ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーの仕組みとは?冷水・お湯が出る原理や構造を解説

更新日:

ウォーターサーバー 仕組み

「ウォーターサーバーってどんな仕組みで水とお湯が出るのかな?」

「ウォーターサーバーの構造について詳しく知りたい」

いつでもすぐに自宅で冷水やお湯が楽しめる便利なウォーターサーバーですが、その仕組みがどうなっているのかご存知でしょうか?

この記事では、ウォーターサーバーで冷水やお湯が作られる原理・構造についてわかりやすく解説します。

記事の後半では、最新ウォーターサーバー利用できる便利な機能についてもご紹介しますので、ウォーターサーバーの構造が気になっている方は必見です。

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバー内部には冷水と温水のタンクがあり、それぞれ水温を調整してキープしている
  • 各メーカーごとにチャイルドロックやリヒート機能、エコモードなど便利な機能が搭載されている
  • 給水方法やボトルの設置位置などの構造もサーバーによって異なるため、ニーズに合った機能を選ぼう

ウォーターサーバーから冷水・お湯が作られる仕組み

ウォーターサーバー 仕組み 冷水 お湯

引用:フレシャス

一台で冷たいお水や熱いお湯をすぐに出せるウォーターサーバーは、自宅や会社で大活躍する便利な家電です。

しかし、どのような仕組みで冷水やお湯が出るのか、不思議に感じる方も多いのではないでしょうか?

まずは、ウォーターサーバー内部で冷水・お湯が作られる仕組みについてご紹介します。

冷水が作られる2つの仕組み

ウォーターサーバーの内部では、冷水とお湯がそれぞれ別のタンクで作られており、ボタンやレバーを押すと各タンクから水やお湯が出るようになっています。

また、冷水やお湯が作られるメカニズムはサーバーの機種によって異なります。

まずは、冷水が作られる仕組みについて見ていきましょう。

冷水が作られる仕組み①:電子式

電子式は、ペルチェ素子と呼ばれる半導体をタンクに取り付け、この半導体に電気を流して水を冷やす方法です。

このあとご紹介するコンプレッサー式と比べると、消費電力が少なく音も静かなのが特徴です。

しかしその分、お水が冷たくなるまでに時間がかかってしまうというデメリットもあるため、卓上型など小さなウォーターサーバーでよく使われています。

冷水が作られる仕組み②:コンプレッサー式

一方のコンプレッサー式は、圧縮した冷媒ガスを循環させてお水を冷やす方法で、エアコンや冷蔵庫などの家電でも使われている仕組みです。

電子式と比べるとすぐに冷却できるのがメリットで、今あるウォーターサーバーではこのコンプレッサー式が主流となっています。

ただし、冷却機能が高い分消費電力は電子式よりも多く、電気代が割高になってしまうのがデメリットです。

お湯が作られる2つの仕組み

水を温める仕組みにも、冷水同様2つの方法があります。

続いては、ウォーターサーバーの内部でお湯が作られる仕組みをご紹介します。

お湯が作られる仕組み①:金属棒式

金属棒式はタンクに内蔵された金属棒に電気を流し、その熱によって水を温める方法で、電気ポットでも同じ仕組みが使われています。

電気ポットの場合、水が入っていないのに加熱してしまう「空焚き」の心配がありますが、ウォーターサーバーは常にタンク内に水が補充される仕組みになっているため、基本的に空焚きの心配はありません

