ウォーターサーバーをやめた理由7選!後悔しない選び方を徹底解説

「ウォーターサーバーを設置した後にやめた人の理由は?」

ウォーターサーバーは大きな買い物なので、失敗しないためには様々な情報を集めるのが重要です。

そこでこの記事では、実際にウォーターサーバーを利用していたものの、様々な理由でやめた、後悔した方の主な理由を徹底調査しました。

ウォーターサーバーをやめた理由から分かる失敗しないサーバーの選び方や、やめた人の口コミも紹介しているので参考にして下さい。

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーをやめたり後悔した人の主な理由
  • ウォーターサーバーをやめるべき人
  • ウォーターサーバーをやめたり後悔した人の口コミ
  • 後悔しないウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーをやめたり後悔した主な理由

ウォーターサーバー やめた 理由

納得した上でウォーターサーバーを契約したはずなのに、なぜ後になってやめてしまう人がいるのでしょうか。

そこで実際にウォーターサーバーの利用をやめた主な理由についてそれぞれ解説します。

ウォーターサーバーをやめた理由

  1. 毎月の費用が想定していたより高かった
  2. 注文ノルマがあると知らなかった、水を余らせてしまった
  3. 引っ越しをきっかけに解約した
  4. サーバーの衛生面が気になってしまった
  5. 保管場所の確保で苦労した
  6. ボトルが重く、水の交換が大変に感じた
  7. サーバーのデザインが気に入らなかった

毎月の費用が想定していたより高かった

利便性の高さに惹かれてウォーターサーバーを導入したものの、思っていたよりも毎月のコストが高いと感じて解約したという方が少なくありません。

ウォーターサーバーを利用することで水代、サーバーレンタル費用、メンテナンス費用、電気代などのコストが毎月発生するのが一般的です。

毎月水を注文すれば2,000~3,000円程度の水代が発生しますし、月に500~1,000円の電気代も発生するでしょう。

レンタル費用やメンテナンス費用は会社によって無料のところもありますが、それでもトータルで毎月3,000~4,000円前後のコストとなり、その負担が大きいと感じる方も多いようです。

