ウォーターサーバーのコラム

レンタル無料ウォーターサーバーの罠やからくり、おすすめサーバー6選

更新日:

ウォーターサーバー 無料 からくり 罠

「ウォーターサーバーのレンタル料が無料なのはなぜ?」
「無料と書かれているけど、何か罠があるのではないかと気になる…。」

ウォーターサーバーの導入を検討されている方の中には、このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回の記事ではウォーターサーバーのレンタル代が無料である理由や、どのように利益を得ているのかといった料金プランのからくりについて解説していきます。

記事の最後には、料金プランがシンプルで安心して契約できるウォーターサーバーについてもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

\9月4日まで限定/

ギフトカード2,500円をプレゼント中!

プレミアムウォーター_広告 美味しくて安全な天然水を飲むなら、プレミアムウォーター」がおすすめです! プレミアムウォーターは、モンド・セレクション2022で「優秀品質金賞」を受賞しており、多数の芸能人も愛飲している大人気のミネラルウォーターです。 今なら当サイトからのお申し込み限定でギフトカード2,500円をもれなく全員にプレゼントしているので、気になる方はご確認下さい!

\ギフトカードプレゼント中!/

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーのレンタル料金はどんなからくりで無料なのか
  • レンタル料が無料でおすすめウォーターサーバー
  • レンタル料が無料のウォーターサーバーを使う注意点
  • 無料のウォーターサーバーと有料のウォーターサーバーの違い

レンタル料が無料のウォーターサーバーの罠やからくり

ウォーターサーバー 無料 からくり 罠

実はレンタル料が無料でも水代だけで利益が出るからくりになっている

なぜウォーターサーバーのレンタル代が無料なのかというと、実は毎月購入する1,000円~3,000円ほどの水のボトル代にサーバーレンタル料金が含まれているのです。

そのため、各メーカーはサーバーレンタル料が無料でも事業として成り立つ利益が出ています。

次で解説していますが、水を購入してもらうためにサーバーを無料で貸し出しているようメーカーが多いです。

なお、高性能なサーバーに関しては一部、レンタル料が有料であることが多いです。

ウォーターサーバーの水の原価はほぼ0円という罠がある

実はウォーターサーバーの水の原価はほぼ0円です。

だからこそサーバーレンタル料が無料でもメーカーは十分に利益が出るのですが、原価0円の水を毎月1,000円~3,000円で買わされるので、人によっては罠に感じることが多いのも事実です。

ウォーターサーバーで提供している水のほとんどは天然水や特殊な濾過をした水ですので、高品質でとても美味しいです。

しかし、山などに降り注いだ雨や雪が地下に蓄えられた水を汲みあげているので、水自体の原価はほぼ0円となっています。

もちろん、水を汲み上げる機械の導入費用や土地の購入費用、ボトル代、輸送費といったコストは発生しているので、ペットボトルの水と同様に手元に届くまでには結構なコストが発生しています。

とはいえ、サーバー代が無料でも水の料金で充分に利益を確保できるというのが、無料の料金システムのからくりとなっています。

2年以上の最低利用期間によりレンタル無料でも利益が出るからくり

サーバーレンタル料が無料のからくりとして、2年以上の最低利用期間を設定しているメーカーが多いというのもあります。

最低利用期間を満たさない内に解約すると違約金が発生するのですが、この仕組みによってメーカーは2年分の売り上げを担保して利益を確保しているのです。

また、万が一解約されても違約金を請求することによって利益を確保できるからくりとなっています。

レンタル無料でもサポート料や手数料で利益が出るからくり

サーバーのレンタル費用以外にも、様々な名目で費用を発生させて利益を確保しているケースも多いです。

代表的なのは万が一のトラブルの際に利用できる「安心サポート費用」や、水が余った時のスキップ(配送の一時中断)で手数料が発生するからくりです。

レンタル料が無料で水代も安いメーカーは、様々な手数料が発生するので、実はどのメーカーも最終的な料金は大差がないようになっています。

サーバーレンタル代以外にも様々な部分で費用は発生しているので、「レンタル代無料」という部分につられて契約すると思っている以上の費用が掛かるケースがあることを留意しておかなくてはなりません。

