ウォーターサーバー比較ランキング

炭酸水を作れるウォーターサーバーおすすめ3社!安いメーカーは?

投稿日:

炭酸水 ウォーターサーバー

炭酸水はそのまま飲むだけでなく、お酒を割ったり料理、掃除にも使えるので、炭酸水が作れるウォーターサーバーの利用者が増えています。

そこで今回は炭酸水が作れるウォーターサーバー3社で機能やサービス等を徹底比較し、それぞれどんな人におすすめなのか解説します。

後半では炭酸水メーカーとの比較や、ウォーターサーバーを導入した際に掛かる費用などについても分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読むと分かること

  • 炭酸水が作れるウォーターサーバー3選
  • 炭酸水ウォーターサーバーと炭酸水メーカーの比較
  • 炭酸水ウォーターサーバーの仕組み
  • 炭酸水ウォーターサーバーにかかるコスト

炭酸水が作れるウォーターサーバー3選

炭酸水が作れるウォーターサーバー3選

それでは早速炭酸水が作れるウォーターサーバーを紹介していきます。

2022年現在、炭酸水が作れるウォーターサーバーはキララウォーター、クリクラ、日光の雫の3つしかありません。

それぞれ炭酸水の作り方やサーバーの特徴にも違いがあるので、ぜひじっくりとご覧ください。

炭酸水ウォーターサーバーの水代や月額など比較一覧表

キララウォーター
SmartServer
キララウォーターサーバー
クリクラ
Shuwa
クリクラマルチサーバーShuwa
日光の雫
炭酸水専用サーバー
日光の雫炭酸水専用サーバー
月額料金
カートリッジ代別
5,431円 5,160円 3,000円
水代(24L) 4,111円 2,960円 2,400円
サーバー代 1,320円 2,200円 600円
カートリッジ代 4,290円
(9.8L×6本)
3,850円
(10L×5本)
1,280円
(68L×1本)
公式サイト キララウォーター
公式サイト
クリクラ
公式サイト
日光の雫
公式サイト

炭酸水が作れるウォーターサーバー

  • キララウォーター SmartServer
  • クリクラ Shuwa
  • 日光の雫 炭酸水専用サーバー

キララウォーター SmartServer

キララウォーター SmartServer

キララウォーターサーバー

おすすめポイント

  • 奥行18cmで置きやすいスマートでおしゃれなデザイン
  • 炭酸シェイカーで富士山の天然水から、自分好みの強さの炭酸水を作れる
  • 毎日自動で熱水循環してくれるオートクリーンシステムで衛生的

月額料金
(水代+サーバー代)
5,431円
水代(24L換算) 4,111円
サーバーレンタル代 1,320円
カートリッジ代
(都度購入)
4,290円(9.8L×6本)
炭酸水の作り方 炭酸シェイカーを手で振る
水の種類 天然水
カラー ホワイト/ブラック/ピンク
最低利用期間/解約金 1年プラン/5,500円
2年プラン/14,300円
3年プラン/19,800円
製品詳細 取扱説明書

キララウォーター SmartServerは、富士山の天然水を利用した炭酸水が飲めるウォーターサーバーです。

専用の炭酸シェイカーにウォーターサーバーから冷水を入れ、お好きな回数をシェイクするだけで簡単に炭酸水が作ることができます。

5.8Lパックが使用されているため水の交換も楽になっており、飲み切った後は折りたたんで自宅で廃棄できるので、後処理の気楽さも魅力のひとつです。

また、チャイルドロック機能や毎日自動で熱水循環してくれるオートクリーン機能が搭載されていますので、小さなお子様がいるご家庭でも便利で安心してご利用いただけます。

富士山の麓の天然水には「美のミネラル」と称されるシリカや健康維持に欠かせないバナジウムなど希少なミネラルも豊富に含まれているので、機能性だけでなく美容や健康のために水を飲みたいという方からも人気です。

新規契約時にお得に手に入れたい炭酸シェイカーと炭酸カートリッジ

キララ炭酸水オプション

キララウォーター SmartServerでは、新規契約時のみ炭酸シェイカーと炭酸水カートリッジをセットでお得に購入できる「炭酸水をお楽しみいただくためのオプション」が提供されいています。

新規契約時を逃すとオプション価格では購入できないので、炭酸水生活をはじめるためにもぜひ利用されることをおすすめします。

新規契約時のみ 炭酸シェイカー+
炭酸ガスカートリッジ
4,400円
新規契約時以降 炭酸シェイカー 2,750円
炭酸ガスカートリッジ 定期契約:3,960円
通常価格:4,290円