注文ノルマがあると知らなかった、水を余らせてしまった

ウォーターサーバーを導入するにあたってはボトルの注文ノルマがあるため、在庫が余っていても購入せざるを得ないケースがある事をご存じでしょうか。

注文ノルマはメーカーによって様々ですが、一般的には月に1回水を注文することになるため、水を消費できないと在庫がどんどんたまっていくことになりますよね。

スキップといって水の配送を一時中止することも可能ですが、2~3カ月連続でスキップすると水を購入しなくても休止手数料が発生してしまいます。

スキップでお金が発生するのも勿体ないけど、在庫が多くこれ以上購入できない」という状況になり、ウォーターサーバーをやめるという方も多いです。

引っ越しをきっかけに解約した

ウォーターサーバーのサービスは配送・提供できるエリアが限られているケースがあり、引っ越しを機に解約するという方も多いです。

単純に引っ越し先がサービスの対象となっておらず解約せざるを得ないケースもあれば、引っ越し先へサーバーを運ぶ負担が面倒で解約する場合もあります。

お部屋の間取りによっては引っ越し先にウォーターサーバーを設置できるスペースが無いことから継続を断念するケースも考えられますね。

サーバーの衛生面が気になってしまった

ウォーターサーバーの水は毎日口にするので、タンク内の衛生面が気になってしまうという方も多いです。

サーバーの外側や給水口などは自分で拭き掃除などをすることも可能ですが、サーバーのタンク内まで手入れをするというのは簡単なことではありません。

かといってメンテナンスをお願いすると料金が発生することもありますし、迷っているうちに汚れが気になって使うことに抵抗を覚えるようになります。

綺麗好きの方やご家族に赤ちゃんがいる場合ですと、「不衛生だと感じるサーバーは使いたくない」と考えるのは自然な事ですよね。

保管場所の確保で苦労した

ウォーターサーバーは本体だけでなく、ボトルの保管場所も考える必要があり、想定していた以上に部屋のスペースを占領されてしまった方もいます。

サーバーは床置きタイプであればそこそこのサイズがありますし、水が入ったガロンボトルも12Lサイズのものが多いためサイズや重量があり保管するのも大変です。

さらに水の注文ノルマがありますから、在庫が余っていても注文しなければならず余計に部屋を占領されてしまうというケースも考えられますね。

このように「想定していたよりも水のボトルに保管場所を占領されてしまった」事から、サーバーの解約を考える方は少なくありません。

ボトルが重く、水の交換が大変に感じた

ウォーターサーバーのボトルサイズは一般的に12Lである事が多く、持ってみるとかなりの重量であることが分かります。

サーバーの上部にボトルを設置するタイプであれば、その部分まで重たいボトルを持ち上げてセットする必要があるということです。

そのため、女性の一人暮らしの方や高齢のご夫婦だと水の交換の負担がとても大きく感じられ、使い続けることが困難だと判断されやすいですね。

無理をするとボトルを落として床を傷つけたり足をケガする可能性がありますので、重たいボトルを使い続けることが嫌になる方も多くいらっしゃいます。

サーバーのデザインが気に入らなかった

店頭やインターネットでウォーターサーバーを気に入り、デザインもこだわったはずなのに部屋に設置してみたらしっくりこなかったというパターンも多いです。

特にインターネットで契約すると、写真から感じられるイメージと現物との間にギャップが生じやすく、部屋の雰囲気やカラーにそぐわない物が届いてしまう事があります。

外観だけでなく搭載されている機能が物足りないケースもあり、両方のデザインを事前にしっかりと検討する必要があると言えるでしょう。

実際にウォーターサーバーをやめた人の口コミ

水が消費しきれない

ウォーターサーバーをやめた理由の口コミとして最も多かったのが、水を消費しきれないというものでした。

大半のウォーターサーバーには水の注文ノルマというものがあるので、消費量が少ない家庭だとどんどん水が溜まっていきます。

目安として、3人家族であれば1日に一人コップ1~2杯の水を飲んでいれば問題なく消費できる程度ですが、一人暮らしだと消費が追いつかない可能性があるでしょう。

気になる方は注文ノルマなしのウォーターサーバーを導入することをおすすめします。

保管スペースが邪魔になった

他にもウォーターサーバーをやめた理由の口コミとして多かったのが、本体や水ボトルが邪魔になるというものです。

ウォーターサーバーは本体だけでなく、予備のボトルも家のどこかに保管する必要があるので、狭い家だと生活の満足度を上げるために導入したウォーターサーバーが邪魔になり逆に生活に支障が出る事態になりかねません。

最近は技術の進歩で小型化が進行しており、卓上サイズのサーバーも出ているので、保管スペースが限られている方は小型サーバーを導入すると良いでしょう。

サーバーの清潔さが気になった

最近のウォーターサーバーは自動クリーン機能が搭載されているのであまり気にする必要がないのですが、昔のウォーターサーバーは自分で清掃をしないと、いつの間にか内部が汚れだらけになっていることがありました。

