水に関するコラム

【保存版】誰でも簡単にできるシリカ水の作り方5選を徹底解説!

更新日:

シリカ水 作り方 簡単

「シリカ水が体にいいって聞くけど、家で簡単に作ることは出来ないの?」

「自分でシリカ水が作れたら、もっとコスパが良くなるんじゃないかな?」

最近、美容や健康に関心の高い人の間で話題となっているシリカ水

各メーカーから様々な種類のシリカ水が販売されていますが、限られた店舗や公式WEBサイトでしか購入できないため、お手軽さでいえばミネラルウォーターに比べればまだまだ劣っています。

そこで今回の記事では、誰でも自宅で簡単にできるシリカ水の作り方を5つ徹底解説していきます!

シリカ水を自宅で作るメリットやデメリットについても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐに読むべき記事
\累計販売数3,000万本突破!/

1秒に1本爆売れしている奇跡の水「のむシリカ」に健康・美容効果がある理由
※健康や美容の維持に興味がない方は、読まないでください。

この記事を読むと分かること

  • 誰でも簡単にできるシリカ水の作り方5選
  • シリカ水を自宅で作るメリット・デメリット
  • シリカ水を購入するなら飲むシリカがおすすめ

誰でも簡単にできるシリカ水の作り方5選

シリカ水 作り方 簡単

既にシリカ水を飲んでいる人は、ペットボトルのシリカ水を購入している人が多いのではないでしょうか?

シリカ水を購入すると荷物がかさばったり、まとめ買いした際には置き場に困ったりと、頭を悩ませる問題もあると思います。

ここでは、誰でも自宅で簡単にできるシリカ水の作り方を5つご紹介していきます!

それぞれの作り方のメリットやデメリットも解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

誰でも簡単にできるシリカ水の作り方5選

  1. 麦飯石を使用したシリカ水の作り方
  2. 水溶性ケイ素(粉末タイプ)を使用したシリカ水の作り方
  3. 水溶性ケイ素(濃縮液体タイプ)を使用したシリカ水の作り方
  4. 生成ボトルを使用したシリカ水の作り方
  5. 浄水型ポットを使用したシリカ水の作り方

麦飯石を使用したシリカ水の作り方

シリカ水 作り方 麦飯石

麦飯石(ばくはんせき)とは、水の中のバクテリアの繁殖を促進させ、水の濁りを抑えたり水質改善の効果があるといわれている石英斑岩の一種です。

麦飯石を使用したシリカ水を作る手順は以下の通りです。

麦飯石でシリカ水を作る手順

  1. 麦飯石をザルに入れて全体をまんべんなく洗う
  2. 雑菌をなくすために、麦飯石を約20分間煮沸させる
  3. 煮沸させた麦飯石を水に入れ、5~10時間放置してシリカ水の完成

