ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーの天然水で氷を作るのはダメ?危険性を詳しく解説

投稿日:

ウォーターサーバーの水で氷を作りたいけど、危険って本当?
ウォーターサーバーの水で氷を作るのはダメ?

ウォーターサーバーの水を使って氷を作っても良いの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、ウォーターサーバーの水を製氷皿に入れて氷を作ることは特に問題ないのですが、その作り方には注意が必要です。

今回は、ウォーターサーバーの水を利用した氷作りの注意点や、氷を作る時のコツなどを詳しく解説してききます。

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーの水を製氷機で使う時はマメに掃除しよう
  • ウォーターサーバーの水で氷を作るときは製氷皿で作ると衛生的
  • 冷凍庫の温度調整などを行うとウォーターサーバーの水から純氷が作れる

ウォーターサーバーの天然水で氷を作るのはダメ?

自動製氷機で氷を作るのはNG

製氷機A

最近では飲み水の安全性に配慮したり、家庭でも美味しい天然水が飲みたいといった理由からウォーターサーバーを導入する家庭が増えつつあります。

どうせ飲み水にウォーターサーバーの水を利用するなら、その飲み物に入れる氷もウォーターサーバーの水で作りたいと考える方もきっと少なくはないでしょう。

実際のところ、ウォーターサーバーの水を利用して氷を作ることは可能ですが、その際には自動製氷機の使用は控えるべきだと考えられています。

なぜウォーターサーバーの水は製氷機に入れてはダメなのでしょうか?その理由について詳しく解説していきます。

製氷機にウォーターサーバーの水を入れてはいけない3つの危険性

  1. 製氷機は水道水の使用を前提としている
  2. 硬水はフィルターの目詰まりを起こす可能性がある
  3. 水に雑菌が繁殖して臭いの原因になる

危険性①|製氷機は水道水の使用を前提としている

実は、自動製氷機はそもそも水道水を使用が前提として作られており、水道水以外の水を使用した場合に衛生状態を管理出来ない構造となっています。

水道水には塩素が含まれているため、塩素の持つ消毒作用によって雑菌が繫殖しにくくなり、さらに製氷機内を清潔に保つことができます。

一方で、ウォーターサーバーの水は塩素消毒されていないため、給水時に空気に触れることを切っ掛けとして製氷機内に雑菌が繁殖する危険性があります。

雑菌の繁殖を防ぎ、安心・安全で美味しい氷を作るためにも、ウォーターサーバーの水は製氷機に入れるべきではないといえます。

危険性②|硬水はフィルターの目詰まりを起こす可能性がある

ウォーターサーバーの水が硬水の場合は、製氷機に入れたときにフィルターが目詰まりを起こす可能性があります。

ミネラルをたっぷり含んだ硬水のミネラルウォーターを加熱した際などに、白いかたまりのようなものが浮遊しているのを見たことはありませんか?

この白い浮遊物はミネラル成分であるカルシウムやマグネシウムが結晶化したもので、健康上の問題はないので安心して飲むことができますが、製氷機に入れた場合にはフィルターの目詰まりや製氷機が故障する原因になってしまいます。

製氷機の故障や冷蔵庫の不具合を防ぐためにも、ミネラルを多く含んでいる水は製氷機で使用しないようにしてください。

危険性③|水に雑菌が繁殖して臭いの原因になる

ウォーターサーバーの水を製氷機に入れると、水や機械自体に雑菌が繁殖してしまい臭いの原因となる可能性があります。

先に解説したように、水道水には雑菌の繁殖を防ぐ塩素が含まれていますが、ウォーターサーバーの水には塩素が含まれていません。

すぐに飲む場合ウォーターサーバーの水は衛生面で一切問題ない安心・安全な水ですが、製氷機に入れた場合などは雑菌が繁殖しやすく、臭いやカビ・ヌメリの原因となることが予想されます。

衛生的な状態を保つためにもこまめに製氷機の掃除を行うのはもちろん、雑菌の繁殖しやすいウォーターサーバーの水などは使用しないようにしましょう。

▼あわせて読みたい記事

水 腐る なぜ 時間
水が腐るとどうなる?保存方法や期間、腐った水の特徴を徹底解説

この記事では、水が腐るのはなぜなのか?について詳しくご紹介しています。腐った水はどんな味・におい?また、常温の水道水や開封後のペットボトルのミネラルウォーターが腐るまでの時間・期間は?沸騰した水は消毒されていないの?といった疑問も徹底解説!

