水に関するコラム

麦茶にはどんな効果・効能がある?知って得する麦茶の驚くべきパワー

更新日:

麦茶 効能

「普段何気なく飲んでいる麦茶だけど、どんな効果・効能があるのかな?」

私たち日本人にとってとても馴染み深い麦茶ですが、どんな効果や効能があるか、みなさんは知っていますか。

ほとんどの方は「味が好きだから」「夏に飲むと美味しいから」といった理由で飲んでいることが多いと思います。

そこでこの記事では、麦茶の効果・効能や知って得する驚くべきパワーについて詳しくご紹介していきます。

普段何気なく飲んでいる麦茶の効果を知ることで、みなさんの生活をより良くすることができるでしょう!ぜひ最後までご覧ください。

今すぐに読むべき記事
\累計販売数3,000万本突破!/

1秒に1本爆売れしている奇跡の水「のむシリカ」に健康・美容効果がある理由
※健康や美容の維持に興味がない方は、読まないでください。

この記事を読むと分かること

  • 麦茶とはどんなお茶なのか?
  • 麦茶を飲むことで得られる7つの効果・効能
  • 麦茶の副作用や冷たい麦茶の飲み過ぎによる危険性について
  • 意外と知られていない麦茶のQ&A

麦茶とはどんなお茶?

麦茶 とは

そもそも麦茶とは、焙煎された殻付きの大麦の種子を煮出したり、水に浸したりして作るお茶のことを指します。

別名麦湯(むぎゆ)とも呼ばれ、平安時代から飲まれていたとも言われているお茶です。また、お茶ということで勘違いされやすいですが、麦茶はカフェインレスなため、赤ちゃんや妊婦さんでも飲むことができます。

作り方も煮出しだけでなく水出しでも簡単に作ることができますし、麦茶には様々なミネラル成分が含まれているため、汗をたくさんかいたときの水分補給にもピッタリな飲み物でしょう。

下記に麦茶の成分についてまとめたので、参考にしてみてください。

麦茶100gあたりの成分
水分 99.7g
炭水化物 0.3g
ナトリウム

1mg
カリウム 6mg
カルシウム 2mg
リン 1mg
亜鉛 0.1mg
カロリー 1kcal
糖質 0.3g

現代の食生活ではミネラルが不足しがちですが、麦茶を飲むことでこれだけのミネラルを摂取することができます。

さらに、麦茶はカロリーや糖質もかなり少ないので、ダイエット中の方も安心して飲むことができるのではないでしょうか。

麦茶の7つの効果・効能

麦茶 効能 効果

次に麦茶を飲むことで得られる7つの効果・効能をご紹介します。

7つも効果があるのかと驚かれる方も多いと思いますが、なんと麦茶には健康への効果だけでなく、美容やダイエットにも効果を期待することができます。

虫歯を予防する効果など、あまり知られていない効果もありますので、ぜひ最後までご覧ください。

麦茶の7つの効果・効能

  1. 利尿作用で夏バテ予防できる
  2. 美肌ミネラルが肌のたるみを防ぐ
  3. 抗酸化作用でアンチエイジング効果
  4. 血流が改善し、冷え性・不眠症・肩こりに効く
  5. ピラジンの癒し効果でリラックスできる
  6. 口内衛生を守り虫歯予防できる
  7. 便秘解消でダイエット効果

効能①:利尿作用で夏バテ予防できる

麦茶にはカリウムという利尿作用があるミネラルが含まれているため、尿と一緒に身体の熱を放出することができ、火照った身体を冷やす効果があります。

さらに麦茶の原料となっている大麦には、身体を冷やす働きがあるため、夏バテ予防にもとても効果的な飲み物となっています。

また、麦茶の利尿作用はカフェインのように強いわけではないので、身体が水分不足になる心配もありません。

ミネラルも豊富に含まれているので、夏の水分補給に非常におすすめです。

効能②:美肌ミネラルが肌のたるみを防ぐ

麦茶に含まれる亜鉛とケイ素(シリカ)は別名「美肌ミネラル」と言われており、その名の通り麦茶には美肌効果を期待することもできます。

また、亜鉛にはメラニンの形成を抑えたり代謝を促進する効果があるため、シミやそばかすができるのを防いでくれますし、ホルモンバランスを整える効果もあるので、生理不順や肌荒れの改善も期待できます。

ケイ素はコラーゲンを強くする効果があるため、肌のたるみを防ぎ、ハリをもたせ若々しい肌を維持させることができるでしょう。

ケイ素(シリカ)の効果について詳しく知りたい方は、シリカ水とは?飲むと得られる効果・効能や副作用までを徹底解説もあわせて参考にしてみてください!

