ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーの維持費や世帯別の費用!金持ちの贅沢品?

更新日:

「ウォーターサーバーの利用したいけど維持費は?
「ウォーターサーバーは金持ちの贅沢品?」

ウォーターサーバーは一昔前までは「贅沢品」「お金持ちだけが使っているもの」というイメージでした。

今回はそんなウォーターサーバーの維持費や世帯別の費用の目安を紹介して、本当にお金持ちだけの贅沢品なのか、どれくらいの収入があれば不自由なく使えるのかを紹介していきます。

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーは決して「手の届かない贅沢」ではない
  • ランニングコストを抑えながら一人暮らしでも負担なく使える
  • ウォーターサーバーの導入は時間の節約にもつながる

ウォーターサーバーの維持費(ランニングコスト)は?

ランニングコスト

結論:ウォーターサーバーの維持費は1ヶ月5,000円が目安

結論から言ってしまうと、ウォーターサーバーの維持費は1ヶ月約5,000円を一つの目安にして下さい。

これは水代や電気代、レンタル代といった全てのランニングコストを合算した維持費です。

もちろんウォーターサーバーの維持費は利用している機種や、世帯人数によって勿論変わってくるので、全く異なる料金になる方もいますが一つの基準としてこれぐらい維持費がかかると思って下さい。

一人暮らしや二人暮らしであったり、基本料金が安いメーカーであればこれより安くなりますし、逆に4人、5人家族でウォーターサーバーを使うのであれば維持費は5,000円よりも高くなるでしょう。

毎月かかる維持費(ランニングコスト)の内訳

維持費の内訳

  1. 水代:1,250円~4,000円
  2. サーバーレンタル代:無料~2,200円
  3. サーバーの電気代:300円~1,500円
  4. あんしんサポート料:無料~2,200円
  5. 水の配送料:無料~550円
  6. メンテナンス費用:無料~2,200円

ウォーターサーバーのランニングコストは、水代・サーバーレンタル代・電気代・サポート料・配送料・メンテンナンス費用等で構成されています。

まず水代は1,200円~4,000円程度が相場で、水の種類やメーカーによってかなり幅があるでしょう。

メーカーによっては水の注文ノルマが決められていることも多いのですが、配送キャンセルを活用することで1ヶ月にかかる水代を抑えることも可能です。

サーバーのレンタル料金はおよそ0~2,000円程度となっており、こちらは最新機種や高性能モデルであるほど高いです。

電気代は製品に省エネ機能が搭載されているかで大きく異なり、300円~1,500円とかなりの差が出ますので、電気代を抑えたい方は省エネモード搭載のウォーターサーバーを探す事をおすすめします。

サポート料や配送料は無料のメーカーも多い

サポート料や配送料、メンテナンス料は無料な場合が多いですが、メーカーによっては有料となりますので契約前にしっかり確認しておくと良いでしょう。

さらにくわしく月額費用について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ウォーターサーバーの値段や初期費用、世帯別の月額目安を徹底比較

この記事ではウォーターサーバーにかかる平均的な値段を、月額料金の内訳とともに解説します。さらに、一人暮らしや大家族など世帯人数に合わせたコスパのよいおすすめサーバーもご紹介します。ウォーターサーバーの相場が気になる方はぜひご覧ください。

続きを見る

ウォーターサーバーの維持費(ランニングコスト)を抑える方法

契約前に費用の目安を確認しておく

ウォーターサーバーのランニングコストを抑えるためには、契約前にその機種の費用の合計をしっかり確認しておくのが重要です。

例えばサーバーレンタル代や水代が安くても、実は高額なサポート料や電気代がかかって総額で見ると安くないことも多いです。

そのため、個別の料金をみるのではなく初期費用も含めて総合的なコストで判断していくのが、維持費を抑える上で重要でしょう。

ベースの水代が安いサーバーを選ぶ

ただ一番料金に直結するのは水代なので、とりあえず水代が安いウォーターサーバーを探しておけば、維持費が安くなりやすいです。

特にRO水が飲めるウォーターサーバーであれば、天然水サーバーに比べて年間コストを万単位で下げることができるので検討してみることをおすすめします。

例えばRO水は12Lで1,300円ほどのメーカーが多いのに対し、天然水は12Lで2,200円くらいのメーカーが多いので、どちらを選ぶかで年間の維持費はかなり変わってくるでしょう。

とにかく安いウォーターサーバーをお探しの方は、以下の記事で解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

月額料金 安い ウォーターサーバー 料金体系
【最新版】人気の安い・格安ウォーターサーバーランキング10選!コスパも最高!

