ウォーターサーバーのコラム

ウォーターサーバーのお湯の温度は?カップ麺やミルクも作れる?

投稿日:

ウォーターサーバー 温度

「お湯の温度は?カップ麺やミルクを作ることはできる?」
「温度調節機能が使えるウォーターサーバーってあるのかな?」

お湯を沸かす手間が省けるという利便性の高さから、ウォーターサーバーの導入を検討されている方が増えています。

しかし何℃のお湯が出るのか、どういった使い道ができるのかをイメージできないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事ではウォーターサーバーで使えるお湯の温度や、実際の使用例などを分かりやすくまとめました。

記事の後半では温度調節機能が使えるおすすめのウォーターサーバーもご紹介しますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

この記事を読むと分かること

  • ウォーターサーバーのお湯の設定温度は一般的に70~95℃の間
  • 再加熱機能で熱湯にしたり、省エネモードで低めの温度のお湯を作れるサーバーもある
  • カップ麺やミルクなど用途によって必要なお湯の温度が異なる点に注意
  • 温度調節がしやすく利便性の高いウォーターサーバーを検討してみよう

ウォーターサーバーの設定温度は機種によって異なる

ウォーターサーバー 温度 違う

ウォーターサーバーのお湯の温度は機種によって幅広く、必要な温度まで温まらないウォーターサーバーもあります。

必ずしも「ウォーターサーバーなら90℃以上の熱湯が出てくる」とは限らないので、ここではサーバーの設定温度について確認していきましょう。

ウォーターサーバーの設定温度

  • 一般的なウォーターサーバーのお湯の設定温度は70~95℃
  • 温度調節機能やリヒート機能付きサーバーは90℃~のお湯が使える
  • 電気代が抑えられる省エネモード付きサーバーは70~80℃のお湯が使える

一般的なウォーターサーバーのお湯の設定温度は70~95℃

ウォーターサーバーのお湯は一般的に70~95℃の間となっており、機種によって設定温度に差があることをご存じでしょうか?

使用用途によって必要なお湯の温度も異なるため、「赤ちゃんのミルクを作りたい」「カップ麺を食べたい」などのニーズに適した温度を事前に確認することが大切です。

思っていたよりもぬるい・熱すぎるといった事態を防ぐためにも、契約前にウォーターサーバーのお湯の設定温度はしっかりと比較し確認しておきましょう。

エコモードや省エネモードにすることによってお湯の設定温度が下げられたり、再加熱可能なタイプのウォーターサーバーもあるので、利用用途に応じてウォーターサーバーを選ぶことがおすすめです。

温度調節機能やリヒート機能付きサーバーは90℃~のお湯が使える

タンク内のお湯を再加熱する「リヒート機能」が付いているタイプのウォーターサーバーであれば、90℃以上のお湯を使うことができます。

例えばカップ麺作りには100℃前後の沸騰している熱湯が望ましいですが、70~80℃のお湯しか出ないタイプのものですと物足りないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

リヒート機能があれば、やかんやお鍋などでお湯を沸騰させる手間も省けて時間を短縮できるため、一度使うと手放せなくなるという方が多いですね。

普段からラーメンを作ったり紅茶を入れたりすることが多い方などは、温度調節機能やリヒート機能が付いたウォーターサーバーをおすすめします。

電気代が抑えられる省エネモード付きサーバーは70~80℃のお湯が使える

ウォーターサーバーの中には電気代を節約できる省エネ・エコモードが搭載されているタイプもあります。

省エネモードは電気代が安くなるだけでなく、通常よりも少し低めの70~80℃のお湯を使えるという利点があり、温度調節機能としても利用できるのが特徴です。

低めの温度のお湯が使えれば、健康やダイエットのための白湯づくりや赤ちゃんのミルク作りにも使うことが可能なので、より利便性が高いサーバーであるといえるでしょう。

ちなみに、普段は省エネにしておいて電気代を低く抑え、必要な分だけ追加で温める方が経済的な場合もあります。

▼あわせて読みたい記事

参考
ウォーターサーバー 電気代
ウォーターサーバーの月々の電気代は高い?10社の電気代を徹底比較

「ウォーターサーバーの電気代は高い」というイメージがありますが、実際ひと月にかかる電気代はどれくらいなのでしょうか?今回はウォーターサーバーと電気ポット・ケトルの電気代を比較し、電気代を節約しながら使用できるウォーターサーバーを紹介します。

