ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーはレンタルと購入どちらがお得?メリットを徹底比較!

投稿日:

ウォーターサーバー 選ぶ

ウォーターサーバーはレンタルが主流ですが、メーカーによっては購入を選べることがあります。

もしお得ならレンタルではなく購入したい」と考えている方は多いと思いますので、この記事ではウォーターサーバーはレンタルと購入のどちらがお得なのか、徹底的に比較していきます。

ウォーターサーバーはライフスタイルなどに合わせてレンタルか購入かを使い分けるとお得に利用できますので参考にして下さい。

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーはレンタルと購入どちらがお得なのか
  • レンタルと購入それぞれのメリット・デメリット
  • レンタルと購入それぞれにお得なサーバーを紹介
  • レンタルや購入の前に無料お試しできるウォーターサーバーを紹介

ウォーターサーバーはレンタルと購入どちらがお得?

レンタル 購入

結論から言うと、1ヶ月の水の消費量が48L以下で2~3年だけ利用したい方にはレンタルがお得で、1ヶ月の水の消費量が多くより長期的に利用したい方には購入がお得です。

ただ、詳細は後述していますが、購入に対応しているのはウォーターサーバーメーカー500社の中でもわずか4社のみで、機種も合計で7種類だけです。

購入に対応しているウォーターサーバー4社

メーカー・サーバー名 購入代金
フレシャス:エブリィフレシャスmini 158,400円
フレシャス:デュオミニ 46,200円
フレシャス:デュオ 52,800円
フレシャス:スラット 55,000円
フレシャス:スラット+カフェ 66,000円
サントリー:天然水サーバー 59,800円
シンプルウォーター:シンプルウォーター 15,180円

上記のように購入は種類が限られるため、豊富な種類から好みのサーバーを選びたい場合は、購入よりもレンタルの方が良いでしょう。

また、次の項目で説明しているのですが、購入は表にもある通り数万円の本体を買わなくてはいけないので、本体が無料のレンタルと比べて初期費用が非常に高額です。

もちろん購入がお得な場面もあるのですが、安全面やコストを筆頭に様々な事情から編集部としてはレンタルをおすすめします。

ウォーターサーバーは購入よりもレンタルがおすすめな理由

ウォーターサーバー選ぶ

これまで60社100種類ほどのウォーターサーバーを利用した経歴のある編集部は、以下の理由から購入よりもレンタルをおすすめしています。

  1. 長年同じウォーターサーバーを使っていると内部が汚れてくる
  2. 購入では定期メンテナンスがないので安全な水が飲めなくなる
  3. 子供が大きくなったら使わなくなる家庭が多い
  4. 購入しても水代は別途かかり続ける
  5. 引っ越しをしたら水道水が美味しくなって不要になる家庭が多い
  6. 購入だとサーバーに不満が出ても気軽に交換できない
  7. 購入で数年も同じ機種を使っていると旧式になってしまう

ウォーターサーバーはレンタルであれば契約期間である2~3年の周期で他社に乗り換えたり、同じメーカーの最新機種にサーバーを更新することができます。

しかし、購入をしてしまうと壊れるか捨てるまで、ずっと同じ機種を使い続けなくてはいけないので紹介していく様々なリスクが生まれてきます。

長年同じウォーターサーバーを使っていると掃除できない内部が汚れてくる

サーバーを購入してしまうと、レンタルと違って定期メンテナンスや無料の本体交換のアフターサービスを利用できず、サーバー内部がどんどん汚れてしまうのが購入をおすすめできない一番の理由です。

ウォーターサーバーに限った話ではないのですが、使えば使うほど注ぎ口やボトル付近はもちろん、掃除のできない内部は汚れていきます。

もちろん最新のサーバーであればセルフメンテナンス機能が搭載されているので、毎日こまめに掃除をすれば汚れを最小限に抑えられますが、それでも数年間も使っていればウォーターサーバーの内部は驚くほど汚くなります。

サーバー本体のセルフメンテナンス機能も経年劣化していくので、テレビなどで見たことがあるかもしれませんが長年使うとサーバー内部にカビが生えたり、ピンク色の水垢が浮いていたりします。

ウォーターサーバーのカビや水垢の原因と対策7選!飲んだらどうなる?

