水に関するコラム

硬水を飲み続ける効果は?軟水との違いや体にいいのはどっちか解説!

更新日:

硬水 飲みすぎ

飲用水の記載を見ると、硬水だとか軟水だとかの記載が目に留まりますよね。

私たちが普段水道水などで慣れ親しんでいる水は軟水となっており、それこそ硬水に触れる機会は海外旅行などで硬水のミネラルウォーターを購入したときくらいしかありません。

そんな硬水は、適量飲むことで多くの健康や美容効果を得られますが、飲みすぎてしまうと体に大きな負担をかけてしまいます。

今回は、硬水を飲みすぎると身体にどんな負担を与えるのか?硬水を過剰摂取したときの身体への影響をまとめました。

\お得なキャンペーン情報/

今なら公式サイト限定で「のむシリカ」が1本150円!

飲むシリカ

「本当に効果のあるシリカ水を試してみたい」という方は、97mg/Lという世界トップクラスのシリカ含有量を誇る奇跡の水「霧島天然水のむシリカ」が最もおすすめです!

のむシリカは、俳優の城田優さんやアナウンサーの宇垣美里さんなど多数の芸能人・有名人も愛飲しており、累計販売数4,500万本を突破した大人気のナチュラルミネラルウォーター。

シリカだけでなくカルシウム・マグネシウム含有量も「3:1」という黄金比なので、継続して飲むことで美容や健康に良い効果を期待することができます。

今なら公式サイト限定で1本あたり150円でお試しできる20%オフキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

\1秒に1本売れてます!/

この記事を読むと分かること

  • 硬水は適正量摂取することで健康効果や美容効果が得られる
  • 硬水に含まれている大量のミネラルが内蔵機能への負担になる
  • 結石と硬水の関連性は証明されておらず、むしろ硬水が結石を防ぐ効果を持つ

硬水を飲み続ける効果は?

硬水過剰摂取

便秘解消の効果が期待できる

硬水を飲み続ける効果として最も代表的なのが、豊富に含まれたミネラルやマグネシウムによる、便秘解消効果が期待できることです。

中でもマグネシウムは下剤にも使わることのある成分ですので、便秘で悩んでいる方は硬水を飲んでみると良いでしょう。

ダイエット効果が期待できる

また、硬水は脂肪の吸収を抑えるカルシウムイオンが含まれているため、上述した便秘解消の効果と合わせることでダイエットの効果も期待できます。

カルシウムイオンは体内への吸収率が高いことでも有名なので、お水を飲むだけで痩せたいという方にも硬水はおすすめです。

動脈硬化や生活習慣病の予防効果が期待できる

硬水はミネラルやマグネシウムが血液をサラサラにしてくれる事から、動脈硬化や生活習慣病の予防効果も期待できます。

一般的には心筋梗塞や脳梗塞といった病気への予防効果が期待されていると言われています。

硬水と軟水の違いを徹底比較

硬水 軟水の違いを比較

一番は硬度(ミネラル含有量)の違い

分類 硬度
軟水 0〜100mg/L
中硬水 101〜300mg/L
硬水 301〜1000mg/L
超硬水 1001mg/L以上

硬水と軟水を分ける最大の違いは硬度、つまりミネラルの含有量です。

硬度が低い順に硬度が101mg/Lから300mg/Lのものを中硬水、301mg/lから1000mg/Lのものを硬水、1001mg/Lより高い硬度のものを超硬水と呼びます。

硬度、といっても物理的な硬さではなく、水の中に含まれるマグネシウムなどのミネラルの多さのことを指しており、ミネラルの含有量が高いほど硬度が高くなります。

沖縄などの極一部の地域を除き日本の水道から出る水は軟水ですが、慣れない人が急に硬水を飲むと後述する腹痛や下痢などの症状を引き起こす可能性があるでしょう。

【最新版】ウォーターサーバー7社のミネラルや硬度を徹底比較!