続きを見る

どうしてもウォーターサーバーの水で氷を作る場合の注意点

製氷機B

ウォーターサーバーの水を利用して製氷機で氷を作る危険性について詳しく解説してきました。

それでも「美味しいウォーターサーバーの水で氷が作りたい」「安全に利用できる方法はないの?」と思っていらっしゃる方もきっと少なくはないでしょう。

実際のところ、ウォーターサーバーの水を製氷機に入れて氷を作ることも、条件が揃えば不可能ではありません

ここでは、製氷機を利用してウォーターサーバーの水から氷を作る場合の注意点をお伝えしますので、「どうしてもウォーターサーバーの水を製氷機に入れて氷を作りたい!」という方は、ぜひ参考にしてください。

ウォーターサーバーの水で氷を作る方法

  1. 硬度100mg/L以下の軟水を使用する
  2. 3日毎に冷蔵庫の製氷機を清掃する

注意点①|硬度100mg/L以下の軟水を使用する

ウォーターサーバーの水で製氷機の氷を作る場合には、硬度100mg/L以下の軟水のミネラルウォーターを選びましょう。

硬度100mg/L以下の軟水はミネラルの結晶化が起きにくいため、長期間利用によってフィルターの目詰まりが起き、製氷機が故障するリスクを減らすことができます。

しかし、冷蔵庫の製品によってはミネラルウォーターなどの水道水以外の水を製氷機内に入れることを推奨していない場合があります。

利用前には冷蔵庫の取扱説明書をよく読み、利用することが可能であるのかを確認した上で、ウォーターサーバーの水が軟水であれば、あくまでも自己責任ですが使用しても良いでしょう。

【最新版】ウォーターサーバー7社のミネラルや硬度を徹底比較!

本記事では、ウォーターサーバー各社が提供する水のミネラルや硬度を比較表を用いて詳しく解説しています。ミネラル豊富な天然水・ミネラルウォーターや安全性の高いRO水などの水の特徴を解説し、水質別におすすめのウォーターサーバーもご紹介します。

続きを見る

注意点②|3日毎に冷蔵庫の製氷機を清掃する

塩素が入っていないウォーターサーバーの水を製氷機に入れると、雑菌が繁殖して製氷機内の衛生面に問題が生じるおそれがあります。

そこで、製氷機内を衛生的に保ち、安心・安全な氷を作るためにも3日ごとに冷蔵庫の製氷機を掃除しましょう。

製氷機を洗浄する際には専用の製氷機洗浄剤を利用すると、簡単に製氷機内の汚れや雑菌を除去できるので安心・安全で清潔な状態を保つことができます。

「製氷機を頻繁に手洗いするのは大変…」と感じている方は、製氷機洗浄剤を上手く利用しましょう。

製氷機洗浄剤の使い方

製氷機洗浄剤の使用方法はとても簡単で、製氷機内に水と洗浄剤を入れるだけで完了です。

洗浄剤を入れた後はしばらく着色された氷ができますが、しばらく製氷を重ねて元通りの透明な氷が出るまで待てば洗浄完了です。

最後は軽く給水タンク内を水洗いすれば、汚れの無い状態までリセットできますし、カビや臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐことに繋がります。

ウォーターサーバーのカビの原因や対策7選!飲んだらどうなる?

本記事では、ウォーターサーバーのピンク汚れの正体は「ピンクカビ」であることや、ピンクカビの発生原因や掃除で除去する方法を解説。また、ピンクカビを発生させないための予防法や、万が一飲んだ場合の健康被害などについて解説しています。

続きを見る

ウォーターサーバーの水で安全に氷を作る方法

製氷皿

ここまでウォーターサーバーの水で製氷する危険性や、安全に製氷する方法などを解説してきましたが、おそらく「冷蔵庫の製氷機を利用するのは不安」「もっと気軽に氷作りを楽しみたい」という方もいらっしゃることでしょう。

ここでは、ウォーターサーバーの水を利用して製氷できるおすすめの方法について詳しく解説します。

製氷機はメンテナンスが大変そうと諦めていた方でもすぐに出来る簡単な方法をご紹介するので、ぜひ実践してみてくださいね。

衛生的な製氷皿がおすすめ

ウォーターサーバーの水で氷を作るのに最適な方法としては「製氷皿を利用する」ことが挙げられます。

製氷皿は使用するたびにさっと洗うことができるため、製氷機のような衛生面の不安もなく、故障といった心配もありません

美味しい氷が手軽に作れることから非常におすすめできる方法なのですが、水道水ではなくウォーターサーバーの水を利用して氷を作るため、できた氷の保存には注意が必要です。