ウォーターサーバー 無料 からくり 罠
レンタル無料ウォーターサーバーの罠やからくり、おすすめサーバー6選

ウォーターサーバーのレンタル代がなぜ無料なのか、そのからくりや罠になりやすいポイントについて解説しました。レンタル代や水代以外に料金が発生する仕組みについて解説しつつ、記事の後半では料金プランがシンプルなおすすめのサーバーを紹介しています。

続きを見る

美味しい水がいつでも飲めるので利用する価値はあり

ここまで聞くと、レンタル料が無料でもウォーターサーバーを利用する価値はない、と思う方もいるかもしれません。

しかし、ウォーターサーバーの魅力は冷たい水や熱湯をいつでも手軽に出せて、水道水をはるかに超える美味しい天然水が飲める点にあります。

また、水代もペットボトルの水を購入するのと比べると大差ないので、日常的に水を飲んでいる方や、安全なお水がほしいという方にはおすすめです。

レンタル料が無料のウォーターサーバーおすすめ比較5選

レンタル料無料 ウォーターサーバー おすすめ

ここからは、レンタル料が無料のウォーターサーバーでおすすめのものをご紹介していきます。

プレミアムウォーター スリムサーバーIII

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ
月額料金 4,233円
水代(24L換算) 4,233円
サーバー代 0円
その他費用 0円
注文ノルマ 24L/月
最低利用期間 2年

編集部おすすめポイント

  • シンプルでおしゃれなデザイン性が特徴
  • こだわり抜いた天然水を非加熱処理で美味しさそのままにお届け
  • 水の追加注文や配達日の変更を専用アプリで簡単に行える

プレミアムウォータースリムサーバーⅢは、サーバーレンタル料が無料ながらも機能が非常に充実したウォーターサーバーです。

本体に搭載された光センサーにより、部屋が暗くなると自動的に温水タンクの電源を切るため、月の電気代を500円前後にまで節約することができます。

また、温水にも冷水にもチャイルドロックが搭載されていますので、小さな子供のヤケドやいたずらの心配もありません。

スリムサーバーⅢは基本プランだと2年未満での解約で10,000円、PREMIUM3年パックの場合は3年未満の解約で15,000円の解約金が発生しますので注意しましょう。

コスモウォーター Smartプラス

コスモウォーター Smartプラス

コスモウォーター smartプラス cosmo water
月額料金 4,104円
水代(24L換算) 4,104円
サーバー代 0円
その他費用 0円
注文ノルマ 24L/月
最低利用期間 2年

編集部おすすめポイント

  • 採水から48時間以内の新鮮な天然水を自宅にお届け
  • 安全性の高い3段階チャイルドロックで子育て世代も安心
  • ボトルをサーバー足元で交換できるので、女性でも負担が少ない

コスモウォーター Smartプラスは、外観と機能の優れた設計によりグッドデザイン賞を受賞しており、低コストで充実した機能を使えるウォーターサーバーです。

ボトルをサーバー本体下部に設置する設計になっているので、女性や高齢の方でも簡単に水の交換を行うことができるストレスフリーな使い心地を実現しています。

また、本体内に入る空気をキレイにして雑菌を抑え、本体内は熱湯を循環させて衛生状態を保つというWクリーン機能で新鮮かつ安全にお水を楽しむことが可能です。

コスモウォーターSmartプラスの最低利用期間は2年、期間内の解約で9,900円の解約金が発生しますのでご注意ください。

クリクラ 省エネサーバー

クリクラ省エネサーバー

クリクラ省エネサーバー
月額料金 3,380円
水代(24L換算) 2,920円
サーバー代 0円
その他費用 460円
注文ノルマ ノルマなし
最低利用期間 なし

