水でコーヒーの味はどれくらい違う?硬度や水の選び方まで徹底解説

「おいしいコーヒーが飲みたい」と思ったら、豆や抽出方法にこだわるのはもちろんのことですが水にこだわることも重要です。

実はコーヒーの名店や有名なバリスタほど、コーヒー豆以外に水にもこだわっているほど、水でコーヒーの味は大きく変わってきます。

今回はコーヒーを淹れる上で欠かすことのできない水について、風味に与える影響を科学的に解説しつつ、水の硬度や成分によってコーヒーの味がどれくらい変化するのかや、水の選び方について徹底解説していきます。

この記事を読むと分かること

  • 水の硬度とコーヒーの関係
  • コーヒーに合わせた水の選び方
  • コーヒーにおすすめの水の種類

水でコーヒーの味はどれくらい違う?

結論から言うと、水の種類や硬度、成分のバランスによってコーヒーの味は全く別物といっていいくらい違ってきます。

これはコーヒーの内、およそお98%~99%を水が占めているためで、今や世界中のバリスタが水の重要性を認識しています。

普通のコーヒーであれば、実は全体でコーヒーの成分は1~2%ほどしか無く、濃さで有名なエスプレッソですらコーヒー成分の割合は10%ほどです。

コーヒーの大半は水でできていることを考えれば、自然と水がどれだけ味を左右するかも分かるでしょう。

コーヒー豆の産地や焙煎で水との相性が決まる

また、水でコーヒーの味が大きく変わる条件として、コーヒー豆の産地や焙煎の方法も関係しています。

コーヒー豆は基本的に、コーヒーを飲む地域の水に最適化された焙煎をしているので、異なる国の水を使用すると想定と異なる酸味や苦味が抽出されてしまうのです。

例えばドイツで飲むことを前提に、ドイツの水(硬水)での抽出を前提に焙煎されたコーヒーを、日本の軟水の水道水で抽出してしまうと、本来と全く異なる味になってしまいます。

これはワールドバリスタチャンピオンの「井崎英典」さんも説明しています。

参考:https://diamond.jp/articles/-/227077

以上のことからも、コーヒーの味は水で大きく違ってくると言えるでしょう。

最も美味しいコーヒーを飲むには、豆に応じて適切な硬度、成分バランスの水を選んであげる必要があります。

コーヒーと水の硬度の関係

コーヒー

水の硬度でコーヒーの味が大きく変わる

最初にも少し触れた水の硬度とは、簡単に言うとカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分の量です。