続きを見る

メーカー別ウォーターサーバー温度一覧表

メーカー・機種 温水の温度 冷水の温度
サントリー
天然水ウォーターサーバー
通常モード85~92℃
弱温モード70~75℃
通常モード4~9℃
弱冷モード12~15℃
アクアクララ
アクアファブ
80~90℃ 5~12℃
アクアクララ
アクアウィズ
85~95℃
省エネ運転中70~75℃
5~11℃
アクアクララ
アクアスリム
80~90℃ 5~12℃
アクアクララ
アクアスリム S
80~90℃ 5~12℃
フレシャス
dewo
通常モード80~85℃
エコモード65~75℃
4~10℃
フレシャス
dewo mini
通常:80~85℃
エコモード70~75℃
5~10℃
フレシャス
Slat
通常モード80~85℃
エコモード70~75℃
リヒートモード約90℃
4~10℃
フレシャス
SIPHON+
80~85℃ 3.5~8℃
うるのん
ウォーターサーバーGrande
80~90℃ 4~12℃
うるのん
スタンダードサーバー
80~90℃ 4~12℃
クリクラ
クリクラ Fit
約80〜90℃
再加熱モード約90~93℃
約4~10℃
クリクラ
クリクラサーバー
約80~90℃ 約5~10℃
クリクラ
クリクラ省エネサーバー
約75~85℃ 約4~10℃
富士の湧水 通常約80~89℃
高温約90~93℃
通常約6~12℃
弱冷約12~16℃
ウォーターワン
JLサーバー
87℃前後 6℃前後
ウォーターワン
WS2サーバー
80℃~90℃前後 3.5℃~8℃前後
ウォーターワン
QuOLサーバー
80℃前後 6℃前後
常温水17℃前後
コスモウォーター
Smartプラス
80~90℃ 6~10℃
コスモウォーター
ECOTTO
電気ケトル使用 100℃ 6~10℃
プレミアムウォーター
スリムサーバーIII
約85℃ 約6℃
プレミアムウォーター
amadanaスタンダードサーバー
約87℃ 約6℃
プレミアムウォーター
cado×PREMIUM WATER
約83℃
再加熱時約90℃
約8℃
弱冷水モード:約15℃
プレミアムウォーター
amadanaグランデサーバー
約87℃ 約6℃
アルピナウォーター
スタンダードサーバー
約85℃ 約5℃
アルピナウォーター
エコサーバー
80℃以上 10℃以下
AW・ウォーター
ウォーターサーバー
HOTモード約80~90℃
ECOモード約60~70℃
強冷約3~8℃
弱冷約4~10℃
ピュアハワイアンウォーター
スタンダードサーバー
約80〜85℃ 約5〜10℃
ピュアハワイアンウォーター
エコサーバー
約80〜85℃
エコモード約70℃
約5〜10℃
ピュアハワイアンウォーター
水素水サーバー
約80~85℃ 約5~10℃
富士おいしい水 約80~90℃ 約4~10℃

※各メーカーHP及び機種の取扱説明書より抜粋(2021年11月時点)

ウォーターサーバーのお湯は何に使える?シーン別のお湯の温度を紹介

シーン別 ウォーターサーバー 最適

ここまで、ウォーターサーバーのお湯の温度や機能は各メーカー・機種によって様々で、温水や冷水の温度もメーカーや機種で異なるという事を解説しました。

続いてはお湯を使いたい時の具体的な事例とあわせて、必要なお湯の温度について解説していきます。

シーン別のお湯の温度

  • カップ麺|95℃~のお湯
  • コーヒー・紅茶|85~90℃のお湯
  • 赤ちゃん用ミルク|70~80℃のお湯
  • 白湯|50~70℃のお湯

カップ麺|95℃~のお湯

疲れていてご飯を作るのが面倒な時や、小腹がすいた時の夜食としてカップ麺を食べる方も多いのではないでしょうか?