この記事では、人気のウォーターサーバーをランキングで比較して紹介しています。ノルマなし、水道水浄水で飲み放題、赤ちゃんも飲める天然水、一人暮らしにおすすめなど、ニーズ別でも解説。本当に料金が安いのかコスパが悪いのかを知りたい方は必見です!

続きを見る

水の使用量や用途をある程度制限する

ウォーターサーバーの維持費を抑えるためには、水の使用量や用途を制限、調整するのも大切です。

先に述べた通りウォーターサーバーの維持費は水代による所が大きいため、水の消費量に応じて維持費が大きく変わってきます。

例えば水を24Lほど消費する家庭であれば月々の水代は3,000円~4,000円ほどですが、5人家族などで72L消費する家庭だと、1万円近い水代がかかるので維持費もかなり高額になります。

そのため、ウォーターサーバーの水は飲水だけに使うようにして、大量に消費する料理には使わないようにするなど、ある程度の制限をすることで、無駄な消費を抑えて維持費を安くできるでしょう。

サーバーレンタル代が無料の機種を選ぶ

ウォーターサーバーのレンタル料が無料の機種を選ぶことでも、月々の維持費を大きく抑えることができます。

水代の次に維持費として重く乗っかってくることが多いのが、サーバーのレンタル代です。

基本的に最新機種や高性能モデルほど高額なレンタル代が発生し、月々で2,200円ほどのコストがかかってくることもあります、

レンタルが無料の機種であれば、単純計算で年間で2,200円×12ヶ月=26,400円の維持費を抑えられます。

レンタル無料の機種だからといって故障が多かったり、衛生面に問題があるということはなく普通に使えるので、ランニングコストを抑えたい方にはおすすめです。

ウォーターサーバー 無料 からくり 罠
無料ウォーターサーバーのからくりや罠を解説!おすすめサーバー6選も

ウォーターサーバーのレンタル代がなぜ無料なのか、そのからくりや罠になりやすいポイントについて解説しました。レンタル代や水代以外に料金が発生する仕組みについて解説しつつ、記事の後半では料金プランがシンプルなおすすめのサーバーを紹介しています。

続きを見る

ウォーターサーバーの世帯人数別の維持費目安

ここからはウォーターサーバーの世帯人数別の、毎月の費用目安を紹介していきます。

なお維持費の計算は、最も一般的な「レンタル無料」、「水の種類は天然水」、「水ボトルが1本2,000円」、「省エネ機能で月の電気代が500円」という機種のケースで行っています。

世帯人数 月額費用
1~2人(24L) 3,974円
3~4人(36L) 5,961円
5~6人(48L) 7,948円
7~8人(60L) 9,935円

こちらが費用の目安です。ただ機種やメーカーで、上記の金額とは異なってくることもあるので、あくまで一つの目安として下さい。

例えば天然水でなくRO水サーバーであれば水ボトル代が1本辺り700円~800円ほど安くなるため、表にある維持費より実際の支払い金額はかなり安くなってくるでしょう。

RO水ウォーターサーバーおすすめ6選!赤ちゃんのミルクにも安心

この記事では、赤ちゃんのミルク作りにも安心して利用できるRO水ウォーターサーバーをご紹介しています。RO水とは雑菌などの不純物を徹底的に除去した水であるため、赤ちゃんのミルクを作りたい方や子育て世代の方はぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