お湯が作られる仕組み②:ヒーターバンド式

タンクの周りに発熱するバンドを巻き付けることで、水を温めるのがヒーターバンド式です。

ヒーターバンド式では広範囲から熱を加えることができますが、内部から温める金属棒式に比べると、表面から加熱するため水が温まるのにやや時間がかかります。

ウォーターサーバーの基本構造・原理

ウォーターサーバー 構造 原理

引用:ウォータースタンド

一口にウォーターサーバーと言っても、その構造はメーカーや機種によってさまざまです。

したがってウォーターサーバーを選ぶ際は、利用シーンやニーズに合わせて機能を比較していくことが重要です。

続いては、ウォーターサーバーを比較する上で覚えておきたい、基本的な構造や原理についてご紹介します。

宅配水サーバーと水道水活用型サーバーの構造の違い

ウォーターサーバーには、「宅配水サーバー」と「水道水活用型サーバー」という2つの種類があります。

宅配水サーバーは、工場でボトリングされた天然水やRO水(ピュアウォーター)をサーバー本体に設置して使うウォーターサーバーです。

ボトルの中の水を飲みきったら新しいボトルに交換しますが、空のボトルは家庭で廃棄できるものと、メーカーに返却して再利用されるものがあります。

一方の水道水活用型サーバーは、その名の通り自宅の水道水を利用するウォーターサーバーです。

水道管から直接配管して使う「水道直結型」と、サーバー内のタンクに水道水を注いで使う「補充型」という2種類の構造がありますが、いずれも自宅の水道水をろ過して使う点は変わりません。

▼あわせて読みたい記事

参考
ウォーターサーバー 水飲み放題
飲み放題の水道水ウォーターサーバー10選比較!おすすめサーバーはどれ?

この記事では定額飲み放題・使い放題のウォーターサーバーの料金や仕組み、またおすすめのサーバー11選をご紹介しています。水道直結型・水道水補充型とはどんなサーバーなのか、宅配水とどちらがお得なのかを知りお得にウォーターサーバーを契約しましょう!

続きを見る

ボトル設置位置がウォーターサーバーの「上部」と「足元」での構造の違い

宅配水サーバーの場合、ボトルをサーバーの上に設置するものと、足元に設置するものがあります。

当然ですが水は上から下に流れるため、基本的にはボトルをサーバーの上に取り付ける構造が主流になっています。

上置き型のウォーターサーバーでは、水を使うと減った分だけボトルからタンクへ水が流れる仕組みになっているため、電力が不要で非常時にも稼働してくれるものが多いです。

しかし、重いボトルを持ち上げるのはかなり負担に感じる方も多く、近年ではサーバー下部にボトルを設置できる製品も増えています。

ただし、下置き型のウォーターサーバーはモーターで水が汲み上げられる構造になっているため、製品によっては停電時に使えなかったり、稼働音が気になったりすることもあります。

▼あわせて読みたい記事

参考
女性やシニアも安心!ボトル交換が楽なウォーターサーバー26選比較

女性やシニア世代にとってウォーターサーバーのボトル交換って大変ですよね。ここでは、水の交換が楽で簡単なウォーターサーバーの4つの形式をランキングにしてご紹介します。更に、それぞれの形式毎におすすめ編集部おすすめのサーバーを紹介していきます!

