ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーの初期費用はいくらかかる?導入費用を徹底解説

更新日:

「ウォーターサーバーを導入したいけれど、初期費用はいくらかかるの?」

ウォーターサーバーを利用したいけど、導入時の初期費用がいくらかかるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

初期費用やランニングコストは、ウォーターサーバーの種類によって異なりますが、トータルで費用を抑えてリーズナブルな料金で利用できるサーバーもあります。

今回はウォーターサーバーの初期費用だけでなく、導入後のランニングコストもあわせてご紹介するので、ぜひ最後まで参考にしてみてください!

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーは初期費用無料で利用開始できるメーカーが多い
  • 水道直結型ウォーターサーバーやサーバー購入の場合は初期費用高い
  • 月額費用は、サーバーレンタル代や水代・電気代などが必要となる

ウォーターサーバーの初期費用の目安は?

初期費用の目安は?

初期費用が高そうなイメージがあるウォーターサーバーですが、選択するメーカーやウォーターサーバーの種類によっては初期費用は無料の場合も多いです。

ウォーターサーバーを導入したいけれど、初期費用の詳細が分からないとお悩みの方に、まずはウォーターサーバーの初期費用の目安をお伝えします。

ウォーターサーバーの初期費用の目安は?

  • ウォーターサーバーは初期費用無料のメーカーが多い
  • メーカーや居住地によってはサーバーの配送料が必要
  • 水道直結型のウォーターサーバーは工事費用がかかる
  • サーバー本体を購入する場合は購入費用がかかる場合がある

ウォーターサーバーは初期費用無料のメーカーが多い

ほとんどのウォーターサーバーメーカーでは初期費用を無料にしているケースが多く、月額料金だけで利用することができます。

初回事務登録手数料などで3,000円程度必要な場合やサーバー設置を依頼する場合は別途費用が必要な場合もありますが、高額な初期費用を必要とするケースは非常に少なく、初期費用はほとんどかからないと考えて良いでしょう。

とにかく初期費用を抑えてリーズナブルにウォーターサーバーを始めたいという方は、初期費用が無料のウォーターサーバーを選択するのもいいでしょう。

メーカーや居住地によってはサーバーの配送料が必要

ウォーターサーバーの初期費用として掛かりがちなものと言えばサーバーの配送料です。

また、お住まいの居住地によっては初回のサーバー配送料が必要となる場合もあります。

金額としては2,000円程度とそこまで高くはありませんが、離島などの配送が困難なエリアに住んでいる場合には、サーバー配送料についても事前に確認しておきましょう。

ウォーターサーバー 離島 沖縄
離島・沖縄でも使える人気ウォーターサーバー7選!配送料も解説

この記事では、沖縄や離島でも使える人気のウォーターサーバーおすすめ7選をご紹介しています。沖縄・離島が配送エリアに含まれている格安ウォーターサーバーの情報に加え、水ボトルの配送料やサーバーの選び方などの情報についても詳しく解説していきます。

水道直結型のウォーターサーバーは工事費用がかかる

水道直結型のウォーターサーバーは工事費が必要

自宅の水道水を利用する水道直結型ウォーターサーバーは、水道管とサーバーを繋ぐ工事が必要なため設置時に工事費用がかかります。

一般的にその工事費用は5,000円~10,000円程度ですが、その後は自宅の水を利用するため、ボトルの購入費用がかからず定額制で利用できる点は大きなメリットでしょう。

確かに水道直結型ウォーターサーバーは初期費用が多少かかりますが、ボトル交換が大変だと感じている方や、ランニングコストを抑えて水をたくさん利用したい方におすすめです。

サーバー本体を購入する場合は購入費用がかかる場合がある

レンタルではなくウォーターサーバー本体を購入する場合は、初期費用としてサーバー購入費用がかかります。

メーカーや選択する製品によって購入金額は異なりますが、一般的に50,000円程度が必要でしょう。

一括払いが難しい場合は、分割払いも可能な場合が多いため、購入金額と支払い方法も事前に確認しておくと安心ですね。

ウォーターサーバー 支払い方法
ウォーターサーバーの支払い方法を比較!現金払いやデビットカードに対応してる?

ウォーターサーバーの支払い方法について、クレジットカードやデビットカードを利用している場合の注意点、口座振替や現金払い、キャリア決済などのクレジット以外の支払い方法を解説しています。支払いでマイルが貯まるお得な情報も掲載しています。

続きを見る

長期的な利用であればサーバー購入プランの方がお得

サーバーを購入するプランは、初期費用は高額になりますがその後はレンタル費用がかからず、ボトルをお得に購入できる特典が付いている場合もあります。

長期的な利用を考えている方におすすめです。

▼あわせて読みたい記事

参考
ウォーターサーバー 選ぶ
ウォーターサーバーはレンタルと購入のどちらがいいか比較してみた!

ウォーターサーバーを選ぶならレンタルと購入はどっちがお得なのでしょうか?実はサーバーのレンタルと購入は使い方によってお得になったりならなかったりするんです。この記事ではその理由や、サーバーのレンタルと購入それぞれの特徴などをまとめました。

続きを見る

ウォーターサーバーを導入するとかかるランニングコスト

ランニングコスト

ウォーターサーバーの初期費用について解説しましたが、導入後はボトル代やサーバーレンタル費用、電気代などのランニングコストも必要です。

ここでは、ウォーターサーバーに必要な毎月のランニングコストや費用を抑える方法についても合わせてご紹介しますので、お得に利用したい方はぜひ参考にしてくださいね。

ウォーターサーバーの毎月かかるランニングコスト

ウォーターサーバーのランニングコストは、サーバーレンタル代・水代・配送料・電気代・サポート料等で構成されています。

まず、サーバーのレンタル料金はおよそ0~2,000円程度、水代は12Lボトル1,200~2,000円程度が相場でいずれもメーカーによりかなり幅があるでしょう。

メーカーによっては水の注文ノルマが決められていることも多いため、利用量が少ない方は事前に確認し、使いきれるかどうか計算しておくと安心です。

そして、製品の性能によっても異なりますが、電気代の相場は500~1,000円程度です。電気代を抑えたい方は省エネモード搭載のウォーターサーバーを探す事をおすすめします。

サポート料は無料な場合が多いですが、時には加入が必須のメーカーもありますので、契約前にはしっかり確認しておくと良いでしょう。

さらにくわしく月額費用について知りたい方は、ウォーターサーバーの値段はどれくらい?世帯別の月額料金を徹底比較を参考にしてみてください。

参考
ウォーターサーバーの値段はどれくらい?世帯別の月額料金を徹底比較

この記事ではウォーターサーバーにかかる平均的な値段を、月額料金の内訳とともに解説します。さらに、一人暮らしや大家族など世帯人数に合わせたコスパのよいおすすめサーバーもご紹介します。ウォーターサーバーの相場が気になる方はぜひご覧ください。

続きを見る

ウォーターサーバーのランニングコストを抑える方法

ウォーターサーバーのランニングコストを抑えるためには、サーバーレンタル代、水代、サポート代などを個別にみるのではなく初期費用も含めて総合的に判断していく必要があるでしょう。

例えば、サーバーレンタル代ば無料のウォーターサーバーは多いですが、代わりに水代が高かったりサポート代が必要な場合も多いので注意が必要です。

ちなみに、水代が安いウォーターサーバーを探されている場合は、RO水が飲めるウォーターサーバーを探すと天然水に比べてコストを下げることができるので検討してみることをおすすめします。

また、とにかく安いウォーターサーバーをお探しの方は【2022年最新】安いおすすめウォーターサーバーランキング10選で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

参考
月額料金 安い ウォーターサーバー 料金体系
【2022年最新】安いおすすめウォーターサーバーランキング10選

この記事では、人気のウォーターサーバーをランキングで比較して紹介しています。ノルマなし、水道水浄水で飲み放題、赤ちゃんも飲める天然水、一人暮らしにおすすめなど、ニーズ別でも解説。本当に料金が安いのかコスパが悪いのかを知りたい方は必見です!

続きを見る

主要ウォーターサーバーメーカーの初期費用を徹底解説

主要ウォーターサーバーメーカーの初期費用を徹底解説

最後に主要ウォーターサーバーメーカーの初期費用について詳しくご紹介します。

初期費用を抑えてウォーターサーバーを利用したい方はぜひ、各メーカーを比較して参考にしてください。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
月額料金 4,233円
水代(24L換算) 4,233円
サーバー代等 0円~
電気代 約500円~
初期費用 3,300円
水の種類 天然水

編集部おすすめポイント

  • モンドセレクション金賞受賞の美味しい天然水
  • 様々なおしゃれなデザインと機能性が高いウォーターサーバーが充実
  • 子育て世代に嬉しいマムクラブというお得なプランを提供

プレミアムウォーターは初期費用として、初回登録事務手数料3,300円が必要ですが、ウォーターサーバーのレンタル料は無料なサーバーもありウォーターサーバーメーカーです。

グッドデザイン賞を受賞したデザイン性の高いウォーターサーバーや専用アプリを利用して水の追加注文ができる利便性の高さもプレミアムウォーターの魅力でしょう。

初回に事務手数料はかかりますが、新規申し込み時のギフト券プレゼントや乗り換えキャンペーンなど常時キャンペーン内容が充実しているため、上手く活用してお得に利用を始めることができるウォーターサーバーです。

クリクラ

クリクラ

クリクラ4種
月額料金 3,380円
水代(24L換算) 2,920円
サーバー代等 460円
電気代 約500円~
初期費用 0円~
詳細は下表
水の種類 RO水

クリクラの初期費用詳細を確認する

サーバー種類 初回金
クリクラサーバー 無料
マルチサーバー クリクラShuwa 無料
クリクラFit 2,200円
再加熱機能付き4,400円
クリクラ省エネサーバー 7,700円

編集部おすすめポイント

  • 全国570の産院で利用されている安心のウォーターサーバー
  • 子育て世代が嬉しいお得なサービスやプランが充実
  • ランニングコストが安くて続けやすい

クリクラは4つのウォーターサーバーを提供していますが、種類によって初回金が無料となるウォーターサーバーメーカーです。

初回金が必要なサーバーもありますが、水の料金は12Lで1,460円、充実したあんしんサポートパックが460円と非常にリーズナブルに利用できるおすすめのウォーターサーバーです。

業界トップクラスの低価格で利用できるため、コストパフォーマンス重視でウォーターサーバーを選びたい方におすすめです。

参考
クリクラ 口コミ 評判
クリクラの口コミは悪い?評判からメリット・デメリットを徹底解説

クリクラの口コミや悪い評判から、メリット・デメリットを紹介します。他にも電気代や料金、クリクラママ向けのお得なキャンペーン、解約の仕方・解約金については勿論、水道水浄水型サーバーやサーバー交換してもらえるかどうかについても解説していきます。

続きを見る

フレシャス

フレシャス

frecious400
月額料金 4,477円
水代(24L換算) 4,147円
サーバー代等 330円~
電気代 約330円~
初期費用 0円
水の種類 天然水

編集部おすすめポイント

  • 世界的デザイナーが手掛ける太陽光まで計算されたおしゃれなデザイン
  • 3つの採水地から選べるおいしい天然水
  • 軽量ビニールパックで水の交換が簡単&楽&衛生的

フレシャスも、導入時の初期費用がかからないウォーターサーバーです。

お得な新規申込みキャンペーンを利用すると水が1箱が無料になり、さらに抽選で嬉しいプレゼントがもらえるため、導入コストを抑えてはじめることができるでしょう。

フレシャスのウォーターサーバーは、ボタン一つで用途に合わせた温度調節が可能な点や、自動クリーニング機能を搭載しているなど機能性が高いため、メンテナンスや管理も手間がかかりません。

フレシャスは、初期費用0円で利用を始めたい方や機能性が高いウォーターサーバーをお探しの方におすすめのウォーターサーバーメーカーです。

コスモウォーター

コスモウォーター

コスモウォーター Smartプラス
月額料金 4,104円
水代(24L換算) 4,104円
サーバー代等 0円
電気代 約474円~
初期費用 0円
水の種類 天然水

編集部おすすめポイント

  • 汲み上げから48時間以内の新鮮でおいしい天然水が届く
  • 引っ越し時にサーバー交換してくれる安心サービスは月額100円
  • ボトル足元設置なので、女性やお年寄りでも簡単に扱える

コスモウォーター初期費用が無料だけでなく、サーバーレンタル料、配送料、定期メンテナンス料もかからないコストパフォーマンスが良いウォーターサーバーです。

コスモウォーターの人気の理由は、汲みたての天然水を48時間以内に出荷してくれたり、片手でスライドするだけで重たい水が設置できてボトル交換が気軽にできる点などがあげられるでしょう。

月額費用は水代だけですが、水代も12Lで2,052円というリーズナブルなので、費用を抑えながら美味しい天然水が飲めておすすめのウォーターサーバーです。

アクアクララ

アクアクララ

アクアクララ
月額料金 3,908円~
水代(24L換算) 2,808円
サーバー代等 1,100円~
電気代 約1,000円~
初期費用 0円
水の種類 RO水

編集部おすすめポイント

  • 水の注文ノルマがなく一人暮らしでも自分のペースで注文できる
  • モンドセレクション最高金賞10年連続受賞
  • 留守置きサービスで自宅に居なくても水の受け取りが可能

アクアクララ初期費用が一切不要な利用しやすいおすすめのウォーターサーバーです。

水の注文ノルマがないため、水をあまり消費できない方でも安心して利用できる点がアクアクララの魅力の一つでしょう!

サーバーのラインナップも多数あり、中にはコーヒーメーカーが付いた多機能サーバーもあるので、様々な利用者のニーズを満たせるおすすめのウォーターサーバーメーカーです!

ウォーターサーバーの初期費用はいくらかかる?導入費用まとめ

今回はウォーターサーバーの初期費用の目安やランニングコスト、メーカー別の初期費用の詳細について解説しました。

ほとんどのメーカーでは初期費用を無料としているので、導入時に大きな費用が発生するケースは少ないでしょう。

また、ランニングコストを下げるためには、サーバーレンタル代や水代だけだなくサポート代や送料などを含めて総合的に判断していく必要があります。

できるだけコストを下げて利用したい方は、契約前にメーカー別の初期費用やランニングコストを検討し、自分の予算に合ったウォーターサーバーを選べるといいですね。

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.