ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーが原因で火事が起こる?対策や空焚きについて解説

投稿日:

ウォーターサーバー 火事

「ウォーターサーバーから火事が起こることってあるの?原因と対策を知っておきたい」

近年、ウォーターサーバーを導入するご家庭が増加しつつありますが、ウォーターサーバーは電化製品であるため火事が発生してしまうケースもゼロではありません

実際に毎年ほんの数件ではあるもののウォーターサーバーに関連する火災が起こっているため、安全に利用するためには火事を起こさない対策が必要です。

また、長期間ウォーターサーバーを使わない時や、ボトルが空になってしまった時には空焚きしないか心配な方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ウォーターサーバーが原因で発生する火災の原因を見ていきながら、火事や空焚きを起こさないための対策についてをご紹介していきます。

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーが出火元になる火災の主な原因はコンセントの扱い方
  • 対策はコンセントを正しく使い地震対策も取り入れること
  • 空焚きは防止機能が付いている機種がほとんどなので心配はいらない

ウォーターサーバーが出火元になる!火事が起きる4つの原因

ウォーターサーバー 火事 原因

過去に起きたウォーターサーバーが出火元になった火事の事例を見てみると、製品の不具合が原因なことは非常にまれです。

過去にはウォーターサーバー内部の基盤の不具合が原因で火災が起きたことはありましたが、まれに起こる火災のほとんどの原因は電源ケーブルやプラグそれにコンセントを適切に管理していなかったことです。

ウォーターサーバーを安全に管理するには火災の原因を知ることが大切なので、まずはコンセントをどのように使うと火災の危険が大きくなるのか、主な原因を4つ見ていきましょう。

ウォーターサーバーで火事が起きる4つの原因

  1. トラッキング現象
  2. グロー現象
  3. 漏電
  4. 過電流現象

原因①|トラッキング現象

ウォーターサーバーから火災が発生する原因であるトラッキング現象は、プラグを長い間コンセントに挿しっぱなしにしていることで起こる現象です。

プラグを挿したままにしているとコンセントとの隙間に埃が溜まっていきますが、そこに湿気が加わるとプラグの刃の間で放電が起こります。

放電している状態で長い間放置するとやがて発火につながり、例え電化製品の電源を切っておいてもプラグを挿しているだけで起こる厄介な現象と言えるでしょう。

ウォーターサーバーは一度設置したらコンセントを繋いだまま動かさないことが多いですし、水を扱うものなので湿気も与えやすいです。

また、キッチンに置く方が多いこともあり、トラッキング現象が起きやすい条件が揃っているといえるので十分に注意してください。

原因②|グロー現象

2つ目の原因はグロー現象ですが、これはコンセントにプラグを浅く差し込んだり、差し込みが緩くなることで起こる現象です。

コンセントにしっかりプラグがささっていないと、電流が流れたり流れなかったりを繰り返すため次第に接続部分が異常な熱を持つようになり、その熱から火事を引き起こすことがあります。

グロー現象が起こり始めるとプラグが熱を帯びるため触れるとわかりますが、コンセントが家具の後ろにある場合などはプラグの状態を確認しづらいので注意してください。

原因③|漏電

ウォーターサーバーなど電化製品の漏電は感電の危険がまず頭に浮かびますが、同時に家事を引き起こす要因にもなります。

電源ケーブルは絶縁されているため適切に管理しておけば漏電しませんが、ケーブルが破損するとそこから電気が漏れ出す危険があります。

そして漏電を起こした部分が熱くなったり、電流から飛び出た火花が燃えやすいものやガスに引火したりすることで火災につながります。

電源ケーブルは滅多なことでは破損しませんが、ネズミが噛んだり家具に押しつぶされることで壊れることがあるので、十分注意しましょう。

原因④|過電流現象

過電流現象はコンセントや電線に許容量以上の電流が流れることで発生し、コンセントやケーブルが異常に熱を帯びるため最悪の場合は火災に繋がってしまいます。

ウォーターサーバーを直接コンセントに繋いで使っている場合は過電流現象は起きませんが、タコ足配線でコンセントに繋いでいると過電流現象が起きる可能性が高まり危険です。

ウォーターサーバーは消費電力が決して少なくないため、特に他の消費電力が高い家電とタコ足配線すると過電流現象を起こしやすくなります。

リビングでテレビ、キッチンで冷蔵庫や食洗器それに電子レンジなどとタコ足配線している場合は特に危険です。

ウォーターサーバーによる火事・火災を防ぐ7つの対策

ウォーターサーバー 火事 対策

ウォーターサーバーによる火事の原因を見ていくと、日ごろのちょっとした点検や掃除で防げるものも多いです。

ウォーターサーバーを安全に管理することは自分や家族を守ることにも繋がるため、ウォーターサーバーでの火災を防ぐためにできる対策をしっかり確認しておきましょう。

プラグの管理はもちろん、安全な設置方法やとっさの地震への備えも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ウォーターサーバーによる火事を防ぐ対策