クリクラ Shuwa

クリクラ Shuwa

クリクラマルチサーバーShuwa

おすすめポイント

  • ボタン一つで平均3.5GVの炭酸水を自宅で製造できる
  • 再加熱機能で90℃の温水も利用できる
  • 冷水タンクはUV殺菌ユニット搭載で衛生面でも安心
  • 水の購入ノルマなしでマイペースに注文できる

月額料金
(水代+サーバー代)
5,120円
水代(24L換算) 2,920円
サーバーレンタル代 2,200円
カートリッジ代
(都度購入)
3,850円(10L×5本)
炭酸水の作り方 サーバー内で自動で炭酸ガスが混ざる
水の種類 RO水
カラー ホワイト&ブラック
最低利用期間/解約金 1年/12,100円
製品詳細

クリクラ Shuwaは安全性に優れたRO水で作る炭酸水が楽しめるウォーターサーバーです。

RO水は原水に含まれる不純物や雑菌を除去しつつもミネラルを追加しているので、低コストで安全ながら美味しい炭酸水を作ることができます。

キララウォーターSmartServerのように専用の炭酸シェイカーで炭酸水を作るのではなく、ボタン操作だけで炭酸水が飲めるので、ほんの一口だけ飲みたいというときでも気兼ねなく使うことができます。

特に再加熱機能で90℃の温水が出せたり、UV殺菌ユニット搭載で衛生面も安心して利用できるなど高機能で使い勝手もいいウォーターサーバーと言えるでしょう。

そして、クリクラShuwaは水の購入ノルマが無いため、無理なく自分のペースで使えます。消費量が少ない一人暮らしの方にも気軽に始めていただけるのも魅力的なポイントです。

クリクラShuwaの口コミは良い?評判や炭酸水を飲める機能を紹介

この記事では、炭酸水が飲めるマルチサーバー「クリクラShuwa」の口コミや評判から分かるメリット・デメリットを紹介しています。クリクラShuwaの本体サイズから月額料金、電気代に至るまで解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

日光の雫 炭酸水専用サーバー

日光の雫 炭酸水専用サーバー

日光の雫炭酸水専用サーバー

おすすめポイント

  • 大容量炭酸カートリッジで1L119円で炭酸水が作れる
  • 冷水の温度調整・炭酸ガスの濃度調整ができる
  • いつでも無料の修理・メンテナンスが受けられる
  • 解約金なしで気軽に始められる

月額料金
(水代+サーバー代)
3,000円
水代(24L換算) 2,400円
サーバーレンタル代 600円
カートリッジ代
(都度購入)
1,280円(68L×1本)
炭酸水の作り方 サーバー内で自動で炭酸ガスが混ざる
水の種類 天然水
カラー グレー
最低利用期間/解約金 なし
製品詳細 取扱説明書

日光の雫 炭酸水専用サーバーは日光山系に降った雨が長い時間を掛けて濾過された、高品質な天然水を使用しています。

メリットは何といってもコストパフォーマンスの高さで、1Lあたり119円で炭酸水を楽しむことができる点です。

炭酸水が飲めるキララウォーターやクリクラのウォーターサーバーと比べても、月額料金が3,000円程度に抑えられるのは魅力的ですね。

また、炭酸水が飲めないウォーターサーバーの中でも安価な方と言えるので、気軽に始める事ができるウォーターサーバーと言えるでしょう。

炭酸水ウォーターサーバーと炭酸水メーカーを比較

炭酸水ウォーターサーバーと炭酸水メーカーの比較

ここまでは炭酸水を自宅で手軽に作れる3つのウォーターサーバーの特徴などを解説しました。

しかし炭酸水を自宅で作りたい方の中には、ソーダストリームなどの炭酸水メーカーの購入を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは炭酸水ウォーターサーバーと炭酸水メーカーそれぞれのメリットやデメリットを比較しつつ、どちらが優れているのか紹介していきます。

炭酸水ウォーターサーバーとメーカーの料金目安

炭酸水ウォーターサーバー 炭酸水メーカー
水代 定期購入 都度購入
サーバー本体 レンタル 買取
本体サイズ 大型 卓上型
ガス代1Lあたり 19~77円 72~176円

