水に関するコラム

放射能が心配ならウォーターサーバーがおすすめ!水道水は放射性物質がある

更新日:

水 放射能 除去

水の安全について考えると、放射能汚染を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

水道水に含まれる塩素といった積み重なることで害を与えるかもしれない物質とは違い、たとえ微量であっても確実に人体に害を与える放射能ですが、自然に発生するものや人の手によって発生するものなどと種類があります。

そしてその危険な放射能は、実は水道水などに含まれていることがあり、水に含まれた放射能は残念ながら除去することができません

今回は、水に含まれた放射能を除去することが出来るのか調査し、安全な飲用水を確保するための方法について紹介します。

\お得なキャンペーン情報/

今なら公式サイト限定で「のむシリカ」が1本150円!

飲むシリカ

「本当に効果のあるシリカ水を試してみたい」という方は、97mg/Lという世界トップクラスのシリカ含有量を誇る奇跡の水「霧島天然水のむシリカ」が最もおすすめです!

のむシリカは、俳優の城田優さんやアナウンサーの宇垣美里さんなど多数の芸能人・有名人も愛飲しており、累計販売数4,500万本を突破した大人気のナチュラルミネラルウォーター。

シリカだけでなくカルシウム・マグネシウム含有量も「3:1」という黄金比なので、継続して飲むことで美容や健康に良い効果を期待することができます。

今なら公式サイト限定で1本あたり150円でお試しできる20%オフキャンペーンを実施しているので、気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

\1秒に1本売れてます!/

この記事を読むと分かること

  • 水道水には放射性物質が含まれている
  • 水道水に含まれている放射能は健康を害するほどの量ではない
  • 安全を重視するならウォーターサーバーに代替すべき

水道水には放射性物質(放射能)が含まれているって本当?

水道水には放射性物質が含まれている

水道水 放射能

東日本大震災が発生した3月11日以降、東京を始めとした多くの地域の水道水に放射性セシウム等の放射性物質が含まれるようになりました。

そのため、原発事故以降、放射能汚染について考える方も増えたと思います。

食べ物、住環境の全てに細心の注意を払うことが日常となり、健康のためにも飲み物の安全について考える必要がありますよね。

危険物質というと塩素であるとか、赤さびであるとかそういった体内で大量に蓄積されることで危険となるような物質の他にも、少量の蓄積で大きな健康被害を与えるような物質まで種類は豊富なのですが、放射能は後者にカテゴライズすることが出来ます。

水道水に含まれる放射能はほぼ除去されている

厚生労働省の基準では、凝集沈殿・砂ろ過処理・塩素と活性炭の併用処理によって多少の放射能除去・減少に効果があるとされていますが、全国各地の浄水処理施設においてはこれらの処理が行われていることがほとんどであるため、原水に含まれる天然の放射能はここである程度除去することが出来ます

そして家庭に供給される水道水に含まれる極めて微量な放射能は、健康に害を与える程度ではないことが検査で証明されているため、いたずらに怯える必要はないといえるでしょう。

地域によっては、月一回程度のペースで浄水場の原水や水道水にセシウムやヨウ素の検査を行っています。

水道水に含まれる放射性物質(放射能)を除去する方法

結論からいうと家庭で煮沸などの手段を講じたとしても、放射性物質の核種であるセシウム134と137、ヨウ素131は除去することはほぼ不可能です。

浄水器のろ過装置では役不足であり、また水の沸騰温度よりもセシウムやヨウ素の沸点が高いためです。

一部、高性能な浄水器であればセシウムの一部を吸着させることで除去することはできますが、浄水器の設置コストや完全に除去できるわけではない事を考えると不安が残るでしょう。

いくら健康に影響がない範囲であると言われても、放射能が少しでも含まれているとなるとなんだか怖いですよね。

水道水 沸騰
水道水は沸騰させると危険!安全に飲むなら煮沸時間を10分取るべき

日本の水道水はそのまま飲むことができますが、少しでも飲みやすくしたい場合や、赤ちゃんに安全な水をあげたいあるいは健康の保持増進のために飲み水に気を付けている場合には沸騰させることがおすすめ。今回は水道水を沸騰させる理想的な時間を紹介します。

続きを見る

ウォーターサーバーなら放射性物質だけでなくその他の有害物質も無し

水の安全

水道水に含まれる除去することのできない放射能は、大人が飲む分には人体に影響がないとはいえ、小さな子供やお年寄りが飲むのだとすれば危険である可能性だって否定できませんよね。

水道水の危険性について紹介した記事にもあるように、水道水には塩素や総トリハロメタンなどの放射能以外の危険な物質も含まれています。

水道水 危険
水道水を飲むのは危険?水道水に含まれる危険物質と安全な飲み方を紹介

「危険物質が含まれているから水道水を飲むのは危険」という嘘か本当かわからない話を耳にしたことはありませんか?日常生活に欠かせない水道水について、本当に危険なのか解説し、さらに水道水に含まれる危険物質や安全な水を飲む方法などを紹介します。

続きを見る

これらの「危険物質」は、直接的に人体に健康被害を与える程度の量ではありません。

しかしこれらの物質や放射能は、赤ちゃんや小さな子供、お年寄りが摂取するともしかしたら危険であることは否定できません

どちらも併せて避けるためにも、ウォーターサーバーを導入したり、飲用水をミネラルウォーターで代替することも、選択肢として検討する価値は十分にあります。

放射性物質が不安な人におすすめのウォーターサーバー

ウォーターサーバーは種類が豊富過ぎてどれを選べばいいかわからない…という悩みを持つ方は少なくありません。

MizuCool編集部ではライフスタイルや経済状況などに合わせてウォーターサーバーを選ぶことを推奨していて、それに合わせていくつかランキング記事を投稿しています。

ここでは例として、月々のランニングコストを限界まで抑えて快適に利用できるウォーターサーバーと、小さな子供のいる家庭にもおすすめのウォーターサーバーをご紹介していきます!