参考
シリカ水 効果 効能 
シリカ水とは?飲むと得られる効果・効能や副作用までを徹底解説

この記事ではシリカ水の効果や効能、シリカ水を飲んでいる人の口コミなどをご紹介しています。シリカの発がん性についてやシリカ水の安全性・副作用、便秘への効果なども徹底解説しているので、シリカ水の購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

続きを見る

効能③:抗酸化作用でアンチエイジング効果

麦茶には、抗酸化作用がある「Pクマル酸」が含まれています。

Pクマル酸には老化の原因となる活性酸素を抑える作用があるため、アンチエイジング効果が期待できます。

さらに、ニトロソアニンという発がん性物質の生成を抑える作用もあり、がんの抑制にもつながります。

私たちの身体は、時間と共に酸化し老化していきます。麦茶を飲むことでその酸化を抑え、身体を若々しく保つことができるのはうれしい効果ですね。

効能④:血流が改善し、冷え性・不眠症・肩こりに効く

麦茶に含まれる成分である「アルキルピラジン」「ギャバ(GABA)」には、それぞれ血流を改善し血液をサラサラにしたり、血圧を下げ血行をよくする効果があります。

そのため麦茶を飲むことで血流がよくなり、冷え性や不眠症、肩こりの改善が期待できるでしょう。

ただし、キンキンに冷えた麦茶を飲むと内臓が冷えて血行が悪くなり、逆効果となってしまう可能性があります。冷え性の方は特に注意しましょう。

また「ギャバ(GABA)」には、中性脂肪やコレステロールを下げる効果もあるため、脂っこい食事が好きな方や動脈硬化が心配という方にも麦茶はおすすめと言えます。

効能⑤:ピラジンの癒し効果でリラックスできる

麦茶の独特な香ばしい香りの成分である「ピラジン」は、大麦を焙煎することで発生する香り成分です。

リラックス成分とも呼ばれ、ストレスを和らげたり、気分を穏やかにする効果があります。

お茶の香りにリラックス効果があるというのは意外ですが、仕事や家事の合間に手軽にリラックスできるのは、忙しい現代人にとってうれしい効果と言えますね!

最近イライラすることが多いと感じる方や、ストレスが溜まっていると感じる方は、麦茶で一息ついてみてはいかがでしょうか。

効能⑥:口内衛生を守り虫歯予防できる

意外かもしれませんが、麦茶には虫歯を予防する効果も期待することができます。

私たちの歯は、虫歯の原因菌であるミュータンス菌が歯に固着することで虫歯になります。麦茶には、このミュータンス菌が歯に固着するのを防いだり、微生物の生成を防いだりする効果あることで知られています。

つまり、麦茶を飲むことで口内衛生が守られ、虫歯を予防することができるというわけですね!

麦茶は赤ちゃんから飲むことができるので子供の虫歯予防にもおすすめですが、麦茶を飲んだだけで虫歯にならないというわけではないので、しっかり歯磨きをしつつプラスαとして活用しましょう。

効能⑦:便秘解消でダイエット効果

麦茶を飲むと血行が良くなるため、新陳代謝が上がり、胃腸の動きも活発になります。

胃腸の動きが活発になれば、老廃物の排出もしやすくなり、結果的に便秘を解消することができるでしょう。

さらに麦茶に含まれるカリウムには、むくみを解消する効果があるため、麦茶を飲むことでダイエットの大敵である便秘とむくみの両方を解消することができます。

ダイエットのために食事制限や運動をしている方は、麦茶でミネラルを補給しつつ代謝をあげ、ダイエットの効果をアップさせてみてはいかがでしょうか。

もう少し麦茶のダイエット効果について知りたい方は、麦茶にはダイエット効果がある?事前に知りたいデメリットや注意点もあわせてチェックしてみましょう!

参考
麦茶 ダイエット 効果
麦茶にはダイエット効果がある?事前に知りたいデメリットや注意点

この記事では、麦茶のダイエット効果についてだけでなく美容や病気の予防など様々な効果について解説しています。また、麦茶ダイエットのメリット・デメリットや注意点についてもご紹介しているので、麦茶ダイエットをしたい人に役に立つ記事となっています。

続きを見る

麦茶に副作用はある?冷たい麦茶の飲み過ぎは危険?

麦茶 副作用

麦茶には副作用はないため、飲み過ぎたとしても問題はありませんが、冷たい麦茶を飲むときは注意が必要です。

もともと麦茶には身体を冷やす効果があるため、冷たい麦茶を大量に飲み過ぎると身体が冷え過ぎてしまう可能性があります。

身体が冷え過ぎれば血行が悪くなり、むくみやすくなったり、内臓機能が低下してしまう原因にもなってしまいます。

特に夏の暑い日はキンキンに冷えた麦茶が飲みたくなりますが、健康を守るためにも飲み過ぎには注意するようにしましょう。

意外と知らない?麦茶に関するQ&A

麦茶 よくある質問

麦茶は私たちにとってとても身近な飲み物ですが、「麦茶って何種類あるの?」と聞かれても答えられる人はあまりいないのではないでしょうか。

ここでは、そんな麦茶に関する疑問をQ&A方式で解説していきます。

Q:麦茶は赤ちゃんも飲めるって本当?