ミネラル成分が少ない水は軟水、ミネラルが多い水は硬水となり、その中間程度の水は「中硬水」となります。

硬度 水の分類
60度以下 軟水
60~120度以下 中硬水
120~180度以下 硬水
180度以上 非常な硬水

※WHOによる硬度の目安

水に含まれるミネラルとコーヒーとの関係性を理解せずには、美味しいコーヒーを淹れることができないでしょう。

ミネラル分がコーヒーの風味に与える影響

ミネラル成分の内、カルシウムはコーヒーの濃さや舌ざわりなどに左右し、マグネシウムは酸味などのフレーバーを引き出す役目を持っています。

ただ、同じ軟水でも採水地でミネラル成分の割合やバランスが大きく異なるので、硬度が同じでも違い水で抽出すると味わいはまったく異なります。

コーヒーは同じ豆を使用していても淹れかたや水一つで味に大きな差が生まれるので、自分好みの風味が出る水と豆の組み合わせを探してみても良いでしょう。

コーヒーにおすすめなのは軟水や中硬水

お茶や紅茶であれば軟水がおすすめとされていますが、日本で飲むコーヒーにおすすめなのは硬度の低い軟水から中硬水である場合が多いです。

これは、日本で流通している豆は、軟水~中硬水が主な日本の水で抽出することを前提にした焙煎がされているからです。

また、ミネラルがあまり含まれていない分、水の中にあるスペースがコーヒー成分の抽出に使用されるため、味の起伏などがわかりやすくなるとされています。

逆に海外から輸入した豆であれば、日本の水よりも、海外のミネラルウォーターで抽出した方が、設計した通りの味わいが楽しめる可能性が高いでしょう。

硬水と軟水の違いについてはWHOの基準においてさらに細かく区分されており、下記の記事内で詳しく解説しているので、気になる方はこちらも参考にしてください。

硬度が高い水は日本の豆には不向きな場合がある

一般的に、日本の水に合わせて焙煎されたコーヒーを、硬度の高い硬水で抽出すると苦みなどが強く出てしまうので不向きです。

特に硬水の中でも極めて硬度の高い水の場合、鉄分と結合して舌触りまで硬く濁ったような風味になるので使用するべきではないとされています。

硬度がゼロに近い超軟水もコーヒーには不向き

軟水はコーヒーに向いているとお話しましたが、きわめて硬度が低く、ミネラル分をほとんど含んでいない「超軟水」は逆に不向きであることが多いので注意して下さい。

これはコーヒーを上手く抽出するにはある程度のミネラルがあった方が良いので、軟水といってもミネラル分がほとんどないとかえって風味を損なってしまうためです。

コーヒーをプロファイル通りの風味で淹れるのであれば、程よくミネラルの含まれた硬度の水がおすすめと言えるのではないでしょうか。

コーヒーの味と水の温度の関係

温度が高いほど苦味や酸味が抽出されやすい

一般的にコーヒーはお湯の温度が高ければ高いほど、クロロゲン酸やトリゴネリン、そしてカフェインが抽出されやすいので、苦味や酸味が強くなってしまいます。

これは水の温度が高いと溶解力(物を溶かす力)が強くなるためで、温度が高いと傾向として浅煎りの豆が酸味が、深煎りの豆は苦味が強く出やすいです。

ここだけ見ると、酸味が強いコーヒーが好きな方は沸騰しきった高温の水を使えば好みのコーヒーが飲めると思うかもしれません。

しかし実際は温度が高すぎると苦味や酸味のバランスが崩壊してしまい、美味しいコーヒーにとって致命的な雑味まで抽出されてしまいます。

そのため、コーヒーは豆や好みに合わせて下記80℃~90℃の水で抽出するのが、もっともおすすめです。

最適な温度は80℃~90℃の豆が多い

多くのコーヒーでは、80℃~90℃で抽出した時に、最も雑味がなく、プロファイルで想定した酸味や苦味が抽出されるように設計されています。

この範囲内であれば、飲んでみて好みで温度を変更しても良いでしょう。

同じ水かつ同じ豆でコーヒーを淹れても、80℃と90℃では味わいに結構な差が出るので、違いを楽しんでみるのもおすすめです。

後述していますが、ウォーターサーバーの温水機能はこの80℃~90℃にドンピシャで該当しており、機種によっては好みの温度に設定することもできます。

ウォーターサーバーは水も高品質な天然水を使用しており、ボタンひとつで24時間お湯が出せるので、コーヒーを飲むために一々お湯を沸かす必要がなくなるのも長所です。

当サイト限定!プレミアムウォーター最新キャンペーン!

今月末まで限定!
ギフトカード2,500円をもれなくプレゼント中!

編集部おすすめポイント

  • 非加熱処理の生の天然水が楽しめる
  • 6つの採水地から好みの天然水を選べる
  • 乗り換えで16,500円のキャッシュバック中!
公式サイトを確認

コーヒーに合わせて水を選ぶ方法

コーヒー 水の選び方

ここまでお話した通り、全てのコーヒーに最適な水は存在せず、豆や自分の好みによって異なる硬度やミネラルバランスの水を使うことで、コーヒーをより楽しむ一歩となります。

