水に関するコラム

いろはすは天然水じゃない?体への危険性や水の正体について徹底解説

更新日:

いろはす 天然水

コンビニや自動販売機などでもよく目にするいろはすは、2005年5月にコカ・コーラ社から販売された天然水です。

100%リサイクル素材で作ったペットボトルは環境にもやさしく、一般的な500mlよりも少し容量が大きい555mlが採用されているのでお得感もありますよね!

しかし、「いろはす」とインターネットで検索をしてみると「天然水じゃない」「飲むとお腹壊す」など、なんだか怪しいキーワードが出てきます。

そこでこの記事では、「いろはすは本当に天然水じゃないのか?」「常用しても危険性はないのか?」といった怪しい噂について徹底調査してみました!

いろはすの水の正体について興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください!

今すぐ飲むべきミネラルウォーター
\累計販売数3,000万本突破!/

多数の芸能人も愛飲する、1秒に1本爆売れしている奇跡の水「のむシリカ」
※健康や美容の維持に興味がない方は、飲まないでください。

この記事を読むと分かること

  • いろはすの「天然水じゃない」「危険性がある」といった噂の真相
  • いろはすのは日本全国6か所で採水されている列記とした天然水
  • いろはすの安心・安全への取り組みについて

いろはすは天然水じゃない?水の正体について徹底調査!

いろはす 天然水

ここでは、早速いろはすの水の正体についてご紹介していきます!

結論から言うと、いろはすの水は天然水であることは間違いなく、ラベルにも「品名:ナチュラルミネラルウォーター、原材料名:水(鉱水)」と記載されています。

ここでは、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの区分を記載した表を作成したので、ぜひご覧ください。

種類 定義
ナチュラルウォーター 特定の水源から採水された水を原水とし、
濾過、沈殿、加熱殺菌以外の物理的または化学的処理を行わないもの
ナチュラル
ミネラルウォーター
ナチュラルウォーターかつ、地表から浸透して地下へ移動中に土壌のミネラル分が含まれ、
鉱化された地下水を原水としたもの

上記のように、ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターは区分されており、一般的に天然水と呼べるものは上記の2種類の水のみとなっています。

いろはすのラベルにも記載されているように、いろはすはナチュラルミネラルウォーターに分類された天然水であることは間違いありません。

【結論】いろはすは地下深くから採水している天然水

上記のように、いろはすは正真正銘ナチュラルミネラルウォーター(天然水)であり、「いろはすは天然水じゃない」といった噂が完全な嘘だということが分かったのではないでしょうか?

いろはすは、雨水や雪解け水が長い年月をかけて森の力でろ過され、きれいな地下水となったところをいろはす工場内で汲み上げられています。

日本の自然の地形を利用した採水地では、豊かで健康な森がおいしいお水を作り出していることを利用し、製品化したのが「い・ろ・は・す」です。

また、いろはすでは森へ恩返し・保護のためにいろはすの売り上げの一部は、森林の保護活動に寄付をしているなど、自然保護のための慈善活動も行っていること知っておく必要があるでしょう。

いろはすの水の正体は?どこで採水されている天然水?

いろはすの天然水は、厳選された北海道(清田)・岩手県(奥羽山脈)・富山県(砺波)・山梨県(白州)・鳥取県(大山)・熊本県(阿蘇)という全国6か所の採水地から採水されている天然水です。

どの採水地も日本の中でも名水地と呼ばれている場所ばかりなので、いろはすの水へのこだわりが垣間見れますね!

また、いろはすはラベルに記載がある通り鉱水に分類されている水です。

農林水産省によると、鉱水とはポンプ等で汲み上げられた地下水のうち、地下水となる過程で土壌に含まれるミネラル分が溶け込んだ地下水のことを言います。

もし鉱水についてもっと詳しく知りたい方は、鉱水とはどんな水?体への影響効果や軟水・硬水との違いを徹底解説にて詳細に解説しているので、ぜひあわせてチェックしてみましょう!

参考
鉱水 とは 体への影響 効果 硬水 軟水
鉱水とはどんな水?体への影響効果や軟水・硬水との違いを徹底解説

この記事では、鉱水とはどんな水なのか、硬水や軟水との違いなどについてご紹介しています。ダイエットや便秘解消など身体への影響・効果や鉱毒を含んだ鉱水は身体に悪いという噂、鉱水は赤ちゃんにあげても大丈夫といった疑問についても詳しく解説します!