酷い時は給水したらカビの塊が出てくるようなケースもあったので、やめる理由としては十分すぎるでしょう。

最近のウォーターサーバーはUVや熱殺菌で内部を自動的に清潔に保ってくれるので、最低限の清掃だけしておけば問題ないので安心です。

ペットボトルの方が楽

ウォーターサーバーは便利な道具ですが、設置場所によっては水を飲むたびにサーバーまで移動する必要があり面倒です。

特に広い家だと何度もウォーターサーバーと往復するのは大変なので、やめる理由としては十分でしょう。

水の交換が大変すぎた

ウォーターサーバーのボトルは12Lが主流のため非常に重いため、交換が大変すぎてウォーターサーバーをやめる人も多いです。

機種によっては12Lもの水が入ったボトルを高く持ち上げる必要もあるため、男性はともかく女性や高齢者では苦労します。

ただ最近は交換が大変という苦情を反映してか、4L~7Lほどの軽量ボトルや、持ち上げるに交換できる「下置き」を採用しているメーカーも増えています。

ボトル交換が大変そうで不安という方は、軽量ボトルや下置きを採用しているウォーターサーバーを導入すれば安心でしょう。

電気代がかかるのでやめた

ウォーターサーバーは水代の他に電気代もかかるので、それを理由にやめる人もいるようでした。

特に昔のモデルは1ヶ月で1,500円~ほどの電気代がかかったので、家計をかなり圧迫しました。

最近のウォーターサーバーは技術の発展や、省エネ機能によって電気代が1ヶ月300円~700円程度まで抑えられるようになっています。

ウォーターサーバーの設置をやめた方がいい人・後悔する人

不要

普段の生活スタイルやこだわり・性格によっては、ウォーターサーバーを設置する事にメリットを感じない方もいらっしゃいます。

そもそもウォーターサーバーが「不要な人」「やめた方がいい人」というのは、どのような人なのかをお伝えしていきましょう。

ウォーターサーバーが不要な人・やめた方がいい人

  1. 水道水を飲むことに抵抗がない人
  2. そもそも水を飲まない人
  3. お湯をあまり使わない人

水道水を飲料水とすることに抵抗がない人

そもそもウォーターサーバーは「安全で美味しい水」を手軽に飲める事が大きなメリットですので、水道水でも問題無い方は導入すると後悔する可能性が高いです。

ウォーターサーバーの水は美味しさと引き換えに料金が高いので、水道水を飲むことに抵抗がないのであれば導入はやめた方がいいでしょう。

ただ日本の水道水は厳しい安全基準により基本的にそのまま飲めますが、地域や環境、特に貯水槽を採用している住宅にお住まいの場合はそのまま飲むと不味かったり、水管の劣化や貯水槽に死体が入っていて健康被害が起きることがあるのも事実です。

そのため、安全や健康のことを考えるのであれば、水道水でなくウォーターサーバーを導入した方が安心できるのは間違いないでしょう。

また、水道水に抵抗のない方は、業界最安値かつ2,680円の完全定額で水道水を浄水して美味しくするウォーターサーバーを導入してみるのもおすすめです。

\新規申込者限定キャンペーン中!/

そもそも水をあまり飲まない人

そもそも水をあまり飲まない、水よりもジュースや炭酸水を飲むことが多い人もウォーターサーバーの導入をやめた方がいいです。

水を飲まないのにウォーターサーバーを導入しても、水が余るだけでお金が無駄になってしまうでしょう。

もちろん、健康のことを考えれば砂糖がたくさん入っているジュースでなく、水を飲んだ方がいいです。

お湯をあまり使わない人

ウォーターサーバーは水が飲めることに加え、お湯がすぐに使えることに魅力を感じて導入する人が多いので、お湯を使わない人も導入をやめた方がいいです。

例えば頻繁にカップラーメンやレトルト食品を食べる方や、赤ちゃんのミルク作りにお湯を利用する方は、一々水を沸騰させる手間がなくなるので高い利便性を感じられるでしょう。

しかし日常生活においてほとんどお湯を沸かすことがない方や、そもそもお湯を沸かすのに手間を感じないという方は必要性を感じることができません。

そうするとウォーターサーバーを導入してもあまりメリットを見出せず、最終的にやめてしまうことも十分に考えられるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーが必要・不必要かどうかは、下記の記事でもご紹介しているので、参考にしてみてください。

導入後に後悔しない、やめないで済むウォーターサーバーの選び方

後悔しない選び方

次に記事冒頭で解説したウォーターサーバーをやめた理由を元に、それらを解決できる「後悔しないサーバーの選び方」を紹介していきます。

後悔しないウォーターサーバーの選び方

  1. 事前に総額費用を計算してから選ぶ
  2. 注文ノルマやスキップ制度の有無を確認してから選ぶ
  3. 引っ越しの可能性があれば対応エリアを確認してから選ぶ
  4. メンテナンスの必要性や手間を調べてから選ぶ
  5. ボトルの保管場所が確保できるか確認してから選ぶ
  6. ボトルの交換方法やボトルの容量を確認してから選ぶ
  7. サーバーのデザインを確認してから選ぶ
  8. 安全性を確認してから選ぶ

事前に総額費用を計算してから選ぶ

ウォーターサーバーの導入後に後悔したり、やめたいという事態を避けるためには事前に総額費用を細かく計算しておくことをおすすめします。

水代、サーバーレンタル代、メンテナンス費用、電気代をあわせた金額が総額費用となり、これらは基本的に毎月発生します。

目安として、天然水サーバーであれば1ヶ月で4,400円~5,500円、RO水であれば3,300円~4,400円、浄水型であれば3,800円~4,800円前後が、水代(24L注文時)や電気代を含めた総額料金となります。

ただあくまでも目安ですので、機種によってはサーバーレンタル代が無料で相場より安く抑えられることもありますし、逆に注文が多い家庭であれば相場より料金が高くつくでしょう。

費用を重視する方は基本料金の安いウォーターサーバーを選ぶか、定額制の浄水ウォーターサーバーを選べば、大量の水を消費しても安価に済ますことが可能です。

注文ノルマやスキップ制度の有無を確認してから選ぶ

ウォーターサーバーの大半にはノルマがありますが、ノルマの水の量はメーカーによって異なりますし、一部メーカーは無料で配送スキップに対応しているので、後悔したくない方は必ず確認しておきましょう。