そこで、ここからはコーヒーにおすすめの水を選び方を紹介していきます。

お気に入りの豆に様々な水を使って一番好みのものを選ぶ

コーヒーに使う水を選ぶ際に最もおすすめなのが、一種類の豆を様々な水で淹れて、一番美味しいと感じるものを探す方法です。

人によって、どんな風味のコーヒーが好きなのかは異なるので、色々な水を試すことで自分好みの味が見つかるでしょう。

そして美味しいと思える水が見つかったら、その水を選ぶようにしましょう。

豆に合わせて水を選ぶ

次に豆に合わせて水を選ぶのもおすすめです。

前述した通り豆の産地や製造している国によって、相性の良い水が大きく変わってきます。

逆に言えばその豆の産地や焙煎にあった水を選べば、味覚や水温による差はありますが一般的に美味しいとされる味わいのコーヒーが出来やすいでしょう。

例えば「深入りの豆なら硬度の高い水を選ぶ」、「国内で焙煎されたものなら軟水を選ぶ」とすると良いでしょう。

コーヒー豆についての知識が必要になるためハードルは少し高いですが、美味しいコーヒーと出会いやすい方法でもあります。

水道水で美味しいコーヒーは淹れられる?

結論から言えば日本の水道水は軟水で飲用にも適しているので、工夫次第で美味しいコーヒーを淹れることができます。

しかし、水道水をそのまま使用するとカルキ臭などでコーヒーの香りや風味を阻害してしまうため、塩素や薬品類を抜く処理をするのがコツです。

主な方法は浄水器を使用したり、水道水を10分以上沸騰させてからコーヒーの抽出に使用するものがあります。

ちなみにコーヒーに水道水を使用する倍はある程度二酸化炭素を含んでいる方が良いため、電気ケトルなどを使用するより鍋ややかんで沸騰させた方がおすすめです。

コーヒーにおすすめの水を紹介

サントリー天然水

サントリー天然水は、日本で最も入手しやすいミネラルウォーターでありながら、深煎りから浅煎りまで美味しく抽出できる優秀な水です。

世界的に有名なバリスタも愛用しているほどで、ネット通販であれば比較的安価に入手できるのでコスパも良好です。

コーヒーの水にこだわる方は、とりあえず最初はサントリー天然水からお試ししておけば間違いないでしょう。

ただし、サントリー天然水は購入する地域で硬度やミネラルのバランスが大きく異なり、特に九州地域の水は他より硬度が2倍以上高いので、豆によっては相性が悪いので注意が必要です。

クリスタルガイザー(外国産)

クリスタルガイザーは海外産のミネラルウォーターでありながら硬度は38mg/Lの軟水で、しかも比較的入手しやすいというメリットがあります。

海外産だけあってマグネシウムの含有量が国内の軟水よりも多いので、豆の酸味や輪郭をよく抽出してくれます。

特に浅煎りの豆や、ゲイシャ種のようなコーヒーの抽出とは好相性とされており、おすすめです。

軟水のウォーターサーバーの天然水

また、国産のウォーターサーバーに使われている天然水も、コーヒーの抽出において非常に優秀です。

ウォーターサーバーは多くのメーカーが品質に独自のこだわりを持っており、名水として名高い土地を採水地にしています。

そのため、ウォーターサーバーの水は適度なミネラルを含みつつ非常に豊かな味わいになっており、コーヒー本来の風味を存分に引き出してくれるでしょう。

ウォーターサーバーはコーヒー好きにメリットが多い

また、ウォーターサーバーはお茶やコーヒーの抽出に最適な、80℃~93℃のお湯を24時間いつでも簡単に給水できるのも特徴です。

そのため、初心者が淹れても最適な温度により美味しいコーヒーが作りやすく、お湯を沸かす必要もないのでコーヒーを淹れる時間を大幅に短縮できるでしょう。

水自体が高品質な天然水で、そこにコーヒーに最適な温度のお湯が加われば、出来上がるコーヒーの味も自然と上質なものになるでしょう。

コーヒーにおすすめの水が飲めるウォーターサーバーランキング

プレミアムウォーター

プレミアムウォータートップページ

プレミアムウォーターはプレミアムウォーター株式会社が提供しているウォーターサーバーです。

天然水に高コストの非加熱処理を行っているのが特徴で、市販のミネラルウォーターにはない生のお水のおいしさを楽しめます。

基本情報

水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ
ボトル容量 7L・12L
注文ノルマ 1ヵ月24L(2本)~