炭酸水1L辺りの精製料金ではウォーターサーバーの方が圧倒的に安いようです。

炭酸水ウォーターサーバーの特徴やメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 天然水でいつでも炭酸水を作れる
  • 温水と冷水を欲しいときにすぐ使える
  • 初期費用が掛からない
  • 炭酸強度を調節できる
  • 電気代や水代など一定の費用が掛かる
  • ご自宅によっては設置場所に悩むケースがある

炭酸水ウォーターサーバーのメリット・デメリットを比較してみると「安価に美味しい炭酸水が飲めて、便利な機能を使いたい」と考えている方には、炭酸水のウォーターサーバーが向いていると言えるでしょう。

また炭酸水ウォーターサーバーは炭酸水だけでなく、美味しい冷水や熱湯を24時間自由に飲めるというウォーターサーバーそのもののメリットもあります。

一々お湯を沸かすこと無く、ふとした時にすぐにお湯が使える便利さは、生活全般の利便性を向上させてくれるでしょう。

炭酸水メーカーの特徴やメリット・デメリット

メリット デメリット
  • ウォーターサーバーと比較して省スペースで置き場に困らない
  • 好きな水で炭酸水が作れる
  • ウォーターサーバーより維持費が安い
  • 初期費用が掛かる
  • 水を専用ボトルに入れて機材にセットするなど手間が少し掛かる

炭酸水メーカーのメリット・デメリットを見てみると、ウォーターサーバーと大きく異なるのは料金体系です。

ウォーターサーバーは毎月一定の料金は発生しますが、炭酸水メーカーであれば初期費用が掛かるものの、電気代などの維持費は安いです。

「ウォーターサーバーはいらないから、単に自宅で炭酸水を作れればいい」という方は炭酸水メーカーの方が向いているでしょう。

500mlあたり18円で炭酸水が作れる

炭酸水が作れるウォーターサーバーの仕組み

炭酸水の作り方

ご存じの方の多いと思いますが、炭酸水は水に炭酸ガスを混ぜ合わせることで作ることができます。

ウォーターサーバータイプと炭酸シェイカータイプの2パターンがありますので、それぞれ分かりやすく解説します。

本体から炭酸水を出すサーバーの仕組み

「日光の雫 炭酸水専用サーバー」「クリクラ Shuwa」のような本体から炭酸水が出るサーバーは、本体の中で水と炭酸ガスを混ぜてから給水されます。

自分で炭酸ガスを混ぜる必要がないのがメリットで、サーバーから給水する段階では炭酸水ができ上がっているので余計な手間が掛からず便利です。

「日光の雫 炭酸水専用サーバー」では炭酸の強度も調整できるので、好みに合った炭酸水をすぐに使えるのは非常に良いでしょう。

炭酸シェイカーを使うサーバーの仕組み

手で降って炭酸水をつくるシェイカー

「キララウォーター SmartServer」は、炭酸シェイカーに水と炭酸ガスを入れて「振る」ことで、ガスを混ぜ合わせて炭酸水を作ります。

ウォーターサーバーから直接炭酸水が給水されるタイプではないので、一旦水をシェイカーに移す手間が発生してしまうのが難点です。

ただシェイクする回数が増える程炭酸強度は強くなりますので、炭酸強度を好みのレベルに調節することができます。

シェイクする手間はありますが、お子様がいるご家庭ではシャカシャカとふって自分で炭酸水を作ることを楽しんでいるという声も多いです。

炭酸水ウォーターサーバーの導入にかかるコストを解説

炭酸水のウォーターサーバーにかかるコスト

実際に炭酸水ウォーターサーバーを導入するとなった場合に、コストがどれくらいかかるのか気になりますよね。

炭酸水ウォーターサーバーの料金は主に「サーバーレンタル料金、水代、炭酸ガスのカートリッジ代」の3つから構成されていますので、それぞれ目安となる金額を解説します。

炭酸水ウォーターサーバー3選の料金一覧表

キララウォーター クリクラ 日光の雫
月額料金
(炭酸カートリッジ代別)
5,431円 5,160円 2,800円
サーバーレンタル代 1,320円 2,200円 600円
水代(24L) 4,111円 2,960円 2,400円
炭酸カートリッジ代 4,290円
(9.8L×6本)
3,850円
(10L×5本)
1,280円
(68L×1本)
炭酸カートリッジ代(1L換算) 73円 77円 19円
水代(1L換算) 171円 123円 100円
炭酸+水代(1L換算) 244円 200円 119円