本記事では、ウォーターサーバーのピンク汚れの正体は「ピンクカビ」であることや、ピンクカビの発生原因や掃除で除去する方法を解説。また、ピンクカビを発生させないための予防法や、万が一飲んだ場合の健康被害などについて解説しています。

続きを見る

カビや汚れが繁殖してしまうと、安全な水が飲めるのがメリットのはずのウォーターサーバーが、気づけば水道水の方がよほど安全という事態になってしまうでしょう。

毎日こまめに掃除するのが苦手な方の場合、汚れやカビが繁殖する速度はより早いので、購入はおすすめできません。

購入すると定期メンテナンスがないのでやがて安全な水が飲めなくなる

購入をしてしまうと、定期メンテンナンスや本体交換のアフターサービスが無くなるので、安全な水が飲めなくなるのも購入をおすすめできない理由です。

購入をしてしまうとサーバーは自分の所有物になるので、管理もメンテナンスも全て自己責任です。

レンタルであれば多くのメーカーが半年~1年に一度の専門スタッフによる定期メンテナンス、またはサーバー本体の無料交換に対応しているので、契約している限り安全な水を飲めます。

しかし購入ではアフターサービスがないので、前述した内部の汚れによって水の安全性が保てなくなっても、自分でなんとかするか、レンタルと異なり高額のメンテンナンス費用を支払わなくてはいけません。

安全性・衛生面を詳しく解説
ウォーターサーバーは安全?理由や安全性に優れたサーバー比較3選

この記事ではウォーターサーバーの安全性や衛生面について解説します。危険な事故例などを挙げて安全に使用するための具体的な対策だけでなく、記事の後半では安全性や衛生面に優れたサーバーを比較し、ランキング形式でご紹介しているのでぜひご覧ください。

続きを見る

ミルク作りや子供が大きくなったら使わなくなる家庭が多い

また、ミルク作りや子供のためにウォーターサーバーを購入した家庭の多くが、子供が成長するとウォーターサーバーを使わなくなるのも購入をおすすめできない理由です。

ミルク作りや子供のために手軽に安全な水が出せるウォーターサーバーを導入する家庭は非常に多いのですが、子供はやがてミルクが不要になりますし、水よりジュースを好むようになります。

子供のためにウォーターサーバーを導入した方の利用期間は精々が2~3年ですので、それなら購入よりも2~3年プランでレンタルした方が圧倒的に費用がかかりません。

購入しても水代や電気代は別途かかり続ける

また、ウォーターサーバーを購入したとしても、レンタルと同じ水代や電気代がかかり続けるのも、購入をおすすめできない理由です。

メーカーによっては購入すると天然水の代金を若干割り引いてくれる所もありますが、逆に購入だとレンタルより天然水の価格が上がるメーカーもある始末です。

ウォーターサーバー_購入がおすすめできない理由

しかも多くのウォーターサーバーは、サーバー本体のレンタル料金が無料です。

そのため、レンタルなら無料のサーバー本体に、5万~10万円もの購入費用を払って、そこからレンタルと同じ水代を支払い続ける…というのがいかにナンセンスかお分かりいただけるかと思います。

前述したメーカーのメンテナンスや水質管理のサポートが受けられず、自己責任なことを考えると、レンタルの方が優れているのではないでしょうか。

引っ越しをしたら水道水が美味しくなった

住んでいる地域の水道水がまずいのでウォーターサーバーを購入したものの、引っ越しをしたら水道水が美味しくなってウォーターサーバーがいらなくなる家庭も非常に多いです。

レンタルであれば2~3年の契約期間を終えれば無料で解約できるので、水がまずい地域に住んでいる間だけウォーターサーバーを利用するというのは賢い選択です。

しかし、購入をしてしまうとサーバーを使わなくなっても高額な購入費用は帰ってこないので、本体の代金がかかってないレンタルと比べて大損でしょう。

また、引っ越しをして不要になった場合もレンタルであれば当然メーカーが無料回収してくれますが、購入だと自分で不用品や粗大ごみとして廃棄しないといけないので、これまた高額な費用がかかります。

購入だとサーバーに不満が出ても気軽に交換できない

ウォーターサーバーを購入してしまうと、不満が出ても交換ができず、延々とそのサーバーを使い続けなければいけないのも購入をおすすめしない理由です。

レンタルであれば実際にウォーターサーバーを使って不満が出ても、1~2万の解約金を支払ったり、乗り換えキャンペーンを活用することで解約金無料でいつでも他社サーバーへ乗り換えることができます。