  1. こまめな掃除でトラッキング現象を防ぐ
  2. コンセントをしっかり差し込みグロー現象回避
  3. アース線をつけて漏電対策
  4. タコ足を使わず過電流現象を防ぐ
  5. 高温多湿な場所は避けて設置する
  6. サーバーの設置の仕方に注意する
  7. 地震感知でブレーカーを落とす装置を設置する

対策①|こまめな掃除でトラッキング現象を防ぐ

トラッキング現象への対策として、プラグに埃が溜まらないようこまめに掃除しておくのが一番です。プラグの掃除は忘れがちになるので、掃除をする周期やスケジュールをあらかじめ決めておくのもいいでしょう。

また、トラッキング現象は埃とともに湿気も重要な要因となるため、コンセントやプラグにウォーターサーバーの水がかかったり、濡れた手でプラグを触ったりするのは避けるようにしたいです。

コンセントが家電や家具の裏側にあり、こまめに掃除するのが難しい場合はトラッキング現象を防ぐブレトラックコンセントを利用するという方法もあります。

ブレトラックコンセントは、トレッキング現象が起これば自動的に電流を遮断してくれるため、火事につながりにくいというメリットがあります。

▼あわせて読みたい記事

参考
ウォーターサーバー 掃除 衛生的 メンテナンス
ウォーターサーバーの掃除方法4選!自宅で衛生的に使う方法を解説

この記事では、ウォーターサーバーの正しい掃除方法について解説しています。アルコールやブラシを使ったお手軽な掃除方法から、めんどくさいお手入れの頻度を減らすポイントまでご紹介していますので、自宅にウォーターサーバーがある方は必見です。

続きを見る

対策②|コンセントをしっかり差し込みグロー現象回避

グロー現象を回避するためには、ウォーターサーバーのプラグをコンセントにしっかり差し込んだり、緩くなったコンセントは使わないようにしましょう。

コードに足を引っかけた拍子にコンセントが抜けかけて気づかないこともあるかもしれませんが、ウォーターサーバーの電源が入ったり入らなかったりする場合はプラグがきちんと刺さっていない可能性が高いので確認するようにしてください。

また、定期的にプラグを触り異常な熱を帯びていないかどうか確認したり、ウォーターサーバーの電源ケーブルを他のケーブルを束ねたり近づけたりしないことも大切です。

対策③|アース線をつけて漏電対策

ウォーターサーバーの機種にはアース線が付いているものが多いですが、漏電した時の感電や火災を防ぐうえでこのアース線は非常に重要です。

アース線とはプラグの近くに緑色の線で繋がっている小さな金属製の部品のことで、冷蔵庫や洗濯機など水回りで使う家電には必ずついています。

アース線を繋いでおくと漏電した電気を地下に流してくれるため、人や物への被害を抑えることができるのはもちろん落雷対策にもなります。

アース線はコンセントにあるアース差込口に繋ぎますが、中にはアースの接続口がないコンセントもあるので、その場合は工事をして取り換えてもらう必要があります。

対策④|タコ足を使わず過電流現象を防ぐ

一般的なコンセントの許容量は差込口1つ辺り15A、1500Wとなっているため、タコ足配線でこれ以上の電流量が流れると容量オーバーになります。

ウォーターサーバーだけでこの許容量を超えることはまずありませんが、タコ足配線をすると簡単に超えてしまいます。

最近では色々なメディアでタコ足配線の危険性が取り上げられていますが、過電流現象からの火事を起こさないためにはタコ足配線をしないことが一番です。

また、ウォーターサーバーの説明書を見ると、タコ足配線はもちろん延長コードの使用も禁止事項になっているので、できるだけタコ足配線は避けるようにしてくださいね。

対策⑤|高温多湿な場所は避けて設置する

ウォーターサーバーによる火事を防ぐには置き場所も大切となっており、高温多湿な場所は避けるようにしたいです。

お風呂場の近くなど湿気の多い場所はトラッキング現象を誘発する恐れがありますし、高温な場所はウォーターサーバーの本体から上手く放熱できないため不具合が起きる可能性があります。

特に避けた方がよい場所にはストーブや電子レンジなどの放熱する家電の近く、さらに直射日光が当たる場所があります。

ウォーターサーバーの置き場所に関しては、ウォーターサーバーの置き場所はどこがおすすめ?注意点や設置事例でもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

参考
ウォーターサーバー 置き場所
ウォーターサーバーの置き場所はどこがおすすめ?注意点や設置事例

この記事では、ウォーターサーバーのおすすめの置き場所について詳しく解説しています。寝室やリビングへの設置事例についてやサーバーを設置する際の注意点、一人暮らしで置き場所がない方におすすめなウォーターサーバーや風水についてもご紹介しています。