本記事では、ウォーターサーバー各社が提供する水のミネラルや硬度を比較表を用いて詳しく解説しています。ミネラル豊富な天然水・ミネラルウォーターや安全性の高いRO水などの水の特徴を解説し、水質別におすすめのウォーターサーバーもご紹介します。

向いている用途が違う

軟水なら和食が向いている

日本人が古くから親しんできた和食は、日本の水事情によく適したものとなっています。

米を炊いたり出汁をとる場合には癖のなくマイルドな軟水が特におすすめで、これは軟水が風味に影響を与えないだけでなく柔らかく炊き上げるのに適しているためです。

軟水を使用すると、出汁がおいしくとれるので煮物によく味をしみこませることができたり、米をふっくらと炊き上げたりすることが出来ますよ。

緑茶も軟水が向いている

飲み物によって硬水と軟水を使い分けることは、よりその飲み物の魅力をあげることにつながります。

例えば緑茶は軟水で淹れることでよりお茶独特の味わいを楽しむことが出来ます。

ちなみに紅茶の場合は水に敏感であるためこだわるとキリがありませんが、比較的条件としては日本の水道水がミネラル濃度として適していると言えるでしょう。

コーヒーであれば軟水で淹れた場合は酸味が引き立ちマイルドに、硬水で入れた場合は苦味が強くなるため豆の特徴に合わせて使いわけることがおすすめです。

洋食や肉料理には硬水が向いている

西洋諸国では硬水がベーシックな水であるため、パスタやビーフシチューといった洋食や肉の煮込み料理などは硬水を使うのがおすすめです。

パスタを茹でる水に硬水を使うと、水に含まれるミネラルがでんぷんと結びつき麺にコシが出ます。

ちなみに普段パスタを茹でる際に塩を入れますが、これは軟水に不足したミネラル分を補給して麺にコシを出すためでもあります。

特に肉料理などは、硬水に含まれるミネラルの一つであるカルシウムが肉を固くする成分と結びつくため、肉が柔らかく臭みもなくなるため特におすすめでしょう!

パエリアやチャーハンなどは米を使いますが、和食の米と違い粘り気なくぱらっとした炊きあがりになることが望ましいため硬水で炊くとよりおいしく仕上がります

参考
水 健康 美容
水を飲むと健康効果がある?美容・健康におすすめの水と正しい飲み方

水を飲むと健康や肌に良いとよく言いますが、実は日本人によく馴染みのある軟水より硬水の方がデトックス効果が高くダイエットという面でもよりおすすめです。今回は水分補給で得られる健康効果や美容効果のほかにも、おすすめの水をまとめました。

続きを見る

硬水と軟水で飲み続けると体にいいのはどっち?

ミネラルを豊富に含む硬水の方が体には良い

体に良いとされているのは、硬水です。

硬水は、軟水とは異なり口当たりが重く、苦みや独特の風味が特徴的で、適量摂取することで日常生活において不足しがちなミネラル分の補給が手軽に出来るため、健康の保持増進のためにも適量摂取することが推奨されます。

軟水と違い、硬水に多く含まれるミネラルのうちカルシウムやマグネシウムには、血液の流れを手助けし動脈硬化の予防、心筋梗塞や脳梗塞のリスク軽減といった効果が期待できるので、高い健康効果を期待できるでしょう。

さらに、マグネシウムには胃腸を刺激し活性化する効果や便を柔らかくする作用もあるため、便秘の解消も期待されています。

硬水を飲むことで得られる効果については、硬水を飲むことで得られる効果とは?ダイエットや肌への効果を紹介でも詳しく解説しています。

参考
硬水 効果
硬水を飲むことで得られる効果とは?ダイエットや肌への効果を紹介

この記事では、硬水を飲むことで得られるダイエットや便秘解消、肌への美容・健康効果などについて詳しく解説しています。また、硬水の正しい選び方や飲む前に知りたいデメリット、おすすめ硬水5選もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

続きを見る

軟水は効果は少ないが体への負担も少ない

軟水は非常に口当たりがよく、大人から小さな子供までどんな人でも飲むことができるマイルドな水であることが特徴です。

硬水と違い飲むことで得られる効果はこれといって挙げることは難しいのですが、体内外への刺激が少なく風味のクセもないので「毎日2L飲む」といった水分量を摂取するのに向いています