しかし本体を購入してしまうと、不満があるからといって気軽に別メーカーのサーバーに交換、といったことができなくなります。

また、不満がなくともサーバーのデザインや水の味に飽きて、他社サーバーや他の天然水を飲んでみたいと思っても、購入だと今のサーバー使い続けなくては大損をすることになるでしょう。

購入で数年も同じ機種を使っていると旧式になってしまう

ウォーターサーバーは非常に進化の早い家電製品なので、購入をして5年、10年と同じ機種を使っていると完全に旧式になってしまいます。

基本的にウォーターサーバーは2~3年で新モデルが登場して、省エネ機能や静音設計、3段階の温度調整といった様々な機能が進化していきます。

例えば電気代1つをとっても、省エネ機能を搭載していない旧式サーバーだと1,200円/月だった電気代が、最新モデルだと300円~500円/月ほどに抑えられています。

ウォーターサーバー 電気代
ウォーターサーバーの月々の電気代は高い?安い?平均や10社を徹底比較

「ウォーターサーバーの電気代は高い」というイメージがありますが、実際ひと月にかかる電気代はどれくらいなのでしょうか?今回はウォーターサーバーと電気ポット・ケトルの電気代を比較し、電気代を節約しながら使用できるウォーターサーバーを紹介します。

続きを見る

レンタルなら無料で最新機種に交換できる

そしてレンタルは契約期間が2~3年ほどなので、本体交換の際に運が良ければちょうど登場した最新モデルへと無料で交換してもらうことが可能です。

しかし購入をしてしまうと最新モデルが出ても関係ないので、電気代が高く不便な旧式モデルをずっと使い続けなければいけないでしょう。

なお購入したウォーターサーバーを売ろうとしても、メーカーから面倒な契約書を書かされたり、そもそも全然高く売れなくて損をすることが多いので、様々な面から購入よりレンタルの方が優れているでしょう。

数百社存在するウォーターサーバーのメーカーの内、レンタルをやっているのは4社しかないのは、そもそも需要がほとんどないのが関係しているのかもしれません。

【定額制】毎月3,300円で
美味しい水が飲み放題!
今だけ乗り換えで16,500円キャッシュバック!
解約金が無料のウォーターサーバー
解約金無料のウォーターサーバー14選!違約金や縛りなしで使える!

本記事では解約金が無料のおすすめウォーターサーバーをご紹介していきます。また、解約金なしのウォーターサーバーだけでなくサーバーを選ぶ際に知っておくべき情報や、乗り換えキャンペーンを使った解約金をかからないようにする方法も解説していきます!

続きを見る

ウォーターサーバーをレンタルでなく購入するメリット

主流であるサーバーレンタルと比べて、ウォーターサーバーの購入はメジャーとは言い難い状況にあります。

ただ、上記で紹介したデメリットだけでなく購入ならではのメリットもありますので、以下に紹介していきます。

水の購入ノルマがない

ウォーターサーバーをレンタルでなく購入するメリットは、やはり水の購入ノルマがなくなる点でしょう。

大半のウォーターサーバーでは、レンタルだと「1ヶ月に最低でもボトル2本を注文」といったノルマが設定されています。

2人暮らし以上の家庭であれば特に問題のないノルマなのですが、一人暮らしや消費量の少ない家庭だと水を消費しきれずどんどんボトルが溜まっていく事態になりがちです。

しかし本体購入をすれば水の注文ノルマがないので、自分ペースに合わせてストレスフリーで水を注文することができます。

ただし、一部メーカーは購入であってもノルマが存在するようですので、購入前に注意事項などを確認するようにしましょう。

注文ノルマなしのウォーターサーバー9選!料金や特徴を徹底比較

この記事では、ボトル注文ノルマなしのおすすめウォーターサーバー9選をご紹介しています。一人暮らしでも利用できる安いノルマなしサーバーや天然水が飲めるサーバー、レンタル無料のサーバーなどを徹底比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを見る