作った氷を3日以内に消費する

製氷皿は使用するたびに洗うことで清潔な状態を保てますが、作った氷は冷凍庫内で長期保管すると雑菌繁殖の原因となります。

雑菌が繁殖してしまった氷は、臭いがしたり味が落ちてしまうので製氷してから3日以内を目安に消費しましょう。

長期保管をした氷は衛生面を考えて廃棄するなど、もしも消費し切れなかった場合の対処法も考えておくといいですね。

ウォーターサーバーの水で氷を作るのにおすすめの製氷皿2選

製氷皿を利用した氷作りは、衛生管理がしやすいことだけでなく、用途に合わせて量やサイズ・形を調整できることが魅力です。

キューブ型の氷はグラスやタンブラーにたっぷりといれることができ、どこか涼し気な「夏」の印象があります。

きれいな丸形の氷は溶けにくく、風味を楽しむお酒をゆったりと楽しむことが可能です。

四角と丸形、用途に応じてそれぞれ作り分けることができるおすすめの製氷皿を2つご紹介していきます。

Ankway 製氷皿(丸形・角型)

※タップすると画像が拡大します。

Ankwayは、少量ずつ氷を作りたいときに便利な丸型・角型のシリコン製の製氷皿です。

シリコン製の本体は食洗機も使用可能で、氷を取り出すときは軽く押し出すだけで簡単に氷が取り出せるのでジュースやスープ、離乳食などマルチに活躍できるでしょう。

氷以外にも活用したい、少量の氷が簡単に作れる製氷皿が欲しい、丸型の氷を作りたいという方におすすめの製氷皿だといえますね。

≫Ankway製氷皿(丸形)をAmazonで見る

≫Ankway製氷皿(四角形)をAmazonで見る

VSTYLE 製氷皿(丸形)

VSTYLE

VSTYLEの丸型製氷皿は超大の直径5.5cm丸型氷を作ることができます。

ロックグラスに合う大型の丸型氷で、グラスに入れて冷たいお酒をゆっくり楽しみたい方に特におすすめです。

巨大氷はなかなか溶けないため、冷たさが長持ちして暑い夏の日にも重宝します。

丸型がかわいらしく、パーティーなど非日常的なシーンでも利用できるので、簡単にお酒やジュースに入れる丸型の大型氷を作りたい方におすすめの製氷皿だといえます。

≫VSTYLE製氷皿(丸形)をAmazonで見る

ウォーターサーバーの水で美味しい純氷を作る方法

純氷

自宅で作る氷は中心部が白く濁っていることが多いですが、コンビ二やスーパーで購入した氷は透明で美しく美味しい氷ですよね。

購入した純氷に比べると自宅の氷はなんだか味も見た目もイマイチで、透き通って綺麗な氷を自宅でも作れたら、きっと冷たい飲み物がもっと美味しくなるかも…と思っている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、まるで購入した純氷のように透明で綺麗な氷を自宅で作る方法を解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

透き通った氷を自宅で作る方法

  1. 不純物の少ないウォーターサーバーの水を使う
  2. 冷凍庫の温度を上げてゆっくりと凍らせる
  3. 外側が2/3程度凍ったら氷の中の水を入れ替える

不純物の少ないウォーターサーバーの水を使う

自宅で純氷を作ると聞くと大層な道具が必要なのではないかと身構えてしまうかもしれませんが、水と製氷皿以外に特別なものは必要ありません

大切なのは氷作りに使用する水の種類であり、純氷を作るためには不純物の少ないウォーターサーバーの水などを使うようにしましょう。

家で作る氷が白くなってしまう原因は、水に不純物や空気が入り込み、凍っていく過程で不純物が中心に集まりそのままの状態で氷になるからです。

不純物で氷の見た目が損なわれてしまわないように、不純物の少ないミネラルウォーターやRO水などで製氷するのがおすすめです。

天然水 RO水 メリット デメリット
RO水と天然水はどっちがいい?違いやメリット・デメリットを徹底比較

この記事ではウォーターサーバーでも人気があり、赤ちゃんのミルクに使えると話題のRO水と私たちの身近にある天然水を比較し、その違いやメリット・デメリットについて徹底解説!RO水と天然水って何に使えてどっちがいいの?という疑問も解決します。

