ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーは本当に安全?水の安全性や衛生面を詳しく解説

投稿日:

安全性・衛生面を詳しく解説

「ウォーターサーバーを導入したいけど、安全性が心配」
「取り扱っている水や、サーバー内部の衛生面は、本当に大丈夫なの?」

便利なウォーターサーバーですが、検討するにあたって水の衛生面や本体の安全性に問題はないのか、不安に感じる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、ウォーターサーバーの水が安全である根拠や、衛生面を保つシステムについて詳しく解説していきます。

記事の後半では、安全性・衛生面に優れたウォーターサーバーも参考としてご紹介していますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

この記事を読むと分かること

  • 日本の飲料水は厚生労働省による水質基準を達成しなければ販売できない
  • サーバーの転倒やヤケドなどの事故事例はあるので具体的な対策が必要
  • サーバー内の衛生は内部クリーン機能や定期メンテナンスで保たれている
  • 安全性や衛生面に優れたサーバーを選び、定期的に掃除をすることが大切

ウォーターサーバーの水は安全?各メーカーでは水質管理を徹底

水質管理をする人

毎日使用するウォーターサーバーだからこそ、水の安全性が気になるという方も多いのではないでしょうか。

まずは、ウォーターサーバーの水が安全に飲める根拠について解説していきます。

ウォーターサーバーの水が安全に飲める根拠

  • ウォーターサーバーの水は国が定める飲料水の基準をクリアしている
  • 各ウォーターサーバーでは独自の水質管理にも取り組んでいる

ウォーターサーバーの水は国が定める飲料水の基準をクリアしている

「ウォーターサーバーの水は本当に安全なのか」と不安を抱いている人は、多いのではないでしょうか?

結論から言うと、ウォーターサーバーの水は厚生労働省が定めている飲料水の基準をクリアしている安全な飲み物です。

日本で販売される飲料水は、水銀0.0005mg/L以下、鉛0.05mg/L以下といった厳しい水質基準が定められており、基準に達していない飲料水はそもそも販売することができません

つまり、ウォーターサーバーを含め、現在日本で販売されているすべての飲料水は厳しい水質基準をクリアした安全な商品であると言えます。

各ウォーターサーバーでは独自の水質管理にも取り組んでいる

ウォーターサーバーの水は、国が定める厳しい水質基準は勿論、各ウォーターサーバーメーカー独自に設定している水質管理体制があります。

各社の水質管理基準や管理体制については、ホームページで公開されていることが多いです。

中には自社での水質検査だけでなく、第三者機関に検査を依頼しているメーカーもあります。

例えば、食品安全管理制度の国際規格でもある「ISO22000」「FSSC22000」や、厚生労働省の「HACCP」(食品衛生管理システム)を導入しているメーカーもあり、業界全体でも水の安全性に対する意識は高いといえるでしょう。

