ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーから水漏れ?原因・対策や損害賠償の有無を解説

投稿日:

ウォーターサーバーから水漏れ?原因・対策や損害賠償の有無を解説

安心・安全で美味しい水がすぐに飲めることで人気のウォーターサーバーですが、稀にですが水漏れのトラブルに見舞われることがあります。

今回はウォーターサーバーが水漏れする原因や水漏れを事前に防ぐための対策や、水漏れを起こってしまった際の対処法、損害賠償の有無について詳しく解説します。

使用しているウォーターサーバーの水漏れトラブルが不安な方や、水漏れトラブルが発生して現在お悩みの方は、ぜひ最後まで参考にしてみてください!

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーの水漏れはボトルや給水コックが原因なことが多い
  • ウォーターサーバーの水漏れ対策としてボトルの扱いに注意しよう
  • 利用者に過失がなく、サーバー本体に不備がある場合に損害賠償請求ができる可能性がある

ウォーターサーバーから水漏れ?4つの主な原因

ウォーターサーバーから水漏れ?4つの主な原因

ウォーターサーバーが水漏れするときには、どのような原因が考えられるのでしょうか?

ここでは、ウォーターサーバーが水漏れしている時に考えられる4つの主な原因について詳しく解説します。

水漏れの4つの主な原因

  1. ボトルの破損
  2. 給水コックのゆるみ・故障
  3. ボトルの設置が上手くできていない
  4. その他ウォーターサーバーの破損・故障

原因①|ボトルの破損

ウォーターサーバーの水漏れトラブルで最も多い原因が水ボトルの破損です。ウォーターサーバーのボトルはメーカーによって素材も形も異なります。

リターナブルボトルの場合であれば、回収し再利用するため強度が高く、よほどの事がない限り割れたり破れたりすることがありません。

一方、使用後に自宅で処分できる使い捨てのワンウェイボトルやビニール素材のパック式の場合、交換時に落としたりぶつけたりした衝撃などで破損してしまうケースがあります。

ワンウェイボトルやパック式のウォーターサーバーを使用している方は、交換や保管のタイミングで傷つけてしまわないよう慎重に扱うことが大切です。

原因②|給水コックのゆるみ・故障

コックのゆるみ

次に多い水漏れの原因として、給水コックがゆるんでいる・故障している可能性があります。

給水コックを強く押したり、無理な方向に引っ張ってしまうなどするとコックが緩んでしまうケースがあるため、水漏れが起きた際にはコックの状態を確認し、水が漏れないようきつく締めておきましょう

給水コックは水やお湯を出すたびに利用し、ウォーターサーバーの中でも使用頻度が高く故障しやすい箇所です。

普段から使い方に注意し、普段と違った様子が見られた場合には早めに対処して大きなトラブルを回避するようにしましょう。

原因③|ボトルの設置が上手くできていない

水漏れの原因としてボトルの設置ミスという原因も考えられます。

一般的なウォーターサーバーのボトルは12Lのガロンボトルであることが多く、サーバー上部に取り付けるタイプでは持ち上げるだけで一苦労です。

そのため設置の際にボトルがずれていたりすると、ボトルとサーバーの結合部分から水が漏れてくる可能性があります。

ボトル設置が上手くいかず、頻繁に水漏れを起こすようであれば、ボトル足元交換型のウォーターサーバーや水道浄水型ウォーターサーバーを検討してみるのもよいでしょう。

▼あわせて読みたい記事

参考
水 飲み放題 使い放題 ウォーターサーバー おすすめ
飲み放題の水道水ウォーターサーバー11選比較!おすすめサーバーはどれ?

この記事では定額飲み放題・使い放題のウォーターサーバーの料金や仕組み、またおすすめのサーバー11選をご紹介しています。水道直結型・水道水補充型とはどんなサーバーなのか、宅配水とどちらがお得なのかを知りお得にウォーターサーバーを契約しましょう!