解約金の縛りがない

ウォーターサーバーを購入するメリットとしては、解約金の縛りがなく、長期使用しやすい点が挙げられるでしょう。

レンタルの場合2年から3年程度の契約期間を満了しないと解約手数料が発生する縛りがありますが、購入した場合はサーバーは個人のものになるためいつでも解約可能です。

解約金に縛られることなくウォーターサーバーを使えるのは、かなり便利と言えるでしょう。

ただし、近年はレンタルの場合も裏技的な「乗り換えキャンペーン」を使えばいつでも解約金が無料になったりするので、購入のメリットとしては弱いかもしれません。

【2022年10月】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンを徹底比較
各ウォーターサーバーメーカーで実施しているキャンペーン情報を徹底解説!新規申込み・乗り換え・赤ちゃんの子育て向けのママパパプランなど、お得にウォーターサーバーを利用できる各種キャンペーン情報を徹底比較しています!

続きを見る

メーカーによっては水の割引が受けられる

メーカーによっては、サーバーを購入すると水代金が割引になるのもメリットです。

水の使用が多い家庭や3年以上の使用が確実である場合にはコストを抑えながら使用し続けることも可能です。

ただ、レンタルを推奨しているメーカーだと逆に購入で水代が割高になることもあるので、ここも契約前に要確認でしょう。

ウォーターサーバー 契約なし
契約不要のウォーターサーバー4選!契約なしで利用する方法を解説

この記事では、契約なしでウォーターサーバーを利用する方法を解説しています。ペットボトル式ウォーターサーバーや本体購入といった利用方法のほか、水の注文ノルマなし・サーバーレンタル料なしといった契約不要のメリットについてもご紹介しています。

【レンタルと比較】購入対応のウォーターサーバーおすすめランキング

ここからは、購入とレンタルそれぞれにおすすめのウォーターサーバーをランキング形式で紹介していきます。

購入可能なサーバーはどれもレンタルにも対応しているので、レンタルと購入それぞれの損得時期も紹介していますので参考にして下さい。

1位:フレシャス スラット+カフェ

ウォーターサーバー_購入におすすめ_フレシャス・スラットカフェ

フレシャス・スラットカフェは、ウォーターサーバーにUCCのコーヒーメーカー機能が一体化した、非常に人気の高いサーバーです。

レンタルだけでなく購入に対応しており、コーヒー好きの方を中心に多くの方が契約しています。

費用面ではレンタルがお得

比較項目 レンタル時の費用 購入時の費用
本体代 0円 66,000円
水の料金 3,254円/1箱 2,700円/1箱
解約金 1年未満:16,500円
2年未満:9,900円
2年以上:無料
なし
3年間利用時 総額:117,144円 ※総額163,200円

※水代2,700円×36ヶ月+本体代金66,000円の計算。

上記がスラットカフェのレンタルと購入の費用を比較した表ですが、購入だと水代はお得なものの解約金が無料になる3年間利用した場合の総額はレンタルが圧倒的にお得です。

いつでも解約金が無料なのは購入のメリットですが、4万円以上の差額があることを考えると、費用面を重視する方には購入はあまりおすすめはできないでしょう。

多少割高でもサーバーを自分の物にしたい方は購入を、価格を重視する方であればレンタルを選ぶのがおすすめです。

2位:フレシャス スラット

ウォーターサーバー_購入におすすめ_フレシャス・スラット

フレシャス・スラットは、1位のスラットカフェからUCCのコーヒー機能を取り外したシンプルなウォーターサーバーです。

購入だと本体代が1万円ほど安いのですが、レンタル料はスラットカフェと同じく無料なので、コーヒーを少しでも飲む方であればスラットカフェを契約した方が便利です。

コーヒーを全く飲まない、掃除の手間を減らしたい方には、シンプルなスラットがおすすめとなっています。

費用面ではレンタルがお得

比較項目 レンタル時の費用 購入時の費用
本体代 0円 55,000円
水の料金 3,254円/1箱 2,700円/1箱
解約金 1年未満:16,500円
2年未満:9,900円
2年以上:無料
なし
3年間利用時 総額:117,144円 ※総額152,200円