ウォーターサーバーで維持費以外にかかってくる費用

初期設置・初期工事費用

ウォーターサーバーによっては、最初に設置する時に設置費用、工事費用が発生することがあります。

金額は5,500円~9,900円ほどに設定しているメーカーが多く、主に「水道直結型」の浄水ウォーターサーバーで発生します。

ただ工事費用は期間限定で無料キャンペーンが行われていることもあるので、上手く利用すれば費用を大きく抑えることができるでしょう。

普通の設置型サーバーでは、高齢者や女性など一人での設置が難しい方を対象に、任意で有料で設置を代行してくれます。

特に15kgほどのサーバーを運べる方であれば頼む必要がないので、無料で済ませられます。

解約金・違約金

その名の通り、ウォーターサーバーを解約、あるいは契約内容に違約した場合に発生するお金です。

主に契約書に定められている、最低契約期間を満たす前に解約する際に請求されることが多いです。

金額はメーカーによりますが、5,500円~22,000円ほどに設定されており、維持費以外で余計な出費になってしまうので注意しましょう。

配送休止の手数料

ウォーターサーバーの水が余ったり、月々の水代を抑えたい場合は配送休止ができるのですが、2~3ヶ月以上の休止では1,000円前後の休止手数料がかかることが多いです。

配送休止は、上手く使えば注文を2ヶ月に1回にすることで維持費を大きく抑えられるので便利です。

ただ何ヶ月も配送休止をすると手数料が発生するようになるので、注意して下さい。

自分のペースで水を注文したい方や、水代を抑えたい方は注文ノルマの存在しないウォーターサーバーと契約するのも一つです。

注文ノルマなしのウォーターサーバーおすすめ9選!安さや特徴を比較

この記事では、ボトル注文ノルマなしのおすすめウォーターサーバー9選をご紹介しています。一人暮らしでも利用できる安いノルマなしサーバーや天然水が飲めるサーバー、レンタル無料のサーバーなどを徹底比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

ウォーターサーバーが金持ちの贅沢品と言われる理由

ウォーターサーバー贅沢品

維持費がかかるとはいえ、ウォーターサーバーを導入する家庭も少なくない今日ですが、なぜ金持ちの贅沢品というイメージを持っている人も少なくありません。

特に最近では、非常にリーズナブルなプランを展開しているウォーターサーバーブランドも増え、「お金持ちのための高級家電」ではなくなりましたが、なぜ未だに贅沢品というイメージがあるのかまとめてみました。

ウォーターサーバーが「贅沢品」と思われる理由

  1. 高級品のイメージがあり「お金持ちが使うもの」と思われている
  2. 味に大した差のない水にお金を使うのは贅沢と思われている
  3. 家電が増えるため電気代が大幅に上がるイメージがある

高級品のイメージがあり「お金持ちが使うもの」と思われている

昔のウォーターサーバーは10万円以上する高級家電で、維持費も高額でお金持ちの家にしかなかったため、そのイメージから贅沢品と思っている方が多いです。

また、普段から水道水を飲んだり料理で使っている方にとっては、わざわざお金を払って水を買うことを無駄、贅沢に感じます。

自治体によって差はありますが、基本的に日本の水道代は安全性に優れていて、安価な価格設定がされています。

そのため、本来なら水道水で十分なのに、わざわざ高い水を買って維持費を払い電気も余分に使っていると考えると、ウォーターサーバーを「金持ちの贅沢品」と考えるのも仕方ないかもしれません。

ウォーターサーバーの値段や初期費用、世帯別の月額目安を徹底比較

この記事ではウォーターサーバーにかかる平均的な値段を、月額料金の内訳とともに解説します。さらに、一人暮らしや大家族など世帯人数に合わせたコスパのよいおすすめサーバーもご紹介します。ウォーターサーバーの相場が気になる方はぜひご覧ください。