例えば水の配送ノルマは1ヶ月に24Lというメーカーもあれば、3ヶ月で48L、一部配送ノルマなしというメーカーもあります。

スキップ制度も年に2回まで無料、2ヶ月に1回無料などメーカーで様々なので、水を余らせたりノルマで苦しまないためには各家庭で毎月使う水の量を計算して無理なく消費できるノルマのウォーターサーバーを導入することをおすすめします。

引っ越しの可能性があれば対応エリアを確認してから選ぶ

もしも転勤や引っ越しの可能性がある方は、対応エリアが全国のウォーターサーバーを選ぶのも重要です。

引っ越しでウォーターサーバーをやめる場合、契約期間を満了していない限り高額な解約金がかかるので全国エリア対応のウォーターサーバーがおすすめです。

沖縄や静岡のように一部地域限定のウォーターサーバーでは、引越し後の地域に対応していない可能性が高いでしょう。

また、メーカーによっては引っ越しをする際にサーバーの移動や、新品への交換を無料で行ってくれるので、引っ越しが多い方は引っ越しサポートの充実したメーカーを選ぶのも大切です。

メンテナンスの必要性や手間を調べてから選ぶ

ウォーターサーバーで後悔しないためには、やめた理由の口コミにもあったメンテンナンスの必要性がない機種を選ぶのも大切です。

古い機種だと自分で定期的に幅広いメンテナンスを行い必要があり、手間がかかります。

また、メーカーによっては毎月数百円、または2年に1回5,500円のメンテナンス費用を払って、専門のスタッフによる内部メンテナンスが必要になります。

専門スタッフのメンテナンスがあれば自分でメンテナンスをする必要がありませんが、余計な費用がかかってしまうのがネックです。

衛生面が気になるけど自分でメンテナンスをしたくない方は、自動クリーニング機能やセルフメンテナンス機能が付いているウォーターサーバーがオススメです。

自動クリーニングが付いていれば常に衛生的な環境を保ってくれるので、メンテナンスの手間も少なくなり安心して使い続けられますよ。

ボトルの保管場所が確保できるか確認してから選ぶ

ウォーターサーバーで後悔しないためには、事前に本体だけでなくボトルの保管場所も確保できるのか、確認してから機種を選ぶのもおすすめです。

もし場所に余裕がないのであれば、水道直結型でボトルが不要な浄水ウォーターサーバーや、小型の卓上サーバーを選ぶことで、後悔せずに済むでしょう。

多くの方はサーバー本体をどこに設置するかを重点的に考えがちですが、ボトルの保管でもスペースを占領してしいます。

ボトルの交換方法やボトルの容量を確認してから選ぶ

水道直結型を除き、ウォーターサーバーはボトルの交換作業が付き物ですので、後悔しないためには交換方法やボトルの重量も事前に確認しておきましょう。

男性であればさほど気にする必要はないのですが、女性や高齢者ではボトルの交換は肉体的にかなりの負担になることが想定されます。

ボトルを設置する箇所が上部ではなく下部であるタイプや、軽量のボトルを採用しているウォーターサーバーを検討してみることをおすすめします。

サーバーのデザインを確認してから選ぶ

ウォーターサーバーの機能性や値段だけでなく、設置後に後悔しないためにはデザインにこだわるのも大切です。

せっかくウォーターサーバーを導入しても部屋の雰囲気をぶち壊してしまうデザインだった場合、設置したことを後悔してしまうからです。

部屋の雰囲気やカラーに合わせたサーバーを選ぶと良いでしょう。

安全性を確認してから選ぶ

ウォーターサーバーで後悔しないためには、機種に搭載された安全対策を確認して選ぶのも大切です。

たとえば小さなお子様がいるご家庭ならば、チャイルドロック機能の有無や、転倒防止対策がされたサーバーが必要です。

また、子どもがイタズラで水を出せないよう給水ボタンが高い位置にあるか、ロックは簡単に解除できない仕組みになっているかなども確認してから機種を選ぶことで、ウォーターサーバーで後悔せずに済むでしょう。

導入後に後悔したくない、やめたくない人におすすめのウォーターサーバー

ここからは上記の後悔しないウォーターサーバーの選び方を元に、おすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