※水代2,700円×36ヶ月+本体代金55,000円の計算。

フレシャス・スラットも同様に、費用面では購入よりレンタルの方が圧倒的にお得となっています。

本体の代金が安い分、スラットカフェよりもレンタルとの差額は縮まっていますが、それでも3万円以上も割高です。

サーバーを自分の物にしたい方は購入がおすすめですが、費用を抑えたい刀などはやはりレンタルの方がお得でしょう。

フレシャス デュオ

ウォーターサーバー_購入におすすめ_フレシャスデュオ

フレシャス・デュオは、ロンドンで活動している有名デザイナーの安積伸がデザインを手掛けているウォーターサーバーで、「グッドデザイン賞」、「キッズデザイン賞」を受賞しています。

他のサーバーと違い天然水を富士、朝霧高原、木曽の3箇所の採水地から選ぶことができるので、多少料金が高いのですが水の品質にこだわりたい方におすすめです。

また、7.2Lの軽量パックで女性やお年寄りでも水の交換がしやすい、吸水口が高い位置にあるので腰に負担がかかりづらい等、実用性も抜群のサーバーです。

費用面では若干レンタルがお得

比較項目 レンタル時の費用 購入時の費用
本体代 0円 52,800円
水の料金 4924円~/1箱
※水は富士、朝霧高原、木曽の
3箇所の採水地から選択可能
3,756円/1箱
※水は富士、朝霧高原、木曽の
3箇所の採水地から選択可能
解約金 1年未満:16,500円
2年未満:9,900円
2年以上:無料
なし
3年間利用時 総額:177,264円 ※総額188,016円

※水代2,700円×36ヶ月+本体代金52,800円の計算。

フレシャス・デュオの場合、僅差ですが解約が無料になっている3年利用時点ではレンタルの方がお得です。

そして4年目利用時点では購入のほうがお得になります。

そのため、フレシャス・デュオに関しては、長く使う前提であれば購入プランを選んでも良いでしょう。

赤ちゃんのミルク用など1年、2年といった短期間の利用を前提にしているのであれば、やはりレンタルの方がお得です。

ウォーターサーバーのレンタルや購入前に無料お試しがおすすめ

編集部がおすすめしたいのが、長期使用か否かに関わらずレンタル料金の無料のサーバーをレンタルしてみることです。

購入にしてもレンタルにしても、実際に使ってみて合わなかったら後悔をしたり、面倒な解約・処分などをしなくてはいけないのは同じです。

そのため、まずは無料お試しをしてみて、その後に購入かレンタルか選んでみた方が後悔しませんし、合わないようなら他のサーバーを試してみることもできるのでおすすめです。

サーバーを無料お試しできるウォーターサーバーは、以下の記事で詳しくご紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

無料お試しキャンペーンのあるウォーターサーバーランキング
【2022年9月】無料お試しキャンペーンのあるウォーターサーバー5社を比較!

この記事では、数あるウォーターサーバーの中からサーバーの無料お試しキャンペーンを行っている5社を比較したものをご紹介。レンタルにあたってチェックすることや注意点などもご紹介しているので、あなたもぜひチェックして後悔しないサーバー選びを!

続きを見る

ウォーターサーバーはレンタルと購入のどちらがいいかまとめ

今回は、ウォーターサーバーのレンタルと購入それぞれのメリットやデメリットを比較し、後悔せずにレンタルか購入かを選ぶコツなどをまとめました。

ウォーターサーバーはレンタルにしても購入にしても大きな買い物だといえるうえに、後悔することなく選ぶことは難しいため慎重に検討する必要があります。

長期使用が確実で購入したほうがコスト削減になる場合は「購入」短期使用が確実であまり水は使用しない場合には「レンタル」がおすすめだといえます。

それでも悩んでしまうのであればレンタル無料のサーバーを短期間使ってみて決めたりといくつかの決定の方法があります。

ウォーターサーバー比較ランキングのカテゴリーではこの記事の他にも、ライフスタイルに合わせてウォーターサーバーを選ぶ記事などをたくさんご紹介しているので、ぜひ合わせて参考にしてみてください!

【2022年】ウォーターサーバーおすすめ人気ランキング15選!比較や選び方も!
近年ウォーターサーバーはどんどん進化を遂げ、どのサーバーを選べばいいかわからないですよね。このページでは料金の安さやデザイン、赤ちゃん向けや一人暮らし向けなどの視点から、おすすめのウォーターサーバーを徹底比較してランキング形式でご紹介!

続きを見る

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved.