ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーは長期不在中でも電源を入れておいた方が良い理由

投稿日:

ウォーターサーバー 長期不在

旅行や出張などで家を数週間ほど留守にする際に、ウォーターサーバーの電源は入れたままの方が良いことはご存知でしょうか?

しかし、1ヵ月以上家を留守にする場合は、逆に電源を切っておいた方が良いとされています。

本記事では、ウォーターサーバーを長期間使用しない時のメンテナンス方法を期間別に解説し、利用再開時のメンテナンス方法についても紹介しています。

海外旅行をされる方や、長期の出張がある方にとっては役立つ内容となっていますので、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

この記事を読むと分かること

  • 不在期間1~2週間程度なら電源はつけたままでエコモードはオフにする
  • 不在期間1ヵ月以上なら電源オフ+水抜きと配送スキップの手続きが必要
  • 長期不在から帰宅した時は本体の掃除と消毒+捨て水で安全に利用できる

ウォーターサーバーの電源は長期不在でも入れたままの方が良い理由

コンセント

まずは長期不在時でもウォーターサーバーの電源は切らない方が良い理由について詳しく解説していきます。

ウォーターサーバーを安心・安全に使用するために大切な内容ですので、しっかり理解しておきましょう。

ウォーターサーバーの電源を切るべきではない理由

  1. 水の衛生面を保つため
  2. クリーン機能が作動しないため

理由①:水の衛生面を保つため

ウォーターサーバーの水は本体の電源が入っていることで高い衛生状態が保持されています。

電源を落としてしまうと冷水・温水に維持されていたウォーターサーバー内の水やお湯が常温に戻ってしまい、雑菌やカビなどの発生・繁殖リスクが高まり、水が傷みやすい環境になってしまいます。

不在期間が長くなるほどリスクは高まりますが、季節によっては1日などの短期間でも水が傷むリスクが充分に考えられます。

美味しくて安全な水を飲み続けるためにも、電源を入れたままにしておく必要があると言えるでしょう。

理由②:クリーン機能が作動しないため

ウォーターサーバーの電源を切ってしまうと、内部で定期的に働いているクリーン機能などの衛生管理機能は作動しません

クリーン機能はウォーターサーバーや水を安全に使用する上で必要なメンテナンスを行う機能です。

それが損なわれてしまうと本来のパフォーマンスが発揮されず、水を傷めるリスクにも繋がります。

また、電源を切ることでクリーン機能の周期がリセットされてしまう可能性もあるため、安心・安全に使用し続けるためにも長期不在時でもなるべく電源は入れたままにしておきましょう。

▼あわせて読みたい記事

参考
ウォーターサーバー 衛生面
ウォーターサーバーの衛生面ってどうなの?除菌機能があるサーバー5選

この記事では、ウォーターサーバーの気になる衛生面についてまとめています。雑菌の繁殖を防ぐには、除菌機能やメンテナンスが充実したサーバーを選ぶのがポイントです。定期的な掃除がめんどくさい方におすすめサーバーも紹介するので、ぜひご覧ください!

続きを見る

不在期間が1~2週間程度の場合の取り扱い方法

刺しっぱなし

次に、具体的な不在期間ごとの対策について解説していきます。

まずは不在期間が1~2週間程度の場合はどういった対応をするべきかを解説します。

1~2週間程度の旅行や出張をされる方は、家を空ける前にチェックしておきましょう。

不在期間が1~2週間程度の対応

  • ウォーターサーバーの電源・温水スイッチは入れたままにする
  • エコモードは切っておく必要がある
  • ボトルは設置したままにしておく

ウォーターサーバーの電源・温水スイッチは入れたままにする

前述したように、ウォーターサーバーの電源や温水スイッチなどを入れたままにすることは、雑菌やカビなどで水が傷んでしまうリスクを避け、サーバー本体のクリーン機能を正常に作動させる意味でも重要と言えます。

旅行や出張から帰ってきた後も美味しくて安全な水を楽しむために、1~2週間程度であれば、電源・温水スイッチは入れたままにしておきましょう。

ウォーターサーバーのコンセントを抜くべきではない理由は、ウォーターサーバーのコンセントを抜くのはダメ?取り扱い方法を解説で詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

参考
ウォーターサーバーのコンセントを抜くのはダメ?取り扱い方法を解説
ウォーターサーバーのコンセントを抜くのはダメ?取り扱い方法を解説

自宅を長期不在にする際にウォーターサーバーのコンセントを抜くのは消費電力を減らして電気代を下げると思っていませんか?実際は電気代は上がり衛生的にも悪いです。ここでは抜いてしまった時や停電時の対処法も紹介していますので是非ご覧ください。