続きを見る

ただし、不純物が少ないということはそれだけ雑菌が繁殖しやすいということなので、清潔な製氷機ですぐに消費することは心がけて下さい。

手順②|冷凍庫の温度を上げてゆっくりと凍らせる

純氷を作るためには、凍らせる水の種類だけでなく温度にも注意が必要であり、短時間で急速に凍らせると氷の中に空気が入り、その部分が不純物として白く残ってしまいます。

そこで冷凍庫の温度を上げゆっくりと凍らせてやると、凍っている最中に空気が抜け空気の入らない透明な氷になります。

ゆっくりと凍らせるために冷凍庫の温度を上げるのがおすすめですが、冷凍庫に食品などが入っている場合などには温度を下げることが難しいですよね。

その場合、製氷皿をタオルで包んで急速に冷えないようにしたり、製氷皿の下に割り箸を置くなどして空気が抜ける隙間を作るのがおすすめです。

手順③|外側が2/3程度凍ったら氷の中の水を入れ替える

氷は外側から内側に向けて徐々に固まっていく性質があるため、水の中の不純物は徐々に中心に集められそこで凍ってしまいます。

この中心部分に残った不純物が白く濁る原因であるため、外側が2/3ほど凍ったらまだ凍っていない部分の水を捨て、水を入れ替えてください。

少し手間がかかる作業ですが、このひと手間によって美しく美味しい純氷が自宅でも楽しめますので、ひとつひとつの手順を守ってお家での純氷作りに挑戦してみましょう。

ウォーターサーバーの水で氷を作る際によくある質問

質問

ここまでウォーターサーバーの水を利用した氷作りについて、その危険性や安全に氷を作るための方法・手順などを解説してきました。

ウォーターサーバーの水で氷を作る上で衛生問題などいくつかの条件があり、それらを解決することができれば、美味しい天然水を利用した透き通った美しい氷を家庭で味わえることが分かりましたが、いくつかの点を疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、ウォーターサーバーの水を利用して氷を作る方法や、作った氷に関する質問をいくつか取り上げて解説していきます。

ウォーターサーバーの氷に関するよくある質問

  1. ウォーターサーバーの水で作った氷は屋外で利用できますか?
  2. 氷ができるウォーターサーバーはありますか?

ウォーターサーバーの水で作った氷は屋外で利用できますか?

ウォーターサーバーの水で作った氷を水筒に入れて持ち運んだり、パーティーやバーベキューなどに持っていくことは、保管方法に気を付ければ可能です。

水道水で作った氷や市販の氷とは違って、ウォーターサーバーの水などで作った氷は衛生状態の管理が難しく、融けてしまった場合は急激に傷んでしまう可能性もあります。

雑菌が繁殖して臭いがしたり、味が変わったりする可能性があるため、氷が融けた状態で置きっぱなしにしておくことは絶対に避けるようにしましょう。

屋外などに氷をもっていく場合には、保冷機能付きの水筒に入れて冷たい飲み物を楽しんだり、クーラーボックスに入れて使用するタイミングで取り出すのがおすすめです。

保冷機能付きの水筒やクーラーボックスを利用すると氷が解けにくく冷たい状態を保つことができるので、衛生面はもちろん美味しい状態もキープすることができるでしょう。

氷ができるウォーターサーバーはありますか?

わざわざ作るのは大変だから、氷ができるウォーターサーバーがあったら便利なのに…と思う方もきっといらっしゃるでしょう。

実は氷ができるウォーターサーバーも販売はされているのですが、基本的に業務用のものであり、一般家庭向けのものは販売されていません

もし販売されていたとしても、サーバーのサイズが大きかったり値段が非常に高額であったりと、自宅で利用することは不可能と言っても良いでしょう。

ウォーターサーバーの水で氷を作るのはダメ?危険性まとめ

今回は、「ウォーターサーバーの水で氷を作るのはダメなの?」とお悩みの方に、ウォーターサーバーの水を利用した氷作りの注意点や、具体的な方法について詳しく解説しました。

ウォーターサーバーの水を利用して氷を作る場合には、製氷機ではなく製氷皿を利用して氷を作るのがおすすめです。

冷蔵庫の製品によっては製氷機を利用することも可能ですが、注意事項を守ってあくまでも自己責任で利用するようにしましょう。

ウォーターサーバーの水を使ってご自宅で純氷を作ることもできますので、より美味しい氷を作りたい方はぜひ挑戦してみてください。

【期間限定】新規申込の方
デジタル商品券が当たる!
新規申込キャンペーン実施中!

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.