編集部おすすめポイント

  • 電気代を最大55%削減できる省エネ機能で節電が可能
  • 赤ちゃんでも安心して飲めるRO水を提供
  • 月額料金が安く、コストを抑えることができる

クリクラ 省エネサーバーは、「3カ月で水を6本購入する」場合にサーバーレンタル代が無料になるシステムとなっています。

今までのクリクラサーバーよりも保温機能が高く電気代が約55%削減できるので、毎月のコストを節約したいという方にもピッタリではないでしょうか。

衛生面においては空気中のゴミなどをカットするHEPAフィルターが搭載されていますので、お掃除が苦手でも常に新鮮かつ安全にお水を楽しむことができますよ。

クリクラには最低利用期間や解約金の設定はないので、初めてサーバーを導入してみたいとお考えの方にもオススメです。

クリクラ省エネサーバーの口コミ評判やメリット、デメリットを徹底調査!

この記事ではクリクラ省エネサーバーの口コミや評判から分かったメリット・デメリットをご紹介しています。電気代などの料金が安く抑えられる、かつサーバーサイズを床置き・卓上から選択可能といったクリクラ省エネサーバーの特徴についても解説しています。

続きを見る

信濃湧水 スタンダードサーバー

スタンダードサーバー

shinanoyusui
月額料金 3,240円
水代(24L換算) 3,240円
サーバー代 0円
その他費用 0円
注文ノルマ なし
最低利用期間 1年

編集部おすすめポイント

  • 北アルプスで採水された質の高い天然水が飲める
  • ボトルの注文ノルマがないので、自分のペースで利用できる
  • 床置きタイプと卓上タイプの2種類のサーバーから選べる

信濃湧水 スタンダードサーバーは、レンタル代が無料でありながら水の注文ノルマがないという自由度の高さが最大の特徴です。

注文ノルマを気にせず自分の好きなタイミングで水を配送してもらうことができますので、水の消費量が少ない一人暮らしの方にもピッタリではないでしょうか。

「サーバーは導入したいけど部屋にスペースが無い」とウォーターサーバーの置き場所にお悩みの方は、同じくレンタル代無料でどこにでも置けるコンパクトな卓上タイプのサーバーを選ぶこともできますよ。

信濃湧水は最低利用期間1年で、期間内で解約すると11,000円の解約金が発生しますのでしっかりと確認しておきましょう。

▼信濃湧水の詳細はコチラ

参考
信濃湧水の口コミ・評判は?キャンペーンや注文ノルマなどを徹底解説

信濃湧水は北アルプスの天然水を安く飲める人気のウォーターサーバーです。この記事では、実際の利用者の口コミ・評判から、電気代や水の購入ノルマの有無、メンテナンスといった基本情報のほか、お得なキャンペーン情報、解約方法など幅広くご紹介します。

続きを見る

ウォータースタンド ガーディアン:水が飲み放題

ウォータースタンド ガーディアン

ウォータースタンドガーディアンは、今回ご紹介する中では唯一の水道水を利用するタイプのウォーターサーバーです。

かかるコストは毎月定額のサーバー代のみで、水の購入ノルマなどの制約などは一切ない分かりやすい料金体系となっています。

ボトルを購入するタイプだと、消費量が多ければその分コストが掛かりますよね。

ですがウォータースタンドガーディアンは水道水を濾過して使うタイプなので、水は遠慮することなく使い放題です。

人数が多いご家族など、水の消費量が多いユーザーにはぴったりのウォーターサーバーだと言えるでしょう!

ウォータースタンドガーディアンの口コミ評判!デメリットや注意点も解説

この記事では、ウォータースタンド ガーディアンの口コミ・評判から分かるメリット・デメリットを解説しています。赤ちゃんのミルクにも安心なことや、静音性・電気代に至るまで詳しく解説しています。契約前に知りたい情報が揃っているので要チェックです!

続きを見る

【2022年】ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング15選!比較や選び方も!
近年ウォーターサーバーはどんどん進化を遂げ、どのサーバーを選べばいいかわからないですよね。このページでは料金の安さやデザイン、赤ちゃん向けや一人暮らし向けなどの視点から、おすすめのウォーターサーバーを徹底比較してランキング形式でご紹介!