続きを見る

「いろはすは天然水じゃない」との噂はどこから生まれた?

そもそも、なぜ「いろはすは天然水じゃない」といった根も葉もない噂が生まれたのでしょうか?

その理由として、いろはすは通常のミネラルウォーターの他に、ももやぶどうなどのエキスが入ったフレーバーウォーター・スパークリングウォーターが展開されている点が考えられます。

特に地域限定のフレーバーウォーターはお土産で多くの方に選ばれており、ジュース感覚で飲む方が多いことから、「いろはすは天然水じゃない」という噂が生まれたのではないかと推測されます。

もちろん、フレーバーウォーターにも原材料名にナチュラルミネラルウォーターとありますので、天然水が原料に使われていることは間違いないので安心してくださいね。

▼あわせて読みたい記事

参考
南アルプスの天然水 危険 ピロリ菌 汚染
南アルプスの天然水は危険?ピロリ菌汚染により飲むと下痢になる?

サントリーの南アルプスの天然水と検索すると、危険・汚染・下痢・ピロリ菌といった関連キーワードが出てくる件について、真偽を徹底調査しました。また、南アルプスの天然水が防腐剤を一切使用せず、水質管理を徹底している事についても解説しています。

続きを見る

いろはすには危険性がある?飲むとお腹を壊すって本当?

いろはす 危険?

いろはすに関する怪しい噂の中には、「いろはすは危険」「飲むと身体に悪い」といったものまであります。

そこで、いろはすには危険性があるのか調べてみたところ、日本の食品衛生法では厳しい基準があり、普通に飲んだだけではお腹を壊すようなことは起こりません

ただ、以前販売していた「い・ろ・は・す 無糖スパークリング」には、「難消化性デキストリン」という成分が含まれていました。

難消化性デキストリンは血糖値の急上昇抑制や脂質の排泄を助ける効果がある一方、お腹が緩くなる効果もあるため「いろはすを飲むとお腹を壊す」という噂が出てしまったのではないかと考えられます。

日本の水質基準は厳しく、そもそも危険がある水は販売できない

いろはすを含め、国内で販売される天然水は食品衛生法で厳しく定められていますので、危険性があるお水が販売されることはないといえるでしょう。

実際、いろはすを製造している工場内では、国のガイドラインよりも厳しい基準を設けて製品が製造されています。

天然水として販売するには、濾過や沈殿、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行うことはできないと決まっています。

いろはすは原水を超高性能なフィルターでろ過し、不純物が取り除かれた後に短時間加熱殺菌され、おいしさを損なうことなく無菌状態でボトリング・検査・販売されています。

いろはすは硬度の低い軟水なので、飲んでもお腹を壊すことはない

いろはすは採水地によって原水の硬度にばらつきがありますが、いずれも硬度100mg/L以下の軟水です。

石灰岩地層が多い沖縄以外、日本の地形や地層の関係で水道水含め軟水になるため、腹痛の原因になるマグネシウムなどのミネラル分が少なくお腹を壊す恐れはありません。

またmいろはすは胃腸が弱い赤ちゃんでも安心して飲める軟水なので、お腹を壊してしまう心配は必要ないでしょう。

ただし、どれだけいろはすが安全であっても、冷たいお水を大量に飲むとお腹を壊してしまうので、その点には注意してくださいね。

糖分が含まれる「いろはすフレーバーウォーター」は飲み過ぎると体に悪い

ご紹介したように、いろはすは飲んでも危険性は一切ありませんが、糖分が含まれる「いろはすフレーバーウォーター」になると、少し話が異なります。

例として、フレーバーウォーターの中でも人気が高い「いろはす もも」の成分表示を見ていきましょう。

いろはす ももの成分一覧
アレルギー特定原材料 もも
エネルギー 19Kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 4.8g
食塩相当量 0.07g

糖質の記載はありませんが、炭水化物=糖質となります。

「いろはす もも555ml」に含まれている糖質は26.64gとなっており、角砂糖に換算すると1本あたり6.66個入っている計算となります。

確かにコーラなどのジュースよりは糖質は控えめですが、通常の水のように飲んでしまうと糖分の摂りすぎとなってしまうので、十分注意する必要があります。

また、いろはすフレーバーウォーターの飲みすぎに関する情報は、いろはすの天然水は体に悪い?飲み過ぎると糖尿病になるって本当?でも詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてみてください!