続きを見る

エコモードは切っておく必要がある

ウォーターサーバーの機種によっては「エコモード」「省エネモード」といった機能が備えられているものがあります。

これらの機能の中には、お部屋の明るさを本体のセンサーで感知して、暗くなったタイミングで温水機能を自動でオフにしてくれるものもあります。

一般的には寝静まったタイミングで温水機能がオフになり、消費電力が抑えられることで電気代の節約に繫がるわけですが、長期間不在だとお部屋もずっと暗いため温水機能もオフの状態になってしまいます。

そうすると温水タンク内の衛生面が保たれなくなり水が傷むリスクに繋がりますので、衛生面を維持するためにもエコモードなどの機能はオフにしてから出掛けるようにしましょう。

ボトルは設置したままにしておく

ウォーターサーバーをしばらく使わないからといってボトルを取り外す必要はありません。

ボトルを取り外すことでボトルと本体の接続部からホコリが入り、雑菌やカビなどの発生リスクにも繋がるため、短期不在・長期不在に関わらず「ボトルを外したまま放置する」という行為自体が衛生上問題があります。

旅行や出張などに行く直前でボトルの水を使い切った場合は、使い切った空ボトルを設置したままにしておくか、新しいボトルに交換してから出掛けるようにしましょう。

空ボトルを差しておくことで温水の「空焚き」の心配をする方もいるかと思いますが、最近のウォーターサーバーは空焚きが起こらない構造になっているので安心です。

不在期間が1カ月以上などの長期不在時の取り扱い方法

カレンダー

不在期間が1~2週間程度なら通常通りの運転をさせておくことが水や本体の安全を保つポイントでしたが、1か月以上の長期間では対策が変わります

電気代も気になりますので、長期不在のときは出来れば電源を切って出掛けたいですよね。

1か月以上家を空ける場合の取り扱いもしっかり学んでいきましょう。

1か月以上の長期間自宅を空ける場合の対応

  • ウォーターサーバーの電源は切っておく
  • ウォーターサーバーの水抜きを行う
  • メーカーに配送スキップ・休止の連絡も忘れずに!

ウォーターサーバーの電源は切っておく

1~2週間程度の期間であれば電源は付けたままの方が良いですが、1か月以上の長期不在の場合はウォーターサーバーの電源はOFFにしましょう。

長期間使用しない場合、水の品質が落ちてしまうだけでなく電気代も高くなってしまうことが考えられます。

ウォーターサーバーを稼働させていると、一ヵ月あたり500~1,000円前後の電気代が掛かりますし、そもそも、数カ月前に開封したボトルの水は衛生上飲むことは推奨されません。

たとえクリーン機能が働いていたとしても飲むことはできないため、出かける前にコンセントは抜いてしまいましょう。

ウォーターサーバーの水抜きを行う

ただ電源を切るだけではなく、ウォーターサーバー内のタンクに入っている水を抜く「水抜き」を行う必要があります。

水抜きの一般的な手順は下記のとおりです。

ウォーターサーバーの水抜き手順

  1. 本体の電源をオフにする
  2. 電源プラグをコンセントから抜き、温水が冷めるまで6時間程度置く
  3. 給水口から冷水と温水が出なくなるまでボタンを押す(レバーを引く)
  4. 内蔵されているタンク内の水を排水する

詳しい手順はウォーターサーバーの取扱説明書に記載されていますので、機種ごとの正しい手順で行うようにしましょう。

ウォーターサーバーの安全な水抜き方法や、水抜きの際に出た水の処分方法についてはウォーターサーバーの水抜き方法を徹底解説!水抜き後の水は飲める?でも解説しているので、こちらの記事もえひ参考にしてください。

参考
ウォーターサーバーの水抜き方法を徹底解説!水抜き後の水は飲める?

引越し等でウォーターサーバーの水抜きが必要となり、その方法でお悩みの方に水抜き方法や手順を徹底解説します。水抜き後の水が飲めるのか、その有効的な活用方法も合わせてご紹介しますので、ウォーターサーバーの水抜きでお困りの方はぜひご覧ください。

続きを見る

メーカーに配送スキップ・休止の連絡も忘れずに!

定期的なボトルの配送を依頼している場合は、メーカーに配送スキップ・休止の連絡をすることも大切です。

水を都度注文するスタイルのメーカーの場合は不要ですが、定期発送の場合どんどん水ボトルが配達されてしまうので、忘れずに配送スキップなどの手続きを行うようにしましょう。