続きを見る

便利に安全に多機能化するウォーターサーバーの仕組み

ウォーターサーバー 仕組み

引用:プレミアムウォーター

ここまでウォーターサーバーの基本的な仕組みについてご紹介しましたが、近年ではさまざまなウォーターサーバーが登場しており、それぞれ魅力的な機能が備わっています。

ウォーターサーバーを選ぶ際は、どんな機能がついていると嬉しいか、利用シーンに合わせて条件を検討してから比較するのがおすすめです。

ここからは、ウォーターサーバーの便利な機能をご紹介していきます。

抽水操作方法:コック式・レバー式・電子式など

ウォーターサーバーは毎日使うものですので、お水を出す際の使い勝手は意外に重要です。

操作方法を大きく分けると、手動で水を出すコック式やレバー式、ボタンやタッチパネルで操作する電子式があります。

電子式のサーバーはやはりスタイリッシュなものが多く、給水口が一つにまとまっているものもあるなど、デザイン性重視の方におすすめです。

一方のコック式・レバー式は古典的な仕組みのようにも思えますが、電力に頼らないため災害時にも使えるというメリットがあります。

また、製品によりますがレバー式はコップを押し込めば水が出るため、片手で操作できるのも便利なポイントです。

小さなお子様が居ても安心のチャイルドロック

小さいお子様がいる家庭では、誤って子どもがボタンを操作してしまわないよう、二重ロックなどのチャイルドロック機能がついているサーバーを選ぶのがおすすめです。

ウォーターサーバーから出るお湯は一般的に80〜90℃とかなり高温で、子どもが誤って操作すると大事故につながりかねないため、近年販売されているほとんどのウォーターサーバーでは、お湯の給水口にチャイルドロック機能が備わっています。

一方、冷水の給水口にはチャイルドロックがないものもありますが、「目を離した隙に床が水びたしに…」といったトラブルも起こりがちですので、冷水の給水口にも二重ロックがかけられるものを選ぶと安心です。

冷水・お湯だけではなく常温水も使える機能

常温のお水は胃腸への負担が少ないため、健康に気を遣って常温水を飲むという方もいるのではないでしょうか?

これまでのウォーターサーバーは冷水と温水の2種類しか使えないものがほとんどでしたが、フレシャスSlatやウォータースタンドナオシリーズ ネオなど、冷水・温水・常温水の3種類が利用できるウォーターサーバーが登場しています。

他にも常温水のみが利用できるものや、弱冷水・弱温水など絶妙な温度が使える多機能なウォーターサーバーもあるので、ご自身のニーズに合わせて検討してみましょう。

サーバー内タンクのクリーンシステム

せっかく衛生的な水を選んでいても、サーバー内が清潔に保たれていなければ意味がありません。

ウォーターサーバーの衛生面が気になる方は、自動クリーニング機能が充実したサーバーを選ぶのがおすすめです。

自動クリーンシステムには、熱水をタンク内で循環させて除菌する「熱水循環」や、紫外線の効果で除菌する「UV除菌」などがあります。

ただし、熱水循環はタンク内に熱水を循環させるため、クリーニングをしている間はサーバーを使用できない点に注意しましょう。

電気代を節約できるエコモード

ウォーターサーバーの価格を比べるとき、レンタル代やボトル代ももちろん重要ですが、見落としてしまいがちなのが電気代です。

製品によっては、通常より消費電力を抑えられる「エコモード」が搭載されたウォーターサーバーがありますので、コスト重視の方はエコモードの有無を確認しましょう。

光センサーによる自動エコモードへの切り替え

エコモードを搭載しているウォーターサーバーの中でも特に便利なのが、光センサーによる自動切り替え機能です。

この機能は部屋の明るさを自動で検知して、就寝時や外出時などウォーターサーバーを使用しないときに電力の使用を抑えてくれる機能です。

プレミアムウォーターのスリムサーバーや、フレシャスの各種サーバーに搭載されているので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

すぐに熱湯が欲しい時に使える再加熱機能(リヒート機能)

ウォーターサーバーのお湯は、製品によりますが80~90℃程度でキープされていることが多く、カップ麺を作るときやお茶を淹れるときなど、用途によっては「ぬるい」と感じる方もいるようです。

そんなときにおすすめなのが、再加熱機能(リヒート機能)です。その名の通りタンク内の温水を再加熱してくれる機能で、一時的に通常より高温のお湯を使うことができます。

なるべく沸騰時に近い熱いお湯を使いたいという方は、リヒート機能が搭載されたウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。

便利な機能が詰まったおすすめウォーターサーバー3選

ここまでウォーターサーバーの便利な機能についてご紹介してきましたが、できればこれらを網羅した高機能なウォーターサーバーを選びたいところです。

最後に、これらの機能が詰まったおすすめのウォーターサーバーを3つご紹介します。

ウォータースタンド ガーディアン:水道直結型で水飲み放題

ウォータースタンド ガーディアン

ウォータースタンド ガーディアンは、水道水をろ過して使用する水道直結型のウォーターサーバーです。

面倒なボトルの交換作業が不要ですし、ボトルの注文数を気にせず好きなだけお水を使えるのは水道直結型ならではの魅力です。

さらに、「瞬間冷温水機能」により、タンクなしですぐに冷水やお湯を使うことができるため、温度をキープしておくための電力がかからず電気代を大幅に節約することができます。

