ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーの水抜き方法を徹底解説!水抜き後の水は飲める?

更新日:

「ウォーターサーバーの水抜きをしたいけど方法が分からない」
「水抜きした後のウォーターサーバーの水は飲める?」

ウォーターサーバーの水抜き方法がわからないと、お悩みの方も多いのではないでしょうか?

ウォーターサーバーの水抜きには正しい方法があるため、サーバーの故障などのトラブルに繫がらないように注意しながら行う必要があります。

今回はウォーターサーバーの正しい水抜き方法や、水抜き後の水の活用方法について解説します。

ウォーターサーバーの水抜きを予定している方は、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーの水抜きは火傷に注意して、水を出し切ることが大切
  • 引越・長期不在・解約のときにウォーターサーバーの水抜きが必要
  • ウォーターサーバーの水抜き後の水は煮沸すれば飲むことができる

ウォーターサーバーの水抜き方法・手順を徹底解説!

水抜き

ウォーターサーバーの水抜き方法でお悩みの方に、ウォーターサーバーの正しい水抜き方法・手順を徹底解説します。

ウォーターサーバーの故障や怪我を防止し、安全に行うための注意点も合わせてご紹介しますので、ぜひ水抜き作業の参考にしてくださいね。

ウォーターサーバー水抜きの正しい手順

  1. タンク内の水を出し切っておく
  2. 温水スイッチを切りコンセントを抜いておく
  3. サーバー内に残った水を背面から排水する

手順①:タンク内の水を出し切っておく

ウォーターサーバーの水抜き作業は、まずタンクの水を全て出し切ることから始めましょう。

サーバー内に水が残った状態だと配送時の水漏れや故障の原因となるため、冷水・温水共ともにコックから水が出なくなるまで丁寧に排水することを意識してください。

温水を出す時には火傷の危険性があるため、特に小さいお子さんがいる家庭では、水抜き作業を行う周りの環境にも注意しながら行いましょう。

手順②:温水スイッチを切りコンセントを抜いておく

タンクの水を出し切ったら、次に温水スイッチを切りコンセントを抜くようにしてください。

先ほども注意点としてお伝えしましたが、ウォーターサーバーから出る温水は85~90℃の高温で、誤って体にかかった場合火傷を負う危険性があります。

サーバー内の温水が冷めるまでには6時間ほどかかるため、作業を予定している6時間以上前には温水スイッチを切り、あらかじめコンセントを抜いておきましょう。

手順③:サーバー内に残った水を背面から排水する

コックから水を出し切った後もサーバー内には水が残っている可能性があるため、コンセントを抜いて6時間以上経過した後は背面の排水キャップを外してサーバー内の水を排水しましょう。

排水量はサーバーによって異なりますが、想像している以上に大量に排出されることもあり、コップでは溢れてしまう可能性もありますので、お鍋やボウル・バケツなど大きめの器を用意して排水を行うといいでしょう。

コックからの水抜きと同様に、故障やトラブルを防止するため、最後の一滴まで丁寧に出し切りましょう。

温水の排水作業は火傷の危険性をともなう作業になるため、十分に注意して行いましょう。

ウォーターサーバーの水抜きが必要になる3つのケース

引っ越し先

ウォーターサーバーの水抜きが必要になるのは、引っ越し以外にどのようなケースがあるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

基本的には、ウォーターサーバーの電源を切る際に衛生面の問題から水抜きが必要になります。

ここでは、ウォーターサーバーの水抜きが必要となる3つのケースをご紹介します。

水抜きの必要があるシーンとは?

  1. 引越しするとき
  2. 1か月以上不在にする場合
  3. しばらく使わない場合や解約時

ケース①:引越しするとき

まず、水抜きが必要となる代表的なケースが引っ越しです。

利用中のウォーターサーバーをそのまま転居先で使う場合も、新しいサーバーに交換して転居先で利用するため利用中のサーバーをメーカーに返却する場合も、どちらも水抜きが必要となります。

水抜き作業は温水を冷ますのに時間がかかるため、引っ越しの場合は前日までにあらかじめ水抜きを行っておきましょう。

メーカーによっては配送前に水抜きを行ってくれる場合もありますので、引っ越しの予定がある方は事前の水抜きが必要かどうか確認しておくと安心です。

▼あわせて読みたい記事

参考
ウォーターサーバー 引っ越し
ウォーターサーバーの引っ越し方法は?手順や運び方まで徹底解説

ウォーターサーバーの引っ越しを考えている方に運び方や、電話・メールでの業者への依頼手続きを解説しています。サーバー・ボトルの水抜きや梱包の注意事項だけでなく、引っ越しを自分で行う場合の手順などもご紹介するので参考にしてみてください。

続きを見る

ケース②:1か月以上不在にする場合

ウォーターサーバーの水抜きは、1カ月以上不在にする場合にも行う必要があります。

1カ月以上ウォーターサーバーを利用せずにサーバー内の水をそのままにしておくと、雑菌の繁殖によって徐々に衛生状態が悪化して水が痛む可能性があります。

長期間の外出を予定している方は、忘れずに水抜きを行いましょう。

また、2週間程度であれば水抜きは必要ない場合が多いですが、メーカーによって推奨する対処法が異なるので注意してください。

ケース③:しばらく使わない場合や解約時

その他には、しばらく利用をしない場合や解約時にも水抜きが必要です。

長期不在時と同様にしばらく使わないときは、サーバー内に水が残った状態が続くと雑菌の繁殖やウォーターサーバーの故障に繫がるため、必ず水抜きを行いましょう。

ただし電源は入れたままにしておいた方が良いです。

ウォーターサーバー 長期不在
ウォーターサーバーは長期不在でも電源を入れたままで!理由とやるべき事を解説

旅行や出張での長期不在時にウォーターサーバーの衛生面を維持するためのメンテナンス方法を解説しています。長期間使用しない時に必要な水抜きや配送スキップについても解説していますので、ウォーターサーバーをしばらく使わない方にはおすすめの内容です。

続きを見る

解約時はレンタルしているウォーターサーバーを返却する必要があるため、返却前に水抜きし配送可能な状態にしておくことをおすすめします。

また、メーカーによっては専門スタッフが訪問して、水抜きも合わせて行ってもらえる場合もありますので、返却前のお手入れについては解約申し込み時に確認しておくといいでしょう。

▼あわせて読みたい記事

参考
ウォーターサーバーの解約方法に必要な知識
ウォーターサーバーの解約方法は?解約に関する必要な知識を徹底解説

この記事ではウォーターサーバーの解約に関して、最低利用期間と解約金などを解説します。電話で解約する際に確認したいサーバー返却時の水抜きの方法や、解約したい理由やトラブルに対しておすすめのウォーターサーバーも紹介しますので参考にしてください。

続きを見る

水抜き後の水は飲める?水抜き後の水の3つの活用方法

活用

ウォーターサーバーの水抜きを行う前にタンク内の水を最後まで利用できればいいのですが、スムーズに消費できない場合もあるでしょう。

タンク内に水が残っているけど、水抜き後の水は飲めるの?有効的な活用方法はない?など、水抜き後の水の活用方法でお悩みの方におすすめの3つの活用方法をご紹介します。

水抜き前にタンク内に水が残っていても有効活用して、最後まで無駄なく利用してみてくださいね。

水抜き後の活用方法

  1. 植物の水やりに使う
  2. 洗濯・食器洗いなどの家事に使う
  3. 煮沸すれば安心して飲める

活用方法①:植物の水やりに使う

おすすめの活用方法の1つ目は、植物の水やりに利用する方法です。

水抜き後の水を捨ててしまうのはもったいないけれど大量の水は一度には飲めない…とお悩みの方は、植物の水やりであれば無駄なく最後まで水を有効活用できます。

植物の水やりに利用する水であれば、何日かに分けて利用しても問題ありません。

観葉植物を育てている方や、家庭菜園を行っている方におすすめの活用方法でしょう。

活用方法②:洗濯・食器洗いなどの家事に使う

次におすすめの活用方法は、洗濯・食器洗いなどの家事全般に利用する方法です。

洗濯や食器洗いには一度に大量の水が必要ですが、バケツに水抜き後の水を貯めておくことで洗濯や食器のつけ置き洗いにも利用することができるでしょう。

植物の水やりに活用できない方は、水抜き後の水を無駄なく活用できる方法として家事に利用する方法がおすすめです。

活用方法③:煮沸すれば安心して飲める

水抜き後も飲み水として利用したいという方は、煮沸して飲む方法もあります。

水抜き後の水は、そのままの状態で保管しておくと雑菌が繁殖しやすく傷みやすい状態になります。

沸騰させることで衛生面への不安もなく安心して飲むことができるため、お茶を作ったり料理に活用したりと、さまざまなシーンで利用できるでしょう。

美味しいウォーターサーバーの水を最後まで味わって、有効的に利用したい方におすすめです。

▼あわせて読みたい記事

参考
ウォーターサーバー解約余った水をどうすればいい?
ウォーターサーバーを解約したときに余った水はどうすればいい?

この記事では、ウォーターサーバーを解約する際、期限までに使い切ることができなかった余った水の活用方法についてご紹介します。残った水は返却せずに使うことができますが、水を余らせないための対策方法もあわせてご紹介していきます。

続きを見る

【まとめ】ウォーターサーバーの水抜き方法を徹底解説!水抜き後の水は飲める?

今回はウォーターサーバーの水抜き方法や手順、水抜き後の水の活用方法まで幅広くご紹介してきました。

引っ越しや解約、長期不在時には、衛生上ウォーターサーバーの水抜きが必要となり、手順を守ってヤケドに注意しながら水抜きを行う必要があります。

水抜き後の水も廃棄せずに有効活用できる方法があるので、ウォーターサーバーの水抜き後の水が飲めるのか気になっていた方も、本記事を参考にして最後まで無駄なく活用してくださいね。

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.