サーバーレンタルの料金

炭酸水が作れるウォーターサーバーは、レンタル代として毎月600円~2,200円を目安に費用が発生します。

普通のウォーターサーバーはサーバーレンタル代が無料ということも多いですが、炭酸水を作れるウォーターサーバーは3社ともサーバーレンタル代が必要です。

これは一般的な冷温水機能のみのウォーターサーバーに炭酸水を作る機能が付いているため、その分だけサーバー本体のコストが上がっているためです。

ちなみに「日光の雫 炭酸水専用サーバー」がレンタル代600円と業界で最安値となっております。

水の料金

水代は利用するウォーターサーバーによって幅がありますが、目安として24Lで2,400~4,100円ほどかかります。

500ml辺りの値段にすると50円~なので、コンビニで炭酸水を買うよりは安価になります。

ウォーターサーバーは炭酸水の原水となる水が優れており、出来立てで新鮮なので美味しさでは市販の炭酸水を凌駕しているでしょう。

水には注文ノルマがあるので注意

「キララウォーター SmartServer」と「日光の雫 炭酸水専用サーバー」では毎月水の注文ノルマが2本と設定されている点には注意が必要です。

ただ水のノルマは24Lほどであり、炭酸水だけでなく飲水や料理にも使えるので、2人暮らし以上であれば意識せずとも消費することが可能です。

そのため、消費し切れなかった場合の心配は特にする必要はないでしょう。

3人家族以上だと、何も考えずに使っていると足りなくなる可能性の方が高いです。

ちなみに注文ノルマがあっても1ヶ月であれば配送を無料で停止することも可能ですので、一人暮らしで水の消費量が心配な方も配送ペースを調整すれば安心です。

炭酸カートリッジの料金

炭酸水ウォーターサーバーでは炭酸水を作る為、炭酸ガスが入った炭酸カートリッジの購入も必要です。

これは炭酸水メーカーでも必要になってくる費用で、目安として1ヶ月に1,000円ほどかかります。

ただ各ご家庭で炭酸ガスの消費量が大きく異なり、サーバーレンタル代や水代のように毎月必要な訳ではないので、あくまでも目安と考えて下さい。

水はほぼ飲まず炭酸水を飲む家庭と、1日1杯しか炭酸水を飲まない家庭ではガスの消費量が大きく変わってくるので、カートリッジ式もかなり変わってくるでしょう。

1Lあたりの炭酸ガス代の目安は19~77円と少し幅はありますが、水代を合わせてもスーパーで炭酸水を買うのと同じかそれ以下の値段で利用できるでしょう。

キララウォーターSmartServerのみ、別途炭酸水シェイカーも必要です。新規の契約時に限りカートリッジとシェイカーを2つ合わせてお得に購入できるプランがありますので、はじめに購入しておくのがオススメです。

炭酸水ウォーターサーバーに関するよくある質問

炭酸水のよくある質問

最後に、炭酸水ウォーターサーバーに関するよくある質問について詳しくご紹介していきます。

炭酸水ウォーターサーバーに関するよくある質問

  • 水道直結型の炭酸水ウォーターサーバーはありますか?
  • コンパクトな卓上型の炭酸水ウォーターサーバーはありますか?
  • 炭酸水ウォーターサーバーでコーヒーは作れますか?

水道直結型の炭酸水ウォーターサーバーはありますか?

現時点で水道水を利用する水道直結型の炭酸水ウォーターサーバーはありません

通常の冷水・温水機能のみのウォーターサーバーであれば水道直結型のタイプも存在しますが、炭酸水が作れるタイプとなると現時点では宅配水型のウォーターサーバーのみとなります。

コンパクトな卓上型の炭酸水ウォーターサーバーはありますか?

現状では、卓上型の炭酸水ウォーターサーバーはありません

卓上型ではありませんが、今回ご紹介した3機種の中ではキララウォーターSmartServerが奥行18センチでコンパクトです。

ご自宅のレイアウトなどの関係で置き場所に悩みそうな方は、省スペースで使用できるキララウォーターSmartServerをオススメします。

炭酸水ウォーターサーバーでコーヒーは作れますか?

「わざわざお湯を沸かさなくてもすぐにコーヒーが飲める」というメリットに惹かれてウォーターサーバーを検討されている方は多いです。

ウォーターサーバーブランドの中にはボタンを押すだけでドリップコーヒーが飲めるウォーターサーバーもありますが、現在では炭酸水ウォーターサーバーの中にはドリップコーヒーが抽出される機能を持ち合わせたウォーターサーバーはありません。

しかし、温水機能は付いているのでお湯を注いでできるコーヒーやカップラーメンなどは作ることが可能です。

ニーズ別におすすめの炭酸水ウォーターサーバーを紹介

サーバーごとにおすすめしたい人

それぞれのサーバーごとに特徴とメリットについて解説してきましたが、「結局のところ、どのサーバーを選べばいいか分からない」という方に向けて、改めて紹介した3つのサーバーがどんな人にオススメかを解説していきます。

炭酸水が飲めるウォーターサーバーの中から、ご自身にあったものを選んで下さい

ニーズ別におすすめの炭酸水サーバー

  • 炭酸水シェイカーを使うかサーバーから炭酸水を直接出せるか
  • ウォーターサーバーの機能と料金のバランス
  • 自宅がサービス対象エリアに入っているか

自分好みの炭酸強度の炭酸水を飲みたい:キララウォーター

キララウォーター SmartServer

キララウォーター SmartServerは炭酸水シェイカーを使って自分好みの炭酸強度を作りたい方におすすめのウォーターサーバーです。

専用の炭酸シェイカーにウォーターサーバーから冷水を入れ、お好きな回数をシェイクするだけで簡単に炭酸水が作れます。

お好みに合わせて弱炭酸から強炭酸まで調整ができるので、飲み物の種類によって炭酸の強さを変えられるのが嬉しいポイントです。

料金は決して安くありませんが、その分熱水循環による衛生面への安心感や、5.8Lの水パックを使用することによる水交換の楽さなど快適に使える機能や仕様が充実しています。

3つのウォーターサーバーの中では唯一日本全国をサービス対応エリアとしているので、地方にお住まいの方はキララウォーター一択となるでしょう。

ノルマを気にせず炭酸水を飲みたい:クリクラ Shuwa

クリクラ Shuwa

クリクラ Shuwaは、ボタンを押せば炭酸水が出る手軽さや、安価なRO水でコストパフォーマンスが高い全体的にバランスのいいウォーターサーバーです。

先ほど解説したように毎月のサーバーレンタル代が発生する代わりに、水の注文ノルマはありません

毎月決められた量の水が送られてきて消費に困るということはなく、自分のペースで使いたいという方におすすめです。

ただし、現時点でクリクラShuwaは東京、埼玉、神奈川、千葉の一部の地域のみがサービス対応エリアとなっているため、注意が必要でしょう。

とにかく安く炭酸水を飲みたい:日光の雫

日光の雫 炭酸水専用サーバー

日光の雫 炭酸水専用サーバーは、ウォーターサーバーの中で炭酸ガスが混ざりあい、ボタン一つで天然水の炭酸水を楽しむことができます。

キララウォーターやクリクラに比べて圧倒的に安い料金設定なので、手軽に炭酸水を作ることができるコストパフォーマンスの高さが魅力です。

ただし対応エリアは東京、埼玉、栃木、群馬の一都三県に限定されていますので、配達エリアにお住まいの方で、なるべく低価格で定期的に炭酸水を利用したいという方にオススメです。

低価格で利用できる分、デザイン性や機能面は他の2者に見劣りしていまいますが、「とにかく炭酸水が飲めればよい」という方にはピッタリですね。

炭酸水を作れるおすすめウォーターサーバー3社比較まとめ

今回の記事では炭酸水を作れるウォーターサーバー3社の特徴とメリット・デメリット、また炭酸水が作れるウォーターサーバーと炭酸水メーカーとの比較を紹介しました。

炭酸水ウォーターサーバーと炭酸水メーカーのどちらを導入するか迷われている方は、美味しい炭酸水と便利な機能を取るか、コストを削減して炭酸水の機能を一本に絞るのかといった点が大きな焦点になるでしょう。

毎日の様に炭酸水を飲むご家庭であれば、温水・冷水機能だけでなく炭酸水を作れる機能があるウォーターサーバーがおすすめでしょう。

炭酸水を作れるウォーターサーバーは3つしかありませんが、それぞれサーバー内のクリーン機能や、自分で炭酸の強度を調整できるかなどそれぞれ特徴がありますので、ぜひこの機会にご家庭にあったウォーターサーバーを見つけてみて下さい。

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.