また、メーカーにもよりますが、配送スキップや休止の連絡は配送予定日の1週間前までに連絡すれば良いとされています。

休止期間に応じて手数料が発生する場合もありますので、配送スキップや休止の連絡をする前に現在の契約情報を確認することも大切です。

長期不在時から帰宅したときのメンテナンス方法を紹介

帰宅

ここまでは長期不在にする際の対処法を紹介してきましたが、ここからは長期の出張などから帰宅した際に使用を再開するためのメンテナンス方法を解説していきます。

どちらもウォーターサーバーを安心・安全に使う上で必要な知識ですので、再開時の対処法もセットで覚えておきましょう。

利用再開時のメンテナンス方法

  • ウォーターサーバーを清掃・消毒する
  • 電源を切っていた場合は新しいボトルに交換する
  • 「捨て水」をしてホース内の水を排出しておく

ウォーターサーバーを清掃・消毒する

利用再開にあたり、まずはウォーターサーバー本体をキレイにすることから始めましょう。

長期間使用しない場合、ボトルの差込口や水受けトレイを始めとして全体にホコリが付着しますので、まずは柔らかい布を使用して全体を拭き取りましょう。

それに加えて、アルコールスプレーを布に含ませてボトルの差込口・給水口・水受けトレイを拭き取ると、雑菌やカビなどに対しての消毒効果も得られますのでおすすめです。

また、電源プラグをコンセントから抜いている場合は、電源プラグにホコリが付いていることも考えられますので、電源プラグを含めて本体からホコリや雑菌を取り去ってから利用再開することが大切です。

ウォーターサーバーの掃除方法についてはウォーターサーバーの掃除方法4選!自宅で衛生的に使う方法を解説でも解説しているので、合わせて確認してください。

参考
ウォーターサーバー 掃除 衛生的 メンテナンス
ウォーターサーバーの掃除方法4選!自宅で衛生的に使う方法を解説

この記事では、ウォーターサーバーの正しい掃除方法について解説しています。アルコールやブラシを使ったお手軽な掃除方法から、めんどくさいお手入れの頻度を減らすポイントまでご紹介していますので、自宅にウォーターサーバーがある方は必見です。

続きを見る

電源を切っていた場合は新しいボトルに交換する

前述した通り、ウォーターサーバーの電源を切って長期間使用しない場合はボトルの差込口付近にホコリが溜まります。

そのホコリを原因としてボトル内に雑菌が繁殖することも考えられますので、ボトルの差込口は入念に清掃・消毒してからボトルを差し込みましょう。

またウォーターサーバーの水の賞味期限は、一般的に開封後2週間から1か月程度とされています。

そのため、利用再開時にはお出掛け前に使っていたボトルの水は使用せずに、必ず新しいボトルを使うようにしましょう。

「捨て水」をしてホース内の水を排出しておく

ウォーターサーバーの利用を再開する際には、ボトルの差込口や受け皿などの清掃だけでなく、サーバー内部の清掃も重要です。

給水口付近や内部のチューブなどに雑菌が溜まり、それが水と一緒に排出されてしまうリスクがあるわけですね。

衛生面や安全面を考えて、冷水・温水のどちらもコップ2杯程度の「捨て水」を行うようにしましょう。

捨て水を行った後は普段通りに使用しても大丈夫です。

メーカー別・長期不在時のウォーターサーバーの取り扱い方法

長期不在時の対応については、水抜きが必要か否かなど各サーバーによって異なります。

決して自己判断で行わず、各ブランドで推奨されている長期不使用時の対応に則って取り扱うようにしましょう。

代表的なメーカーが推奨している長期不在時の対応をまとめたので、お使いのメーカーの対処法を確認してみてください。

メーカー名 対応内容
アクアクララアクアクララ 使用再開時に捨て水(2週間以内)
使用再開前に有料メンテナンス(1ヵ月以上)
アルピナウォーターアルピナウォーター メーカーへ連絡(10日以上不使用)
クリクラクリクラ 使用再開時に捨て水(1週間以上)
お客様センターに連絡(1ヵ月以上)
プレミアムウォータープレミアムウォーター 電源オフ、水抜き
フレシャスフレシャス サーバーごとに取扱説明書に記載
コスモウォーターコスモウォーター 電源オフ、水抜き(2週間以上)
ワンウェイウォーターOne Way Water(ワンウェイウォーター) メーカーへ連絡

ウォーターサーバーは長期不在中でも電源を入れておいた方が良い理由まとめ

今回は、ウォーターサーバーをしばらく使わない時の対処法を期間別に解説し、利用再開時のメンテナンス法についても紹介してきました。

もし長期間ウォーターサーバーを使用しないという場合、まずは以下の3点を頭に置いておき、本記事や取扱説明書を見ながら必要なメンテナンスを行うようにしてください。

電気代やウォーターボトル代など、不在期間が長くなるほど無駄な費用が掛かってしまいますので、本体の仕様や契約内容も見直しておきましょう。

長期不在時の対応まとめ

  • 数週間程度の不在期間であれば電源は入れたままでOK
  • 1ヵ月を超える長期不在の場合は電源を切る
  • 利用再開時にはウォーターサーバーの清掃・消毒をする
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Atori

一人暮らしのしがない大学生。カフェインジャンキーであるから美味いコーヒーのために水に拘る性質で、どちらかと言うと生まれの土地柄として軟水よりも硬水の方がなじみ深い。

-ウォーターサーバーのコラム

Copyright© MizuCool , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.