また、コーヒーや紅茶、繊細な風味を主とする料理などを作るのにも向いていて、赤ちゃんのミルク作りにも使用できるなど凡庸性の高さも特徴の一つでしょう。

軟水といってもミネラルが含まれているので、胃腸の弱い人や小さな子供がミネラル分を補給するのにも最適です。

硬水を飲み続けるデメリットや注意点

体質によっては飲みたくてもあまり飲めない

硬水は体質などによっても摂取できる量が異なるため、軟水のように水分補給の一環としてただ飲む、ということができないのが難点といえるかもしれません。

ある程度硬水に慣れていれば市販の硬水ミネラルウォーターを飲むことも可能でしょうが、硬水の風味に不慣れであったり、体質的に大量に飲むと下痢をしてしまう場合にはそうもいきませんよね。

そこでおすすめなのが、料理や飲み物によって使い分けることです。

料理や飲み物によって軟水や硬水のそれぞれに適したものがあり、最適な水を使用することによって風味が引き立ち、魅力をさらに深く感じられる上に、胃腸への負担を軽減しながら硬水を摂取することもできますよ。

飲みすぎによる身体への負担が心配な方は「中硬水」がおすすめ!

 

「硬水の美容・健康効果は実感したいけど、副作用が心配…」という方は、しっかりとミネラル補給しつつも身体への影響が少ない中硬水がおすすめです!

中硬水はちょうど軟水と硬水の中間に分類される水となっており、身体への影響は抑えつつ、美容・健康にも良い効果があるという軟水と硬水の良いとこどりをしたような水です。

そんな中硬水の中でも、大きな美容・健康効果を期待できると多数の芸能人・有名人にも愛飲されているのが「霧島天然水のむシリカ」。

のむシリカは、世界でも有数の名水地として有名な宮崎県霧島連山にて採水されているナチュラルミネラルウォーターであり、人間が健康的な生活を送るために必要不可欠なシリカをはじめとしたミネラルがたっぷりと含まれている天然水です!

累計販売数4,500万本を突破する大人気商品となっており、今なら通常価格から20%オフの1本150円でお試し購入できるので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください!

腹痛や下痢を起こしやすい

胃腸が弱い人

硬水を飲み続けると、下痢や腹痛に繋がる人がいるのも注意点です。

外務省のホームページ上でも注意勧告がされるように、日本人が海外旅行した際に水道水などをそのまま飲んで体調を崩す例が後を絶ちません。

これは水の安全が確保されていないことに加えて、海外の多くが水道水が硬水であることが原因とされています。

日本人は体質的に硬水が合わないことも多く、急に多くの硬水を摂取してしまうとお腹を壊したり体調を崩してしまうことが多いです。

なお水道水が飲める国ランキングトップ5!日本の水道水は危険?内でランキングにしている国のように、海外でも日本人が問題なく水道水を飲むことのできる国もあるため、ひとまとめに海外の水が危険というわけでは決してありません。

参考
水道水が飲める国ランキングトップ5!日本の水道水は危険?

日本では水道水を普通に飲むことができますが、海外の多くの国では水道水を飲むことは大変危険。そこで今回は、水道水が飲める国ランキングを作成し、安心・安全においしい水道水が飲める国を硬水・軟水などの情報と合わせて紹介していきます。

続きを見る

硬水を飲み続けると体に悪いとされる理由

ミネラルが豊富だから

硬水には、カルシウムやマグネシウムをはじめとする多くのミネラルが含まれています。

それらのミネラルは腎臓で処理されるのですが、日本人の腎臓は普段から多くのミネラルを処理する訳ではないため、急激にミネラルの処理量が増えると負担がかかってしまいます

この腎臓への負担は健康な成人であれば特に問題はないのですが、身体の小さな子供であるとか内蔵の弱い人などは十分にミネラルの処理ができず毒となってしまうのです。

それに加え、胃腸を刺激し活性化する効果や便を柔らかくする作用を持つマグネシウムがお腹を壊してしまう原因にもなります。

硬水が結石を引き起こす噂があるから

硬水を原因にしてよく挙げられる病気の一つに、腎結石や尿管結石があります。

結石自体は腎臓に生じた時点では無害といえますが、結石が尿道などに移動することによって血尿や痛み、吐き気、石の排出といった症状が発生します。

カルシウムなどを多く含む硬水によって引き起こされていると考えられている結石、実は硬水の摂取との因果関係はないとされています。

むしろ硬水を摂取することによってシュウ酸が腸管から吸収されるのを妨げ、結石の形成を抑えるとも考えられているようです。

ミネラルウォーターは体に悪い?天然水の副作用やリスクを徹底解説

ミネラルウォーターが「体に悪い」「体に良くない」といった噂の真偽を徹底調査しました。水の飲み過ぎによる水中毒やミネラルによって引き起こされる下痢などの症状の他、ペットボトルの物質が水に溶け込んでいるという話についても分かりやすく解説します。