注水方法は電子ボタン式で、冷水・温水に加えて常温水が使えるなど操作性にも優れたウォーターサーバーです。

▼ウォータースタンドの詳細はコチラ

参考
ウォーターサーバー 評判 口コミ デメリット
ウォータースタンドの口コミや味の評判は?事前に知りたいデメリット

この記事では、ウォータースタンドの口コミ・評判からサーバーの比較、メリット・デメリットやキャンペーンまで詳しく解説しています。また、実際に使ってみた分かった水の味や使い勝手などのレビューもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

続きを見る

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER:光センサーで自動で節電

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATERは、同社のラインナップのなかでもデザイン性に優れたサーバーですが、機能性にも隙がない理想的なウォーターサーバーです。

ボトル下置き型であるため交換作業が負担にならない仕組みになっているほか、冷水にも対応しているチャイルドロックスイッチや、光センサーによるエコモード機能、わかりやすいタッチパネル式のボタンなど、あると嬉しい機能が数多く備わっています。

天然水の美味しさにも定評があり、どの条件も妥協したくないという方におすすめのウォーターサーバーです。

▼プレミアムウォーターの詳細はコチラ

参考
プレミアムウォーター 口コミ 評判
プレミアムウォーターの口コミは?評判やデメリットなどを徹底解説

この記事では、数あるウォーターサーバーの中でも人気が高いプレミアムウォーターの口コミや悪い評判などをご紹介しています。また、サーバーごとの電気代や解約金、引っ越し時のサーバー交換対応なども詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください!

続きを見る

フレシャス Slat:赤ちゃんのミルクづくりにも便利で安心

フレシャス スラット

フレシャス Slatも、デザイン性と機能性を兼ね備えたウォーターサーバーです。

こちらもボトル下置き型の構造で、チャイルドロック・光センサーによるエコモードなど便利な機能が一通り備わっています。

さらにSlat最大のメリットともいえるのが、注水温度を細かく選べる点です。冷水・温水に加えて常温水が選べるほか、リヒート機能で90℃の熱湯を、エコボタンで70℃のぬるめのお湯を使うことができます。

70℃のお湯はミルク作りに最適な温度とされていますが、通常のウォーターサーバーではお湯と水を混ぜて温度を調整しなければいけません。

忙しい育児の合間にも、ボタン一つで適温に設定できるのはSlatならではの大きなメリットです。

▼フレシャスの詳細はコチラ

参考
フレシャス 口コミ 評判 ウォーターサーバー メリット デメリット
フレシャスの口コミは良い?悪い評判から分かるデメリットや特徴

この記事では、フレシャスのウォーターサーバーの水や良い口コミ・悪い評判、サーバーのサイズや各料金などについてご紹介しています。また、使う前に知りたいメリット・デメリットや解約金についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

続きを見る

ウォーターサーバーの仕組みとは?冷水・お湯が出る原理やその他の機能

ウォーターサーバーの仕組みや原理についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

冷水やお湯がすぐに出る構造はもちろん、近年のウォーターサーバーにはほかにも便利な機能がたくさん搭載されていることがお分かりいただけたと思います。

どんな機能がついているかは各メーカーによって異なりますので、ご自身の利用目的に合わせて最適なウォーターサーバーを探してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NAKA

水をこよなく愛する20代。1日にたくさんの水を飲んでいます。 どんなウォーターサーバーを選んだらいいか分からない方のために、分かりやすく丁寧な情報発信をすることを心掛けています。

-ウォーターサーバーのコラム
-, ,

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.