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター smart

ワンウェイウォーター
月額2,700円
水(24L) 2,700円
月電気代 446円
サーバー代 0円
その他 0円

MizuCool編集部おすすめポイント

  • 業界最安値の月額2,700円(24L使用時)で家計に無理なく使用できる。
  • どこにでも置けるちょうどいいコンパクトなサイズ。

ワンウェイウォーターsmartは、とにかく月々の費用を抑えることのできるウォーターサーバーです。

費用を抑えることはできても水の質が気になる…という方でも安心。

ワンウェイウォーターは天然水から不純物をろ過した体に優しいミネラルウォーターであり、定期的な水質検査も実施されているため安心です。

高い安全性に加えて、省スペースとボトル設置がサーバー下部であることでどんな家庭でも、誰でも簡単に設置することができることが魅力的だと言えます。

フレシャス

フレシャス slat(スラット)

フレシャス slat
月額5,189円
水(24L) 4,199円
月電気代 380円
サーバー代 990円
その他 0円

MizuCool編集部おすすめポイント

  • 安全性の高いチャイルドロック機能が冷水・温水に完備
  • 機能性とデザイン性を合わせ持ったスタイリッシュな機体

フレシャスSlatは、小さな子供のいる家庭におすすめのウォーターサーバーです。

月当たりのコストは少々高めといえるかもしれませんが、水は富士山麓の山梨県富士吉田市の天然水をろ過した高品質な水であり、またサーバー本体の機能性も高いです。

一般的に温水の給水口にのみチャイルドロックがついているサーバーが多い中、フレシャスSlatは冷水の給水口にもチャイルドロックが備わっています。

チャイルドロックはもちろんのこと、給水口自体がサーバーの上部であるため子供の手が届きにくく安全であると言えるでしょう。

フレシャスSlat(スラット)の評判は?口コミから分かったメリット

この記事ではフレシャスSlat(スラット)の口コミから分かる評判やメリット・デメリットについて解説。本体のサイズやエコモードなどの特徴の他、お得な料金で始められるフレシャスのキャンペーン情報などの周辺情報もくまなくお伝えしています。

続きを見る

放射性物質が不安な人は料金だけでウォーターサーバーを選ぶべきではない

ウォーターサーバーを選ぶうえで重要なのはやはり月ごとのランニングコストでしょう。

特に最近のウォーターサーバーは月ごとの料金が安いのに加えてデザイン性も高いものが多く、より取り見取りとさえ言えますよね。

しかしよく考えないでただ安いから、と選ぶと解約時に予想外の出費をすることになったり、あるいは配送にかかる送料により表示価格よりも高価になってしまった!なんてこともあります。

また、安いウォーターサーバーだと放射性物質検査の頻度や項目数が少ない場合もあるので、安全性を重視するなら多少コストが高くても放射性物質の検査を月に1度、3~4項目で実施している会社を選ぶべきでしょう。

ウォーターサーバーを導入することを検討するのであれば、同時にいくつかのサーバーを比較することがおすすめです。

【2022年】ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング15選!比較や選び方も!
近年ウォーターサーバーはどんどん進化を遂げ、どのサーバーを選べばいいかわからないですよね。このページでは料金の安さやデザイン、赤ちゃん向けや一人暮らし向けなどの視点から、おすすめのウォーターサーバーを徹底比較してランキング形式でご紹介!

続きを見る

放射能が心配ならウォーターサーバーがおすすめまとめ

今回は、水に含まれた放射能を除去することが出来るのか調査し、安全な飲用水を確保するための方法について紹介してきました。

日々の健康は飲み水からとされるほどに飲用水の安全は重大な課題であり、また同時に私たちの生活に欠かせないものでもあります。

自身や家族の健康のために、もし現在水道水を飲用としているのであればミネラルウォーターやウォーターサーバーを飲用水として代替しませんか?

ライフスタイルや経済状況などに合わせて選ぶことのできるウォーターサーバーでQOLが向上すると、今までとは違う「新しい生活」が手に入るかもしれませんよ!

ウォーターサーバーのメリット・デメリットや基礎知識を徹底解説

ウォーターサーバーとは何か?という定義や歴史を始め、タイプや大きさ、飲める水の違いなどの基礎知識を分かりやすく解説しています。天然水・RO水・浄水(水道水)の違い、ペットボトルの水を買うよりもメリットが多いという点についても解説しています。

続きを見る

本記事の作成における参照元

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.