹底解説。大人気浄水器クリンスイのお得な情報もご紹介します!

続きを見る

水道水を沸騰させる

お金をかけることなく水道水を安全にそのまま飲むには、煮沸をするという方法もあります。

煮沸は水道水のカルキ抜きのためなどに行いますが、水道水に含まれる成分を完全に除去するには少なくとも10分は沸騰させる必要があるのが難点です。

塩素そのものは5分の煮沸で除去することができますが、トリハロメタンは5分程度の煮沸では逆に増加し、10分以上の煮沸でやっと取り除くことができます。

水道水を飲むたびに10分間煮沸するのが苦でない方であれば良いですが、そんな面倒なことをしたくないという方が大半でしょう。

水道水 沸騰
水道水は沸騰させると危険!安全に飲むなら煮沸時間を10分取るべき

日本の水道水はそのまま飲むことができますが、少しでも飲みやすくしたい場合や、赤ちゃんに安全な水をあげたいあるいは健康の保持増進のために飲み水に気を付けている場合には沸騰させることがおすすめ。今回は水道水を沸騰させる理想的な時間を紹介します。

続きを見る

ミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用する

費用や手間の面に目をつぶるのであれば、ミネラルウォーターを購入したり、ウォーターサーバーを導入するのが最もおすすめです。

どちらも安全性や水の美味しさに関しては言うまでもありませんし、ミネラルウォーターの購入に関してはコンビニ、スーパー、ネットとあらゆる場所で購入ができます。

ウォーターサーバーも今はネットで申し込みができ、10年前戸比べればコストもかなり下がっているので、浄水器を買うよりはずっとお得でしょう。

【当サイト限定!】ギフトカード
2,500円プレゼント!
【2022年】ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング15選!比較や選び方も!
近年ウォーターサーバーはどんどん進化を遂げ、どのサーバーを選べばいいかわからないですよね。このページでは料金の安さやデザイン、赤ちゃん向けや一人暮らし向けなどの視点から、おすすめのウォーターサーバーを徹底比較してランキング形式でご紹介!

続きを見る

設置場所や水の保管場所、あ料金の問題が解決できるのであれば、ウォーターサーバーやミネラルウォーターは非常におすすめです。

ミネラルウォーターは体に悪い?効果や副作用、飲み過ぎの危険性を解説

ミネラルウォーターが「体に悪い」「体に良くない」といった噂の真偽を徹底調査しました。水の飲み過ぎによる水中毒やミネラルによって引き起こされる下痢などの症状の他、ペットボトルの物質が水に溶け込んでいるという話についても分かりやすく解説します。

続きを見る

水道水の危険性や、そのまま飲む事に抵抗がある人はウォーターサーバーがおすすめ

水道水 危険 安全な飲み方

小さな子供がいる家庭であったり、そもそも水道水自体をあまり飲みたくない方は、ウォーターサーバーを導入するメリットが非常に大きいです。

ウォーターサーバーはコストが高いイメージがありますが、今は月額3,000円程度で利用できるメーカーも増えており、水の安全性や美味しさに関しては折り紙付きです。

また、お湯を沸かすことなく温水が使えたり、水道水を飲むよりも明らかにQOLが上がりますので、以下に水道水に抵抗がある方におすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

とにかく費用を抑えたい方におすすめ:月額2,500円~利用できるワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター smart

ワンウェイウォーター
月額2,500円
水(24L) 2,500円
サーバー代 0円
その他 0円

MizuCool編集部おすすめポイント

  • 業界最安値の月額2,500円(24L使用時)で家計に無理なく使用できる。
  • どこにでも置けるちょうどいいコンパクトなサイズ。
  • ボトルをサーバー下部にセットするので、女性やお年寄りの方でも簡単にボトル交換可能。

ウォーターサーバーの費用をとにかく抑えたいという方には、月額2,500円という業界最安値で利用できるワンウェイウォーターがおすすめです。

ワンウェイウォーターの水は不純物や雑菌を徹底的にろ過したお水なので、毎月の出費を抑えなつつ体に優しいお水を飲むことができます。

また、省スペースで水ボトルをサーバー下部に設置するタイプなので、女性やお年寄りの方でも負担なく簡単にボトル交換をすることができます。

月額料金 安い ウォーターサーバー 料金体系
【最新版】人気の安い・格安ウォーターサーバーランキング10選!コスパも最高!