ウォーターサーバー利用時に気を付けたい事故事例3選

ウォーターサーバー事故事例

ここまでは、ウォーターサーバーで使用されている水が安全である理由についてお伝えしました。

ここからは、ウォーターサーバーによって起こりうる3つの事故事例を解説します。

気を付けたい事故事例3選

  • ウォーターサーバーの転倒事故
  • 子供が勝手にお湯を出してしまうやけど事故
  • 電源コンセントからの漏電・感電

事故事例①:ウォーターサーバーの転倒事故

ウォーターサーバーの事故例で多いのは、本体が転倒し、小さなお子様が挟まれてケガをしてしまうという事例です。

ウォーターサーバーの転倒を防ぐためにはいくつかの方法があり、安全ワイヤーで本体を固定できるタイプのサーバーを選ぶことも、選択肢の一つとしてあげられます。

サーバーの上部にボトルを設置するタイプだと重心が崩れやすいので、ボトルを下部に設置する重心が安定したタイプのサーバーを選ぶこともオススメですね。

もしくは、床置きではなく卓上タイプのウォーターサーバーであれば、コンパクトなサイズなので転倒してケガをするといったリスクは最小限に抑えられるでしょう。

事故事例②:子供が勝手にお湯を出してしまうやけど事故

ウォーターサーバーにはお湯を出す機能がありますが、小さなお子様が誤って操作し体に熱湯を浴びてヤケドをするといったケースもありました。

お子様のヤケドを防ぐには、チャイルドロック機能が搭載されたサーバーを導入するか、もしくは給水ボタンが高い位置に設置されているサーバーを選ぶことをおすすめします。

チャイルドロックの使用はレバーの操作が複雑になるタイプや、本体内部にロック解除ボタンがあるものなど種類が様々ですので、導入前に仕組みを確認しておいた方が良いでしょう。

小さなお子様がいらっしゃる場合は、ウォーターサーバーの子供・赤ちゃんの安全対策3選を徹底解説!で詳しく子供向けの安全対策を解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考
ウォーターサーバー 子供 対策
ウォーターサーバーの子供・赤ちゃんの安全対策3選を徹底解説!

赤ちゃんや小さな子供のウォーターサーバーにからむ事故が増えているためチャイルドロックやガードの設置などの対策が不可欠です。柵をDIYするなどの後付けでできる対策とともに、小さいお子様がいる家庭でも安心に使えるウォーターサーバーも紹介します。

続きを見る

事故事例③:電源コンセントからの漏電・感電

ウォーターサーバーは電化製品ですので、電源コンセントからの漏電や感電が原因で事故やケガに繋がってしまう事例もあります。

コンセント周辺を適切に管理できていない場合、例えばケーブルのカバーが破れていたり、タコ足配線の発熱、ホコリの蓄積によって漏電・感電してしまうケースも想定されるでしょう。

コンセントは低い位置にある事が多いため、小さなお子様が誤って触れて感電しまう可能性が高く、コンセントにカバーをかけたり電源ケーブルが見えないようにしておくなどの工夫が必要ですね。

ウォーターサーバー内部の衛生面は大丈夫?

ウォーターサーバー内部の衛生面

ここまでは、ウォーターサーバーに関連して起こりうる事故や、ケガの事例について取り上げました。

ここからは、ウォーターサーバー内部の気になる衛生面について詳しく解説していきます。

ウォーターサーバーを衛生的に保つ3つの衛生機能

ウォーターサーバー各社では、サーバー内部の衛生面を保つために、内部クリーン機能の搭載や無料の定期メンテナンスのサービスなどを行っています。

サーバー内部の衛生面を保つシステムや、メンテナンスのサービス内容は各社によって異なりますが、ここからは主要なウォーターサーバーに搭載されている3つの機能とメンテナンスサービスについて紹介していきます。