麦飯石を使用したシリカ水のメリット

麦飯石自体は約2,000円で購入することができるため、費用があまり掛からないことと、天日干しをすれば半永久的に使用することができるというメリットがあります。

また、使用する麦飯石によって多少風味が変わるため、自分好みのシリカ水を手に入れることができるかもしれません。

麦飯石を最初に購入するだけで永遠にシリカ水を飲むことができるため、コスト的には非常にお得です。

麦飯石を使用したシリカ水のデメリット

洗う・煮沸する・天日干しするといった作業の手間がかかり、完成までに5~10時間程かかるというデメリットがあります。

また、人によっては石が沈んでいる水を飲むことに抵抗がある人もいたり、一番のポイントであるシリカ含有量が分からないという点もデメリットといえるでしょう。

水溶性ケイ素(粉末タイプ)を使用したシリカ水の作り方

シリカ水 作り方 水溶性 シリカ 粉末

水溶性ケイ素とは、水に溶けるタイプのケイ素であるため、コーヒーを作る感覚でシリカ水を作ることができます。

水溶性ケイ素を使用したシリカ水を作る手順は以下の通りです。

水溶性ケイ素(粉末タイプ)でシリカ水を作る手順

  1. 水溶性ケイ素を少量取り出しコップに入れる
  2. コップに水を注ぎ、混ぜればシリカ水の完成

水溶性ケイ素(粉末タイプ)を使用したシリカ水のメリット

上記の手順のように、水溶性ケイ素を使えば非常に簡単にシリカ水を作ることができます。

水溶性ケイ素(粉末)もネットで購入すれば500回分で約3,500円と、1杯あたり約7円で飲むことができるのはお得ですね。

また、粉末タイプは一例として0.2gで約70mgのシリカを摂取できるため、コップ1杯でたくさんのシリカを摂取することが可能です。

水溶性ケイ素(粉末タイプ)を使用したシリカ水のデメリット

水溶性ケイ素(粉末)には、麦飯石のように水を浄化する作用が含まれていないため、水道水に含まれる微量の塩素や不純物などの味が気になる人はいるかもしれません。

また、ケイ素を入れて混ぜた後は白く濁った色に変わるため、飲む際の見た目に抵抗がある人もいるでしょう。

水溶性ケイ素(濃縮液体タイプ)を使用したシリカ水の作り方

シリカ水 作り方 水溶性 シリカ 液体

水溶性ケイ素(濃縮液体タイプ)は、純度の高いシリカの水晶石から抽出された、シリカ濃度が高いシリカ水を作れるという特徴があります。

水溶性ケイ素(濃縮液体タイプ)を使用したシリカ水を作る手順は以下の通りです。

水溶性ケイ素(濃縮液体タイプ)でシリカ水を作る手順

  1. 液体の入ったボトルの蓋を開け、飲み物に1~3プッシュして入れれば完成です。

水溶性ケイ素(濃縮液体タイプ)を使用したシリカ水のメリット

1~3プッシュ入れるだけで、一日に必要なシリカ(約40mg)を補ってくれます。

ボトル内のケイ素を入れるだけなので粉末タイプと比べても作る手間がかからず、持ち運びも容易なことから外出先でも使用できるのは嬉しいですね。

また、飲料用のシリカ水としてだけでなく、化粧水や髪の毛のケアにも利用できるため、汎用性が高く色々なシチュエーションで活躍してくれます。

水溶性ケイ素(濃縮液体タイプ)を使用したシリカ水のデメリット

濃縮タイプの水溶性ケイ素は1mlあたり50円前後するため、1プッシュあたり0.4ml消費する計算だと、コップ1杯(200cc)あたり20円~60円のコストがかかります。

生成ボトルのシリカピュアを使用したシリカ水の作り方

生成ボトルのシリカピュア

生成ボトルとは、水を入れたボトルを振って10分~15分程度放置しておくだけで、とても手軽にシリカ水を作ることができるタンブラーのこと。

特にamadanaとコラボしたSILICA PURE(シリカピュア)は、デザイン性が高く、おしゃれなシリカ生成ボトルタンブラーとして人気を集めています!

簡単にシリカ水が作れる上に持ち歩きにも便利なサイズなので、シリカピュアがあれば毎日気軽にシリカ水生活を続けられそうですね!

今回は、シリカ生成ボトルのシリカピュアを使用してシリカ水を作る手順を写真でご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

シリカピュアでシリカ水を作る手順

  1. 開梱後、シリカピュアにカートリッジをセットする
  2. 一度軽く洗浄するために、①の状態で水道水を入れて流す
  3. 再度水を入れて蓋をする
  4. 軽く振り、10分~15分放置すればシリカ水の完成
シリカ水 作り方 シリカピュア ボトル

①届いたシリカピュアの箱を開封します。

初回は①・②の作業が必要ですが、2回目からは③・④の作業だけでシリカ水を作ることができます。

シリカピュアに水を入れて、振ってから15分放置しておくだけでシリカ水が完成するので、忙しい朝でも作りやすいのは嬉しいですね!

シリカピュアを使用したシリカ水のメリット

シリカピュアに水を入れて10分~15分放置するだけなので、簡単にシリカ水を作ることができます。

タンブラー(水筒)のように外出先でもそのまま飲めるデザイン性で、これまで紹介した作り方と違ってシリカ含有量(27.2mg/L)が分かるのは大きなメリットといえますね。

また、シリカピュアは水道水塩素を除去してくれる上、さらに抗酸化もしてくれるため、水道水が美味しいシリカ水に生まれ変わります!

1つのカートリッジから約100Lものシリカ水を作ることができ、500mlあたりに換算しても約16.6円なので経済的でとてもお得です!