続きを見る

レンタル料が無料のウォーターサーバーを利用する注意点

ウォーターサーバー 契約前 注意点

ウォーターサーバーの便利な点やメリットに意識が向きがちですが、後々に困ったことにならないよう確認しておくべきことがあります。

ここからはサーバーをレンタルする前に知っておきたい6つの注意点について、それぞれ解説していきます。

契約前に知りたい6つの注意点

  1. ウォーターサーバーの最低契約期間は2年が一般的
  2. 水の注文ノルマがあるメーカーも多い
  3. 水の定期配送を一定期間スキップすると手数料が発生する場合がある
  4. サーバー本体や水ボトルの置き場所を確保する必要がある
  5. 初期費用が発生するウォーターサーバーメーカーもある
  6. 「今だけレンタル無料」は悪徳代理店

一度契約すると2年は解約できない

多くのメーカーでは、最低契約期間として2年間を設定しています。

先ほども解説したように、メーカーが設定した最低利用期間内で解約してしまうと高額な解約金が発生してしまいます。

解約金は利用期間が長いと少なく済んだり、期間に関わらず一律で定められていたりとメーカーによって様々です。

場合によっては「きちんと解約金の説明をしてくれなかった」という苦情も発生しており、最も慎重に確認すべき項目と言えるでしょう。

ごく一部ですが、解約金が無料であったり、最低契約期間が1年と短いウォーターサーバーもあります。

解約金が無料のウォーターサーバー
解約金無料のウォーターサーバー14選!違約金や縛りなしで使える!

本記事では解約金が無料のおすすめウォーターサーバーをご紹介していきます。また、解約金なしのウォーターサーバーだけでなくサーバーを選ぶ際に知っておくべき情報や、乗り換えキャンペーンを使った解約金をかからないようにする方法も解説していきます!

続きを見る

大半のメーカーは水の定期配送がある

ウォーターサーバーの会社にとっては水を購入してもらうことが重要なので、定期的な水の注文ノルマが設定されているケースがほとんどです。

「水代がかかるなら、買った水をゆっくり飲めば維持費は安くなるはず」と思うかもしれませんが、「毎月1箱」「2週間に1箱」というように、最低限注文しなければならないノルマが定められています。

ノルマといっても二人暮らし以上の家庭であれば問題なく消費できる量なのですが、一人暮らしの場合は持て余してしまう可能性があるでしょう。

ウォーターサーバーは金持ちの贅沢品?維持費や人数別の費用も解説

この記事ではウォーターサーバーは贅沢なのではないかという疑問に答えていきます。ウォーターサーバーはお金持ちが使うものというイメージがあるかもしれませんが、実は導入すると家族でも一人暮らしでも使い方次第でお金も時間も節約できることがあります。

続きを見る

普段使用する水の消費量と、メーカーによって規定されている注文ノルマとのバランスが取れているかを考えておきましょう。

もしノルマがなく、自由に水を注文できるウォーターサーバーを使いたいという方は、以下の記事を参考にしてください!

注文ノルマなしのウォーターサーバー9選!料金や特徴を徹底比較

この記事では、ボトル注文ノルマなしのおすすめウォーターサーバー9選をご紹介しています。一人暮らしでも利用できる安いノルマなしサーバーや天然水が飲めるサーバー、レンタル無料のサーバーなどを徹底比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