これからのウォーターサーバー選びの参考にしてみてくださいね。

衛生機能①:サーバー内全体を殺菌できる熱水循環機能

一つ目に紹介する衛生機能は、ウォーターサーバーの内部全体を殺菌できる「熱水循環機能」です。

温水タンク内のお湯を冷水タンクやホース内にも定期的に循環させることにより、タンク内を衛生的に保つことができます。

自動で内部を衛生的に保ってくれるため、内部メンテナンスをする手間が無くなるのが多いなメリットと言えるでしょう。 

ただし、熱水がサーバー全体を循環するシステムなので作動中は冷温水を給水することはできません

衛生機能②:低コストで水を殺菌できるUV殺菌機能

2つ目の衛生機能は、タンク内に殺菌効果のある紫外線を放射し水の衛生面を保つ「UV殺菌機能」です。

熱水循環機能と比較すると、UV殺菌機能は除菌しきれていない部分の殺菌が行える点や、低コストで電気代が削減できるなどのメリットがありますね。

また、UV殺菌機能は作動中でも冷温水ともに並行して利用可能な点も、大きなメリットであると言えるでしょう。

衛生機能③:外気からのチリやホコリを防ぐエアフィルター

3つ目に紹介する衛生機能は、外気からのチリやホコリを防ぐ「エアフィルター」機能です。

水が傷んだり、サーバー内部に汚れが発生してしまう原因のひとつは、外気に混じっているチリやホコリに付着している雑菌です。

抗菌加工を施したフィルターを搭載することによって、サーバー内部の衛生状態を保つという仕組みとなっています。

チリやホコリに混じった外気の雑菌による汚れ・カビを予防するため、長く安全に水を使い続けることができるでしょう。

各メーカーではサーバーの定期メンテナンスを提供している

ウォーターサーバーのほとんどのメーカーでは、定期メンテナンスのサービスを提供しています。

ここからは、よくある定期メンテナンスサービスの内容について紹介しますので、それぞれ確認していきましょう。

専門スタッフによる定期メンテナンスサービス・サーバー交換

多くのウォーターサーバーでは、1~2年ごとに専門のスタッフによるメンテナンスが無料で受けられるようになっています。

また、メーカーによってはメンテナンスではなく2年ごとにサーバー本体をまるごと新品に交換してくれるところもありますよ。

ほとんどのウォーターサーバーは、定期的なメンテナンスやウォーターサーバー本体の交換によって衛生的な状態で使用できると言えるでしょう。

定期的にフィルター交換をしてもらえる

ウォーターサーバーは、水のボトルを設置するタイプと水道直結型があり、水道直結型の場合は水を濾過するフィルターの交換を行ってくれます。

交換の頻度はメーカーによって異なりますが、数カ月から1年ごとに新しい浄水フィルターが自宅に届き、基本的に配送料はかかりません。

浄水の要であるフィルターも定期的に交換してもらえるため、衛生面も心配することなく使い続けることが可能です。

安全性・衛生面に優れたおすすめウォーターサーバーランキング3選

ウォーターサーバーおすすめランキング衛生面

ウォーターサーバーに付随しているサーバー本体のメンテナンスや、フィルター交換のサービスについて解説しました。

ここからは、安全性や衛生面に優れているおすすめのウォーターサーバー3選をランキング形式でそれぞれご紹介します。

安全性・衛生面に優れたおすすめウォーターサーバー

第1位:フレシャス dewo

フレシャス dewo

フレシャス dewo
月額料金 4,697円
水代(24L換算) 4,147円
サーバー代 550円
電気代 330円~
安全性
衛生機能

編集部おすすめポイント

  • 世界的デザイナーによるおしゃれなデザインはどんな部屋にも馴染む
  • エコモードやスリープモードにより最大70%の節電ができる
  • キッズデザインアワードで経済産業大臣賞を受賞!子育て家族も安心

フレシャス dewoは、転倒・やけど防止といった安全性や衛生面の全てにおいて優れており最もおすすめできるウォーターサーバーです。

安全面においてはワイヤーで転倒を防止することができますし、給水ボタンは小さいお子様には届きにくい高い位置に設置されているため、ケガやヤケドの心配もなく安心して使うことができるでしょう。

衛生面については、熱水循環システムによって内部を常に清潔に維持し、エアレス構造によって空気中の雑菌が触れないような仕組みとなっています。

また、静音設計になっているため、稼働中でも図書館にも置けるレベルの静かな音しか出ませんので、1人暮らしの部屋や寝室等どこにでも置ける利便性の高さも魅力的ですね。

参考
フレシャス 口コミ 評判 ウォーターサーバー メリット デメリット
フレシャスの口コミは良い?悪い評判から分かるデメリットや特徴

この記事では、フレシャスのウォーターサーバーの水や良い口コミ・悪い評判、サーバーのサイズや各料金などについてご紹介しています。また、使う前に知りたいメリット・デメリットや解約金についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

続きを見る

第2位:コスモウォーター Smartプラス

コスモウォーター Smartプラス

コスモウォーター Smartプラス
月額料金 4,104円
水代(24L換算) 4,104円
サーバー代 0円
電気代 474円~
安全性
衛生機能

編集部おすすめポイント

  • 汲み上げてから48時間以内の新鮮な天然水が自宅に届く
  • お子様の年齢に合わせて調整できる3段階チャイルドロックで安心
  • ボトルはサーバー足元設置なのでサーバーが安定して転倒リスクを軽減できる