続きを見る

無味無臭の水に高い維持費を払うのは贅沢と思われている

水道水のウォーターサーバーの水も同じ水なのに、高い維持費を払うのは贅沢という風に考える方も多いです。

今は飲み水一つにも水道水やミネラルウォーター、炭酸水、水素水など様々な種類があり、こだわりを持って飲む方も増えています。

また、アクアソムリエや味覚が鋭い方だと同じ水でも商品によって風味やのど越しの違いが分かるので、美味しい水を求めて維持費がかかるウォーターサーバーを導入します。

しかし、そもそも水の味などに興味がない、安ければ安いほどいいという方にとっては飲めれば水はどれも同じですので、ウォーターサーバーを設置する魅力がありません。

電気代が大幅に上がるイメージがある

ウォーターサーバーは冷蔵庫などの家電製品と同様に常時電源を入れておく必要があるので、電気代が高くなるというイメージから贅沢品と考える人も多いです。

確かにウォーターサーバーは冷水や温水を好きなタイミングで使える利便性と引き換えに、維持費として電気代がかかります。

しかし、お湯をわかすために電気ポットや電気ケトルを使う必要がなくなり、お湯を沸かすためのガス代も不要になるので、実は節約になる部分もあります。

また、電気代が高いというイメージは昔のウォーターサーバーが原因で、最近は優れた節電機能付きの機種が主で、夜間には自動でエコモードが発動して1ヶ月の電気代が300円~500円ほどに抑えられることも珍しくありません。

ウォーターサーバー エコモード
エコモード搭載のウォーターサーバーおすすめ5選!解除方法や温度も紹介

本記事ではウォーターサーバーの電気代を節約できるエコモードについて解説します。省エネ機能はサーバーによって異なる点や、温水の温度が下がることで赤ちゃんのミルク作りに活用できる場合もあるので、紹介するウォーターサーバーを参考にしてみましょう。

続きを見る

また、水代も500ml換算すると40円~70円と、コンビニでペットボトルを買うのと大差ないので、実際はウォーターサーバーはそれほど贅沢品ではないと言えるでしょう。

ウォーターサーバーの電気代が気になる方は、以下の記事もぜひ参考にして下さい。

ウォーターサーバー 電気代
ウォーターサーバーの月々の電気代は高い?安い?平均や10社を徹底比較

「ウォーターサーバーの電気代は高い」というイメージがありますが、実際ひと月にかかる電気代はどれくらいなのでしょうか?今回はウォーターサーバーと電気ポット・ケトルの電気代を比較し、電気代を節約しながら使用できるウォーターサーバーを紹介します。

続きを見る

最近のウォーターサーバーが贅沢品ではない理由

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーが日本で普及し始めたのは1900年代後半からとされており、当時はまさしく高級品であったため、オフィスやお店でのみ利用されていました。

しかし最近ではどんどん各メーカーの料金体系やサービスがアップデートされていき、家庭でも気軽に設置できる製品が一般的になりました。

ここではウォーターサーバーが決して贅沢品ではなく、使い方によっては節約にすらなる5つの理由を見ていきましょう。

贅沢品ではない5つの理由

  1. 500mlペットボトルを買い続けるよりもコストを抑えられる
  2. 広く普及したことで安くて高品質のウォーターサーバーが増えている
  3. 維持費の少ないウォーターサーバーも多い
  4. 料金面・機能面で幅広い選択肢から選べる
  5. 一人暮らしでウォーターサーバーを利用する人も増えている

500mlペットボトルを買い続けるよりもコストを抑えられる

ウォーターサーバーの水は天然水や水道水を利用するものなど様々ですが、一般的に1Lあたり100円前後で購入することもできます。

コンビニで購入すると500mlのミネラルウォーターは80円~90円ほどですし、通販で購入すると値段は安くても送料がかかることがあります。

ウォーターサーバーの水の配達は基本的に送料無料ですし、家まで届けてくれるためわざわざ水を買いに行く手間もかかりません

ウォーターサーバーとペットボトルの料金の比較については、以下の記事を参考にしてみてください。

ウォーターサーバーは高い?
ウォーターサーバーは高い?コスパをペットボトル・水道水と徹底比較

「ウォーターサーバーを導入したいけど、ペットボトルとどっちがいいのかな」と悩むあなた!水道水と合わせて3つを比較し、それぞれの特徴やコスパを紹介します。特にウォーターサーバーのコスパが良い理由や、デメリットも詳しく解説します。

続きを見る

競合が増えて安くて高品質のウォーターサーバーが増えている

昔と比べるとウォーターサーバーを提供するメーカーが増えてきており、沢山のメーカーが顧客獲得のためにしのぎを削っています。

そのためウォーターサーバーの機能や品質が向上されると同時にサービスの質も向上しており、無料で高スペックのサーバーが借りられたり、水注文のノルマがないなど様々な魅力を持ったプランが数多く展開されています。

「ウォーターサーバー=高い」というイメージを持った状態で各ブランドのプランを見てみると、想像しているよりずっとお求めやすい価格で導入できることに驚きますよ。

ウォーターサーバー 普及率
【2022年最新】日本のウォーターサーバーの普及率や利用率を徹底解説!

