水に関するコラム

水が腐るのはなぜ?腐るまでの時間や正しい保存方法を徹底解説

更新日:

水 腐る なぜ 時間

「一度開けたペットボトルの水っていつまで飲んでいいかのかな…?」
「コップに入れた水道水をうっかり放置していたら変なにおいがする…」

誰もが一度はこんな疑問を持ったり、経験をしたことがあるのではないでしょうか?

そもそも、水は無味無臭で川を流れている水もキレイで腐っていないのに、どうしてペットボトルなどの水は時間がたつと腐ってしまうのでしょうか。

結論から言うと、水が腐るのは水に含まれるたんぱく質が微生物や細菌のエサとなることで、分解された状態になってしまうからです。

この記事では、水が腐る原因から腐るまでの時間や、知っておきたい正しい水の保存方法などについて詳しくまとめました!

今すぐに読むべき記事
\累計販売数3,000万本突破!/

1秒に1本爆売れしている奇跡の水「のむシリカ」に健康・美容効果がある理由
※健康や美容の維持に興味がない方は、読まないでください。

この記事を読むと分かること

  • 水が腐るのは水が含むたんぱく質を微生物や細菌が食べて分解されるため
  • 市販のミネラルウォーターも賞味期限があるので保存期間に注意
  • 保存用の水は直射日光を避けた涼しい場所に置くと劣化しにくい!

水はどうして腐るの?腐るとどうなる?

水 腐る なぜ

水にはごくわずかな量ですが有機物が含まれており、放置する環境と期間によってはたんぱく質を微生物や細菌が食べて分解することで有機物が腐り、水そのものも腐ってしまうことがあります。

それでは、水の中では腐るまでの間に何が起こっていて、また腐った水はどんな状態になるのでしょうか?

水が腐る理由についても、ひとつずつ詳しくみていきましょう!

水が腐るのは水が含む有機物が微生物・細菌のエサになるから

本来、水は無機物なので腐りませんが、液体であることでほかの物質などが溶け込みやすくなっています。

水には、脂質、ナトリウム、炭水化物、食物繊維、たんぱく質などの成分が含まれていて、その中のたんぱく質が微生物や細菌のエサとなり分解されることで有機物の腐敗が進んでいき、最終的に水そのものも腐ってしまいます。

水道水には衛生面から塩素消毒をすることと、0.1mg/L以上の残留塩素を残すことが水道法で義務付けられていて、塩素の働きがあるために外からの菌の侵入を防いだり菌の繁殖を抑えてくれています。水道水に独特のカルキ臭を感じるのは塩素が働いているからなんですね!

しかし、蛇口から出てくる水は微量ですが細菌や不純物が含まれているうえに、水道水は時間の経過、直射日光にあたることや、煮沸や浄水器を通すことなどで塩素の働きが弱まるので、結果的に水は腐ってしまいます。

腐った水は風味が落ちて硫黄や雑巾の様なにおいになる!

水が腐ると飲んだ際の風味が落ち、苦味や吐き気を感じるような違和感の強い味わいになります。

さらに、においも硫黄や雑巾に似たカビ臭いような悪臭に変わりますが、水の味やにおいが変わる理由は消毒作用のある塩素が抜けることによって水に含まれる細菌が増殖するためです。

特に飲みかけの水などは、口を付けたことで唾液に含まれる雑菌が入り込むことで菌の繁殖スピードもさらに速まり、腐るまでの時間がより早くなります。

水を飲もうとしたときに苦味を感じたり、硫黄や雑巾に似たにおいが感じられたときはすでに水の中に雑菌が発生しているサインですので、絶対に飲まずに処分しましょう!

腐った水を飲むと健康が損なわれるので要注意!