カップ麺をつくる際に最適なのは、沸騰直後の100℃前後のお湯だと言われています。

一般的なウォーターサーバーのお湯の温度は85℃前後であるため若干温度が物足りず、熱湯でつくったカップ麺よりも味や食感が落ちてしまうのが難点ですね。

95℃以上のお湯が欲しいという方は、リヒート機能や再加熱機能のついたウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

コーヒー・紅茶|85~90℃のお湯

コーヒーや紅茶を入れる場合には85~90℃のお湯が最適となり、基本的にはどのウォーターサーバーでもこの温度のお湯を使うことは可能です。

コーヒーの場合は80℃以下のお湯だと酸味が出てしまいますし、逆に沸騰したての100℃近い熱湯では苦みが出てしまいますね。

紅茶の場合も同様に80~90℃のお湯が向いていますが、沸騰したての方が香りが引き立つのでなるべく高温のお湯が使えるサーバーが望ましいでしょう。

基本の設定温度が低いと必要な温度の熱湯にするまで時間がかかりますので、欲しい温度に近い設定が可能なサーバーを事前に検討しておくことをおすすめします。

赤ちゃん用ミルク|70~80℃のお湯

お腹を空かせた赤ちゃんにミルクを作る際、お湯を沸騰させる手間が省けるのもウォーターサーバーの利点のひとつです。

WHOのガイドラインによれば赤ちゃんのミルク作りには70℃のお湯が最適であるとされており、少し低めの温度のお湯をよく利用される方は電気代も安くなる省エネモードが搭載されたウォーターサーバーをおすすめします。

湯加減を調節する必要がなく、出したお湯をそのまま使える便利さがエコモードのメリットと言えるでしょう。

白湯|50~70℃のお湯

お薬を飲む際や、ダイエットなど健康のために50℃ほどの白湯を飲まれる方も多いのではないでしょうか。

常温水がそのまま出せるウォーターサーバーもありますが、お湯と冷水が出るサーバーならいつでもお好みの温度で使用することができますよ。

また、エコモードが搭載されているウォーターサーバーの場合、通常より低い温度設定のお湯を給水できるので、少し水を足すだけで白湯にちょうどいい湯加減に調節することが可能です。

また、白湯を飲むメリットや効果については、白湯とお湯の違いとは?作り方・飲み方・効果などを徹底解説にてご紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

参考
白湯 作り方 効果 お湯 違い
白湯とお湯の違いとは?作り方・飲み方・効果などを徹底解説

白湯とは健康を保持増進するのに最適な飲みもの。しかしその正しい作り方については意外と知られていません。実は白湯の温度は人肌より高い50度程度がおすすめなんです。ここでは、白湯の作り方や効果を高めるおすすめの飲み方、アレンジ方法を紹介します。

続きを見る

ウォーターサーバーからお湯を給水できる仕組み

仕組み ウォーターサーバー

ウォーターサーバーでお湯が作られる仕組みには大きく分けて「金属棒式」と「ヒーターバンド式」の2つのパターンが存在します。

「金属棒式」はタンク内臓の金属棒を電気で熱することによって水を温める方法で、身近な例で言うと電気ポットでも同じ仕組みが採用されていますね。

電気ポットの場合はタンクが空でも加熱してしまう「空焚き」の不安がありますが、ウォーターサーバーは水が常にセットされているためその心配はありません。

「ヒーターバンド式」は水のタンクの周りを発熱バンドでぐるりと覆って水を温めるという方法ですが、金属棒式よりも若干温めるのに時間がかかるのが特徴です。

また、ウォーターサーバーからお湯や冷水が出る仕組みついて、ウォーターサーバーの仕組みとは?冷水・お湯が出る原理や構造を解説でも詳しく解説しているので、気になる方は参考にしてみてください。

参考
ウォーターサーバー 仕組み
ウォーター サーバーの仕組みとは?冷水・お湯が出る原理や構造を解説

この記事では、ウォーターサーバーから冷水やお湯が出る原理について解説しています。サーバー内部の構造だけでなく、各サーバーに搭載されている便利な機能についてもご紹介するので、ウォーターサーバーの仕組みを知りたい方はぜひご覧ください。

続きを見る

温度調節ができる便利なおすすめウォーターサーバー4選

ウォーターサーバー 温度調節 おすすめ

ここまでご紹介してきたように、ウォーターサーバーによって給水できる水の温度は大きく異なっています。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、ご自身やご家族がどういった使い方をする事が多いのかという事を基準にして考える事が多いでしょう。