この記事では、ウォーターサーバーの日本における普及率やユーザー数増加の理由、また都道府県別の利用量について解説しています。アメリカなど海外でのウォーターサーバー普及率や各世帯での水の利用状況についてもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

続きを見る

維持費の少ないウォーターサーバーも多い

ウォーターサーバーは前述した通り、最近ではレンタル無料、節電機能を搭載などで維持費の安いサーバーを提供しているメーカーが増えています。

また、毎月の料金にメンテナンス料を含めている料金体系のプランもあり、実質毎月水代とわずかな電気代だけで利用できることも珍しくありません。

最近は水を注文するのでなく水道水を浄水するウォーターサーバーも登場しており、こちらは毎月3,000円程度の定額料金になっているので、ボトルタイプのウォーターサーバーよりさらに維持費を抑えることができます。

▼あわせて読みたい記事

水 飲み放題 使い放題 ウォーターサーバー おすすめ
飲み放題のウォーターサーバー11選!水道水補充型なので定額で使い放題

この記事では定額飲み放題・使い放題のウォーターサーバーの料金や仕組み、またおすすめのサーバー11選をご紹介しています。水道直結型・水道水補充型とはどんなサーバーなのか、宅配水とどちらがお得なのかを知りお得にウォーターサーバーを契約しましょう!

続きを見る

料金面・機能面で幅広い選択肢から選べる

ウォーターサーバーは料金と機能を見比べて沢山の機種から自分に合ったものを選ぶことが可能です。

節約のためなら水代や維持費ができるだけ安いメーカーを選べばいいですし、飲み水としてだけでなく美容にもと考えるなら炭酸水が使える機種を選んでもいいでしょう。

自分の予算に合ったものを選べば決して贅沢品にはなりませんし、その上で生活をより豊かにすることができます。

料金が安いウォーターサーバーを利用したい方は、以下の記事もあわせて確認してみてください!

月額料金 安い ウォーターサーバー 料金体系
【最新版】人気の安い・格安ウォーターサーバーランキング10選!コスパも最高!

この記事では、人気のウォーターサーバーをランキングで比較して紹介しています。ノルマなし、水道水浄水で飲み放題、赤ちゃんも飲める天然水、一人暮らしにおすすめなど、ニーズ別でも解説。本当に料金が安いのかコスパが悪いのかを知りたい方は必見です!

続きを見る

一人暮らしでウォーターサーバーを利用する人も増えている

ウォーターサーバーが贅沢品でない証拠に、一人暮らしでウォーターサーバーを導入するケースも増えてきています。

今のウォーターサーバーはスリムであまり場所を取りませんし、メーカーによっては卓上タイプも用意してくれています。さらに消音性能にも優れているためワンルームのアパートでも導入しやすくなっています。

重い水を1人で買いに行く必要がなく、予備ボトルが災害時の備蓄水にもなるウォーターサーバーは、一人暮らしで導入するメリットが大きいといえます。

▼あわせて読みたい記事

ウォーターサーバー 一人暮らし
ウォーターサーバーは一人暮らしに必要?おすすめや安いサーバー比較10選

一人暮らしの方におすすめのウォーターサーバー10選を紹介。メリットがあり必要な人、いらない人の特徴や後悔しやすい点も解説。おしゃれな見た目やノルマなしでコスパが良い、電気代が安い、女性でもボトル交換がしやすい、卓上タイプなどを厳選し紹介。

続きを見る

ウォーターサーバーは維持費はかかるが時間とお金を節約できる!