参考
いろはす 体に悪い
いろはすの天然水は体に悪い?飲み過ぎると糖尿病になるって本当?

いろはす天然水は体に悪い、飲み過ぎは糖尿病になるといった噂が本当なのかを検証しました。結論を言うと、砂糖が含まれるいろはすフレーバーウォーターは飲みすぎに注意が必要です。その理由を含まれる砂糖の量を参考にしながら具体的に説明していきます。

続きを見る

いろはすが行う3つの安全管理の取り組みを紹介

いろはす 安全 取組

いろはすで行われている安全管理の取り組みを調べてみると、様々な厳しいチェック項目を設けていることが分かります。

例として、工場内で地下水を採水直後、水質に異常がないか検査員が自らの舌と機械を利用して、味・pH・濁度などが基準値内であるか厳重なチェックを施したのち、製造工程に移ります。

ここでは、いろはすが行う安全・安心のための3つの取り組みについて、詳しくご紹介していきます!

いろはすが行う3つの安全管理の取り組み

  1. 日本全国6か所の名水地から天然水を採水
  2. 280項目にも及ぶ品質チェックを行っている
  3. 水の品質管理だけでなく、工場の衛生環境も徹底管理

日本全国6か所の名水地から天然水を採水

いろはすの製造工場は全国に6か所、いずれも厳選された名水地に工場が位置しており、工場内のポンプから自然に磨き上げられた地下水を採水しています。

6か所の採水地と、採水している天然水の硬度を表にしてみました。

採水地 硬度
北海道・清田 31.8mg/L
岩手県・奥羽山脈 27㎎/L
富山県・砺波 27.7㎎/L
山梨県・白洲 27㎎/L
鳥取県・大山 40.3㎎/L
熊本県・阿蘇 71.1㎎/L

いずれも硬度100mg/l未満の軟水で、適度にミネラルが含まれています。胃腸の弱い方や赤ちゃん・子供まで、安心して飲むことができますね。

280項目にも及ぶ品質チェックを行っている

いろはすでは、国で定めるチェック項目数よりも厳しい独自の項目を設定しており、毎日行う定期検査の他にも、定期的に280項目以上におよぶ大規模検査が行われています。

水の放射性物質値は震災後、国内だけでなく海外の検査機関へも依頼し、100種類以上もの放射性物質に対応した測定装置が導入されており、消費者の安全を守っています。

また、全国6か所から毎日定期的に届くいろはすのサンプルは徹底された検査員の検査により、水本体はもちろん工場内にも異物が入らないように工夫され、高レベルで維持されています。

水の品質管理だけでなく、工場の衛生環境も徹底管理

いろはすでは水の品質管理だけでなく、工場内の衛生管理も徹底されています。

ペットボトルの製造・洗浄する機械、ペットボトル等を洗う用途に使う水、機械・工場内の空気にいたるまで、細やかに点検して製品に異物・雑菌が混入しないように常時確認が行われています。

検査をする器具は必ず洗浄・バーナーで殺菌された後に利用すること、また検査員自身が雑菌や異物を持ち込まないよう、勤務前には健康チェックを行い手洗い殺菌・エアシャワーを必ず通過して、ほこりなどを持ち込まないよう徹底的に管理されています。

いろはすは天然水じゃない?体への危険性や水の正体まとめ

ここまでご紹介した通り、いろはすは全国6か所の採水地から汲み上げている、正真正銘の天然水です!

工場内の衛生管理も徹底されており、国で定めている検査項目を大きく上回る数の検査が行われていますので、安心・安全に飲むことができる天然水であることは間違いありません。

「いろはすは天然水じゃない」「いろはすを飲むとお腹を壊す」といった噂が、いかに根拠のないものかどうかお分かりいただけたのではないでしょうか?

ただし、いろはすフレーバーウォーターには糖分が多く含まれているので、飲み過ぎには十分注意するようにしてくださいね!

本記事の作成における参照元

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NAKA

水をこよなく愛する20代。1日にたくさんの水を飲んでいます。 どんなウォーターサーバーを選んだらいいか分からない方のために、分かりやすく丁寧な情報発信をすることを心掛けています。

-水に関するコラム

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.