万が一、腐った水を飲んでしまったときはお腹を下して下痢として症状があらわれることが多いほか、味に異変を感じたことで後味の悪さから嘔吐してしまうこともあります。

体調の変化が現れないときや、症状が治まっていく場合はそのまま様子を見ていただいても心配はないですが、高い発熱、腹痛、下痢、嘔吐、気分の悪さを感じるなどの症状が出たときはすぐに医師の診察を受けましょう。

腐った水を飲むと大腸菌などの病原体を体内に取り込むことになりますので、不安を感じたときは病院で診てもらうと安心です。

なお、細菌が繁殖しやすい気温は20~40℃前後とされているので、飲みかけの水などは涼しい部屋に置いていたとしても飲まないようにしてください。

本来であれば水は科学的には腐らないもの

水は本来無機物であり非常に安定した物質で、「純水」と呼ばれる水は不純物が取り除かれていることから、半導体部品の洗浄水や医薬品や化粧品の製造にも使われています。

自然界にある水の中には有機物などの物質が溶け込んでいて、川の水や海水にも有機物が含まれていますが、川の水や海水が腐らないのは水がつねに流れて循環していることで雑菌が繁殖しづらい環境になっているようです。

また、船にのせた水も腐らないといわれていますが、これも船が揺れることで積載している容器内の水も揺れるために腐らないそうです!

つまり、水は動いていて微生物や細菌が繁殖しづらい環境にあれば本来腐らないということですね!

水が腐るまでの時間・期間はどれぐらい?

水 腐る 時間

「実際にペットボトルの水は、どれぐらいの時間まで安全に飲むことができるの?」
「常温と冷蔵庫では保存できる期間の違いはあるの?」

と、気になっている方も多いのではないでしょうか?

水は容器への保存方法、沸騰させた場合などの保存状況や、気温などの環境によっても腐り始めるまでの時間は異なるため注意が必要です!

ここでは、水の種類ごとに知っておきたい保存期間を詳しくご紹介していきます。

知っておきたい!4種類の水それぞれの保存期間

  1. 水道水:常温で3日・冷蔵庫内で10日以内
  2. ペットボトルの水:開封後1日・冷蔵庫保存は3日以内
  3. 製氷機の給水タンク内の水:一週間ほどで使い切る
  4. 沸騰させた水:すぐに使い切る

水道水:常温で3日・冷蔵庫内で10日以内

水道水はコップにそそいでから口をつけていない場合、直射日光の当たらない常温保存では3日、冷蔵庫内で保存したときは10日までであれば安全に飲むことができるといわれています。

水道水にふくまれる残留塩素は、日光や高い水温に弱く働きが3日ほどでなくなってしまうことと、飲みかけの水は空気にふれることで雑菌が入り込みやすくなりますので、なるべくその日中に飲みきったほうが安心ですね。

直射日光に当たった場合、気温の高い真夏などは1日ももたず腐敗することもあります。

浄水器を通した水道水は、塩素が除去されていることから雑菌が繁殖しやすい環境になることでさらに腐敗が早く進むので、くみ置きはせずにその日のうちに早めに飲み切りましょう!

ペットボトルの水:開封後1日・冷蔵庫保存は3日以内

開封後のペットボトルのミネラルウォーターは、常温であれば1日で飲みきったほうがいいでしょう。

口をつけたりストローをさして飲んだ場合や、コップにそそいだ時も水が空気と触れることなどから雑菌が入り込むので、放置するなど飲み切るまでの時間が長くなればなるほど菌が繁殖しやすくなります。

なお、冷蔵庫内で保管したときは3日ほどが飲み切る目安となるので、コップに入れて保管したときもなるべく早めに飲み切るようにしましょう!

製氷機の給水タンク内の水:一週間ほどで使い切る

冷蔵庫内で作られた氷は-18℃以下で保存されていることから、菌が活動できなくなるので基本的には腐ることはありません。

しかし製氷機の給水タンクに入れている水はタンク内が雑菌の温床となりやすいほか、食材のにおいも移りやすいので注意が必要です…!

水道水は冷蔵庫内で10日までが保存の目安になるので、製氷機の給水タンク内の水も10日までであれば腐ることはないでしょう。

週に一回は製氷機の給水タンク内の水を交換して、タンク内部もマメに掃除をするように習慣づけたいですね!