最後にどういった目的にも利用可能な、温度調節ができる便利なウォーターサーバー4選をご紹介していきます。

温度調節ができるウォーターサーバー4選

  1. サントリー天然水ウォーターサーバー:4段階の温度調整ができ
  2. フレシャス スラット:エコモードで赤ちゃんのミルク作りを時短
  3. プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER:再加熱機能で90℃のお湯が使える
  4. コスモウォーター エコット:100℃の熱湯が出るケトル内蔵型

サントリー天然水ウォーターサーバー:4段階の温度調整ができる

サントリー天然水ウォーターサーバー

サントリー 南アルプスの天然水
月額料金 4,176円
水代(24L) 4,176円
サーバー代等 0円
電気代 約720円~
水の種類 天然水
ボトルサイズ 12L

編集部おすすめポイント

  • 4段階の温度設定が可能で様々な生活シーンで水を使い分けられる
  • 1日1回サーバー内を熱湯が循環するので清潔安全
  • 「南アルプスの天然水」を好きな温度にしていつでも楽しめる

南アルプスの天然水」が飲めることで有名なサントリー天然水ウォーターサーバーは、4段階の温度調節ができるウォーターサーバーです。

弱温・弱冷モードにすることで温度調節にもなりますし、省エネにもなるため電気代も節約できる一石二鳥の機能となっています。

弱温モードのお湯は赤ちゃんのミルク作りなどに使えますし、弱冷モードなら寒い季節の水分補給に最適な冷たさで水を飲むことができますよ。

サントリーという大手企業が提供する質の高いサーバーと天然水を、温度調節によって様々な使い方ができる点が最大の魅力です。

モード 温度
冷水モード 4~9℃
弱冷モード 12~15℃
弱温モード 70~75℃
温水モード 85~92℃

▼サントリー天然水ウォーターサーバーの詳細はコチラ

参考
サントリー天然水ウォーターサーバー 口コミ 評判
サントリー天然水ウォーターサーバーの口コミ・評判を徹底調査!

南アルプスの天然水が飲める、サントリー天然水ウォーターサーバーの口コミや評判から分かるメリット・デメリットについて解説しました。導入前に確認しておきたい解約金の事や、お得に始められるキャンペーン情報などの周辺情報についてもお伝えしています。

続きを見る

フレシャス スラット:エコモードで赤ちゃんのミルク作りを時短

フレシャス スラット

フレシャス スラット
月額料金 5,189円
水代(24L) 4,199円
サーバー代等 990円
電気代 約380円~
水の種類 天然水
ボトルサイズ 9.3L

編集部おすすめポイント

  • エコモード時は約70℃、リヒート機能で約90℃まで再加熱可能
  • 省エネ機能のスリープモードにすれば電気代も節約できる
  • 白・黒の2色展開で下置きボトル収納で交換も簡単

フレシャス スラットは常温水を出すことができるウォーターサーバーなので、普段からお薬やサプリメントを服用している方に好評です。

また、通常80~85℃のお湯を3分ほどで90℃まで再加熱できる「リヒート機能」も搭載されているので、カップ麺やコーヒーを淹れる時などにも利用できますね。

エコモードも搭載されており、ボタンを押すとお湯が70℃にまで下がるので白湯づくりや赤ちゃんのミルク作りにも最適な温度を手軽に準備できます。

静音仕様となっているため、寝室や一人暮らしの部屋にも問題なく置くことができるストレスフリーな設計も魅力のひとつといえるでしょう。

モード 温度
冷水 4~10℃
温水 80~85℃
エコモード 70~75℃
再加熱(リヒート) 約90℃

▼フレシャスの詳細はコチラ

参考
フレシャス 口コミ 評判 ウォーターサーバー メリット デメリット
フレシャスの口コミは良い?悪い評判から分かるデメリットや特徴

この記事では、フレシャスのウォーターサーバーの水や良い口コミ・悪い評判、サーバーのサイズや各料金などについてご紹介しています。また、使う前に知りたいメリット・デメリットや解約金についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