※7LはずっとPREMIUMプランの場合

料金・費用

水代(12L×2本) 4,233円(基本プラン)
水500ml当たりの料金 88円
レンタル料 無料~1,100円
電気代 510円/月~
月額料金 24L換算 4,233円~

良い口コミ・評判

天然水は8箇所の採水地が用意されており、そこから自分好みの水を選ぶことが可能です。

そのため、最初は富士山の天然水でコーヒーを淹れてみて、次は阿蘇の天然水でコーヒーを淹れて味を比較するなんてこともできます。

温水機能が搭載されているのでお湯を沸かす必要がなく、いつでもコーヒーに最適な温度のお湯が出せるのもメリットです。

フレシャス

フレシャストップページ

フレシャスは富士山の銘水株式会社が提供するウォーターサーバーです。

天然水宅配型と水道水浄水型の2種類のサーバーを提供していますが、コーヒー好きなら天然水サーバー一択となるでしょう。

基本情報

水の種類 天然水・水道水浄水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ
ボトル容量 4.7L・7.2L・9.3L
注文ノルマ パック:1注文4パック(18.8~28.8L)
ボトル:1注文2本(18.6L)

料金・費用

水代 天然水:4,104円(24L換算)※
浄水型:1L約0.2円
水500ml当たりの料金 86円(天然水)
レンタル料 無料~550円
電気代 ※330円~
月額料金目安 4,104~4,604円

※dewo・朝霧高原の場合

口コミ・評判

プレミアムウォーターと同じく複数の採水地から水を選べるのが特徴で、富士山で採水されるフレシャス富士、バナジウムが豊富なフレシャス朝霧高原、長野県のフレシャス木曽から、自分好みの水を選べます。

フレシャスにも温水機能は搭載されている他、節電機能や軽量ボトルといったユーザーに嬉しい機能が数多く用意されています。

そのため、フレシャスもコーヒー好きで水にこだわる方には非常におすすめのウォーターサーバーです。

コスモウォーター

コスモウォータートップページ

コスモウォーターは株式会社コスモライフが提供するウォーターサーバーです。

特徴は採水された天然水を即座にボトリングして、48時間以内に出荷している点で、汲みたての新鮮な天然水を飲めます。

一般的に流通しているペットボトルの天然水は採水されてからかなりの時間が経過しているので、新鮮な天然水にしかない美味しさを感じられるでしょう。

基本情報

水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ
ボトル容量 12L
注文ノルマ 1ヵ月24L(2本)~

料金・費用

水代(12L×2本) 4,104円~
水500ml当たりの料金 86円~
レンタル料 無料
電気代 400円~
月額料金 24L換算 4,104円~

良い口コミ・評判

利用者からも水の味の評価は高く、新鮮な天然水で淹れたコーヒーがまずい訳ありませんので、コスモウォーターもおすすめのサーバーとなっています。

ぜひ1度、汲みたての天然水で淹れた最高の一杯を味わって下さい。

当サイトでおすすめのウォーターサーバーは、以下の記事にて詳しく解説しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

コーヒーと水の関係や硬度での味の違いまとめ

今回はコーヒーを淹れる上で欠かすことのできない、水が風味に与える影響や水の選び方について解説しました。

コーヒーの美味しさは豆の種類や煎り方、ドリップの方法でも大きく左右されますが、大部分を占める水によっても大きく風味が変わります。

豆や自分の好み、飲み方に合わせて水の種類を変えてみたり、新しい挑戦をすることでコーヒーの魅力はさらに広がり、もっとコーヒーが好きになること間違いなしです。

ぜひ一度、コーヒーに合わせて水を変えたり、高品質な天然水が使えるウォーターサーバーを導入してみると良いでしょう。

PICKUPウォーターサーバー

本記事の作成における参照元

PICKUPウォーターサーバー