続きを見る

原因④|その他ウォーターサーバーの破損・故障

ボトル本体の破損や設置ミス、給水コックの故障の他にもウォーターサーバー内部の故障や破損が原因で水漏れを起こしている可能性があります。

設置してすぐに水漏れがある場合は、ウォーターサーバー本体に不備がある・故障箇所がある可能性があります。

初期不良の場合はウォーターサーバーを交換してもらえる可能性が高いので、異変を感じたらすぐにメーカーに問合わせしましょう。

ウォーターサーバーの水漏れを防ぐ対策2選

ボトルの設置

ウォーターサーバーから水漏れしてしまうと、状況によっては床が水浸しになるなど大きなトラブルに発展することがあります。

水漏れを事前に防ぐために日常的に気をつけたいことなど、2つの水漏れ対策をご紹介します。

ウォーターサーバーの水漏れを防ぐ対策2選

  1. 使い捨てボトルや水パックの扱いを丁寧にする
  2. ボトルの設置方法が正しいか確認する

水漏れ対策①|使い捨てボトルや水パックの扱いを丁寧にする

ボトルの破損による水漏れを防ぐためには、ボトルや水パックの扱いに注意しましょう。

使い捨てタイプのワンウェイボトルや水パックは、リターナブルボトルに比べてとても破損しやすいです。

配達の梱包を開けるハサミやカッターは、ボトルやビニールパックを傷つけてしまう可能性が高いので、慣れた作業であっても慎重に行いましょう。

また、交換時もボトルをぶつけたり乱雑に置いたり、無理に押し込んだりした瞬間にボトルが破損してしまうこともあるので注意してください。

水漏れ対策②|ボトルの設置方法が正しいか確認する

ボトルが正しく設置されていない

水漏れを防ぐために、ボトルの設置方法が正しいか確認しておくことが大切です。

特に12Lサイズのボトルは重いため、ボトルを運ぶことに精一杯な方もいると思いますが、設置がしっかりできているかの確認は怠らない様にしてください。

誤った設置方法は、ボトル設置の不具合や結合部分の破損に繫がります。

一度はウォーターサーバーの取扱説明書に目を通し、正しい設置方法を確認しておきましょう!

ウォーターサーバーが水漏れしている時の対処手順

ウォーターサーバーが水漏れしている時の対処手順

では、もしもウォーターサーバーが水漏れしてしまった場合に、どのように対処したらいいのでしょうか?

正しく対処することでウォーターサーバーの故障や大きなトラブルを未然に防ぐことができます。

今水漏れで困っている、どうしたらいいのか分からないとお悩みの方はぜひ参考にしてください。

水漏れしている時の対処手順

  1. 温水スイッチを切る→サーバー電源を切る
  2. 可能な限り状況証拠として写真を撮影しておく
  3. サーバーから水とお湯を出し切る
  4. 水で濡れてもよい場所にサーバーを移動する
  5. 濡れた床や家財を清掃・保護する

STEP①|温水スイッチを切る→サーバー電源を切る

水漏れを見つけたらまず行うことは、温水スイッチを切り、ウォーターサーバー本体の電源を切ることです。

水漏れが起こっている状況では感電のリスクがあり大変危険な状況なので、ウォーターサーバー全体を見回して原因を確認するためにも電源を切ることを忘れないようにしましょう。

ウォーターサーバーの周りに他の電化製品を置いている場合も、漏電・感電の可能性が防ぐためにも合わせて電源を切りコンセントを抜いておくと安心ですね。

STEP②|可能な限り状況証拠として写真を撮影しておく

可能な限り状況証拠として写真を撮影しておく

次にメーカーに問合せる際に状況を詳しく説明できるよう、可能な限り状況証拠として写真を撮影しておきましょう。

メールで問合わせをしたり、担当者に来てもらうときにも水漏れの状況を説明するためには写真があると大変便利です。

ウォーターサーバー全体や故障や不具合が疑われる箇所、水漏れ被害の全容などなるべく細かい箇所まで複数枚撮影しておきましょう。

STEP③|サーバーから水とお湯を出し切る

水漏れは、最悪の場合一度発生してしまうとタンクの水が無くなるまでずっと出続ける可能性があります。

水漏れ被害を最小限に抑えるためにも、タンク内に水がまだ残っている場合は、給水口からも水を出し切りましょう

水とお湯を全て出し切る際には慌ててやけどをしてしまうことがないよう、落ち着いて行いましょう。

STEP④|水で濡れてもよい場所にサーバーを移動する

風呂場など水漏れできる場所

水漏れによって周りの家具や家電製品まで水に浸かってしまった…といった二次被害を防ぐためにも、水漏れを起こしたウォーターサーバーは風呂場など水に濡れてもよい安全な場所に移動しましょう。