続きを見る

海外産の硬水ミネラルウォーターは飲んでも大丈夫なの?

コンビニやスーパーで販売されている水を見てみると、日本産の軟水ミネラルウォーターだけでなく海外産の硬水ミネラルウォーターがありますよね。

海外産の硬水ミネラルウォーターというと、豊富にミネラルを含んでいて硬水を飲みなれた人しか買えないように思えてしまいます。

実はコンビニなどで市販されている海外産の硬水ミネラルウォーターは飲みやすくミネラル分が調整されているため、海外産と銘打っていても日本人の体質や味覚に合わせてミネラル分が少なくなっています

そのため海外で水道水を飲んでしまうのとは違ってひどくお腹を壊してしまう、ということはありません。

【2022年最新】コンビニのおすすめ硬水ランキング4選

エビアン、コントレックス、ファミマ限定宮崎県霧島といったコンビニで買えるおすすめの硬水の特徴や値段、ランキングを徹底解説。硬水のミネラルウォーターを飲むことで期待できるダイエット効果や、超硬水などお水の分類基準についても解説しています。

続きを見る

体の負担を軽減し美容・健康効果を感じたいなら中硬水がおすすめ

硬水 飲みすぎ

ご紹介したように、ミネラル分を多く含む硬水は美容や健康に非常に良い効果がありますが、多くの量を飲みすぎるとお腹を壊してしまう方もいらっしゃいます。

そこでおすすめなのが、軟水の飲みやすさ・体への負担の少なさもありつつ、ミネラルも適度に含む「中硬水」を飲むことです。

中硬水であればカルシウムやマグネシウム、サルフェートなどの美容や健康効果があるミネラルを体内に取り入れることができ、かつお腹を壊してしまうなどのデメリット・副作用がほとんどありません

健康に良いミネラルを継続して取り入れつつ、身体への負担を軽減したい方は中硬水を飲むことをぜひおすすめします!

中硬水なら多数の芸能人も愛飲する「のむシリカ」がおすすめ!

 

 

中硬水の中でも、城田優さんをはじめとした多数の有名人・芸能人が愛飲している「のむシリカ」が最もおすすめです!

のむシリカはカルシウムとマグネシウムが「2:1」の理想的な黄金比率となっており、最も効率的に体内に取り入れられる比率となっています。

また、人間の美容や健康に大きく影響する美のミネラル「シリカ」が97mg/Lと世界トップクラスに含まれているので、いつまでも美しくありたい女性には特におすすめ。

公式サイトであれば通常価格から20%オフの1本150円という最安値で購入できるので、ぜひこの機会に「のむシリカ」を日常生活に取り入れ、美容や健康に悩まない生活を実現してみてください!

硬水を飲み続ける効果や軟水と体にいいのはどっちかまとめ

今回は、硬水を飲みすぎると身体にどんな負担を与えるのか、軟水と体にいいのかはどっちかも合わせて紹介しました。

硬水は適量摂取することで身体の健康などを保持増進する効果が期待されていますが、過剰に摂取してしまうと胃腸に大きな負担をかけ、お腹を壊してしまったり体調を崩してしまうことにつながります。

しかし、よく言われるような「硬水を飲むことで腎結石や尿管結石の原因になる」という話は科学的な裏打ちがされておらず、むしろ硬水によって結石の形成を抑える効果が期待されることが今回わかりました。

硬水を飲むことで得られる健康や美容の効果は非常に大きく、身体の小さな子供や胃腸が特に弱い体質でない限り、ある程度の量を摂取するのはむしろおすすめでしょう!

本記事の作成における参照元

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.