この記事では、人気のウォーターサーバーをランキングで比較して紹介しています。ノルマなし、水道水浄水で飲み放題、赤ちゃんも飲める天然水、一人暮らしにおすすめなど、ニーズ別でも解説。本当に料金が安いのかコスパが悪いのかを知りたい方は必見です!

続きを見る

小さな子供のいる家庭におすすめ:チャイルドロック搭載のフレシャスslat

フレシャス slat(スラット)

フレシャス Slat スラット
月額料金
4,788円
水の質 チャイルドロック
天然水(軟水)
70℃のお湯 片手操作
ボトル交換 衛生面

特徴

  • 赤ちゃんのミルクに最適な軟水の天然水を飲める(硬度24mg/L)
  • 赤ちゃんのミルクに最適な70℃のお湯をすぐに出せる
  • 安全性の高いチャイルドロック機能が冷水・温水に完備

赤ちゃんや小さな子供のいる家庭であれば、チャイルドロックや子供にレバーが届かないよう設計されているフレシャスslatがおすすめです。

冷水・温水ともにチャイルドロックがあり、かつ給水ボタンがサーバー上部にあるため、子どもがいるご家庭でもイタズラや火傷の心配なく利用できます。

フレシャス Slatは水にもこだわっており、富士山のふもとの町である山梨県富士吉田市の天然水が飲めます。

エコモードを利用すればミルクに最適な70℃のお湯をいつでも使うことができ、ミルク作りの時間を大きく短縮がすることも可能なのでおすすめです。

ウォーターサーバー 赤ちゃん
赤ちゃんや子育てにおすすめのウォーターサーバー比較ランキング!ママパパ必見

本記事では赤ちゃんに最適なウォーターサーバーの6つの条件を解説し、子育てやミルク作りにおすすめのウォーターサーバー9選をランキング形式でご紹介しています。子育て中にウォーターサーバーを利用するメリット・デメリットもあわせて解説しています。

続きを見る

水道水をそのまま飲む危険性や体への影響まとめ

今回は水道水を飲むのは本当に危険なのか解説しつつ水道水に含まれる危険物質や、それらを取り除いて安全な水を飲む方法などを紹介してきました。

日本の水道水は厳しい安全基準を設定していることから、基本的にそのまま飲んでも健康上大きな問題はありません

しかし、地域や貯水槽によっては水道水を安心して飲めないのも間違いないと思いますので、その場合は安心して水を飲めるミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用すると良いでしょう。

【当サイト限定!】ギフトカード
2,500円プレゼント!

本記事の作成における参照元

MIZUCOOLおすすめコンテンツ

【2022年】ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング15選!比較や選び方も!
近年ウォーターサーバーはどんどん進化を遂げ、どのサーバーを選べばいいかわからないですよね。このページでは料金の安さやデザイン、赤ちゃん向けや一人暮らし向けなどの視点から、おすすめのウォーターサーバーを徹底比較してランキング形式でご紹介!

続きを見る


口コミ評判の良いウォーターサーバー11選【1,125人の口コミアンケート】
ウォーターサーバー11社の利用者の口コミや評判を紹介します。
また、各社の特徴や口コミから分かるメリット・デメリット、失敗しない選び方も解説しているので、ウォーターサーバーを導入しようと考えている方は参考にしてください。

続きを見る


【2022年11月】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底比較
各ウォーターサーバーメーカーで実施しているキャンペーン情報を徹底解説!新規申込み・乗り換え・赤ちゃんの子育て向けのママパパプランなど、お得にウォーターサーバーを利用できる各種キャンペーン情報を徹底比較しています!

続きを見る

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.