ウォーターサーバー節約

ウォーターサーバーは実際のところお金持ちのための家電ではなく、一般の家庭で導入すると時間とお金両方の節約につながります。

水代や電気代はもちろん忙しい家庭だと時間が節約できるのは本当に助かり、ウォーターサーバー導入後の満足度の高さに繋がっています。

外で飲み物を買う必要がなくなる

SDGsやサスティナブルなどが注目されマイボトルが推奨されていますが、マイボトルの持参は節約という面でも是非習慣づけたいものです。

外出の度にペットボトルの飲み物を買っているという方は、ウォーターサーバーの導入をきっかけにマイボトルを持ち運ぶ習慣をつけると飲み物代の節約につながります。

節約につながるのはもちろん、日々の買い物で重くてかさばる水を購入する手間もなくなり、その分買い物が楽になるというメリットも得られますよ。

冷蔵庫の冷蔵効率が上がって節約になる

購入した水を美味しく飲むには、冷やしたり沸かしたりする必要がありますよね。

それなら冷蔵庫で冷やせばいいと思うかもしれませんが、かさばるペットボトルの水を何本も冷やしておくと冷蔵庫のスペースを圧迫し、他の食品のスペースを侵略してしまうかもしれません。

スペース問題以外にも、冷蔵庫は中に入れるものが多ければ多いほど冷蔵効率が悪くなるため、ペットボトルを詰め込んでいると冷蔵効率を上げるために電気代が上がってしまいます

ウォーターサーバーにも同様に電気代がかかりますが、省エネ機能が標準搭載されたサーバーだと電気代は微々たるものですし、冷蔵庫のスペースに余裕ができて冷蔵庫の節電にもつながります

ウォーターサーバー 節約 電気代
ウォーターサーバーは節約になる!理由や市販水との費用比較!

この記事では、ウォーターサーバーを導入するとペットボトルや水道水を使うより節約になるのかどうかという疑問にお答えしていきます。電気代を含めた実際にかかるコストを見ていきながら、節約術や節約向きの機種も紹介するのでぜひ参考にしてください。

続きを見る

ウォーターサーバーで家事の時短も叶う

共働きだったり小さな子供がいたりすると毎日の家事や料理が負担に感じることがありますが、ウォーターサーバーを活用することで家事の時短が実現します。

お湯を沸かそうとすると思いがけず時間がかかりますが、ウォーターサーバーがあるとお茶やコーヒーはもちろんスープもあっという間に作れます。

また、お湯の温度を低く設定できる機種なら、赤ちゃんのミルクの調乳に丁度いい温度のお湯をすぐ利用できるのでとても助かります。

赤ちゃんの泣き声を聞きながら慌てることがなくなりますし、毎回お湯を沸かす必要がないためガス代も節約できるでしょう。

▼あわせて読みたい記事

【主婦必見】ウォーターサーバーの時短テクニック5選!胡散臭い噂は嘘!

ウォーターサーバーは、実は忙しいママや一人暮らしにこそおすすめだと知っていましたか?今回は、ウォーターサーバーでできる時短テクニックを5つ紹介し、さらに生活パターンごとにおすすめのウォーターサーバーメーカーや参考になる情報をまとめました。

続きを見る

維持費から選ぶおすすめのウォーターサーバー

維持費で選ぶウォーターサーバー

  1. 第1位:ワンウェイウォーター|2,700円
  2. 第2位:アルピナウォーター|3,113円
  3. 第3位:アクアセレクト|3,132円
  4. 第4位:エブリィフレシャスミニ|3,300円
  5. 第4位:ハミングウォーター|3,300円

第1位:ワンウェイウォーター|2,700円

ワンウェイウォーター smart

ワンウェイウォーター
月額料金 2,700円
水代(24L換算) 2,700円
サーバー代 0円
その他費用 0円
電気代 通常:約1,000円~
エコモード:約400円~
水の種類 RO水・天然水

編集部おすすめポイント

  • 業界最安値の月額2,700円(24L使用時)で家計に無理なく使用できる
  • どこにでも置けるちょうどいいコンパクトなサイズ
  • ボトル足元設置で、女性やお年寄りの方でも簡単にボトル交換可能

- サーバー基本情報を見る

サイズ 横30cm×奥行34cm×高さ110cm
重量 約20kg
消費電力 冷水:85W・温水:300W
温度 冷水:6~10℃・温水:80~90℃
カラー ホワイト、ピンク、ベージュ、
ブラック、グリーン
チャイルドロック
ECOモード
搭載機能 クリーンエアシステム、静音設計