沸騰させた水:すぐに使い切る

水道水のカルキが気になるから、水は沸騰させて冷まして飲むという方もいるのではないでしょうか?

水道水は煮沸消毒することで不純物を取りのぞいたりカルキを飛ばすことができますが、水に含まれる残留塩素の働きがなくなることにも繋がりますので、かえって雑菌が繁殖しやすい環境を作ります。

赤ちゃんの湯冷ましなども作って置いていたものは使用せず、沸騰させた水はすぐに使い切るようにしましょう!

水を保存する際に知っておきたい3つの注意点

水 保存 時間 期間 常温

さまざまな災害への備えから、水を自宅などに保存しているご家庭も多いのではないでしょうか?

水も日ごろから備えてあれば、いざという時には飲み水以外にも生活用水として役立てることができるので安心ですよね。

ここでは、市販されている水の保存方法や水道水を保存するときに知っておきたい注意点なども紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

なお、災害用に保存する場合は災害時に必要な水の量は?備蓄・保存方法や1日あたりの必要量を解説の記事でも詳しくご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください!

水を保存するときはこの3点に注意!

  1. 市販されているミネラルウォーターは保管方法に注意!
  2. 沸騰させた水は塩素が飛び劣化しやすいため保存には向いていない!
  3. 水道水は清潔な容器で保存する必要がある!

市販されているミネラルウォーターは保管方法に注意!

市販されているミネラルウォーターは保存料を含まなければならないことが食品衛生法で定められているため、未開封のものは本来は5年ほどは腐らないようです。

しかし、容器となるペットボトルは5年間同じ品質を保つことができないため、市販のペットボトルのミネラルウォーターなどは1年くらいの賞味期限が設定されており、賞味期限はボトルのサイズによって変わります。

一般的に販売されているミネラルウォーターは500ml入りのペットボトルの賞味期限は1年ほどで、1~2L入りのペットボトルの賞味期限は2年くらいに設定されていることが多いですが、商品によって違うため買う前にチェックしておくと安心ですね。

また、空気を通す気体透過性という性質があることから、ペットボトル内に雑菌は入らないものの空気中の匂いがうつることで水の風味が落ちるので、保管するときは直射日光の当たらない涼しい場所かつ、香りの強い洗剤などの近くに置かないように気をつけましょう。

沸騰させた水は塩素が飛ぶため保存には向いていない!

水を沸騰させる煮沸消毒は、塩素が飛んでしまうことで残留塩素の働きも弱まり雑菌が繁殖しやすくなることから保存には適しません。

塩素消毒された水道水でも常温では3日ほど、冷蔵庫内でも10日までが保存の目安なので、塩素の抜けた水が保存に適した期間はさらに短くなるでしょう。

沸騰させた水はその日のうちに飲み切るようにして保存はしないように気を付けましょう!

水道水は清潔な容器で保存する必要がある!

水道水の中には残留塩素が含まれていますが、直射日光に当たったり水温が高くなると塩素の消毒効果が弱まるため、日光が当たらず気温の低い場所に保存すると安心です。

水の中に雑菌がなるべく入らないようにするために、ポリタンクやペットボトルなどの容器の口元一杯まで水を入れて密閉し、出来るかぎり空気に触れさせないことが大切です!

容器も、口をつけていない新しいものを使用すると雑菌の繁殖をおさえるので安心ですが、空のペットボトルの容器に水道水を入れるときは容器内に雑菌がついていることから特に腐敗しやすいため、保存方法としてはおすすめできません。

浄水器を通った水を入れる場合も浄水器によって塩素の働きが取り除かれていることで腐りやすくなるので、飲用としての保存はしないように気を付けましょう!