コスモウォーター Smartプラスも安全性や衛生面のすべてにおいて優れたウォーターサーバーです。

3つの異なるモードを設定できる「チャイルドロック」が搭載されていて、お子様の成長に合わせてチャイルドロックを選んで使うことができるでしょう。

また、外気の雑菌を防ぐ「クリーンエア機能」や熱水を循環させて殺菌する「クリーンサイクル機能」が搭載されているなど、衛生面において隙のない設計がされている点も特徴的ですね。

水ボトルは、足元に設置するタイプなので重心が安定しており転倒のリスクが低く、女性や高齢の方でも簡単に水の交換ができるというメリットもあります。

参考
コスモウォーター 口コミ 評判
コスモウォーターの口コミはどう?使って分かったメリット・デメリット

コスモウォーターの利用を考えている方は、事前に利用者の口コミ・評判を知っておきたいですよね。この記事では、実際にコスモウォーターを利用して分かった口コミや悪い評判、メリット・デメリット、サーバーの種類やサイズなどの情報を徹底解説しています。

続きを見る

第3位:プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER
月額料金 5,333円
水代(24L換算) 4,233円
サーバー代 1,100円
電気代 670円~
安全性
衛生機能

編集部おすすめポイント

  • スッキリとした上質なデザイン性が空間をランクアップしてくれる
  • 天然水の美味しさを守るために非加熱殺菌でお届け
  • LINEや公式アプリから手軽に水の追加注文や配達日の変更ができる

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATERも安全性と衛生面の全てにおいて優れた設計となっており、ボトルを下部に設置するタイプなので本体の転倒リスクが少ないウォーターサーバーです。

本体背面の上部にチャイルドロックスイッチが付いており、冷水のボタンを3秒押すことでお湯が出る仕組みなど、小さなお子様がいるご家庭でも安心して使える安全性に優れた設計となっています。

熱水を循環し殺菌する「加熱クリーンシステム」と、外気が入りづらい本体設計により雑菌の繁殖を予防するため衛生面においても心配ありません。

また、マムクラブという子育てにお得な料金プランも提供しているので、小さなお子様がいるご家庭にはピッタリではないでしょうか?

参考
プレミアムウォーター 口コミ 評判
プレミアムウォーターの口コミは?評判やデメリットなどを徹底解説

この記事では、数あるウォーターサーバーの中でも人気が高いプレミアムウォーターの口コミや悪い評判などをご紹介しています。また、サーバーごとの電気代や解約金、引っ越し時のサーバー交換対応なども詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください!

続きを見る

ウォーターサーバーの安全性・衛生面を守るためにできる3つのこと

安全性・衛生面を守るためにできること

最後に、ウォーターサーバーの安全性や衛生面を守るために個人でできる3つのポイントを解説します。

ウォーターサーバーの安全性・衛生面を守るためにできる3つのこと

  1. 安全性・衛生面の機能が高いウォーターサーバーを選ぶ
  2. 定期的に給水口周辺を自分で掃除する
  3. ウォーターサーバーの設置場所や周辺環境を考える

対策①:安全性・衛生面の機能が高いウォーターサーバーを選ぶ

安全性や衛生面を守るために個人で行える最も効果の高い方法は、納得できる機能性を持ったウォーターサーバーを選択することでしょう。

小さなお子様がいらっしゃるのであれば、転倒リスクの低いボトルを下部に設置するタイプのサーバーや、チャイルドロックが優れているサーバーを選ぶことで事故やケガのリスクを最小限に抑えられます。

衛生面が気になる方は、本体内部で自動クリーニングを行う機能が付いているサーバーや、雑菌やホコリを防ぐフィルターが搭載されたウォーターサーバーがおすすめです。

気になるウォーターサーバーがあれば、まずは、チャイルドロックと衛生機能がどういったものが搭載されているのか確認するようにしましょう。

先に紹介したウォーターサーバー以外にも、除菌機能があるウォーターサーバーはウォーターサーバーの衛生面ってどうなの?除菌機能があるサーバー5選で紹介しているので気になる方はご覧ください。