麦茶にはカフェインが含まれていないため、赤ちゃんでも飲むことができます

基本的には生後1ヶ月から飲むことができますが、栄養補給にはならないので、離乳食をはじめるタイミングから取り入れるのがいいでしょう。

また、麦茶を水道水で作る際に塩素が気になるという方は、煮出しで作ることをおすすめします。10分以上沸騰させれば塩素を除去できると言われているので、目安にしてください。

ただし、麦茶を手作りすると味が濃くなってしまうことも多いので、赤ちゃんにあげるときには薄めるなど、調節をしてから飲ませるようにしましょう。

麦茶にはミネラルが豊富に含まれているので、汗をたくさんかく赤ちゃんにはぴったりの飲み物です。水分補給とミネラル補給にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

Q:煮出しと水出しでは何が違う?

煮出しと水出し、どちらで麦茶をつくっても栄養素に大きな違いは出ませんが、味や日持ち、手間の面では違いがあります。

煮出しは水を煮沸させて作るため水道水の塩素が除去されてしまい、水出しより日持ちが短くなることに加え、菌の繁殖を防ぐために急激に冷やす必要があるため手間もかかります。

しかし、煮出すことによって香り成分である「アルキルピラジン」が活性化するため、コクのある麦茶を作ることができるというメリットがあります。

水出しは水道水の塩素の効果によって煮出しより日持ちがしやすく、作り方も水にティーバックを入れるだけと簡単ですが、水道水独特のカルキ臭が残りやすいというデメリットがあります。

つまり、簡単に麦茶を作りたい人は水出し、コクのある麦茶を飲みたい人は煮出しで作ることがおすすめでしょう。

水出しは煮出しよりは日持ちがしますが、そもそも麦茶には抗菌作用のあるカテキンが含まれていません。水出しも煮出しも必ず冷蔵庫で保存し、なるべく早く飲み切るようにしてください。

また、水出し麦茶と煮出し麦茶の違いや作り方については、水出し麦茶を水道水で作るのは危険?作り方や日持ちなども徹底解説でも詳しくご紹介しているので、あわせてチェックしてみてください!

参考
水出し麦茶 水道水 危険
水出し麦茶を水道水で作るのは危険?作り方や日持ちなども徹底解説

この記事では、水出し麦茶を水道水で作ると危険なのか、まずいのかについて詳しく解説しています。また、麦茶は作り方によって日持ちが変わるため、具体的な賞味期限の日数についてやミネラルウォーターで作る際の注意点などについてもご紹介しています。

続きを見る

Q:麦茶の種類っていくつあるの?

麦茶の種類は、原料として使用される麦によって3種類に分けられます。

1つ目は「六条大麦」です。麦茶の原料として最も一般的で、焙煎することで香ばしさと苦味が生まれるのが特徴です。

2つ目は「二条大麦」です。ビールの原料として有名ですが、麦茶で使用すると甘味を感じやすいという特徴があります。

3つ目は「ハトムギ」です。名前に麦とついていますが、イネ科の植物です。麦茶にすると大麦より色が薄めで、苦味が少なくすっきりとした甘味が感じられるという特徴があります。

またハトムギには、ハトムギ特有の美肌成分が含まれていたり、ビタミンB2や鉄分、食物繊維といったダイエットに効果的な成分も含まれています。

そのため美肌を目指している方やダイエット中の方には、ハトムギの麦茶がおすすめでしょう。

麦茶の7つの効果・効能!知って得する麦茶の驚くべきパワーまとめ

いかがだったでしょうか。

私たちにとって身近な飲み物である麦茶に、こんなにたくさんの効果や効能があったなんて驚きですよね。

麦茶は簡単に作ることができますし、カフェインが含まれていないので家族みんなで飲むことができます。色々な種類の麦茶を飲み比べてみるのもいいでしょう。

冷たい麦茶の飲み過ぎには注意が必要ですが基本的には副作用のない飲み物ですので、健康や美容などご自身の目的に合わせて、ぜひ生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NAKA

水をこよなく愛する20代。1日にたくさんの水を飲んでいます。 どんなウォーターサーバーを選んだらいいか分からない方のために、分かりやすく丁寧な情報発信をすることを心掛けています。

-水に関するコラム

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.