シリカピュアを使用したシリカ水のデメリット

シリカを生成するカートリッジは約100Lの水を精製可能ですが、シリカピュア250回分の使用を目安にカートリッジを交換する必要があります。

カートリッジは1つ3,520円で、ボトル1杯(400cc)あたり約14円ですので麦飯石や水溶性ケイ素(粉末タイプ)に比べると少し高く感じるかもしれません。

またシリカピュアで1回に作れるシリカ水の量は400mlと少なめなので持ち歩きはしやすいですが、一日に飲む水の量としては少ない感があり、飲み切ったあとは作り直す必要があるでしょう。

\持ち歩きやすい!シリカ水生成ボトル/

浄水型ポットを使用したシリカ水の作り方

シリカ水 作り方 ウェルビナ ピッチャー ポット

シリカ水浄水型ポット「ウェルビナ」は利用者の評判が高いことから愛用者も多く、人気のシリカ水浄水型ポットです。

ウェルビナを使用したシリカ水を作る手順は以下の通りです。

浄水型ポット「ウェルビナ」でシリカ水を作る手順

  1. 開梱後、中身を取り出して全て洗い、浄水タンクに400mlの水を注ぐ
  2. カートリッジをセットし、約30分間水に浸す
  3. 原水タンクを外し、浄水タンクに水を入れてカートリッジを浸す
  4. 軽く振って気泡を取り除いた後、中の水を流す
  5. 原水タンクに水を入れて浄水し、浄水できたら中の水を全て流す
  6. ⑤の作業をもう一度繰り返す
  7. 原水タンクに再度水を入れて、浄水できればシリカ水の完成

浄水型ポットを使用したシリカ水のメリット

初回の手順は少しややこしいですが、2回目以降は水を入れるだけなので簡単にシリカ水を作ることができる方法です。

カートリッジは1つ3,870円しますが、400Lの水を精製することが可能となっており、500mlあたり約4.8円で飲むことができるのでかなりコスパの高い作り方ですね。

シリカ含有量も1Lあたり50mg~70mgと、他の作り方に比べてもかなりの高濃度でたくさんのシリカを摂取することができるでしょう。

浄水型ポットを使用したシリカ水のデメリット

2Lのピッチャーに入れて浄水するため、持ち運びに適しているとはいえません。また、初回の作業が少しややこしいデメリットがあります。

シリカ水を自宅で作るメリットはコストを安く抑えられること!

シリカ水 作り方 コスパ

シリカ水を自宅で作る最大のメリットとしては、やはりコストを安く抑えることができる点です。

一般的なシリカ水を購入する場合、最低でも500ml1本あたり150円程度の費用は必要となりますが、ご紹介した中でも麦飯石を使った作り方であれば、最初に2,000円程度の麦飯石を購入し、半永久的にシリカ水を作ることが可能となります。

「シリカ含有量がわからない」「作る手間がかかる」などのデメリットはありますが、自宅でシリカ水を作ることでかなりコストを抑えられることは間違いないでしょう。

シリカ水を自宅で作る4つのデメリット

シリカ水 作り方 デメリット

シリカ水を自宅で作るメリットをご紹介してきましたが、一方でどういったデメリットがあるのでしょうか?

自宅でシリカ水を作ることのデメリットについても事前にわかれば安心できますよね!

ここでは、シリカ水を自宅で作る4つのデメリットについてご紹介します。

シリカ水を自宅で作る4つのデメリット

  1. 作る手間がかかり面倒
  2. 長期保存ができない
  3. 作り方や利用する水によって味が変わる
  4. 厳密なシリカ含有量が不明

デメリット①:作る手間がかかり面倒

ペットボトルのシリカ水を購入すれば手間なく飲むことができますが、自宅でシリカ水を作る場合はそうはいきません。

特に、麦飯石を使用したシリカ水を作る場合は、煮沸や長時間放置、天日干しなど時間がかかる作業が盛りだくさんです。

麦飯石以外の作り方も手間が少ないとはいえ、ペットボトルを買って飲むのに比べれば作業が必要になることはデメリットといえますね。

デメリット②:長期保存ができない

デメリットの2つ目として、自宅で作るシリカ水は長期間の保存に向いていません。

水道水は冷蔵庫で保管したとしても、飲用として使うのであれば賞味期限は10日が目安といわれています。

浄水型ポット(ウェルビナ)などはいくら浄水効果があるとしても、長期間保存しておくと浄水効果が低下するため、作ったらできるだけ早く消費する必要があるでしょう。

デメリット③:作り方や利用する水によって味が変わる

シリカ水の作り方を5種類ご紹介しましたが、味や風味は作り方によっても大きく変わります

例えば麦飯石を使用したシリカ水は使用する石によって味が変わりますし、水道水についても場所や地域で塩素や不純物の量が多少変わりますので、味の違いに直結します。

一定の味のシリカ水を作りたいと思っても、常に全く同じ味を再現させるのは難しいのかもしれません。

デメリット④:厳密なシリカ含有量が不明

水溶性ケイ素でシリカ水を作る際は、作る量が決まっているため大体のシリカ含有量を把握することが可能ですが、それ以外の作り方では厳密なシリカ含有量が分かりません

せっかくシリカ水を飲むのに、肝心のシリカ含有量がきちんと分からないという点は大きなデメリットですね。

「シリカがどれくらい含まれているか」を明確に知った上で利用をしたいという方は、水溶性ケイ素でシリカ水を作るか、市販のシリカ水を購入することがおすすめです。

自宅で作るのが面倒に感じる方はシリカ水の購入がおすすめ

ここまで自宅でシリカ水を作る方法や特徴についてご紹介してきましたが、やっぱり「作るのは面倒…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方には、シリカ含有量や美味しさの面で優れたシリカ水を購入するのがおすすめです。