参考
ウォーターサーバー 衛生面
ウォーターサーバーの衛生面ってどうなの?除菌機能があるサーバー5選

この記事では、ウォーターサーバーの気になる衛生面についてまとめています。雑菌の繁殖を防ぐには、除菌機能やメンテナンスが充実したサーバーを選ぶのがポイントです。定期的な掃除がめんどくさい方におすすめサーバーも紹介するので、ぜひご覧ください!

続きを見る

対策②:定期的に給水口周辺を自分で掃除する

給水口周辺を自分で掃除する

水は、空気中の雑菌やホコリが混入することで、雑菌が繁殖しやすくなります。

ボトル内は密封されているので問題ありませんが、ウォーターサーバーの給水口は水滴が付着しているため雑菌が繁殖しやすく、こまめな掃除をすることが大切です。

小さなお子様が直接給水口を触ってしまったり、コップの飲み口の雑菌が給水口に付着してしまうことも考えられます。

そのため、定期的な掃除を行うことで長く安全にウォーターサーバーを使い続けることができますよ。

ウォーターサーバーの掃除の仕方に関しては、ウォーターサーバーの掃除方法4選!自宅で衛生的に使う方法を解説で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

参考
ウォーターサーバー 掃除 衛生的 メンテナンス
ウォーターサーバーの掃除方法4選!自宅で衛生的に使う方法を解説

この記事では、ウォーターサーバーの正しい掃除方法について解説しています。アルコールやブラシを使ったお手軽な掃除方法から、めんどくさいお手入れの頻度を減らすポイントまでご紹介していますので、自宅にウォーターサーバーがある方は必見です。

続きを見る

対策③:ウォーターサーバーの設置場所や周辺環境を考える

ウォーターサーバーの設置場所や環境を考えることで、事故やケガなどを未然に防げる可能性は大きく高まるでしょう。

もし小さなお子様がいらっしゃるご家庭でしたら、お子様が勝手にサーバーを触れるような場所に置かないことや、本体の周りにベビーガードを設置することで接触を回避することができます。

また、設置場所の床は平らで平行な場所を選び、カーペットと床との段差や傾斜のある場所への設置は避けるようにしましょう。

水の衛生面が心配な場合は、水のボトルが直射日光に触れない場所に設置することで雑菌繁殖リスクを軽減することができます。

ウォーターサーバーの設置場所についてはウォーターサーバーの置き場所はどこがおすすめ?注意点や設置事例の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考
ウォーターサーバー 置き場所
ウォーターサーバーの置き場所はどこがおすすめ?注意点や設置事例

この記事では、ウォーターサーバーのおすすめの置き場所について詳しく解説しています。寝室やリビングへの設置事例についてやサーバーを設置する際の注意点、一人暮らしで置き場所がない方におすすめなウォーターサーバーや風水についてもご紹介しています。

続きを見る

ウォーターサーバーは本当に安全?水の安全性や衛生面情報まとめ

今回の記事では、ウォーターサーバーの安全性や衛生面に関する情報を解説しました。

日本の飲料水は厳しい水質基準をクリアしなければ販売できませんし、メーカによっても独自の水質管理を行っており水の安全性の高さは心配ありません。

熱水循環やUV殺菌システム、エアフィルターなどの機能が搭載されているサーバーもありますし、定期的にスタッフによるメンテナンスや本体の交換を行っているメーカーもあります。

最後に、安全性や衛生面に優れたウォーターサーバーをご紹介しましたので、気になる方はぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

HAMA

日々家族の健康を考える30代の主婦です。家族でミネラル豊富な水を飲む習慣ができないかと様々なウォーターサーバーを試しています。美味しくて、お料理なんかにも使い勝手のいいウォーターサーバーを主婦目線で分析します!

-ウォーターサーバーのコラム
-, ,

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.