とにかく維持費を抑えたウォーターサーバーを利用したいという方には、月間の維持費目安が2,700円という業界でも最安値レベルのワンウェイウォーターがおすすめです。

安いからといって水の味や安全性に問題があるということもなく、天然水から雑菌や不純物をろ過した非常に安全なRO水(プラスプレミアム)を採用しており、美味しく安全なお水を飲めます。

サイズもコンパクトであり、水ボトルをサーバー下部に設置するタイプなので、女性やお年寄りの方でも負担なく簡単にボトル交換をすることができる優れたサーバーです。

第2位:アルピナウォーター|3,113円

アルピナウォーター スタンダードサーバー

スタンダードサーバー 床置き
月額料金 3,113円
水代(24L換算) 2,484円
サーバー代 629円
その他費用 0円
電気代 約1,000円〜
水の種類 RO水

編集部おすすめポイント

  • 北アルプス原水の天然水をろ過したRO水を使用
  • 硬度1.05mg/Lの超軟水なので、赤ちゃんのミルクにも最適
  • 注文ノルマがなく、水を消費できない一人暮らしの方にもおすすめ

- サーバー基本情報を見る

サイズ 横27cm×奥行37cm×高さ100cm
重量 約15kg
消費電力 冷水:80W・温水:300W
温度 冷水:5℃・温水:85℃
カラー ホワイト
チャイルドロック
ECOモード
搭載機能

維持費を抑えたい方には、同じく業界最安値レベルのアルピナウォーターもおすすめです。

こちらは北アルプスの天然水をろ過したRO水を提供しており、硬度1.05mg/Lという超軟水なので、赤ちゃんのミルクづくりにも最適です。

毎月の最低注文本数などのノルマもないので、一人暮らしであったりノルマを気にせず水を注文したい方にも良いでしょう。

第3位:アクアセレクト|3,132円

アクアセレクト アクアセレクトサーバー

アクアセレクト サーバー
月額料金 3,132円
水代(24L換算) 3,132円
サーバー代 0円
その他費用 0円
電気代 約600円〜
水の種類 天然水

編集部おすすめポイント

  • 伊勢神宮近くを流れる「宮川」のミネラルを含む天然水が飲める
  • サーバーレンタル代が無料でお得に使える
  • 2箱目以降の水は、1箱2,710円ととてもお得になる

- サーバー基本情報を見る

サイズ 床置き:幅32cm×奥行32cm×高さ124cm
卓上:幅32cm×奥行32cm×高さ81cm
重量 床置き:18kg
卓上:15kg
消費電力 冷水85W
温水350W
温度 冷水5~12℃
温水80~90℃
カラー ホワイト、シルバー
チャイルドロック
ECOモード
搭載機能

アクアセレクトは伊勢神宮の神聖な川「宮川」の天然水を提供しており、天然水が飲めるウォーターサーバーとしては業界最安の維持費です。

サーバー本体には温水・冷水にもチャイルドロックがあり、水ボトルが空になった後に資源ごみとして捨てられるワンウェイボトルを採用しています。

2箱目以降の水は2,710円と安い値段になるので、水をたくさん消費する方もコスパ良く使えるのでおすすめでしょう。

第4位:エブリィフレシャスミニ|3,300円

every frecious mini(エブリィフレシャスミニ)

エブリィ フレシャス ミニ 浄水
月額料金 3,300円
水代(24L換算) 水道代
サーバー代 3,300円
その他費用 0円
電気代 約410円〜
水の種類 水道水

編集部おすすめポイント

  • 月額3,300円の安さで水が使い放題
  • 交換用のカートリッジも無料で配送してもらえる
  • 明るさを自動検知して節電するSLEEP機能で電気代節約になる

- サーバー基本情報を見る

サイズ 幅25cm×奥行29.5cm×高さ47cm
重量 8.3kg
消費電力 冷水100W
温水200W
温度 冷水5~10℃
温水80~85℃
カラー ホワイト
チャイルドロック
ECOモード
搭載機能 UV-LED殺菌