定期配送を一定期間スキップすると手数料が発生する

ノルマがあるとはいえ、多くのメーカーでは水が消費しきれないときは、一時的に配達を止めてもらうことができます。

しかし、無料で配送を止められるのは1~2ヶ月ということが多いので、一定の期間が経過してしまうと配送停止の手数料が発生することを考慮しておきましょう。

自分の水の消費量と、メーカーごとのスキップ期間や料金を確認しておかないと余計な手数料を払うことになってしまいますのでご注意ください。

サーバー本体や水ボトルの置き場所を確保する必要がある

いくらサーバーのレンタルが無料でも、サーバー本体の置き場所やボトルの保管スペースは必要です。

ウォーターサーバーは小さいタイプでもA4用紙ほどのサイズがあるため、契約する際は自宅に設置できるスペースを確保しないといけません。

また、リターナブルボトルという「空になったボトルを業者に回収してもらう」タイプのサーバーは、使い終わった後に空ボトルを自宅に保管しておかなければなりません。

回収してもらうまでご自宅のスペースを一部占領する可能性があるため、サーバーとボトルの置き場所の確保は必須です。

もしもボトルの保管が面倒な場合は、自宅でボトルを処理できるワンウェイタイプか水道水を利用するタイプのサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。

▼あわせて読みたい記事

水 飲み放題 使い放題 ウォーターサーバー おすすめ
飲み放題の水道水ウォーターサーバー11選比較!おすすめサーバーはどれ?

この記事では定額飲み放題・使い放題のウォーターサーバーの料金や仕組み、またおすすめのサーバー11選をご紹介しています。水道直結型・水道水補充型とはどんなサーバーなのか、宅配水とどちらがお得なのかを知りお得にウォーターサーバーを契約しましょう!

続きを見る

初期費用が発生するウォーターサーバーメーカーもある

サーバーレンタル代などが無料と謳われていても、初期費用が発生するウォーターサーバーもあります

たとえば水道と直結するタイプのウォーターサーバーであれば、蛇口とサーバーを接続するための工事費用などが発生するケースも多いです。

どこまでが無料で、どこから料金が発生するのかを正確に把握しておかないと、後で料金の高さに驚いてしまう可能性がありますので注意しましょう。

「今だけレンタル無料!」は悪徳代理店なので注意

ウォーターサーバーの口コミを見ると「今だけレンタル料無料という営業に騙された!」という方が数多くいますが、これは99%悪徳な代理店による営業です。

代理店は各ウォーターサーバーと一切関係のない会社がやっており、ノルマのために「今だけ無料だよ」「解約金も無料!」と言ってきます。

しかし実際は常にレンタル料無料であったり、解約金は普通に発生するウォーターサーバーが大半です。

ショッピングモールや家電量販店で、今だけ無料と言ってくる営業には注意して下さい。

ウォーターサーバー 詐欺 契約 トラブル
ウォーターサーバー詐欺の事例8選と対処法!怪しい勧誘に要注意!

この記事ではウォーターサーバーの契約詐欺の特徴・実際の事例をご紹介しています。強引な勧誘をする業者の手口やくじ引き商法のからくりを解説するほか、無料で使えると嘘の説明をする悪質な業者に対しては裁判を行うなど、具体的な対処法もお伝えします。

続きを見る

レンタル料が無料のウォーターサーバーと有料サーバーの違いを比較

レンタル料無料 有料 ウォーターサーバー 違い

次はレンタル代無料のサーバーと有料のウォーターサーバーの違いを比較してみましょう。

レンタル料無料・有料のウォーターサーバーの違い

  • ボトルの注文ノルマの有無
  • 機能性やデザイン性
  • 定期メンテナンス費用の有無

ボトルの注文ノルマの有無

サーバーレンタル代が無料である場合は水の料金にレンタル料が含まれているため、注文ノルマが設定されているケースがほとんどです。

「配達はボトル2本から」「月に1度の配送」「2週ごとの配送」など注文ノルマの設定がメーカーによって異なる点にご注意ください。

逆に毎月サーバーのレンタル費用が発生するウォーターサーバーには水のノルマが設定されていないこともあります。

水のノルマに無理がないと感じるなら「レンタル代無料のサーバー」、ノルマを気にせず使いたいなら「有料レンタルのサーバー」という選び方も、検討するうえでひとつの判断基準になるのではないでしょうか。