続きを見る

対策⑥|サーバーの設置の仕方に注意する

さらにウォーターサーバーの設置方法にも注意が必要で、まずウォーターサーバーに熱がこもらないように周辺の家具や家電さらに壁などから1cm以上離して設置するようにしてください。

特に背面は熱がこもりやすいため壁にくっつけてしまうのは避けたいですし、プラグに水がかかるのを避けるためできればコンセントから適度に離れたところに設置しましょう。

転倒防止の観点から平らな場所におくのが基本ですが、平らであってもカーペットや畳の上さらにブロックの上などは安定感が足りないので避けましょう。

対策⑦|地震感知でブレーカーを落とす装置を設置する

地震など非常時の火事発生リスクは避けられないように思われますが、これも揺れを感知したら電気を遮断する感振ブレーカーを設置することでリスクを減らすことが可能です。

地震によってウォーターサーバーが転倒し、電気ケーブルが破損したところに水がかかると非常に危険ですが、ブレーカーが自動で切れると被害を抑えることができるでしょう。

掃除や設置場所の調整などの対策だけでなく、非常事態での火災発生リスクを考えておくことも非常に重要です。

ウォーターサーバーの空焚きは心配無用!長期放置時の注意点

ウォーターサーバー 火事 空焚き

ウォーターサーバーはすぐにお湯が出せるよう温水タンクが内蔵されていますが、「ボトルの水がなくなると空焚きが起き、火事につながるのでは?」と考える方もいるでしょう。

しかし、日本宅配水&サーバー協会がウォーターサーバーの要件に空焚き防止機能をあげていることもあり、現在市場にあるウォーターサーバーは基本的には空焚きが起きない設計になっています。

空焚きとは別に、長期間サーバーを使用しない時や長期外出中の電源の取り扱いには注意が必要なので。以下で説明していきます。

長期放置時の2つの注意点

  1. 長期外出中でもサーバーの電源は切る必要なし
  2. 新しいボトルが無ければ空ボトルを設置しておこう

注意点①|長期外出中でもサーバーの電源は切る必要なし

火事防止や電気代の節約のため、こまめに電源を切った方がいいのではと思うかもしれませんが、1週間から2週間の外出の場合はサーバーの電気を切らない方がいいでしょう。

理由としては、電源を完全に切ってしまうとウォーターサーバーの水や内部を清潔に保つ機能が働かなくなるため、雑菌が繁殖してしまう可能性があるからです。

それでも外出中の電気代が気になる場合は、エコモードなどに切り替えるようにしてください。

サーバーの電源を抜くなら水抜きも必要

とはいうものの、ウォーターサーバーを2週間以上使わない場合は電源を切っておいた方がよいですが、その場合ボトルの中や内部のタンクにある水の賞味期限を過ぎてしまう可能性が高いです。

電源を切ったうえに水の賞味期限が切れるとタンク内が清潔に保てないので、ウォーターサーバーの水抜きが必要になります。

水が入ったボトルを取り外したうえでサーバー内の水もすべて出すことになりますが、水抜きの方法は機種によって違うので説明書をご覧ください。

1ヶ月以上使わない場合は再度使い始める際にメンテナンスが必要な場合があるので、カスタマーサービス等で確認しておきましょう。

注意点②|新しいボトルが無ければ空ボトルを設置しておこう

新しいボトルが届く前に水が空になってしまった場合は、空のボトルをつけたままにしておきましょう。

というのも、ボトルを取り外してしまうとウォーターサーバーの内部に埃などが入り、衛生面で問題が出る可能性があるからです。

ボトルに水がなくなってもタンクの中には水が入っていますし、タンクの水は全て出せないようになっているため空焚きにはなりません。

できるだけ早く交換するのがベストですが、無理に焦る必要はないので次のボトルが届き次第交換するようにしてください。

ウォーターサーバーが原因で火事が起こる?対策や空焚きまとめ

年間数件ではあるもののウォーターサーバーによる火災は実際に起こっているため、火事を起こさないためには特にコンセントの管理には気を付けておきたいです。

また、高温多湿の場所は避けるなど設置場所にも気を配り、地震対策もしておくことでさらに安全性を高めることができます。

ウォーターサーバーの火事の原因で空焚きを心配するかもしれませんが、例えボトルが空になったとしても空焚きを防止する機能が付いているため心配いりません。

長期間外出する際も基本的に電源をつけたままにしておいて問題ありませんが、外出が2週間を超える場合は水抜きしたうえで電源を切るようにしておきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NAKA

水をこよなく愛する20代。1日にたくさんの水を飲んでいます。 どんなウォーターサーバーを選んだらいいか分からない方のために、分かりやすく丁寧な情報発信をすることを心掛けています。

-ウォーターサーバーのコラム

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.