様々な種類のあるシリカ水ですが、シリカ水の中でも人気が高く、多数のメディアでも紹介されている「のむシリカ」について徹底解説していきます!

シリカ含有量が97mg/Lと世界トップクラスに含まれている

飲むシリカには、1Lあたり97mgと世界トップクラスのシリカが含まれています。

一般的に販売されているシリカ水の中にはシリカ含有量が20~50mg/L程度の水も多いため、飲むシリカの含有量の多さには驚きですね!

また、シリカ以外にもカルシウムやマグネシウムなど美容や健康にうれしいミネラル成分がたくさん入っているので、「おいしい水でたくさんのミネラルを摂りたい!」という方には大変おすすめです!

硬度が高すぎない中硬水で飲みやすさも抜群

飲むシリカは豊富なミネラルを含んでいますが、硬度は130mg/Lと水の中でも「中硬水」に位置付けられます。

水の硬度は含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの量によって決まりますが、ミネラル含有量が多い硬水は独特な苦みや風味で苦手な人も非常に多いことで知られています。

しかし、飲むシリカをはじめとした中硬水であれば、どちらかと言うと普段飲む水道水などの軟水に近い飲みやすさであるため、軟水を飲みなれている日本人でも違和感なく飲むことができるでしょう!

なお中硬水については中硬水とは?硬水との効果・飲みやすさの違いやおすすめの中硬水を紹介の記事でも詳しく解説していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

参考
中硬水 効果
中硬水とは?硬水との効果・飲みやすさの違いやおすすめの中硬水を紹介

この記事では中硬水の特徴や硬水との違いについて詳しく解説しています。中硬水には、美容・健康効果だけでなくダイエット効果や便秘解消効果もあります。おすすめの中硬水も紹介しているので、中硬水選びに迷っている方にも役立つ記事となっています。

続きを見る

公式サイト限定で1本150円のコスパで購入できる

飲むシリカは公式サイトやネット通販サイトで購入することができますが、公式サイトでは20%OFFの限定価格で購入できることから非常にお得です!

Amazonや楽天で飲むシリカを購入すると1本あたり187円しますが、公式サイトであれば1本あたり150円で購入できるので、コンビニでジュースを買う値段とかわりませんね。

普段購入しているジュースやお茶を飲むシリカに変えるだけで、かかる費用はいつもと変わらずに美しい肌や健康的な体を手に入れることができます

のむシリカについて詳しく知りたい方は、飲むシリカは効果なし?口コミ・評判や怪しい噂をステマなしに解説の記事でもご紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

参考
のむシリカ 効果
飲むシリカは効果なし?口コミ・評判や怪しい噂をステマなしに解説

「霧島天然水のむシリカ」の効果について知りたいですか?本記事では飲むシリカの効果や実際に編集部で飲んでみた口コミ・評判をご紹介しています。またステマと言われる飲むシリカの怪しい噂や、飲むシリカを20%オフの最安値で購入する方法も徹底解説!

続きを見る

【保存版】誰でも簡単にできる5つのシリカ水の作り方まとめ

今回は、自宅で誰でも簡単にできるシリカ水の作り方を解説しましたが、いかがでしたか?

作り方の中には手間がかかるものやコストを抑えられるものなど、様々な作り方がありましたね。

いずれの方法にしてもシリカを摂ることはできるので、コストや手軽さ、シリカ量など自分に合った方法でシリカ水を飲むと良いでしょう。

自宅で作るのが面倒に感じる方は、97mg/Lという世界トップクラスのシリカ含有量を誇る飲むシリカの購入がおすすめでしょう!

今なら1本あたり150円で飲むシリカをお試しできる20%オフキャンペーンも実施しているので、ぜひこの機会にお得なキャンペーンを利用し、健康的な生活を実現してみてはいかがでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ai

料理と食べることが大好きな30代です。料理に使うと美味しい水や、ダイエットに効く水にも挑戦してみようと情報収集中です。調べていく中で得られた情報などを、この場で発信していければと思います!

-水に関するコラム
-,

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.