エブリィフレシャスミニは維持費が安いウォーターサーバーでは貴重な小型、卓上型のウォーターサーバーです。

お手頃の維持費で節電機能が搭載されているのも特徴で、卓上型であることから棚の上やテーブルの上など置く場所を選びません。

水道水を浄水して使用するため月額3,300円の定額で使えることが魅力で、水の注文が必要ないため手間も水代もかからず、好きなだけ水を使うことができます。

公式サイトから申込むと初月無料で利用できるので、気になる方は一度公式サイトをチェックしてみましょう。

第4位:ハミングウォーター|3,300円

ハミングウォーター flows(フローズ)

ハミングウォーター
月額料金 3,300円
水代(24L換算) 水道代
サーバー代 3,300円
その他費用 0円
電気代 約475円〜
水の種類 水道水

編集部おすすめポイント

  • 自宅の水道水を入れて使用するので、定額料金で水が使い放題
  • 高性能フィルターでろ過された安全な水が飲める
  • ろ過するフィルター代は月額料金に含まれている

- サーバー基本情報を見る

サイズ 幅26cm×奥行37cm×高さ120cm
重量 約20kg
消費電力 冷水85W
温水350W
温度 冷水6~10℃
温水80~90℃
カラー ホワイト・ブラック
チャイルドロック
ECOモード
搭載機能 UV殺菌、再加熱機能

ハミングウォーターは、エブリィフレシャスと同様に、自宅の水道水を使用することで月額3,300円の維持費で好きなだけお水を使うことができます。

天然水やミネラルウォーターにこだわりがなく、たくさんの水を好きなだけ使いたい方におすすめです。

月額3,300円の中には水道水をろ過するフィルター代も含まれているので、3,000円以上の料金が請求されることがないという安心感もあります。

▼あわせて読みたい記事

ハミングウォーターの口コミ評判やデメリット?実際に利用した感想も紹介

ハミングウォーターは、水道水を補充して使用する浄水型ウォーターサーバーです。このページでは実際に利用した方の口コミ・評判だけでなく、キャンペーン情報や解約方法、メリットやデメリットなどハミングウォーターに関する情報をまとめました。

続きを見る

ウォーターサーバーの維持費や世帯別の費用目安まとめ

今回は、ウォーターサーバーは贅沢だと思う心理を考察しつつ、ウォーターサーバーが節約につながる理由を紹介してきました。

確かにウォーターサーバーは贅沢品だという意見もありますが、最近のウォーターサーバーは決して手の届かない高級品ではなく、どんな人でも利用できる便利な道具になりました。

自分に合ったプランを見極める必要はありますが、使い方によってはむしろ金銭面的にも時間的にも大きな節約に繋がります。

家事や育児に忙しいという方や、ウォーターサーバーは贅沢品だと考えている方こそぜひ一度、維持費の安いお得なウォーターサーバーを導入してみるとよいでしょう。

人気ウォーターサーバーランキング

\下記からお申込み限定の特典付き/

おすすめサーバーランキング3選
【1位】フレシャス
ランキング用のフレシャス公式アイコン
定額制でお得!
3,000円で水飲み放題
【2位】リセットタイムランキング用リセットタイム公式画像もれなくギフト券
6,000円分プレゼント
【3位】プレミアムウォーターランキング用プレミアムウォーター公式画像amazonギフト券
2,500円プレゼント!

MIZUCOOLおすすめコンテンツ

【2022年】ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング15選!比較や選び方も!
近年ウォーターサーバーはどんどん進化を遂げ、どのサーバーを選べばいいかわからないですよね。このページでは料金の安さやデザイン、赤ちゃん向けや一人暮らし向けなどの視点から、おすすめのウォーターサーバーを徹底比較してランキング形式でご紹介!

続きを見る


口コミ評判の良いウォーターサーバー11選【1,125人の口コミアンケート】
ウォーターサーバー11社の利用者の口コミや評判を紹介します。
また、各社の特徴や口コミから分かるメリット・デメリット、失敗しない選び方も解説しているので、ウォーターサーバーを導入しようと考えている方は参考にしてください。

続きを見る


【2022年12月】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底比較
各ウォーターサーバーメーカーで実施しているキャンペーン情報を徹底解説!新規申込み・乗り換え・赤ちゃんの子育て向けのママパパプランなど、お得にウォーターサーバーを利用できる各種キャンペーン情報を徹底比較しています!

続きを見る

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.