機能性やデザイン性の豊富さ

サーバーレンタル代の有無は、サーバーの機能性やデザイン性によって異なるケースもあります。

たとえばデザイン性の事例ですと「プレミアムウォーターamadanaスタンドサーバー」は家電ブランドのamadanaが本体をデザインしており、月に1,100円のレンタル料が発生する設定になっています。

また、省エネや自動クリーニングなどの機能性が充実しているサーバーはその分コストがかかるため、サーバーレンタル代が有料であるケースが多いです。

ですので、便利な機能の充実にそれほど興味がなく「最低限の機能や美味しい水が使えればそれでOK」という方はレンタル代無料のサーバーでも問題ないでしょう。

プレミアムウォーターamadanaスタンダードの口コミ・評判は?
amadanaサーバーの口コミ評判!スタンダードとグランデのどっちが良いかも比較

この記事では、プレミアムウォーターamadanaスタンダードサーバーの特徴や料金、口コミや評判を紹介します。他にもエコモードや本体サイズは勿論、掃除方法から「音はうるさい?」「電気代や設置料金は?」といった質問などにも回答していきます。

続きを見る

定期メンテナンス費用の有無

各ウォーターサーバーでは清潔な水を長く楽しめるよう定期的なメンテナンスを行っており、多くの場合は新品のサーバーと交換する形となっています。

レンタル有料のサーバーは、メンテナンスにかかる費用が無料になるケースが多いです。

一方でレンタル無料のサーバーの場合はメンテナンスの際に5,000円前後の費用が発生する場合があります。

ただ、サービスの内容や費用はメーカーによって異なります。

レンタル無料でもメンテナンスが無料というウォーターサーバーもありますので、事前に確認しておきましょう。

【期間限定】新規申込の方
デジタル商品券が当たる!
新規申込キャンペーン実施中!

レンタル料無料のウォーターサーバーによくある質問

レンタル料無料 ウォーターサーバー よくある質問

最後に、レンタル料無料のウォーターサーバーによくある質問について回答していきます。

レンタル料が無料のサーバーについて疑問がある方は、ぜひチェックしてみましょう。

レンタル料無料ウォーターサーバーによくある質問

  • レンタル料無料のウォーターサーバーは故障対応やメンテナンスはないの?
  • ウォーターサーバーが破損した場合には弁償しないといけない?
  • レンタル料無料のウォーターサーバーは壊れやすい?

レンタル料無料のウォーターサーバーは故障対応やメンテナンスはないの?

メンテナンスやサポートの内容はメーカーによって異なりますので、詳しくは利用しているメーカーの公式サイトをご確認ください。

今回ご紹介した「クリクラ」「信濃湧水」は定期メンテナンスがサービスの中に含まれていますが、フレシャスなど本体の内部にクリーニング機能が搭載されているサーバーはメンテナンス自体が必要ないケースもあります。

ウォーターサーバーが破損した場合には弁償しないといけない?

通常時用の範囲内でサーバーが故障した場合は弁償する必要はなく、無料で修理してくれることが多いです。

しかし、わざと本体を転倒させるなど故意・過失によってサーバーを壊してしまった場合は有償で修理費を負担しなければならない可能性が高いでしょう。

レンタル料無料のウォーターサーバーは壊れやすい?

実際に有料のウォーターサーバーの方が機能面が充実していることも多いですが、「無料だから壊れやすい」ということはありません。

故障が心配な方は公式サイトや問い合わせフォームにて、万が一の際のサポート内容について確認することをおすすめします。

レンタル料が無料のウォーターサーバーの罠やからくりまとめ

今回の記事では、ウォーターサーバーのレンタル代が無料である理由や、各種料金が発生するからくりについて解説しました。

水代がかかるだけでなく毎月の注文ノルマがあることや、初期費用や最低利用期間内の解約による違約金の発生など「想定外の出費」が考えられるポイントに注意しましょう。

料金が発生するポイントが把握できていれば、安心してウォーターサーバーを選ぶことができますね。

今回ご紹介したウォーターサーバーは料金プランがシンプルで初めての方にも気軽に使うことができるので、この機会に一度検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.