続きを見る

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER:再加熱機能で90℃のお湯が使える

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER

cado×PREMIUM WATER
月額料金 5,333円
水代(24L) 4,233円
サーバー代等 1,100円
電気代 約670円~
水の種類 天然水
ボトルサイズ 12L

編集部おすすめポイント

  • 再加熱機能が付いた4パターンの温度設定で使い勝手が良い
  • 静電タッチパネルで直感的に使用でき機能性抜群
  • お部屋の印象をキリっと引き締め華やかさを与えるデザイン

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATERは、設定によって高温・温水・冷水・弱冷水の4つのパターンの温度調整が可能です。

再加熱機能によって約90℃のお湯が使えるので、小腹がすいた時のカップスープやティータイムの紅茶を入れるのにも役立ちますね。

キンキンに冷えた冷水よりも少し水温の高い弱冷水も出せるので、身体を冷やしたくない方や寒い日の水分補給にもピッタリではないでしょうか。

お湯を内部で循環させる加熱クリーンシステムやチャイルドロックなど、機能面も充実しているウォーターサーバーです。

モード 水温
冷水 約8℃
弱冷水 約15℃
温水 約83℃
再加熱(リヒート) 約90℃

▼プレミアムウォーターの詳細はコチラ

参考
プレミアムウォーター 口コミ 評判
プレミアムウォーターの口コミは?評判やデメリットなどを徹底解説

この記事では、数あるウォーターサーバーの中でも人気が高いプレミアムウォーターの口コミや悪い評判などをご紹介しています。また、サーバーごとの電気代や解約金、引っ越し時のサーバー交換対応なども詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください!

続きを見る

コスモウォーター エコット:100℃の熱湯が出るケトル内蔵型

コスモウォーター Smartプラス

コスモウォーター エコット
月額料金 4,104円
水代(24L) 4,104円
サーバー代等 0円
電気代 約125円~
水の種類 天然水
ボトルサイズ 12L

編集部おすすめポイント

  • 電気ケトル付きで欲しい分だけお湯を沸かせる
  • 予備ボトルをサーバー下部へスマートに収納できる
  • フロントドアはロック付きで小さなお子様がいるご家庭も安心

再加熱やリヒート機能が付いていても、沸騰したてのような100℃の熱湯が出せるウォーターサーバーの数は多くありません。

しかし、コスモウォーター エコットはサーバー本体に電気ケトルが内蔵されていることが最大の特徴で、100℃の熱湯をすぐに準備することが可能です。

冷水と熱湯という2パターンなので細かい温度調整はお湯と水を混ぜる形で行うことになりますが、100℃のお湯が使えるサーバーは珍しく、カップ麺や紅茶などのおいしさを最大限に引き出すことができるでしょう。

モード 水温
冷水 6~10℃
熱湯(ケトル) 100℃

▼コスモウォーターの詳細はコチラ

参考
コスモウォーター 口コミ 評判
コスモウォーターの口コミはどう?使って分かったメリット・デメリット

コスモウォーターの利用を考えている方は、事前に利用者の口コミ・評判を知っておきたいですよね。この記事では、実際にコスモウォーターを利用して分かった口コミや悪い評判、メリット・デメリット、サーバーの種類やサイズなどの情報を徹底解説しています。

続きを見る

カップ麺やミルクも作れるウォーター サーバーのお湯の温度まとめ

今回の記事では、ウォーターサーバーのお湯の温度や調節機能などについて解説しました。

サーバーによってお湯の設定温度は異なりますので、自分が利用したいシーンにマッチした温度で使えるかどうかを事前にしっかりと確認しておきましょう。

「赤ちゃんのミルクを作りたい」「紅茶を入れたい」など利用用途によっても最適なお湯の温度は異なりますので、エコモードやリヒート機能などが搭載された温度調節可能なウォーターサーバーがおすすめです。

お湯を沸かす手間が省けて、美味しいコーヒーやカップ麺をいつでも作れる便利なウォーターサーバーをこの機会に一度検討してみてはいかがでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

NAKA

水をこよなく愛する20代。1日にたくさんの水を飲んでいます。 どんなウォーターサーバーを選んだらいいか分からない方のために、分かりやすく丁寧な情報発信をすることを心掛けています。

-ウォーターサーバーのコラム
-, , ,

Copyright© MizuCool , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.