どの機種もウォーターサーバーをやめる原因になっている要素をカバーしているので、非常におすすめです。

ワンウェイウォーター Smartプラス:月額料金が安い

ワンウェイウォーター Smartプラス

ワンウェイウォーター Smartプラス
月額料金合計 2,700円
水代(24L換算) 2,700円
サーバーレンタル代 0円
その他費用 1,100円
デザイン
使いやすさ

編集部おすすめポイント

  • 業界最安値の月額2,700円と無料サポートで安心
  • コンパクトなサーバーで置き場所を選ばない
  • 女性やお年寄りの方でも楽にボトル交換できる足元交換

ウォーターサーバーを導入したいけど、総額費用を安く抑えたい」という方にはワンウェイウォーター Smartプラスがおすすめです。

月々の費用は水のボトル代と電気代だけで、他社のようにサーバーレンタル費用や初期費用、配送料は一切かかりません。

電気代も相場は1,000円前後となっていますが、ワンウェイウォーターSmartプラスは省エネ機能を標準搭載しているので月に約474円の電気代で使用する事が可能です。

また、安価ながらお水は厳選された天然水を48時間以内に配送しているので、新鮮で生の美味しさが残っていて非常に美味しいです。

トータルの月額料金が安いので、維持費などを極力下げて安く利用したい方や、初めてウォーターサーバーを導入される方にもおすすめです。

アルピナウォーター エコサーバー:注文ノルマがない

アルピナウォーター エコサーバー

アルピナウォーター エコサーバー
月額料金合計 3,113円
水代(24L換算) 2,484円
サーバーレンタル代 629円
その他費用 0円
デザイン
使いやすさ

編集部おすすめポイント

  • 月額3,113円という業界屈指の低価格で家計に優しい
  • 硬度1.05mg/Lの超軟水は赤ちゃんから大人の飲料まで最適
  • 注文ノルマが無く必要な時に必要な分だけだけ注文できる

アルピナウォーターは水の注文ノルマがありませんので、自分のペースで水を使うことができる点が高評価を得ています。

実際にウォーターサーバーを契約してみると、設定されている注文ノルマが意外と厳しく水を消費し切れないというのが、ウォーターサーバーをやめた理由という方は多くいらっしゃいました。

しかしアルピナウォーターであれば自分のペースで水を注文できるので、無理なく長く続けやすいことが最大のメリットと言えるでしょう。

特に一人暮らしや水の消費量が少なめの家庭、出張などで家を空けることが多い方はアルピナウォーターエコサーバーがおすすめです。

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ:全国エリアに対応

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ
月額料金合計 4,233円
水代(24L換算) 4,233円
サーバーレンタル代 0円
その他費用 0円
デザイン
使いやすさ

編集部おすすめポイント

  • 高性能でコンパクトなサーバーでランニングコストの節約が可能
  • 豊富なミネラルが溶け込んだ非加熱処理の質の高い天然水を提供
  • 水の追加注文や配達日の変更はアプリから簡単に行える

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢは全国のエリアに対応していることから、引っ越しが理由でウォーターサーバーをやめる可能性がある方におすすめです。

沖縄や北海道などの離島はサービスの対象外のウォーターサーバーが多い中、プレミアムウォータースリムサーバーⅢは全国を対象としており、引っ越しサポートもあるので安心です。

転勤が多い職種の方など、引っ越しの可能性がある方はプレミアムウォータースリムサーバーⅢを検討してみてはいかがでしょうか。

アクアクララ アクアウィズ:自動クリーン機能を搭載

アクアクララ アクアウィズ

アクアクララ アクアウィズ
月額料金合計 5,008円
水代(24L換算) 2,808円
サーバーレンタル代 0円
その他費用 2,200円
デザイン
使いやすさ

編集部おすすめポイント

  • W除菌で常に最適な状態に保つ上2年に1度の専門メンテナンスが無料
  • モンドセレクション最高金賞10年連続受賞の美味しいRO水を提供
  • コーヒーマシン一体型サーバーでいつでも美味しいコーヒーが飲める

アクアクララ アクアウィズは2種類の自動クリーン機能を搭載した唯一のサーバーなので、衛生的な水を自分でメンテナンスせずに飲みたい方にピッタリのウォーターサーバーです。