また、空のペットボトルに水を入れて持ち歩くときも早めに飲みきるようにして、保存期間を過ぎた水は掃除などの生活用水として役立てると便利ですよ。

塩素なし!美味しい水をお手軽に飲むならウォーターサーバーがおすすめ

水 ウォーターサーバー ミネラルウォーター

美味しくて安全な水が手軽に飲めることから最近人気上昇中のウォーターサーバーですが、ご家庭やオフィスにも置かれることが増えて目にする機会も増えましたよね。

ウォーターサーバーの水は塩素が含まれていないことから、美味しい水を水道から出す手軽さで飲める大きな魅力があります。

サーバー内の水の賞味期限やコップなどにそそいだ水の保存の可否についても詳しくみていきましょう!

ウォーターサーバー内は無菌の水に微生物が侵入しにくくなっている

ウォーターサーバー内は塩素や保存料が含まれていない無菌の水に微生物などが入らないような設計がされているのでサーバー内の水は腐りにくい状態です。

自動クリーン機能やUV除菌機能がついた機種があることからもサーバー内を清潔に保つ配慮がされていることが分かりますね。

なお、設置場所によっては冷水の温度が上がるので、ストーブや冷蔵庫の横などの暖かい場所ではなく直射日光の当たらない涼しいところに置くと、より安全に美味しい水を飲むことが出来るでしょう。

未開封のウォーターサーバーの水の賞味期限は数カ月~1年ほど

サーバーの水にも賞味期限があり、未開封の水は各メーカーで数カ月から1年位に設定されていることが多いようです。

ただ、一度でも開封すると空気に触れることで雑菌が入りやすくなり、水の劣化や腐敗の原因にもなりますので、開封後は長くても一カ月を超えないように飲み切ってしまいましょう!

賞味期限が切れたり劣化した水は、植物への水やりなどの生活用水として使用できるほかにも災害用の水嚢(すいのう)として活用することもできます。

ウォーターサーバーの賞味期限についてはウォーターサーバーの水に賞味期限はある?正しい保管方法を解説でも詳しく解説していますので、興味がある方はこちらもぜひ参考にしてみてください。

参考
ウォーターサーバー 賞味期限
ウォーターサーバーの水に賞味期限はある?正しい保管方法を解説

ウォーターサーバーの導入を検討するなら、水の賞味期限についてはよく考慮しなくてはいけませんよね。ここではどうして水に賞味期限が設けられているのか?賞味期限切れのウォーターサーバーの水の未開封と開封後の扱いの違いや備蓄についてまとめました。

続きを見る

開栓後は二週間ほどで飲み切ろう!

開栓後のウォーターサーバー内の水は一カ月以内に飲み切ることが安全に飲む目安になっていますが、水が空気に触れてしまうと菌が入りやすいことから、二週間ほどで飲み切るのがオススメです!

ウォーターサーバー内の水は塩素や保存料が含まれていない無菌の水であることからいつでも美味しい水を飲むことができますが、サーバーからそそいだ水には保存料などが含まれていないのでくみ置きはしないほうがいいでしょう。

サーバーからコップなどにそそいだ水は長時間放置せずに、早めに飲み切ったほうが美味しく安全に飲むことができます!

▼あわせて読みたい記事
≫おすすめウォーターサーバー比較ランキング!失敗しない選び方は?

水が腐るのはなぜ?腐るまでの時間や正しい保存方法を徹底解説まとめ

以上、今回は水が腐る理由や、美味しく安全に飲める保存方法・期間についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

水そのものは腐らなくても、水に含まれているたんぱく質が微生物のエサとなることで腐敗の原因となりますので、口をつけた水はなるべく早めに飲みきるようにして放置しないように気をつけたいですね!

また、浄水器を通した水や沸騰させた水、直射日光の当たるところに置いておいた水も塩素の働きが弱まることから保存には適さないので、冷暗所で適切に保存することを心がけましょう。

水道水もミネラルウォーターも、正しい保存方法と期間を守って美味しく安全に飲みましょう!

本記事の作成における参照元

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ai

料理と食べることが大好きな30代です。料理に使うと美味しい水や、ダイエットに効く水にも挑戦してみようと情報収集中です。調べていく中で得られた情報などを、この場で発信していければと思います!

-水に関するコラム
-

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.