室内であればビニールシートを敷き、その上に移動すると床が濡れません。

特に床置型タイプのウォーターサーバーを使用している場合は移動が大変ですので、怪我には十分注意しましょう。

STEP⑤|濡れた床や家財を清掃・保護する

水漏れによって床や家財まで濡れてしまった場合は、早めに拭いて乾燥させるなど清掃や保護を行いましょう。

特に賃貸住宅の場合は、水漏れによって大量の水が床に流れた場合に下の部屋まで水浸しになると、さらなるトラブルの原因となる可能性もあります。

また、木製の家具は長時間水に浸かると腐食したり、変形する可能性もあるため注意が必要です。

電化製品は浸水すると故障する可能性が高いため、動作確認を行い、水漏れによる影響がないか確認しておきましょう。

ウォーターサーバーの水漏れによる損害賠償は請求できる?

ウォーターサーバーの水漏れによる損害賠償は請求できる?

ウォーターサーバーの水漏れによって、住宅や家財が破損したり修理が必要になったりする場合も考えられます。

ここでは、水漏れによるトラブルに損害賠償請求はできるのかどうか、パターン別に詳細をみていきましょう。

利用者に落ち度がある場合は損害賠償は請求できない

まず、利用者に落ち度があって水漏れが発生した場合、これはもちろん損害賠償請求はできません。

例えば、ボトルを誤って傷付け水漏れに発展したケースや、子どものいたずらで給水コックが破損して水漏れが発生した場合などは確実に利用者の落ち度となります。

どんなに水漏れによる被害が大きくても、損害賠償請求はできないことを覚えておきましょう。

メーカー側の不備が原因なら損害賠償を請求できる

設置直後の水漏れなど利用者に過失がなく、メーカー側の明らかな不備が原因となって水漏れが起きた場合は損害賠償を請求することができます。

ただし、このパターンの注意点はメーカーが過失を認めないときには補償を受けることができないということです。

明らかにメーカー側に過失があることを証明し、認めてもらう必要があるため、水漏れをした直後の写真撮影や状況確認を忘れないようにしましょう。

損害賠償請求できる範囲

使用者に落ち度がなく、ウォーターサーバーの不具合・不備によって水漏れが発生した場合には、損害賠償請求を行うことができます。

ここでは、損害賠償請求の対象例をご紹介します。

損害賠償請求の対象例

  • 水漏れによって変色・変形した畳やフローリングの張替え
  • 水漏れが原因の電化製品の故障
  • (賃貸住宅の場合)下の階への被害・水漏れによる天井の変色や腐敗・二次被害があった住人への慰謝料

状況やメーカーの対応によっては必ずしも賠償が受けられるわけではないため、注意しましょう。

ウォーターサーバーから水漏れ?原因・対策や損害賠償の有無まとめ

ウォーターサーバーから水漏れする原因や対策、水漏れした時の対処法や損害賠償の詳細についてご紹介しました。

水漏れを未然に防ぐためには、ウォーターサーバーのボトルを正しく丁寧に扱うことが大切です。

何らかの原因でウォーターサーバーが水漏れしてしまった時には、迅速に対応することで被害を最小限に抑えることができるため、慌てずに手順を追って対処するようにしてくださいね。

明らかにウォーターサーバーメーカー側の落ち度があった場合には損害賠償請求も可能ですが、それを証明する必要がありますので、ご注意ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

HAMA

日々家族の健康を考える30代の主婦です。家族でミネラル豊富な水を飲む習慣ができないかと様々なウォーターサーバーを試しています。美味しくて、お料理なんかにも使い勝手のいいウォーターサーバーを主婦目線で分析します!

-ウォーターサーバーのコラム

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.