UVライトと抗菌加工を施したAgプレートによるW除菌により、常に衛生的な環境で水を使い続けられる点が最大のメリットと言えるでしょう。

さらに自動クリーニング機能に加えて2年に1回、専門のスタッフによる定期メンテナンスが実施されるので、衛生面においては右に出るサーバーがありません。

また、ネスレのドルチェグスト搭載のモデルもあるので、コーヒー好きにも後悔しないウォーターサーバーとなっています。

ボトルの置き場所が不要:ウォータースタンド アイコン

アイコン

ウォータースタンド口コミ評判_アイコンの画像

おすすめポイント

  • ウォータースタンドの最新型サーバー
  • 4,400円の完全定額で水が飲み放題
  • 今だけ通常9,900円の設置工事が無料
  • 温度や排出量を自由に選べる

<!-‐ 左右分割エリアここまで–>

月額料金 4,400円
水代(24L) 水道代
初回設置工事 無料
消費電力 冷水:100W
温水:1460W
電気代 約400円~
サイズ 幅18cm×奥行34cm×高さ38.5cm
重さ 7.6kg
温度 冷水:5~8℃
温水:70℃、80℃、90℃
カラー ホワイト、ブラック
チャイルドロック
製品詳細 取扱説明書

ボトルの保管場所で後悔したくない方には、水道直結型のウォータースタンド アイコンをおすすめです。

水道水をそのまま浄水して注水するのでボトルがなく、保管場所が一切必要ありません。

さらに本体は幅18cm,奥行き34cmと超小型なので、卓上にも設置可能なコンパクトなサイズとなっており場所を取りません。

お部屋のサイズでサーバーの導入をお悩みの方にピッタリです。

また、水道水を使用するため水は定額4,400円で飲み放題なので、家族が多かったり水の消費量が多い家庭であれば、ボトル式より圧倒的にお得でしょう、

コスモウォーター Smartプラス:ボトル足元設置で交換が楽

コスモウォーター Smartプラス

コスモウォーター smartプラス cosmo water
月額料金合計 4,104円
水代(24L換算) 4,104円
サーバーレンタル代 0円
その他費用 0円
デザイン
使いやすさ

編集部おすすめポイント

  • 騒音レベル30%ダウンの静音設計で置き場所を選ばない
  • Wクリーン機能で新鮮な天然水を安全に楽しめる
  • ボトル足元交換で女性や年配の方でも負担が少ない

コスモウォーター Smartプラスはボトルを足元で交換できるので、ボトルを持ち上げる必要がなく水の交換が非常に楽です。

ボトル交換が大変で後悔したくない方に、おすすめのウォーターサーバーといえるでしょう。

12Lのボトルをバスケットに入れて押し込むだけの簡単な手順で水の交換ができますので、水の交換による肉体的な負担が大きく軽減されます。

ケガの心配などもなくなるので、女性や高齢の方でも安心して使える点が高評価を得ており、グッドデザイン賞を受賞した経歴もあります。

フレシャス dewo:空間をおしゃれに演出するデザイン

フレシャス dewo

フレシャス dewo
月額料金合計 4,697円
水代(24L換算) 4,147円
サーバーレンタル代 550円
その他費用 0円
デザイン
使いやすさ

編集部おすすめポイント

  • 図書館に設置しても気にならないほどの静音設計
  • 3つの省エネ機能で電気代大幅カット
  • 世界的なデザイナーによるおしゃれで使い勝手の良いデザイン性

フレシャス dewoは有名デザイナーがデザインをしている事により、他社と一線を画する高級感のあるスタイリッシュなデザインと機能性を持ったウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーのデザインで後悔したくない方は、フレシャス dewoを選んでおけば良いでしょう。

カラーバリエーションも豊富なので、ご自宅やオフィスの内装に合わせてどのような空間にも溶けこむサーバーが選べるでしょう。

外観と機能性のどちらも重視したいという方にピッタリのウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーをやめた理由や後悔しない選び方まとめ

今回の記事ではウォーターサーバーをやめた理由と、後悔しない選び方について詳しく解説しました。

ウォーターサーバー選びを失敗する理由は様々ですが、問題のポイントを押さえてしっかりと調べることで解決することが可能です。

実際に利用者が解約してしまった事例を参考に、必要な機能に焦点を当ててご自身に合ったサーバーを見つけましょう

記事の後半でご紹介したやめた理由を解決できるおすすめのウォーターサーバーを中心に、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?

当サイト限定!プレミアムウォーター最新キャンペーン!

今月末まで限定!
ギフトカード2,500円をもれなくプレゼント中!

編集部おすすめポイント

  • 非加熱処理の生の天然水が楽しめる
  • 6つの採水地から好みの天然水を選べる
  • 乗り換えで16,500円のキャッシュバック中!
公式サイトを確認

PICKUPウォーターサーバー